福田 敦夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 14:12
 
アバター
研究者氏名
福田 敦夫
URL
http://www.hama-med.ac.jp/uni_education_igakubu_igaku_seiri1.html
所属
浜松医科大学
部署
医学部
職名
教授

プロフィール

 我々の教室の研究テーマである「Cl-ホメオダイナミクスによる神経回路機能制御」は、私がまだ留学中であった1992年1月、幼若な神経細胞ではCl-の平衡電位が理論式どおりであるのに対し、成熟細胞では矛盾した値をとる事を偶然発見したのがきっかけでした(J. Neurophysiol. 1993)。ご存知のように抑制性神経伝達物質であるGABAは、GABAA受容体-Cl-チャネルを開口させて電気化学勾配に従ったCl-の流入による膜電位の過分極によって抑制機能を発揮しますので、細胞内Cl-濃度([Cl-]i)の変化はGABA作用を変化させることになります。本来過分極性に働くはずのGABAの作用が幼若時期では脱分極性であることに大変興味を抱きましたが、当時Cl-トランスポーターはまだクローニングされておらず、神経細胞の[Cl-]i調節機構(Cl-トランスポーター)についての論文がいくつかではじめた頃で、まだ未知の領域でした。帰国後の1997年、当時の重点領域研究「神経回路の機能発達」の科研費「発達期の大脳皮質抑制性神経回路の特殊性に関与するCl-トランスポーターの役割」をいただきこの課題に本格的に取り掛かり、利尿剤によって神経細胞の[Cl-]iを増加させると、もともと抑制性であったGABA作用が興奮性に逆転し、これがさらにグルタミン酸作動性の興奮性神経伝達を刺激し、神経回路が抑制喪失-興奮過剰の状態になることを見出しました。そして、「Cl-ホメオダイナミクス仮説=[Cl-]iは従来考えられていたほど‘静的’でなく、種々のCl-トランスポーターの作用によりダイナミックに変化し、その結果GABAの作用も抑制から興奮までダイナミックに変化する」という概念に至りました(J. Neurophysiol. 1998)。同じころ、Cl-トランスポーター分子として細胞内にCl-を運ぶNKCC1と細胞外へCl-を運ぶKCC2が米国のグループによってクローニングされ、以降、神経系の発達における興奮性GABA作用とCl-トランスポーターの関係は多くの研究者の興味を引くようになりました。
 我々は脳スライス標本にCl-、Ca2+や膜電位のイメージング法,パッチクランプ法,2光子顕微鏡法を適用し、Cl-ホメオスタシスによる神経回路機能のダイナミックな調節を明らかにしてきました。in utero電気穿孔法を用いて、特定の分子あるいは細胞をGFP等で蛍光標識したりその発現を制御して、脳が神経発生、細胞移動とシナプス形成により創られていくメカニズムや神経疾患の病態に関する神経回路機能のダイナミクスなどにおけるCl-ホメオスタシスの制御機構の関与を研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
1998年
 - 
現在
浜松医科大学 医学部 教授
 
1996年
 - 
1998年
名古屋市立大学医学部 助教授
 
1994年
 - 
1996年
名古屋市立大学 医学部 講師
 

論文

 
Akita T, Aoto K, Kato M, Shiina M, Mutoh H, Nakashima M, Kuki I, Okazaki S, Magara S, Shiihara T, Yokochi K, Aiba K, Tohyama J, Ohba C, Miyatake S, Miyake N, Ogata K, Fukuda A, Matsumoto N, Saitsu H
Annals of clinical and translational neurology   5(3) 280-296   2018年3月   [査読有り]
Murakami G, Edamura M, Furukawa T, Kawasaki H, Kosugi I, Fukuda A, Iwashita T, Nakahara D
Science advances   4(3) eaap7388   2018年3月   [査読有り]
Mutoh H, Kato M, Akita T, Shibata T, Wakamoto H, Ikeda H, Kitaura H, Aoto K, Nakashima M, Wang T, Ohba C, Miyatake S, Miyake N, Kakita A, Miyake K, Fukuda A, Matsumoto N, Saitsu H
American journal of human genetics      2018年1月   [査読有り]
Wang T, Sinha AS, Akita T, Yanagawa Y and Fukuda A.
Frontiers in cellular neuroscience   12 284   2018年   [査読有り]
Ohkuma M, Kaneda M, Yoshida S, Fukuda A and Miyachi E.
Neuroscience Research      2018年   [査読有り]
Kakizawa K, Watanabe M, Mutoh H, Okawa Y, Yamashita M, Yanagawa Y, Itoi K, Suda T, Oki Y, Fukuda A
Science advances   2(8) e1501723   2016年8月   [査読有り]
Saitsu H, Watanabe M, Akita T, Ohba C, Sugai K, Ong WP, Shiraishi H, Yuasa S, Matsumoto H, Beng KT, Saitoh S, Miyatake S, Nakashima M, Miyake N, Kato M, Fukuda A, Matsumoto N
Scientific reports   6 30072   2016年7月   [査読有り]
Saitsu H, Akita T, Tohyama J, Goldberg-Stern H, Kobayashi Y, Cohen R, Kato M, Ohba C, Miyatake S, Tsurusaki Y, Nakashima M, Miyake N, Fukuda A, Matsumoto N
Scientific reports   5 15199   2015年10月   [査読有り]
Okabe A, Shimizu-Okabe C, Arata A, Konishi S, Fukuda A, Takayama C
Brain research   1601 31-39   2015年3月   [査読有り]
Chen R, Okabe A, Sun H, Sharopov S, Hanganu-Opatz IL, Kolbaev SN, Fukuda A, Luhmann HJ, Kilb W
The Journal of physiology   592(10) 2153-2168   2014年5月   [査読有り]
Wang T, Kumada T, Morishima T, Iwata S, Kaneko T, Yanagawa Y, Yoshida S, Fukuda A
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   24(4) 1088-1101   2014年4月   [査読有り]
Uchida, T., Furukawa, T., Iwata, S., Yanagawa, Y., Fukuda, A.
Transl Psychiatry   4 e371   2014年   [査読有り]
Qian T, Chen R, Nakamura M, Furukawa T, Kumada T, Akita T, Kilb W, Luhmann HJ, Nakahara D, Fukuda A
Frontiers in cellular neuroscience   8 33   2014年   [査読有り]
Furukawa T, Yamada J, Akita T, Matsushima Y, Yanagawa Y, Fukuda A
Frontiers in cellular neuroscience   8 88   2014年   [査読有り]
Edamura M, Murakami G, Meng H, Itakura M, Shigemoto R, Fukuda A, Nakahara D
PloS one   9(9) e107099   2014年   [査読有り]
Nakamura K, Kodera H, Akita T, Shiina M, Kato M, Hoshino H, Terashima H, Osaka H, Nakamura S, Tohyama J, Kumada T, Furukawa T, Iwata S, Shiihara T, Kubota M, Miyatake S, Koshimizu E, Nishiyama K, Nakashima M, Tsurusaki Y, Miyake N, Hayasaka K, Ogata K, Fukuda A, Matsumoto N, Saitsu H
American journal of human genetics   93(3) 496-505   2013年9月   [査読有り]
Egawa K, Yamada J, Furukawa T, Yanagawa Y, Fukuda A
The Journal of physiology   591(16) 3901-3917   2013年8月   [査読有り]
Iwata S, Wakita M, Shin MC, Fukuda A, Akaike N
Brain research bulletin   93 39-46   2013年4月   [査読有り]
Hirata T, Kumada T, Kawasaki T, Furukawa T, Aiba A, Conquet F, Saga Y, Fukuda A
Developmental neurobiology   72(12) 1559-1576   2012年12月   [査読有り]
Egawa K, Kitagawa K, Inoue K, Takayama M, Takayama C, Saitoh S, Kishino T, Kitagawa M, Fukuda A
Science translational medicine   4(163) 163ra157   2012年12月   [査読有り]
Inoue K, Furukawa T, Kumada T, Yamada J, Wang T, Inoue R, Fukuda A
The Journal of biological chemistry   287(25) 20839-20850   2012年6月   [査読有り]
Kuroiwa M, Snyder GL, Shuto T, Fukuda A, Yanagawa Y, Benavides DR, Nairn AC, Bibb JA, Greengard P, Nishi A
Psychopharmacology   219(4) 1065-1079   2012年2月   [査読有り]
Wei, B., Kumada, T., Furukawa, T., Inoue, K., Watanabe, M., Sato, K. and Fukuda, A.
Neuroscience   228 334-348   2012年   [査読有り]
Shimizu-Okabe C, Tanaka M, Matsuda K, Mihara T, Okabe A, Sato K, Inoue Y, Fujiwara T, Yagi K, Fukuda A
Epilepsy research      2011年1月   [査読有り]
Inada H, Watanabe M, Uchida T, Ishibashi H, Wake H, Nemoto T, Yanagawa Y, Fukuda A, Nabekura J
PloS one   6(12) e27048   2011年   [査読有り]
Saito K, Kakizaki T, Hayashi R, Nishimaru H, Furukawa T, Nakazato Y, Takamori S, Ebihara S, Uematsu M, Mishina M, Miyazaki J, Yokoyama M, Konishi S, Inoue K, Fukuda A, Fukumoto M, Nakamura K, Obata K, Yanagawa Y
Molecular brain   3 40   2010年12月   [査読有り]
Uchida T, Oki Y, Yanagawa Y, Fukuda A
Neuroscience research      2010年12月   [査読有り]
Yamada J, Inoue K, Furukawa T, Fukuda A
Toxicology letters   198(2) 282-288   2010年10月   [査読有り]
Morishima T, Uematsu M, Furukawa T, Yanagawa Y, Fukuda A, Yoshida S
Neuroscience research   67(4) 347-353   2010年8月   [査読有り]
Saitsu H, Tohyama J, Kumada T, Egawa K, Hamada K, Okada I, Mizuguchi T, Osaka H, Miyata R, Furukawa T, Haginoya K, Hoshino H, Goto T, Hachiya Y, Yamagata T, Saitoh S, Nagai T, Nishiyama K, Nishimura A, Miyake N, Komada M, Hayashi K, Hirai S, Ogata K, Kato M, Fukuda A, Matsumoto N
American journal of human genetics   86(6) 881-891   2010年6月   [査読有り]
Kameyama K, Sohya K, Ebina T, Fukuda A, Yanagawa Y, Tsumoto T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   30(4) 1551-1559   2010年1月   [査読有り]
Saitsu H, Kato M, Mizuguchi T, Hamada K, Osaka H, Tohyama J, Uruno K, Kumada S, Nishiyama K, Nishimura A, Okada I, Yoshimura Y, Hirai S, Kumada T, Hayasaka K, Fukuda A, Ogata K, Matsumoto N
Nature genetics   40(6) 782-788   2008年6月   [査読有り]
Koyama Y, Matsuzaki S, Gomi F, Yamada K, Katayama T, Sato K, Kumada T, Fukuda A, Matsuda S, Tano Y, Tohyama M
Investigative ophthalmology & visual science   49 2376-2383   2008年6月   [査読有り]
Kilb,W., Hanganu,I.L., Okabe, A., Shimizu-Okabe, C., Fukuda, A. and Luhmann, H.J.
J. Neurophysiol.   100 698-707   2008年   [査読有り]
Shimizu-Okabe C, Okabe A, Kilb W, Sato K, Luhmann HJ, Fukuda A
Neuroscience research   59(3) 288-295   2007年11月   [査読有り]
Achilles K, Okabe A, Ikeda M, Shimizu-Okabe C, Yamada J, Fukuda A, Luhmann HJ, Kilb W
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   27(32) 8616-8627   2007年8月   [査読有り]
Yamada J, Furukawa T, Ueno S, Yamamoto S, Fukuda A
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   17(8) 1782-1787   2007年8月   [査読有り]
Nakanishi K, Yamada J, Takayama C, Oohira A, Fukuda A
Synapse (New York, N.Y.)   61 138-149   2007年3月   [査読有り]
Yamamoto S, Yamada J, Ueno S, Kubota H, Furukawa T, Yamamoto S, Fukuda A
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   17(3) 653-660   2007年3月   [査読有り]
Heck N, Kilb W, Reiprich P, Kubota H, Furukawa T, Fukuda A, Luhmann HJ
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   17(1) 138-148   2007年1月   [査読有り]
Inoue K, Yamada J, Ueno S, Fukuda A
Journal of neurochemistry   96(2) 598-608   2006年1月   [査読有り]
Wang C, Ohno K, Furukawa T, Ueki T, Ikeda M, Fukuda A, Sato K
The European journal of neuroscience   21 1449-1455   2005年3月   [査読有り]
Inoue K, Ueno S, Yamada J, Fukuda A
Biochemical and biophysical research communications   327(1) 300-305   2005年2月   [査読有り]
Toyoda H, Yamada J, Ueno S, Okabe A, Kato H, Sato K, Hashimoto K, Fukuda A
Brain research. Molecular brain research   133 12-18   2005年1月   [査読有り]
Ueta Y, Fujihara H, Serino R, Dayanithi G, Ozawa H, Matsuda K, Kawata M, Yamada J, Ueno S, Fukuda A, Murphy D
Endocrinology   146 406-413   2005年1月   [査読有り]
Ikeda K, Onimaru H, Yamada J, Inoue K, Ueno S, Onaka T, Toyoda H, Arata A, Ishikawa TO, Taketo MM, Fukuda A, Kawakami K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24 10693-10701   2004年11月   [査読有り]
Uchida K, Samejima M, Okabe A, Fukuda A
Journal of pineal research   37 215-222   2004年11月   [査読有り]
Yamada J, Okabe A, Toyoda H, Kilb W, Luhmann HJ, Fukuda A
The Journal of physiology   557 829-841   2004年6月   [査読有り]
Inoue K, Ueno S, Fukuda A
FEBS letters   564(1/2) 131-135   2004年4月   [査読有り]
Shibata S, Kakazu Y, Okabe A, Fukuda A, Nabekura J
Neuroscience research   48(2) 211-220   2004年2月   [査読有り]
Nakanishi K, Watanabe K, Kawabata M, Fukuda A, Oohira A
Neuroscience letters   355(1-2) 61-64   2004年1月   [査読有り]
Takeuchi K, Fukuda A, Kanayama N
Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica   83(1) 6-11   2004年1月   [査読有り]
Okabe, A., Kilb, W., Shimizu-Okabe, C., Hanganu, I.L., Fukuda, A. and Luhmann, H.J.
Neuroscience   123 715-724   2004年   [査読有り]
Okabe A, Yokokura M, Toyoda H, Shimizu-Okabe C, Ohno K, Sato K, Fukuda A
Brain research   990 221-226   2003年11月   [査読有り]
Complement C5a receptor-mediated signaling may be involved in neurodegeneration in Alzheimer's disease.
Farkas I, Takahashi M, Fukuda A, Yamamoto N, Akatsu H, Baranyi L, Tateyama H, Yamamoto T, Okada N, Okada H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   170 5764-5771   2003年6月   [査読有り]
Toyoda H, Ohno K, Yamada J, Ikeda M, Okabe A, Sato K, Hashimoto K, Fukuda A
Journal of neurophysiology   89 1353-1362   2003年3月   [査読有り]
Isomura, Y., Sugimoto, M., Fujiwara-Tsukamoto, Y., Yamamoto-Muraki, S., Yamada, J. and Fukuda, A.
J. Neurophysiol.   90 2752-2756   2003年   [査読有り]
Shimizu-Okabe C, Yokokura M, Okabe A, Ikeda M, Sato K, Kilb W, Luhmann HJ, Fukuda A
Neuroreport   13 2433-2437   2002年12月   [査読有り]
Wang C, Shimizu-Okabe C, Watanabe K, Okabe A, Matsuzaki H, Ogawa T, Mori N, Fukuda A, Sato K
Brain research. Developmental brain research   139 59-66   2002年11月   [査読有り]
Okabe A, Ohno K, Toyoda H, Yokokura M, Sato K, Fukuda A
Neuroscience research   44(2) 225-229   2002年10月   [査読有り]
Mikawa S, Wang C, Shu F, Wang T, Fukuda A, Sato K
Brain research. Developmental brain research   136 93-100   2002年6月   [査読有り]
Reduction of KCC2 expression and GABAA receptor-mediated excitation after in vivo axonal injury.
Nabekura J, Ueno T, Okabe A, Furuta A, Iwaki T, Shimizu-Okabe C, Fukuda A, Akaike N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   22 4412-4417   2002年6月   [査読有り]
Farkas I, Baranyi L, Ishikawa Y, Okada N, Bohata C, Budai D, Fukuda A, Imai M, Okada H
The Journal of physiology   539 537-545   2002年3月   [査読有り]
Ueno T, Okabe A, Akaike N, Fukuda A, Nabekura J
The Journal of biological chemistry   277(7) 4945-4950   2002年2月   [査読有り]
Kilb, W., Ikeda, M., Uchida, K., Okabe, A., Fukuda, A., and Luhmann, H. J.
Neuroscience   112 299-307   2002年   [査読有り]
Yamada, Y., Fukuda, A., Tanaka, M., Shimano, Y., Nishino, H., Muramatsu, K., Togari, H. and Wada, Y.
Neurosci. Res.   39(3) 269-280   2001年   [査読有り]
Kanaka, C., Ohno, K., Okabe, A., Kuriyama, K., Itoh, T., Fukuda, A. and Sato, K.
Neuroscience   104 933-946   2001年   [査読有り]
Immature stage of intracellular Cl- homeostasis regulated by cation-Cl- cotransporters in rat neocortical neurons.
Yamada, Y., Fukuda, A., Tanaka, M., Shimano, Y., Nishino, H., Muramatsu, K., Togari, H. and Wada, Y.
Nagoya Medical Journal   43 179-190   2000年   [査読有り]
Ninomiya, Y., Nakashima, K., Fukuda, A., Nishino, H., Sugimura, T., Hino, A., Danilova, V., and Hellekant, G.
The Journal of nutrition   130(4S Suppl) 950S-953S   2000年   [査読有り]
Samejima, M., Shavali, S., Tamotsu,S., Uchida, K., Morita, Y., and Fukuda, A.
Jpn. J. Phyisiol.   50 437-442   2000年   [査読有り]
Improved enzyme immunoassay method for melatonin: application to the determination of serum melatonin in rats, sheep and humans.
Shavali S, Samejima M, Uchida K, Morita Y, Fukuda A
Clin Chem   45 690-692   1999年   [査読有り]
Changes in intracellular Ca2+ induced by GABAA receptor activation and reduction in Cl- gradient in neonatal rat neocortex.
Fukuda, A., Muramatsu, K., Okabe, A., Shimano, Y., Hida, H., Fujimoto, I., and Nishino, H.
J. Neurophysiol.   79 439-446   1998年   [査読有り]
Fukuda, A., Tanaka, M., Yamada, Y., Muramatsu, K., Shimano, Y., and Nishino, H.
Neurosci. Res.   32(4) 363-371   1998年   [査読有り]
Fukuda, A., Muramatsu, K., Okabe, A., Shimano, Y., Hida, H., Fujimoto, I., and Nishino, H.
J. Neurophysiol.   79(1) 430-438   1998年   [査読有り]
Fukuda, A., Deshpande, S. B., Shimano, Y., and Nishino, H.
Neuroscience   87(2) 497-507   1998年   [査読有り]
Farkas I, Baranyi L, Takahashi M, Fukuda A, Liposits Z, Yamamoto T, Okada H
J Physiol   507 679-688   1998年   [査読有り]
Nishino H, Nakajima K, Kumazaki M, Fukuda A, Muramatsu K, Deshpande SB, Inubushi T, Morikawa S, Borlongan CV, Sanberg PR
Neurosci Res   30 303-312   1998年   [査読有り]
Spatio-temporal pattern of dysfunction of the blood-brain barrier in the striatum after systemic intoxication with 3-nitropropionic acid (a mitochondrial toxin).
Shimano, Y., Kumazaki, M., Fukuda, A., and Nishino, H.
Journal of brain science   23(2) 167-180   1997年   [査読有り]
Hida, H., Fukuda, A., Fujimoto, I., Shimano, Y., Nakajima, K., Hashitani, T., and Nishino, H.
Neuroscience research   28(3) 209-221   1997年   [査読有り]
Nishino, H., Kumazaki, M., Fukuda, A., Fujimoto, I., Shimano, Y., Hida, H., Sakurai, T., Deshpande, S. B., Shimizu, H., Morikawa, S., and Inubushi, T.
Neuroscience research   27(4) 343-355   1997年   [査読有り]
Muramatsu, K., Fukuda, A., Togari, H. and Nishino, H.
Pediatric neurology   16(2) 105-113   1997年   [査読有り]
Vulnerability to cerebral hypoxic-ischemic insult in neonatal but not in adult rats is in parallel with disruption of the blood-brain barrier.
Muramatsu, K., Fukuda, A., Togari, H., Wada, Y. and Nishino, H.
Stroke   28 2281-2289   1997年   [査読有り]
Deshpande, S. B., Fukuda, A. and Nishino, H.
Exp. Neurol.(145) 38-45   1997年   [査読有り]
味覚の相乗効果発現機序に関する研究:味細胞内Caイオン濃度の変化を指標として
福田敦夫,西野仁雄
日本味と匂学会誌   3(2) 49-52   1996年   [査読有り]
Shimano, Y., Fukuda, A., Fujimoto, I., Hida, H., Nakajima, K., Okabe, A. and Nishino, H.
Neuroscience letters   205(3) 193-196   1996年   [査読有り]
Nishino, H., Fujimoto, I., Shimano, Y., Hida, H., Kumazaki, M. and Fukuda, A.
Journal of chemical neuroanatomy   10(3-4) 209-212   1996年   [査読有り]
Onizuka, K., Fukuda, A., Kunimatsu, M., Kumazaki, M., Sasaki, M., Takaku, A., and Nishino, H.
Experimental neurology   137(2) 324-322   1996年   [査読有り]
Fukuda, A., Kumazaki, M., Onizuka, K., Fujimoto, I., Hida, H., Shimano, Y., Muramatsu, K., Nakajima, K. and Nishino, H.
Experimental neurology   137(2) 309-317   1996年   [査読有り]
Hypothalamic neurons are resistant to the intoxication with 3-nitropropionic acid that induces lesions in the striatum and hippocampus via the damage in the blood-brain barrier.
Nishino, H., Shimano, Y., Kumazaki, M., Sakurai, T., Hida, H., Fujimoto, I. and Fukuda, A.
Neurobiology   3(3-4) 257-268   1995年   [査読有り]
Fukuda, A., Czurkó, A., Hida, H., Muramatsu, K., Lénárd, L. and Nishino, H.
Neuroscience letters   184(1) 13-16   1995年   [査読有り]
Dexamethasone attenuates the extravasation of serum proteins and prevents infarction in a rat model of brain ischemia-reperfusion.
Nishino, H., Onizuka, K., Ungsuparkorn, C., Hida, H., Fujimoto, I., Isobe, Y., Furuyama, F. and Fukuda, A.
Neurosciences   21 157-165   1995年   [査読有り]
Chronically administered 3-nitropropionic acid produces selective lesions in the striatum and reduces muscle tonus.
Shimano, Y., Kumazaki, M., Sakurai, T., Hida, H., Fujimoto, I., Fukuda, A. and Nishino, H.
Obesity Research   3(5) 779S-784S   1995年   [査読有り]
Neuronal damage following transient cerebral ischemia and its restoration by neural transplant.
Nishino, H., Czurkó, A., Onizuka, K., Fukuda, A., Hida, H., Kunimatsu, M., Sasaki, M., Karadi, Z. and Lénárd, L.
Neurobiology   2 223-234   1994年   [査読有り]
Nishino, H., Czurkó, A., Fukuda, A., Hashitani, T., Hida, H., Karadi, Z. and Lénárd, L.
Brain research bulletin   35 51-56   1994年   [査読有り]
Differential ontogenesis of presynaptic and postsynaptic GABAB inhibition in rat somatosensory cortex.
Fukuda, A., Mody, I. and Prince, D. A.
J. Neurophysiol.   70 448-452   1993年   [査読有り]
Postnatal development of electrogenic sodium pump activity in rat hippocampal pyramidal neurons.
Fukuda, A. and Prince, D. A.
Dev. Brain Res.   65 101-114   1992年   [査読有り]
Excessive intracellular Ca2+ inhibits glutamate-induced Na+-K+ pump activation in rat hippocampal neurons.
Fukuda, A. and Prince, D. A.
J. Neurophysiol.   68 28-35   1992年   [査読有り]
Hyperpolarizing action of enkephalin on neurons in the dorsal motor nucleus of the vagus, in vitro.
Duan, S., Shimizu, N., Fukuda, A., Hori, T. and Oomura, Y.
Brain research bulletin   25 551-559   1990年   [査読有り]
Nakagawa, T., Shirasaki, T., Wakamori, M., Fukuda, A. and Akaike, N.
Neuroscience Research   8 114-123   1990年   [査読有り]

Misc

 
トランスポーターの基礎 Cl-トランスポーター
福田 敦夫
Clinical Neuroscience   36(6) 680-686   2018年6月
Kilb W, Fukuda A
Frontiers in cellular neuroscience   11 328   2017年   [査読有り]
薬剤の作用機序とGABA受容体のサブユニットはどう関係している?質疑応答「基礎・研究」
福田 敦夫
日本医事新報   (3月3週号) 63-64   2016年3月
Luhmann, H.J., Fukuda, A. and Kilb, W.
Front Cell Neurosci   9(4)    2015年
Watanabe M, Fukuda A
Frontiers in cellular neuroscience   9 371   2015年   [査読有り]
福田敦夫
ベビーサイエンス   13 2-12   2014年3月
Watanabe M, Fukuda A, Nabekura J
Frontiers in neuroscience   8 387   2014年   [査読有り]
Fukuda A, Wang T
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   33(4) 480-486   2013年8月   [査読有り]
アンジェルマン症候群の運動障害と小脳での持続性抑制の低下
江川 潔、福田敦夫
実験医学   31(6) 914-917   2013年
Egawa K, Fukuda A
Frontiers in neural circuits   7 170   2013年   [査読有り]
福田敦夫
Clin Neurosci   30(12) 1355-1359   2012年12月
福田敦夫
Epilepsy   6(2) 85-92   2012年11月
福田敦夫
Clin Neurosci   30(7) 795-798   2012年7月
Ben-Ari Y, Woodin MA, Sernagor E, Cancedda L, Vinay L, Rivera C, Legendre P, Luhmann HJ, Bordey A, Wenner P, Fukuda A, van den Pol AN, Gaiarsa JL, Cherubini E
Frontiers in cellular neuroscience   6 35   2012年   [査読有り]
福田敦夫
小児神経学の進歩   40 129-142   2011年5月
福田敦夫
日本臨床麻酔学会誌   31(1) 001-011 (J-STAGE)   2011年
動物モデルからヒトへ
福田 敦夫
ベビーサイエンス   8 33-35   2009年3月
加藤光広, 才津浩智, 水口剛, 小坂仁, 遠山潤, 宇留野勝久, 熊田聡子, 濱田恵輔, 西村章, 平井秀一, 熊田竜郎, 福田敦夫, 緒方一博, 早坂清, 松本直通
てんかん研究   26(2)    2008年9月
The Cl- homeo-dynamics modulates GABA actions and hence the neural network dynamics.
Fukuda, A.
Proceedings of the ISTC-RIKEN BSI workshop (44th Japan Workshop) “Binding non-linear dynamics with cellular and molecullar neuroscience”   44-49   2008年
福田敦夫
てんかん研究   24(1) 3-17   2006年4月
「細胞内Cl^-濃度([Cl^-]_i)は従来考えられていたほど'静的'でなく、種々のCl^-トランスポーターの作用により能動的に変化し、抑制性神経伝達物質GABA(γ-aminobutyric acid)のシナプス後膜GABA_A受容体-Cl^-チャンネルを介する作用を抑制から興奮までダイナミックに変化させて神経回路の機能と形成に関わる」という新しい概念(能動的Cl^-ホメオスタシス仮説)を、実験的てんかん病態モデルで検証してきた。ラット海馬の急性実験では入力線維の高頻度刺激によるGAB...
Fukuda A
Nature medicine   11 1153-1154   2005年11月   [査読有り]
生理学 脳機能におけるCl-ホメオスタシスの役割についての新しい考え方
福田 敦夫
医学のあゆみ   214(11) 965-966   2005年9月
田中正樹, 武田洋司, 宇留野勝久, 八木和一, 福田敦夫
日本てんかん学会プログラム・予稿集   (34)    2000年9月
ラット新皮質ニューロンにおける陽イオン-Cl-共輸送体による細胞内Cl-恒常性の未熟期
山田 恭聖, 福田 敦夫, 田中 正樹, 島野 泰暢, 西野 仁雄, 村松 幹司, 戸苅 創, 和田 義郎
Nagoya Medical Journal   43(4) 179-190   2000年3月
P(出生後日)10-14ラットからの体性感覚皮質切片の安静時[Cl-]i(細胞内Cl-濃度)はP17-19のそれに比し有意に高かった.フロセミドはこの高値の[Cl-]iを変化させないが,ブメタニドはそれを有意に減少させた.P10-14中,γ-アミノ酪酸の適用は大多数の皮質ニューロンで[Cl-]i流出を誘発した
ニューロサイエンスのSOMETHING HOT 脳における細胞内Cl-の調節と神経機能
福田 敦夫
脳の科学   22(2) 219-223   2000年2月
【神経生理機能検査のnew wave】 多チャンネル脳波 160チャンネル視覚誘発電位
中村 孝文, 高橋 勲, 森田 之大, 横山 徹夫, 福田 敦夫
Clinical Neuroscience   18(2) 191-195   2000年2月
福田敦夫
日本生理学雜誌   60(10) 371-372   1998年10月
SHAVALIS. S., 井上美香, 鮫島道和, 内田勝久, 森田之大, 福田敦夫
日本時間生物学会会誌: Journal of Chronobiology   4(2)    1998年10月
食欲調節のメカニズム
大村裕,白石武昌,佐々木和男,新島旭,粟生修司,福田敦夫,西野仁雄
メディカル・コア(JJPEN)   19 729-739   1997年
村松幹司, 加藤稲子, 山口信行, 森川郁子, 兵藤潤三, 鈴木重澄, 小林正紀, 戸苅創, 和田義郎, 藤本一朗, 福田敦夫, 西野仁雄
日本新生児学会雑誌   32(4) 634-636   1996年12月
福田敦夫, 西野仁雄
日本味と匂学会誌   3(2) 49-51   1996年8月
It is well known that taste stimuli by amino acids and nucleosides can cause synergistic effects. It is also known that saccharin could cause augmentation of D-phenylalanine response. However, the mechanisms of these synergistic effects are unknow...
西野仁雄, 福田敦夫, 藤本一朗, 島野泰暢
神経組織の成長・再生・移植   8(1) 19-20   1996年6月
鬼塚圭一郎, 福田敦夫, 西野仁雄
神経組織の成長・再生・移植   7(1) 105-106   1995年6月
胎児の行動-発達神経科学としての側面-
福田敦夫,小柳孝司,中野仁雄
小児科診療   52 2097-2102   1989年
ヒト胎児発達神経科学
福田敦夫,中野仁雄
日本医師会雑誌   101 244-251   1989年
大村裕,福田敦夫
神経研究の進歩   33 38-44   1989年
空腹物質と満腹物質
大村裕,福田敦夫
Clinical Neuroscience   5 1076   1987年
大村裕,福田敦夫
神経研究の進歩   31 431-447   1987年
脳切片-細胞内記録法による視床下部摂食および満腹中枢ニューロンの最近の研究
大村裕,福田敦夫
神経精神薬理   9 831-842   1987年
食欲のメカニズムを探る
大村裕,福田敦夫
AJICO NEWS & INFORMATION   137 1-7   1984年

書籍等出版物

 
人体の解剖生理学[第2版]
福田 敦夫 (担当:分担執筆, 範囲:呼吸の機構)
金芳堂   2017年   
読んで効くタウリンのはなし
福田 敦夫 (担当:分担執筆, 範囲:脳とタウリン)
成山堂書店   2016年11月   ISBN:978-4-425-89011-8
臨床てんかん学
福田 敦夫 (担当:分担執筆, 範囲:GABAとその受容体)
医学書院   2015年11月   ISBN:978-4-260-02119-7
Comprehensive Developmental Neuroscience: Cellular Migration and Formation of Neuronal Connections. Chapter 46.
Fukuda, A. (担当:分担執筆, 範囲:Chloride homeodynamics underlying pathogenic modal shifts of GABA actions.)
Academic Press   2013年   
Comprehensive Developmental Neuroscience: Cellular Migration and Formation of Neuronal Connections. Chapter 50.
Fukuda, A., Nakanishi, Y., Kumada, T. and Furukawa, T. (担当:分担執筆, 範囲:Multimodal GABAA receptor functions on cell development.)
Academic Press   2013年   ISBN:978-0-12-397266-8
Dysplasia: Causes, Types and Treatment Options.
Shimizu-Okabe, C., Okabe, A. and Fukuda, A. (担当:分担執筆, 範囲:Does elevated intracellular chloride cause epilepsy in focal cortical dysplasia?)
Nova Science Publishers   2012年   ISBN:978-1-61942-600-9
人体の解剖生理学
福田 敦夫 (担当:分担執筆, 範囲:呼吸の機構)
金芳堂   2010年   
医師の仕事と診療科ガイド
福田 敦夫 (担当:分担執筆, 範囲:産婦人科医から神経科学者への転身)
金原出版   2006年   
MCQによる生理学問題集
福田 敦夫 (担当:分担執筆)
文光堂   2006年   
脳機能の解明ー生命科学の主潮流ー
福田敦夫,豊田博紀. (担当:分担執筆, 範囲:障害性K+-Cl- cotransporter (KCC2) 発現減少による内在性GABA作動性興奮の出現とCa2+オシレーション)
ガイア出版会   2002年   

講演・口頭発表等

 
てんかんにおけるGABAシナプスの役割
福田 敦夫
第61回日本脳循環代謝学会学術集会   2018年10月19日   
GAD67ヘテロ接合体マウスへの胎生期ストレス負荷がもたらすGABAニューロン発生障害とシナプス伝達・脳波・行動の異常
福田 敦夫
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会   2018年9月6日   
Cl−ホメオダイナミクスとマルチモーダルGABA―脳での多彩な働き [招待有り]
福田 敦夫
第65回脳の医学・生物学研究会   2018年8月11日   
神経・精神疾患の病因・病態仮説としてのマルチモーダル GABA. [招待有り]
福田 敦夫
東京医科歯科大学医歯学総合研究科大学院特別講義/お茶の水ニューロサイエンスセミナー   2018年7月3日   
Diverse Actions of Astrocytes at GABAergic Tripartite Synapses in Seizures: Are they protective or exacerbative? [招待有り]
Fukuda A.
2018 Symposium on Functional Interactions among Glia and Neurons   2018年4月26日   
.神経回路発振におけるGABAシナプスとアストロサイトの関与
福田 敦夫
第47回日本臨床神経生理学会学術大会   2017年11月30日   
A novel CRH secretory mechanism by an excitatory GABAergic input from the arcuate nucleus to the median eminence.
Fukuda A.
The 17th Hamamatsu-Kyungpook Joint Medical Symposium   2017年11月21日   
A novel CRH secretory mechanism by GABAergic input from the arcuate nucleus to the axon terminals of high [Cl-]i. [招待有り]
Fukuda A.
Seminar of Center for Neuron-Glia Interaction   2017年9月29日   
Cellular Mechanisms Underlying Status Epilepticus: what do animal models tell us? [招待有り]
Fukuda A.
The 19th Annual Meeting of Infantile Seizure Society International Symposium on Status Epilepticus in Infants and Children   2017年7月17日   
母体から胎仔へのシグナルによる脳発達の障害モデル.
福田 敦夫
日本赤ちゃん学会第17回学術集会   2017年7月9日   
A novel role of GABA in the release of CRH in the hypothalamic-pituitary pathway.
Kakizawa, K. and Fukuda, A.
第94回日本生理学会大会   2017年3月30日   
The role of excitatory action of GABA in the regulation of reproduction.
Watanabe, M., Nabekura, J. and Fukuda, A.
第94回日本生理学会大会   2017年3月30日   
Mild functional impairment of neuronal K+-Cl− cotransporter KCC2 by biallelic mutations causes migrating focal seizures and severe developmental delay.
Akita, T., Saitsu, H., Watanabe, M., Matsumoto, N. and Fukuda, A.
第94回日本生理学会大会   2017年3月29日   
Taurine depletion reduces postsynaptic GABAA receptors in layer 2/3 pyramidal neurons of the somatosensory cortex.
Hosoi, Y., Akita, T., Watanabe, M., Mutoh, H., Miyajima, H. and Fukuda, A.
第94回日本生理学会大会   2017年3月29日   
Maternal stress causes loss of parvalbumin neurons and alterations of extracellular glycans in the mPFC of GAD67-GFP knock-in mouse.
Wang, T., Sinha adya, S., Yanagawa, Y., Hata, K. and Fukuda, A.
第94回日本生理学会大会   2017年3月28日   
母体-胎仔間シグナルによる脳発達障害モデルとマルチモーダルGABA. [招待有り]
福田 敦夫
兵庫医科大学大学院特別講義   2016年12月13日   
Excitatory GABAergic input from the arcuate nucleus promotes CRH release from axon terminals with NKCC1-driven high [Cl-]i as a novel secretory mechanism at median eminence.
Kakizawa K, Watanabe M, Mutoh H, Okawa Y, Yamashita M, Yanagawa Y, Itoi K, Suda T, Oki Y and Fukuda A.
2016 International Symposium on Neurodegenerative Diseases   2016年11月11日   
抑制性シナプス機能のダイナミクスとてんかん原性
福田 敦夫
第50回日本てんかん学会学術集会   2016年10月8日   
脳発達障害モデルにおけるGABA作用と母体-胎仔間シグナル. [招待有り]
福田 敦夫
福井大学医学系研究科大学院セミナー   2016年9月28日   
マルチモーダルなGABAの作用. [招待有り]
福田 敦夫
第96回北海道医学大会生理系分科会・日本生理学会北海道地方会   2016年9月10日   
てんかん原性におけるCl−ホメオダイナミクス仮説:理論から症例まで [招待有り]
福田 敦夫
札幌医科大学医学部神経科学講座特別セミナー   2016年9月9日   
Impaired neuronal KCC2 function by biallelic SLC12A5 mutations in migrating focal seizures and severe developmental delay.
Watanabe, M., Akita, T., Saitsu, H., Matsumoto, N. and Fukuda, A.
The 13th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscle Sciences   2016年8月26日   
De novo mutations in Kv2.1 channels found in infantile epileptic patients inhibit repetitive neuronal firing.
Akita, T., Saitsu, H., Matsumoto, N. and Fukuda A.
The 13th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscle Sciences   2016年8月26日   
A novel excitatory GABAergic input from the arcuate nucleus to the median eminence involved in CRH release.
Fukuda, A., Kakizawa, K., Watanabe, M., Mutoh, H., Okawa, Y., Yamashita, M., Yanagawa, Y., Itoi, K., Suda, T. and Oki, Y.
The 13th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscle Sciences   2016年8月24日   
母仔相関に関与する液性シグナルとGABA-Cl-ホメオスタシスに基づく脳発達障害モデル. [招待有り]
福田 敦夫
第5回日本DOHaD研究会学術集会   2016年7月23日   
De novo Kv2.1 mutants causing infantile generalized seizures and psychomotor developmental delay inhibit repetitive neuronal firing.
Akita, T., Saitsu, H., Matsumoto, N. and Fukuda, A.
第93回日本生理学会大会   2016年3月23日   
Aberrant oscillation property of Perkinje cells is caused by decreased tonic inhibitionin granule in granule cells in mice model of Angelman syndrome.
Egawa, K. and Fukuda, A.
第93回日本生理学会大会   2016年3月23日   
視床下部ストレス応答におけるGABA作用の多様性とそのメカニズム. [招待有り]
福田 敦夫
第43回日本神経内分泌学会学術集会   2016年10月14日   
出生前ストレス曝露による生後大脳皮質におけるGABA細胞とペリニューラルネットの減少.
福田 敦夫
第13回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム   2015年10月20日   
新規の集団発振現象の探索
福田 敦夫
科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解 略称名:「オシロロジー」キックオフシンポジウム・公募説明会   2015年9月24日   
Roles of volume-regulated anion channels during neuronal migration in the developing brain.
Akita, T., Furukawa, T. and Fukuda A.
第92回日本生理学会大会   2015年3月23日   
Functional regulation of neuronal K+-Cl−cotransporter KCC2.
Watanabe, M., Iwata, S., Furukawa, T., Kumada, T., Uchida, T., Hirose, S. and Fukuda, A.
第92回日本生理学会大会   2015年3月23日   
Prenatal stress-induced selective deterioration of neurogenesis of parvalbuminpositive GABAergic neurons.
Fukuda A.
第92回日本生理学会大会   2015年3月23日   
母体由来のタウリンは胎仔・新生仔における正常な脳発達に必須である
福田 敦夫
第1回国際タウリン研究会日本部会   2015年2月22日   
Maternal taurine modulate fetal brain development by affecting Cl-homeostasis and GABAA receptors.
Fukuda A.
The 12th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscle Sciences   2015年1月23日   
発達期のマルチモーダルなGABA受容体作用から麻酔薬毒性を考察する
福田 敦夫
第34回日本臨牀麻酔学会   2014年11月3日   
Maternal taurine modulates immature aspect of GABA actions involved in epileptogenesis. [招待有り]
Fukuda A.
The 16th Annual Meeting of Infantile Seizure Society (ISS): International Symposium on Epileptic Syndromes of Early Infancy and Childhood (ISES)   2014年6月23日   
Exploring the role of anion channels in cell volume regulation and intercellular communications in the developing brain.
Akita T, Fukuda A.
第91回日本生理学会大会   2014年3月17日   
Maternal taurine as a modulator of fetal brain’s Cl- homeostasis.
Fukuda A.
The 93rd Annual Meeting of the German Physiological Society.   2014年3月14日   
Volume-sensitive outwardly rectifying (VSOR) anion channels in the developing brain.
Akita T, Fukuda A.
The 11th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscle Sciences   2013年9月   
Cl- homeodynamics and multimodal GABA during development: an implication for epileptogenesis. [招待有り]
Fukuda A.
The 3rd Seminar of Central Research Institute for the Molecular Pathomechanisms of Epilepsy   2013年7月5日   
Diminished tonic GABAA inhibition attributable to decreased GAT1 degradation in cerebellar granule cells in a model of Angelman syndrome (Ube3am-/p+ mice).
Fukuda, A., and Egawa, K.
第36回日本神経科学大会   2013年6月20日   
Developmental Cl- homeodynamics underlying neonatal seizures.
Fukuda A.
2013 Pediatric Academic Societies (PAS) Annual Meeting   2013年5月4日   
Maternal taurine as a modulator of GABAA receptor and Cl- homeostasis during perinatal period. [招待有り]
Fukuda A.
The 15th International Symposium on Neonatal Seizures and Related Disorders (ISNS)   2013年4月14日   
Amibient GABA regulates the multidirectional tangential migration of GABAergic interneurons in living neonatal mice.
Inada, H., Watanabe, M., Uchida, T., Fukuda, A., Yanagawa, Y., and Nabekura, J.
第90回日本生理学会大会   2013年3月27日   
細胞外GABA/グルタメートイメージングの脳発達・病態研究 への応用
福田 敦夫
第3回マルチモーダルバイオイメージセンサ研究会   2013年3月7日   
Cl- ホメオダイナミクスによるGABAスイッチと神経オシレーション
福田 敦夫
生理学研究所カンファレンス   2012年7月12日   
動物モデルを用いた皮質形成異常の成因に関するマルチモーダルGABA仮説の検証.
福田 敦夫
第53回日本神経病理学会総会学術研究会   2012年6月29日   
大脳皮質形成における非シナプス性GABA
福田 敦夫
第117回日本解剖学会総会・全国学術集会   2012年3月27日   
Abnormal chloride transportation in cortical dysplasia.
Fukuda A.
International Symposium on Surgery for Catastrophic Epilepsy in Infants (ISCE)   2012年2月18日   
三叉神経痛の動物モデルと病態仮説
福田 敦夫
第14回日本脳神経減圧術学会   2012年1月19日   
Bidirectional interaction of Maternal stress with fetal and maternal γ-amino butyric acid (GABA) systems
Uchida, T., Oki, Y., Yanagawa, Y. and Fukuda, A.
International Symposium “Interaction of nervous and immune systems in health and disease”   2011年6月9日   
神経生理学から見た未熟な脳の特殊性
福田 敦夫
第55回日本未熟児新生児学会学術集会   2010年11月6日   
An origin and a Roles of ambient GABA during cerebellar development.
Fukuda A., Morishima T., Kumada T., Takayama, C. and Yoshida, S.
The 9th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscles   2010年11月   
A heterozygous deletion in the glutamate decarboxylase 67 gene enhances maternal and fetal stress vulnerability.
Fukuda A
The 37th Japan Brain Science Society and 2010 Tianjin Physiological Society Meeting   2010年10月17日   
神経回路機能の発達と病態(GABAを中心に) [招待有り]
福田 敦夫
第40回小児神経学セミナー   2010年9月20日   
Proliferation of cerebellar granule cell precursors is promoted by GABA released from Bergmann glial cells.
Fukuda, A., Morishima, T., Kumada, T., Takayama, C. and Yoshida, S.
第33回日本神経科学大会   2010年9月3日   
GABA and taurine releases through volume-sensitive anion channels during early brain development.
Fukuda A.
第87回日本生理学会大会   2010年5月21日   
Chloride homeo-dynamics causing GABA modal shift during development and pathogenesis. [招待有り]
Fukuda A
FENS/Hertie WINTER SCHOOL 2010   2010年1月   
幼少時の麻酔暴露による脳障害と脳発達過程の興奮性GABA作用 [招待有り]
福田 敦夫
第29回日本臨床麻酔学会大会   2009年10月   
Endogenous taurine tonically activates GABAA receptors in embryonic mouse neocortex.
Fukuda, A., Furukawa, T., Morishima, T. and Kumada, T.
The 40th NIPS International Symposium: International Joint Symposium 2009 "Physiology of Anion Transport" and "Cell Volume Regulation" (PAT-CVR 2009)   2009年8月   
Physiological significance of taurine-mediated Cl- conductances during corticogenesis.
Fukuda A.
The 36th International Congress of Physiological Sciences (IUPS 2009)   2009年7月   
Physiological roles of taurine-mediated tonic GABAA-receptor activation in corticogenesis.
Fukuda A.
The 2nd International Symposium Topical Problems of Biophotonics-2009   2009年7月   
Ambient GABA and taurine during corticogenesis.
Fukuda, A., Furukawa, T., Morishima, T. and Kumada, T.
2009 IUPS, International Conference of Physiological Science and 8th Korea-Japan Joint Symposium   2009年1月   
研究者に必要なidentityとは [招待有り]
福田 敦夫
文部科学省特定領域「細胞感覚」第3回若手の会   2008年12月   
てんかん病態の新しい仮説としての能動的Cl-ホメオスタシス. [招待有り]
福田 敦夫
第14回漆山てんかん懇話会   2008年6月14日   
The Cl- homeo-dynamics modulates GABA actions and hence the neural network dynamics. [招待有り]
Fukuda A.
ISTC-RIKEN BSI workshop (44th Japan Workshop)   2008年3月   
Cl- mediated GABA release from Bergmann glia in developing cerebellar cortex.
Yoshida, S., Morishima, T., Okochi, K., Takayama, C., Yanagawa, Y. and Fukuda, A.
The 36th International Congress of Physiological Sciences (IUPS 2009)   2009年7月   
GABA機能逆転のCl-ホメオダイナミクス [招待有り]
福田 敦夫
第6回京都神経科学セミナー   2008年2月28日   
脳神経細胞の応答の多様性を調べる研究方法と課題 [招待有り]
福田 敦夫
メディカルイノベーションフォーラム2007HAMAMATSU   2007年11月20日   
塩素イオンはどのように脳の機能を変えるか? [招待有り]
福田 敦夫
第12回静岡健康・長寿学術フォーラム   2007年10月   
Mechanisms and functional significance of tonic GABAA receptor mediated conductance. Modal shift of the tonic GABAA receptor-mediated conductance during neocortical development [招待有り]
Fukuda A.
第30回日本神経科学大会   2007年9月   
Roles of Cl- transporters in development, injury and recovery of neural network.
Fukuda A.
第84回日本生理学会大会   2007年3月   
てんかん病態研究における能動的Cl-ホメオスタシス仮説の役割 [招待有り]
福田 敦夫
第62回東海てんかん集談会   2007年2月24日   
Cl- homeostasis,GABA and glycine regain immature properties during abnormal lamination following cortical focal freeze-lesion
福田 敦夫
第29回日本神経科学大会   2006年7月   
The “dynamic Cl- homeostasis hypothesis” on the development and the pathogenesis of the brain.
Fukuda A.
The 5th Hamamatsu-Kyungpook Joint Medical Symposium   2005年9月   
A novel presynaptic cholinergic modulatory mechanism affecting GABAergic transmission.
Fukuda, A., Yamamoto, S., Yamada, J., Ueno, S., Kubota, H., Yamamoto, S.
The Fifth Japan-Korea Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscles.   2005年7月   
Monitoring the dynamics of neural functions modulated by intracellular Cl-. [招待有り]
福田 敦夫
RIKEN BSI Workshop: Frontiers in Cellular Neuroimaging   2005年6月19日   
Changes in Cl- homeostasis alter GABAergic and glycinergic functions during normal and abnormal lamination of the rat neocortex.
Fukuda, A., Shimizu-Okabe, C., Sugimoto, M., Okabe, A. and Yamada, J.
The 4th Japan-Korea Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscles.   2004年1月   
Involvement of P2X receptors in nociception.
Ueno, S. and Fukuda, A.
The 3rd Hamamatsu-Kyungpook Joint Symposium   2003年9月   
Molecular basis for the Cl homeostasis underlying functional differentiation of GABA and glycine in the developing neocortex
Fukuda A.
第26回日本神経科学学会   2003年7月   
GABAergic excitation-mediated Ca2+ oscillations induced by KCC2 downregulation. [招待有り]
Fukuda A.
International symposium on "Synaptic Transmission, Modulation and Plasticity"   2002年7月   
Axotomy induces GABAergic excitation-mediated Ca2+ oscillations by K+-Cl- cotransporter (KCC2) downregulation. [招待有り]
Fukuda A.
The Third International Symposium on the Study of Brain Function   2002年5月   
Ca2+ oscillations induced in axotomized neurons are attributable to GABAergic excitation caused by K+-Cl- cotransporter (KCC2) downregulation. [招待有り]
Fukuda A.
The 28th NIPS International Symposium   2002年2月   
GABAergic excitation induced by axotomy of facial motoneurons is associated with K+-Cl- cotransporter (KCC2) downregulation.
Fukuda, A, Toyoda, H, Ohno, K, Okabe, A, Ikeda, M, Yamada, J, Sato, K, and Shimizu, C.
The Third Japan-Korea Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscles   2002年1月19日   
新生大脳皮質Cajal-Retzius細胞のグリシン受容体を介する興奮性反応 [招待有り]
福田 敦夫
特定領域C「先端脳」公開ワークショップ   2001年8月   
‘動的’Cl-ホメオスタシスによるGABA作用調節と神経回路機能制御 [招待有り]
福田 敦夫
第5回神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム   2000年11月18日   
脳スライスを用いたCl-イメージングーその利点と問題点
福田 敦夫
イメージング研究会「神経科学とイメージング‐生物物理の果たす役割を考える」   1998年1月24日   
抑制性ニューロンとCl-ホメオスタシスのクロストーク [招待有り]
福田 敦夫
平成14年度生理学研究所研究会『抑制性ニューロンの役割』   2002年12月   

競争的資金等の研究課題

 
新たに発見したCRH放出経路の生理的意義の解明および既知HPA軸との関係について
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 福田 敦夫
ゲノム編集技術を用いた希少難治性神経発達障害の原因遺伝子変異ノックインマウスモデルの確立およびその解析による病態解明と新規治療薬探索
日本医療研究開発機構: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2017年12月 - 2020年3月    代表者: 才津 浩智
母体低栄養と胎仔視床下部GABA-Clシステム変調による脳の発達障害機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 福田 敦夫
文部科学省: 科学研究費(新学術領域研究)
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 福田 敦夫
臨界期における全身麻酔薬の神経発達制御メカニズムへ及ぼす影響
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 佐藤 泰司
知覚神経節におけるGABA/グルタミン酸によるグリア―神経細胞間クロストーク機構
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 早崎 華
難治性てんかん病態におけるグリア機能の解明と診療ガイドライン作成の研究
日本医療研究開発機構: 日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患等克服研究事業)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 前原 健寿
日本学術振興会: 科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 福田 敦夫
母体由来タウリン低下による大脳新皮質神経幹細胞の性質制御の攪乱とその機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 栃谷 史郎
難治性てんかんを呈する希少疾患群の遺伝要因と分子病態の解明
日本医療研究開発機構: 日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患等克服研究事業)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 加藤 光広
文部科学省: 科学研究費(新学術領域研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 福田 敦夫
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 福田 敦夫
抑制性神経回路の発達スイッチングの制御機構
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究A)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 鍋倉 淳一
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 早崎 華
日本学術振興会: 科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 福田 敦夫
文部科学省: 科学研究費(新学術領域研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 福田 敦夫
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 福田 敦夫
日本学術振興会: 科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 福田 敦夫
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 早崎 華
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2009年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年
1.母体ストレスモデルマウスの作成と仔マウスへの影響の評価:[福田]
妊娠15日目から3日間,45分間の光刺激下での拘束ストレスを毎日3回母マウス(GAD67-GFPknock-inの+/-ないし+/+)に与えた。+/-の母体は+/+の母体より,コントロール群でもストレス群でも有意に血中コルチコステロンが増加していた。胎生17.5日目の胎仔体重,コルチコステロンはストレス群で有意に減少,増加していた。また,+/-の母体の胎仔の変化がより大きかった。母体ストレスの有効性が確認されたので,+/...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年
1.胎仔脳内タウリン欠乏モデルの作成[福田、森島]:
D-システインスルフィン酸をマウスの妊娠13-15日に24時間毎に母体に腹腔内投与してタウリンの合成を阻害したところ、HPLC法で測定した細胞外タウリン濃度は約50%減少していた。パッチクランプ記録ではtaurine transporter阻害剤のGESによりトニックカレントは増大した。細胞外GABAが殆ど無いGAD67-GFP knock-inマウスホモ接合体でも細胞外タウリンによるGABA_A受容体を介するトニックカレントが記録され...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
1. Cl^-トランスポーターknock-downによる細胞移動の[Cl^-]_i依存性の検討[熊田、福田]:
NKCC1 mRNAの転写を干渉するshRNAをコードするコンストラクトのプラスミドを調整し、計画1.で用いたHcRedプラスミドと同時に電気穿孔法で胎仔脳室帯の新生神経細胞に導入した。2種類のプラスミドは90%以上の高率で同一の細胞に導入されるので、HcRedを発現レた細胞にはSiRNAも導入されていることになる。こうしてNKCC1遺伝子の転写をsiRNAでknock-down...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2006年
1.ミダゾラムの大脳新皮質微小抑制性シナプス後電流頻度とGABA神経終末α7ニコチン受容体に対する作用の解析[山本・福田・岡部]:
生後2-3週齢のラットの脳スライス標本を作成し、大脳皮質体性感覚野V層の錐体細胞にパッチクランプを行い、GABA_A受容体を介する微小抑制性シナプス後電流(mIPSC)を記録して、ミダゾラムの作用をジアゼパム、フルニトラゼパム、ゾルピデムと比較した。すべての薬剤でmIPSC振幅が増大したが、頻度を増加させたのはミダゾラムのみであった。ベンゾジアゼピン受容体阻害...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年
子宮内電気穿孔法を用いて胎生13日齢のICRマウス胎仔脳室周囲の神経前駆細胞にEGFPを導入した。それらの細胞は徐々に脳表に移動(radial migration)していくが、遺伝子導入3日後ではEGFP陽性細胞は脳室帯、中間帯、辺縁帯にほぼ均等に分散している。そこで、胎生15日の脳室帯、胎生16日の中間帯、胎生18日の辺縁帯を脳スライスから切り出し、細胞を分離させた後、cell sortingによりEGFP陽性細胞のみを回収した。細胞数が不十分であったため、in vitro転写法により、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年
発達期のプログラムされたCl^-ホメオスタシスがGABAを興奮性に作用させ細胞移動による回路構築を促し、環境刺激によるCl^-ホメオスタシス変化が、神経回路形成や再生にも影響するという仮説の検証を目的とした。まず、GAD67-GFP knock-inマウス胎仔脳へHcRed遺伝子をインビボで導入しradial移動中のglutamate細胞とtangential移動中のGABA細胞を生きた状態で識別する方法を確立した。胎仔脳に豊富に存在するタウリンがGABA_A受容体の内因性アゴニストとして...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2005年
1.GABA作動性シナプス前終末のニコチン性アセチルコリンレセプターへのミダゾラムの作用【福田・山本・窪田】:ラットの脳スライス標本を作成し、大脳皮質第V層の錐体細胞にホールセルパッチクランプを行い、GABA_A受容体を介する微小抑制性シナプス後電流(mIPSC)を記録した。mIPSCに対する静脈麻酔薬ミダゾラムの作用を調べたところ、シナプス前α7ニコチン性アセチルコリン受容体の活性化によってmIPSCの頻度が増加した。しかし、他のベンゾジアゼピンではこの効果はなく、また微小興奮性シナプス...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年
1.radial及びtangential移動細胞におけるCl^-トランスポーター遺伝子発現変化の解析[福田・井上・熊田]:GAD67-GFP knock-inマウス脳室帯の新生ニューロンへのHcRed遺伝子の導入を行い、GABA含有量が異なるホモ、ヘテロ、野生型間でradial及びtangential移動の状態を比較したが全く差は見られなかった。さらに、パッチクランプ法でradial移動中のglutamate細胞におけるGABAのdose-response curveを測定したが全く差は無...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年
ATP受容体は神経因性疼痛の形成に重要な役割を果たしていることが,明らかとてきた。さらに,中枢神経における主要な抑制性伝達物質であるGABAが,ATP受容体活性化を通じて興奮性に働くことも明らかとなってきた。正常神経細胞においては,細胞内外のClイオン濃度はそれぞれ,10mM以下及び120-130mMを示し,この条件下において,GABAはGABAタイプA受容体活性化によりClイオン流入を引き起こし,膜電位を過分極させる。一方,発達段階や,末梢神経障害により細胞内Clイオン濃度が上昇すると,...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2005年
1.脳スライスのアストロサイトからの[Cl^-]_i測定とグリアによる神経回路機能調節の証明[窪田・福田]:まずアストロサイト親和性色素のsulforhodamine 101を用いて、海馬スライス中のastrocytesを同定した。次にパッチ電極内液にCl^-感受性蛍光色素のMEQを加えておき、同定した多数のastrocytesにsingle-cell electroporation法で次々とMEQを注入し、同時に5-6個のastrocytesでのCl^-イメージングを可能にした。シェーフ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2004年
1.GFPとHcRed標識による接線方向移動細胞と放射状移動細胞の識別[井上・山田・福田]:GAD67-GFP knock-inマウス(C57BL/6j)胎仔にHcRed遺伝子を胎生14日に電気穿孔法で脳室帯の新生ニューロンに導入し、発達の各段階で脳スライスを作成した。接線方向移動中のGABA細胞(GFP蛍光)と放射状移動中のglutamate細胞(HcRed蛍光)が識別できた。放射状移動細胞は大脳皮質II/III層を形成し、接線方向移動細胞は主に中間帯と辺縁帯を移動し、中間帯から皮質版に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年
移動細胞と[Cl^-]_iの測定
胎生14日齢のマウス胎仔に電気穿孔法によりGFP遺伝子を導入し、その胎仔の羊水中にトリブチルスズを注入した。トリブチルスズ1μlを注入し、2-3日後の胎仔の様子を観察した。また、生存していた胎仔の脳スライスを作成し、細胞移動の様子を解析した。
・1M:胎仔は萎縮して死亡しており、両側のコントロール(電気穿孔とDMSO1μlのみの胎仔、電気穿孔のみの胎仔、何も処置しない胎仔)も死亡していた。
・500mM-100mM:胎仔は萎縮して死亡していたが、両側のコン...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2002年 - 2004年
1.ヒト皮質異形成組織標本におけるreelin遺伝子発現変化の解析(福田、井上):Reelinは大脳皮質第一層に存在するCajal-Retzius細胞から分泌され、大脳皮質の神経細胞の配置決定に重要な役割を果たしていると考えられる。大脳皮質形成異常は発生異常に基づく神経細胞の配列や形態異常などの組織像を示すので、難治の部分てんかんに対する外科治療により摘出された皮質形成異常標本を用いてreelin遺伝子の発現変化をin situ hybridization組織化学法を用いて検討した。コント...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2003年
1.マウス胎仔脳への電気穿孔法を用いたEGFP遺伝子導入による移動細胞の可視化(井上、山田、福田):分化直後の神経細胞に特異的にEGFPを発現させて移動過程を可視化する為、子宮内胎仔へのin vivo電気穿孔法により遺伝子導入を行った。すなわち、胎齢13日のマウス胎仔の側脳室にCAGプロモーターにEGFPあるいはDsRed2遺伝子を繋いだプラスミドを注入し、パルス電圧を加え脳室帯で分化直後の神経細胞に遺伝子導入した。これらの細胞がEGFP/DsRed2の蛍光を発しながら脳室帯から皮質板へ移...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年
神経伝達物質であるGABAは、概日リズムの調節にも中心的な役割を果たしていることを示す事が知られている。哺乳動物の時計機構の中枢である視交叉上核(SCN)には網膜-視床下部路を介したGABA作動性の入力が見られる他、外側膝状体-大脳皮質視覚野といった視覚の入力経路においても多数のGABA作動性のニューロンがあり、各神経核の発火頻度の調節をしていると考えられている。こうしたSCN、外側膝状体、大脳皮質視覚野におけるGABAの重要性とともに、SCNニューロンにおいて、昼夜でGABA作用の逆転現...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2003年
部分てんかんの原因として注目されている皮質形成異常は、神経細胞の発生・分化・移動の過程で生じた異常であり、神経細胞の配列や形態異常などの組織像を示すとともに病変自体がてんかん原性を有している。本研究課題では、皮質形成異常の成因やそのてんかん原性にCl^-ホメオスタシス異常によるGABA作用の過分極/脱分極の逆転が関わっている可能性を検討することを目的とした。まず、focal freeze-lesionによる局所的細胞移動障害モデルを作成し、Cl^-トランスポーター、GABA及びグリシン受容...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2002年 - 2002年
1.ラット胎仔脳への電気穿孔法を用いたEGFP遺伝子導入による移動細胞の可視化(井上、山田、福田):
移動中の細胞に特異的にEGFPを発現させて移動後の細胞と識別する為、ラット胎仔を用いて、CMVプロモーターによるEGFP発現プラスミドを用いた遺伝子導入を電気穿孔法により行った。しかし、有効な遺伝子発現が得られず、プロモーターをEF1に変更しても同様であった。そこで、マウス胎仔を用いてCAGプロモーターによる遺伝子導入を行ったところ、脳室帯の細胞にEGFPの蛍光を確認できた。今後は移動中の...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2001年 - 2001年
1.新生大脳皮質の細胞タイプ別Cl^-ホメオスタシスの解析(福田):
Cl^-感受性蛍光指示薬のMEQを用い、層構造構築過程の大脳新皮質(生後0-3日齢ラット)に存在する各細胞タイプあるいは細胞移動時期の差によるCl^-ホメオスタシスの違いを検討した。辺縁帯のCajal Retzius cellではresting[Cl^-]_iが37mMと高値で、皮質板では移動後間もない表層のcortical plate cellが30mMで定着直後のVI層のpyramidal neuron(25mM)よ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年
本研究では、このニューロン内Cl^-濃度の変動をイメージング方を用いて直接測定することを試みた。Cl^-感受性蛍光色素のMEQをラットの脳スライスに負荷させた。MEQは視交叉上核神経細胞内に留まり、GABAによる蛍光強度の変化を観測できた。ただ、蛍光が増加する場合([Cl^-]_iの減少)と、蛍光が減少する([Cl^-]_iの増加)場合があり、これらが、細胞内のCl^-の経時的な変化を反映したものなのかどうか、測定データ数を増やし、さらに検討をする必要を認めた。本研究では、上述のMEQの蛍...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2000年 - 2000年
1.光学的イメージング法による新生大脳皮質の細胞タイプ別GABA作用と神経回路機能の解析:
Cl^-感受性蛍光色素MEQ、Ca^<2+>感受性蛍光色素fura-2をラット脳スライスに負荷し、[Cl^-]_iと[Ca^<2+>]_iの光学的測定を行った。発達初期の大脳新皮質のcortical plate neuronでは、生後4日までの[Cl^-]_iが約35mMと高値であったが発達とともに低下し、生後3週の錐体細胞では約7mMに激減した。bumetanideやfurosemideの作用を...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 2000年
1.Cl^-と細胞容積の同時モニター法の開発:
Cl^-感受性蛍光色素のMEQによるCl^-イメージングでは[Cl^-]_i変化に伴う細胞容積変化による測定誤差の可能性を否定できない。そこで、355nm/490nmの励起光と450nm/520nmの蛍光に対応したdual bandpass filterを作製し、細胞容積変化のみを反映するcalcein(490/520nm)をMEQ(355/450nm)と同時負荷しCl^-と細胞容積の同時モニターによるpseudo-ratiometric ...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究, 基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 1999年
ラットにミトコンドリア呼吸鎖toxin(3-nitroptopionic acid,3-NPA)を投与すると外側部の線条体が特異的に傷害される。本研究では3-NPAの急性投与および慢性投与によりハンチントン病モデル動物を作製し、線条体特異脆弱性のメカニズムとその防御法について研究した。その結果、
1.3-NPAに対する線条体特異脆弱性のメカニズムとは、1)大脳皮質から大量に入ってくるグルタミン酸によるtoxicity、2)黒質から大量に入ってくるドパミンのtoxicity、3)線条体外側部...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 1999年
ミトコンドリア毒である3-ニトロプロピオン酸(3-NPA)をラットに全身投与(20mg/kg×2)すると線条件の中・外側部が特異的に傷害され、ハンチントン病様の運動症状を示す。全身投与したtoxinがなぜ線条体だけを傷害するのかについては種々の要因が提唱されているが、本研究では線条体の中・外測部を栄養する外側線条体動脈の脆弱性がベースにあるとの仮説を立て、これを証明する実験を行った。3-NPA投与後、外側線条体動脈領域の血液・脳関門(BBB)が破壊されるが、BBBの破錠は内皮細胞の傷害に外...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1998年 - 1998年
1. MEQ(6-methoxy-N-ethylquinolinium iodide)を負荷した生後0〜28日齢の大脳皮質スライス標本から神経細胞を同定し細胞内Cl^-濃度([Cl^-]_i)の記録を行った。nigericin、tributyltinによるin situでのCl^-濃度固定法を行い、standard curve(Stern-Volmer Plot)を作成し、異なる細胞間での[Cl^-]_i変化を比較した。生後10-15日の大脳皮質各層の錐体細胞の[Cl^-]_iに差があるか...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1998年
1. fura-2でラベルした日齢7-14のラット大脳皮質スライス錐体細胞からの[Ca^<2+>]_iの光学測定をおこない、スライスを無酸素無グルコ-ス(インビトロ虚血)人工脳脊髄液で灌流したときの[Ca^<2+>]_iの変化を大脳皮質各層で同時記録した。[Ca^<2+>]_i上昇はII/III層で最も著しく、これにはNMDAレセプタ-が関与していた。また、本来抑制性のGABA作用がむしろ[Ca^<2+>]_i上昇に作用していることが明らかになった。Cl^-輸送体機能を抑制した神経回路でも...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年
1.fura-2でラベルした日齢7-14のラット大脳皮質スライス錐体細胞からの[Ca^<2+>]_iの光学測定をおこない、furosemideでCl^-排出機構を抑制した状態ではGABAが[Ca^<2+>]_i上昇を起こす事を明らかにした。これは、静止時の[Cl^-]_iが上昇しE_<Cl>が脱分極側にシフトしたためにGABAによるCl^-流入がCl^-流出となり、それによる脱分極で電位依存性Ca^<2+>チャンネルから一過性のCa^<2+>流入が起き、さらにグルタミン酸放出が促進されてN...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1996年 - 1997年
線条体ニュ-ロン及びアストロサイトが特異的に傷害される動物モデルを用いて線条体の脆弱性のメカニズムを解析した。また神経移植によって機能の再建をめざした。
1.ミトコンドリア毒の3-ニトロピロピオン酸(3-NPA)をラットに全身投与すると線条体外側部のアストログリアが特異的に傷害され、ハンチントン病様運動症状を示した。同じくミトコンドリア毒である2,4-dinitrophenol(DNP)の投与では、線条体外側部のニュ-ロン及び血管の膨化が著明であったが、アストログリアの変化はほとんど認めら...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 1995年 - 1996年
平成7〜8年度の2年間にわたり、中大脳動脈虚血・再開通ラットモデルを用い、虚血脳細胞死のメカニズムの解析と虚血部位へ神経移植を行うことにより障害された脳機能の再建を試み、以下の成果をあげた。
1.カルパインの脳内分布、その活性化とニュ-ロン死
μ-カルパイン80KDのN末アセチル化ペプチドに対する抗体を作成した。本抗体はN末delete前のμ-カルパイン(プロエンザイム)を認識する。この抗体を用いてカルパインの分布とその活性化を調べると、カルパインプロエンザイムはニュ-ロンの核内に多量に存...