小川 敦

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/26 22:03
 
アバター
研究者氏名
小川 敦
 
オガワ アツシ
URL
http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=10000869
所属
大阪大学
部署
大学院言語文化研究科 言語文化専攻
職名
准教授
学位
博士(学術)(一橋大学)
科研費研究者番号
00622482

研究分野

 
 

経歴

 
2016年3月
 - 
現在
大阪大学 言語文化研究科 准教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
大阪大学 言語文化研究科 講師
 
2012年4月
 - 
2013年3月
一橋大学 言語文化研究科 研究員
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
日本独文学会  ドイツ語学ゼミナール実行委員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
阪神ドイツ文学会  幹事
 
2013年8月
 - 
2015年8月
日本独文学会・ドイツ語教育部会  ドイツ語教員養成・研修講座実行委員
 

論文

 
移民国家における多言語教育制度 -ルクセンブルクにおける統合のための施策
小川 敦
言語社会共同研究プロジェクト2018 ドイツ語をめぐる言語社会研究   (6) 23-34   2019年3月   [査読有り][招待有り]
多言語国家スイスと言語教育政策パスパルトゥー -ルクセンブルクとの比較において
小川 敦
言語社会共同プロジェクト2017 ドイツ語をめぐる言語社会研究   (5) 17-26   2018年3月
ルクセンブルクにおける移民の社会経済的不平等と教育制度
小川 敦
言語文化共同研究プロジェクト2016 批判的社会言語学のまなざし   15-24   2017年5月
社会的な不平等の再生産と言語教育 -ルクセンブルクの事例から
小川 敦
言語社会共同研究プロジェクト2016 ドイツ語をめぐる言語社会研究   (4) 1-10   2017年3月
Sprachideologiebildung im multilingualen Land Luxemburg – Eine Soziolinguistische Betrachtung zu den 1970er und 1980er Jahren.
小川 敦
Neue Beiträge zur Germanistik   (13(2)) 48-63   2015年5月   [査読有り]

Misc

 
書評『帝国・国民・言語-辺境という視点から』平田雅博・原聖(編著)
小川 敦
歴史科学協議会『歴史評論』   824(2018年12月号) 95-97   2018年12月   [依頼有り]
ルクセンブルクにおけるドイツ語識字教育の問題点と施策
小川 敦
京都ドイツ語学研究会 Sprachwissenschaft Kyoto   (16) 86-88   2017年5月
書評 『歴史社会言語学入門 社会から読み解くことばの移り変わり』 高田 博行・家入 葉子・渋谷 勝己(編著)
小川 敦
阪神ドイツ文学会 ドイツ文学論攷   (57) 79-83   2016年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
ルクセンブルクを知るための50章
小川 敦 (担当:分担執筆)
明石書店   2018年12月   
第1章「ルクセンブルクのあらまし」
第3章「多言語社会ルクセンブルク」
第4章「言語法」
第7章「公的空間で使われる言語」
第16章「第二次世界大戦の苦難」
第18章「第二次世界大戦後の新しい道」
第29章「就学前教育から中等教育まで」
第46章「近代都市キルヒベルク」
コラム13「3国国境地帯を歩く」
Wie gleich ist, was man vergleicht?
小川 敦 (担当:分担執筆, 範囲:Die sprachlichen Menschenrechte in Luxemburg von gestern und heute. Eine kleine Notiz im Hinblick auf die Alphabetisierungssprache.)
Staffenburg Verlag   2016年3月   
多言語主義社会に向けて
小川 敦 (担当:分担執筆)
くろしお出版   2017年11月   
第12章「危機に瀕するアルザス語 -バイリンガル教育によってもたらされるもの」(境一三/治山純子/小川敦)
第13章「多言語社会ルクセンブルク -移民社会の到来と言語能力維持のための課題」(小川敦)
多言語社会ルクセンブルクの国民意識と言語 -第二次世界大戦後から1984年の言語法、そして現代-
小川 敦
大阪大学出版会   2015年3月   

講演・口頭発表等

 
南チロルにおける CLIL 導入の課題
大澤麻里子/小川敦
言語教育エキスポ2019   2019年3月10日   
イタリア・南チロルにおけるCLILを巡る言説
大澤麻里子/小川敦/境一三
日本言語政策学会   2018年6月17日   
バーゼルにおける外国語教育のための共通基盤としてのパスパルトゥー
境一三/小川 敦
言語教育エキスポ2018   2018年3月4日   
マルタ共和国の言語教育について
境一三/大澤麻里子/小川敦
公開シンポジウム「日本の外国語教育を豊かにするには」   2017年7月15日   
マルタの小学校における複言語教育 その挑戦と課題
大澤麻里子/小川敦/境一三
日本言語政策学会   2017年6月18日   

社会貢献活動

 
私の外国語学習
【講師】  立命館大学 教養ゼミナール  2018年11月23日
多言語社会ルクセンブルク -社会と言語の役割の変化
【講師】  東洋大学経済学部  比較政策分析 ヨーロッパおよびドイツ語圏の言語状況と言語政策  2018年11月1日
多言語社会ルクセンブルクの国民意識と言語―いくつもの言語を操る人たちの歴史をのぞいてみませんか
【講師】  大阪大学出版会/大阪大学COデザインセンター  二頁だけの読書会 vol.6  2016年8月7日
ルクセンブルクの言語的多様性とドイツ語
【講師】  早稲田大学法学部・言語情報研究所  総合講座『ドイツ語圏を知る』  2016年7月2日