久原篤

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 16:59
 
アバター
研究者氏名
久原篤
 
クハラ アツシ
URL
http://kuharan.com/
所属
甲南大学
部署
理工学部 生物学科
職名
教授
学位
博士(理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
00402412
ORCID ID
0000-0003-2994-8658

プロフィール

動物の温度適応をつかい温度感覚と記憶を線虫をつかって研究しています。

 わたしたち人間などの動物は、匂いや温度などの周りの環境を感じたり、記憶したりすることで、その状況にあった応答をすることができます。久原研究室では、C.エレガンスとよばれるちいさな線虫をつかって、動物がどうやって周りの環境を感じ、記憶し、そして適応するのかを解き明かそうとしています。具体的には、C. エレガンスの温度にたいする応答に着目して、(1) 動物が温度を感じるメカニズムや、(2) 適応するメカニズムを解き明かそうとしています。これまでに、光やフェロモンを感じる感覚神経が温度を感じて、個体の温度適応を調節していることが分かってきました。さらに、精子が頭部の温度受容ニューロンを調節していることも見つかってきました。この実験系を利用して温度感知と記憶の分子と神経の仕組みをを解き明かしたいと考えています。エレガントな動物のエレガントな応答のメカニズム、それを解き明かす研究は果てしないですが、目指す先にはしっかりとした光が見えます。

研究分野

 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
甲南大学 理工学部 教授
 
2017年10月
 - 
現在
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), PRIME(研究開発代表者)
 
2013年8月
 - 
現在
甲南大学 統合ニューロバイオロジー研究所 (兼任)
 
2013年4月
 - 
2017年3月
甲南大学 理工学部 准教授
 
2011年4月
 - 
2013年3月
甲南大学 理工学部 講師(PI), 名古屋大学 招聘教員(~2012.3)
 
2009年10月
 - 
2011年3月
名古屋大学 理学部 講師
 
2007年
 - 
2009年
名古屋大学 理学部 助教
 
2005年
 - 
2007年
名古屋大学 理学部 助手
 
2004年
 - 
2005年
日本学術振興会PD
 
2003年
 - 
2004年
日本学術振興会DC2
 

受賞

 
2018年2月
日本学術振興会賞
 
2012年9月
神経科学学会 奨励賞
 
2012年4月
文部科学大臣表彰
 
2011年9月
生物物理学会 奨励賞
 
2011年4月
長瀬研究振興賞
 
2011年3月
赤崎賞
 
2009年9月
日本遺伝学会 奨励賞
 
2007年2月
井上研究奨励賞
 

論文

 
Ujisawa T., Ohta A., Ii T., Minakuchi Y., Toyoda A., Ii M., Kuhara A.
PNAS   in press    2018年   [査読有り]
Kuhara A. and Ohta A.
Impact   2018(7) 44-46   2018年10月   [査読有り][招待有り]
Ujisawa, T., Ohta, A., Uda-Yagi, M., Kuhara A.
PLOS ONE   11(10: e0165518.) 1-20   2016年10月   [査読有り]
Sonoda S., Ohta, A., Maruo, A., Ujisawa T., Kuhara, A.
Cell Reports   DOI: 10.1016/j.celrep.2016.05.   2016年6月   [査読有り]
Kage-Nakadai E., Ohta, A., Ujisawa T., Sun S., Nishikawa Y., Kuhara A., Mitani S.
Genes to Cells   21(9) 936-948   2016年7月   [査読有り]
Okahata M., Ohta, A., Mizutani, H., Minakuchi, Y., Toyoda, A., Kuhara, A.
Journal of Comparative Phisiology B      2016年6月   [査読有り]
Tsukada Y., Yamao M., Honda N, Shimowada T., Ohnishi N., Kuhara A., Ishii S., Mori I.
The Journal of Neuroscience   36(9) 2571-2581   2016年2月   [査読有り]
Ohta, A., Ujisawa T., Sonoda S., Kuhara, A.
Nature commun.   doi: 10.1038/ncomms5412   2014年7月   [査読有り]
Ohta, A. & Kuhara, A.
Neuroscience Research   76(3) 119-124   2013年   [査読有り][招待有り]
Kimata, T., Tanizawa, Y., Can, Y., Ikeda, S., Kuhara, A., Mori, I.
Genetics   191(2) 509-521   2012年6月   [査読有り]
Nishio N., Mohri-Shiomi A., Nishida Y., Hiramatsu N., Kodama-Namba E., Kimura KD., Kuhara A., Mori I.
Genes to Cells   17(5) 365-386   2012年5月   [査読有り]
Kuhara, A., Ohnishi N., Shimowada T., Mori, I.
Nature commun.   2(355) doi: 10.1038/ncomms1352   2011年6月   [査読有り]
Ohnishi N., Kuhara, A., Nakamura, F., Okochi, Y., Mori, I.
The EMBO Journal   30(7) 1376-1388   2011年   [査読有り]
Miyara, A., Ohta, A., Okochi, Y., Tsukada, Y., Kuhara, A., Mori, I.
PLoS Genetics      2011年   [査読有り]
Kuhara A, Okumura M, Kimata T, Tanizawa Y, Takano R, Kimura KD, Inada H, Matsumoto K, Mori I
Science   320(5877) 803-807   2008年5月   [査読有り]
Mori I, Sasakura H, Kuhara A
Current opinion in neurobiology   17 712-719   2007年12月   [査読有り]
Tanizawa Y, Kuhara A, Inada H, Kodama E, Mizuno T, Mori I
Genes & Development   20(23) 3296-3310   2006年12月   [査読有り]
Kodama E, Kuhara A, Mohri-Shiomi A, Kimura KD, Okumura M, Tomioka M, Iino Y, Mori I
Genes & Development   20(21) 2955-2960   2006年11月   [査読有り]
Kuhara A, Mori I
The Journal of neuroscience   26 9355-9364   2006年9月   [査読有り]
Sasakura H, Inada H, Kuhara A, Fusaoka E, Takemoto D, Takeuchi K, Mori I
The EMBO journal   24(7) 1477-1488   2005年4月   [査読有り]
Kuhara A, Inada H, Katsura I, Mori I
Neuron   33(5) 751-763   2002年2月   [査読有り]
Gomez, M., Castro, E. D., Guarin, E., Sasakura, H., Kuhara, A., Mori, I., Bargmann, C. I., and Nef, P.
Neuron   30(1) 241-248   2001年4月   [査読有り]
Satterlee, J., Sasakura, H., Kuhara, A., Berkeley, M., Mori, I., and Sengupta, P.
Neuron   31(6) 943-956   2001年1月   [査読有り]

Misc

 
動物の低温適応における精子から頭部の温度感覚神経へのフィードバック制御
久原篤
科研費NEWS   2018年度(2) 13-13   2018年9月   [依頼有り]
低温耐性を司る組織ネットワーク
藤田茉優,大西康平,太田茜,久原篤
月刊「細胞」特集 低温の生物学と医学   50(9) 8(464)-11(467)   2018年7月   [査読有り][依頼有り]
線虫感覚受容器のグリアーニューロン相互作用と低温耐性
中台(鹿毛)枝里子, 太田茜,宇治澤知代,孫思墨, 西川禎一, 久原篤
月刊「細胞」   50(9) 24(480)-27(483)   2018年7月   [査読有り][依頼有り]
久原 篤, 宇治澤 知代, 太田 茜
比較生理生化学   32(2) 67-75   2015年6月   [査読有り]
大西 憲幸、久原 篤
比較生理生化学   29(3) 112-120   2012年   [査読有り][依頼有り]
久原篤
生物物理   52(4) 200-201   2012年   [査読有り][依頼有り]
神経活動の光操作とイメージングによる神経伝達の暗号解読
久原篤
Genes & Genetic Systems   86(5) 4-4   2012年   [査読有り][依頼有り]
神経回路の活動と接続のライブイメージング
久原 篤, 木全 翼, 森 郁恵
実験医学 増刊号 ライブイメージングで解き明かす多彩な生命現象   26(17) 89-95   2008年   [査読有り][依頼有り]
線虫(C. elegans)の行動を制御する神経回路における嗅覚ニューロンによる温度の感知
森 郁恵 & 久原 篤
サイエンス誌に載った日本人研究者2008   20   2009年   [依頼有り]
久原篤, 森郁恵
生物物理   48(3) 167-173   2008年5月
Elucidation of the principal mechanism for sensory transduction, learning and memory is a fundamental question in neuroscience. Thermotaxis, an experience-modulated behavior, in Caenorhabditis elegans is an ideal model to understand thermosensatio...
[Mechanisms of molecular and neural network for thermotaxis in C. elegans]
Kodama E, Kuhara A, Mori I
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   52 205-213   2007年3月   [査読有り]
児玉英志, 久原篤, 森郁恵
蛋白質核酸酵素   52(3) 205-213   2007年3月
森郁恵, 奥村将年, 久原篤
日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology   24(4) 239-241   2004年8月
笹倉寛之, 久原篤, 小松秀俊, 森郁恵
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21    1998年12月
[Molecular neurogenetics of sensory behaviors in the hematode C. elgans]
Mori I, Okumura M, Kuhara A
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   24 239-241   2004年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
研究者が教える動物実験 第3巻 行動
太田茜、園田悟、久原 篤 (担当:分担執筆, 範囲:"好きなにおいに向かっていく行動を見てみよう センチュウの走化性テスト:嗅覚応答行動の測定"、"好きな温度に向かう行動を調べよう センチュウの温度走性テスト:温度応答行動の測定"、"遺伝子の突然変異のDNAを見てみよう PCR法と制限酵素による突然変異部位の可視化" を担当)
共立出版   2015年7月   ISBN:9784320057746
研究者が教える動物実験 第2巻 神経・筋
久原 篤、太田茜 (担当:分担執筆, 範囲:"緑色にキラリと光る細胞を見てみよう 緑色蛍光タンパク質GFPによる神経細胞の観察"を担当)
共立出版   2015年7月   ISBN:9784320057739
研究者が教える動物実験 第1巻 感覚
太田茜、園田悟、久原 篤 (担当:共著, 範囲:"匂いに慣れたらどうなるの? センチュウの匂い順応テスト:嗅覚順応行動の測定"p42-45を担当)
共立出版   2015年7月   ISBN:9784320057722
久原篤 & 森郁恵:温度走性、化学走性の章を執筆
シュプリンガーフェアラーク東京   2003年10月   ISBN:4431710299
久原篤 & 森郁恵:線虫の嗅覚系を概説
丸善   2005年2月   ISBN:4621075136

競争的資金等の研究課題

 
感覚神経の感度調節メカニズムの解明
成茂神経科学研究助成基金: 研究助成
研究期間: 2011年10月 - 2012年3月    代表者: 久原篤
山田科学振興財団: 研究援助
研究期間: 2011年10月 - 2013年3月    代表者: 久原篤
線虫C. エレガンスをもちいた環境情報の適応と識別の分子機構の解析
分子生物学会「富澤純一・桂子 基金」: 若手研究助成
研究期間: 2011年6月       代表者: 久原篤
複数の神経情報を細胞内で区別・識別するための分子生理機構
JST 科学技術振興機構: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 久原篤
線虫の神経回路の光操作から探る感覚と記憶に関わる神経の暗号
文部科学省: 新学術領域
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 久原篤
温度感覚の感度調節に関わる分子機構の解析
稲盛財団: 研究助成
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 久原篤
温度感覚と学習記憶の分子神経回路メカニズムの分子基盤
中島記念国際交流財団: 若手研究者研究助成金
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 久原篤
記憶・感覚に関わるジアシルグリセロールリン酸化酵素の解析
長瀬科学技術振興財団: 研究助成
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 久原篤
行動に関わる神経活動の情報学的解析
堀科学芸術振興財団: 研究助成
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 久原篤
Gタンパク質を介した温度情報伝達の分子機構
倉田記念日立科学技術財団: 倉田奨励金助成
研究期間: 2011年 - 2018年    代表者: 久原篤
温度受容ニューロンをモデル系とした感覚ニューロンの感度調節機構の解析
武田科学振興財団: 研究奨励(H22-23)
研究期間: 2010年 - 2018年    代表者: 久原篤
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 久原篤
動物における匂いや光や温度などの感覚受容に関わる分子機構として、光と匂い情報はGタンパク共役型受容体で受容され、温度情報は、TRPチャネル型受容体で受容されることが明らかになっている。本研究では、温度情報伝達に関わる新規の分子メカニズムを明らかにする目的で、線虫C. エレガンスが示す温度に対する応答行動に異常をしめす変異体(eat-16)の解析を行った。eat-16変異体の原因遺伝子は3量体Gタンパク質の抑制因子であるRGSをコードしており、分子遺伝学的解析とカルシウムイメージングによる神...
Temperature sensing by an olfactory neuron in a circuit controlling behavior of C. elegans
名古屋大学GCOEプログラム: 若手顕彰奨励金
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 久原篤
感覚ニューロンの感度調節の分子メカニズムとその医療への応用の実験モデル系
持田記念医学薬学振興財団: 研究助成金(H19~H20)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 久原篤
温度の感知と記憶学習の分子神経回路機構
ブレインサイエンス振興財団: 研究助成金(H19~H20)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 久原篤
線虫C. elegansにおいて感覚ニューロンの感度調節に関与するカルシニューリンTAX-6の分子遺伝学的解析
井上科学振興財団 : 研究奨励金(H19)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 久原篤
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 久原篤
動物は外界からの情報を感覚神経で受容し、脳内の神経回路網で学習・記憶することで適切に行動することができる。現在の神経生物学において、感覚情報の受容から学習記憶、そして出力に至るまでの一連の神経回路とそれを構築する分子基盤の包括的解明こそが最重要課題の1つである。本研究では、線虫C. elegans温度に対する応答行動に関わるシンプルな神経回路を高次神経機能解析のモデル実験系と位置づけ、感覚情報の受容や学習記憶そして出力に至る分子・神経機構の包括的理解をめざし研究を行っている。
本年度におい...
C. エレガンスにおけるカルシニューリンを介した記憶・学習機構の分子遺伝学的解析
日本学術振興会 : 研究奨励金(H16)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 久原篤
カルシニューリンが関与する神経細胞内カルシウム情報伝達機構の分子遺伝学的解析
日本学術振興会 : 研究奨励金(H14~H15)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 久原篤

委員歴

 
2017年
 - 
現在
ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP) 線虫  運営委員
 
2017年
 - 
現在
日本動物学会  将来計画委員
 
2017年
 - 
2019年
線虫C. elegans研究者コミュニティ  ホームページ管理責任者
 
2018年
 - 
2018年
山田科学振興財団  研究助成 一次審査委員
 
2017年
 - 
2018年
8th Asia-Pacific C. elegans Meeting  International Scientific Program Committee
 

その他

 
2010~ 日本遺伝学会 男女共同参学 特別委員
2007年
第80回 日本遺伝学会年会 運営委員 2007~2008