Miyuki Sato

J-GLOBAL         Last updated: Oct 24, 2017 at 15:04
 
Avatar
Name
Miyuki Sato
Affiliation
Ube Frontier University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
A大学看護学生のコミュニケーションおよび行動の傾向
佐藤 美幸, 柿並 洋子
宇部フロンティア大学看護学ジャーナル   7(1) 15-19   Mar 2014
看護学生のコミュニケーションおよび行動の傾向を把握することを目的に、A大学看護学科の学生を対象にアンケート調査を行い、277名より回答を得た。その結果、日常のコミュニケーションと行動について、41.8%が「コミュニケーションを取るのが苦手」と回答したが、その割合は学年が上がるにつれ減少していた。実習におけるコミュニケーションや行動は、32.4%が「患者とのコミュニケーションができなかった」と回答したが、その割合は学年が上がるにつれ減少した。
精神科と一般科で勤務する看護師の職業性ストレスとストレス対処能力(SOC)の差異
二宮 寿美, 佐藤 美幸, 柿並 洋子, 棚崎 由紀子, 網木 政江
宇部フロンティア大学看護学ジャーナル   7(1) 1-8   Mar 2014
精神科と一般科に勤務する看護師の職業性ストレスおよびストレス対処能力(SOC)を比較することを目的に、X県内の精神科5施設、一般科6施設の中規模病院(病床100床〜400床)に勤務する看護師を対象に、職業性ストレス簡易調査票、SOC(Sense of Coherence)日本語縮小版を用いたアンケート調査を行い、886名(精神科362名、一般科524名)より回答を得た。その結果、精神科看護師と一般科看護師の職業性ストレスの比較では、精神科看護師の「仕事のコントロール度」「上司からのサポート...
がんリンパ浮腫ケアに携わる看護師の専門職的自律性獲得の構造 リンパ浮腫専門外来を担当する看護師へのグループインタビューから(Structure of professional autonomy acquisition of nurses involved in cancer lymphedema care: From a group interview with nurses in charge of the lymphedema specialist outpatient units)
作田 裕美, 坂口 桃子, 宮腰 由紀子, 片岡 健, 西山 美香, 佐藤 美幸
リンパ浮腫管理の研究と実践   1(1) 25-32   Dec 2013
本研究の目的は、がん術後リンパ浮腫ケアに携わる看護師の専門職的自律性の構造を帰納的に明らかにすることにした。研究対象者は、大学病院でリンパ浮腫外来を担当する6年以上の臨床経験のある看護師5名とし、グループインタビューを2012年2月に行った。個室にて、インタビューガイドを用い半構成的面接によりデータを収集、質的帰納的に分析した。その結果、エピソードは86コード抽出され、そこから20サブカテゴリーに類型化され、最終的に5カテゴリーがテーマとして形成された。さらに得られたカテゴリー間の関係を検...
精神科看護師の職業性ストレスとストレス対処能力(SOC)の実態
二宮 寿美, 佐藤 美幸, 柿並 洋子, 網木 政江
日本看護学会論文集: 看護管理   (43) 363-366   Apr 2013
精神科病院に勤務する看護職者299名(看護師161、准看護師138)を対象に、職業性ストレスとストレス対処能力(SOC)の実態調査を行った。一般科に勤務経験のある看護師の30.5%が精神科の方がストレスを感じると回答し、男性では8%、女性では34.4%と性差がみられた。職業性ストレスは、男性の方が心理的な仕事負担感や自覚的な身体的負担度を感じにくく、仕事のコントロール度も高かった。SOCの総合得点は、女性の方が高い傾向にあり、SOCの下位尺度である有意味感は女性が有意に高かった。ストレス対...
精神科に勤務する看護師の職業性ストレスとストレス対処能力
佐藤 美幸, 二宮 寿美, 柿並 洋子, 網木 政江, 作田 裕美
宇部フロンティア大学看護学ジャーナル   6(1) 21-27   Mar 2013
A県内の精神科病院に勤務する看護師・准看護師を調査対象として、職種、職場環境および個人の特性が職業性ストレスおよびストレス対処能力とどのような関係にあるのかを明らかにすることを目的に調査を行った。質問紙は353名に配布し、299部を回収した。調査内容は、属性、職業性ストレス簡易調査票、SOCストレス対処能力測定表であった。性別は女性が203名で、男性が96名であった。看護師が161名、准看護師が138名であった。166名が精神科を希望せず就職していた。分析の結果、看護師と准看護師とでは、職...

Conference Activities & Talks

 
初年次教育としての基礎ゼミナールに対する学生の理解と活用
佐藤 美幸, 棚崎 由紀子, 清水 佑子, 生田 奈美可, 福森 絢子
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2014   
精神科および一般科病院に勤務している看護師の職業性ストレス及びストレス対処能力(SOC)の関連
二宮 寿美, 佐藤 美幸, 柿並 洋子, 棚崎 由紀子, 網木 政江, 小林 敏生
産業衛生学雑誌   May 2014   
精神科と一般科看護師の職業性ストレス及びストレス対処能力(SOC)の比較
二宮 寿美, 佐藤 美幸, 柿並 洋子, 棚崎 由紀子, 網木 政江
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2013   
Differences in nurses’ work-related stress between psychiatric and general hospitals
Jun 2013   
山口県内の精神科に勤務する看護職者の職業性ストレス
佐藤 美幸, 二宮 寿美, 網木 政江
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2012   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2009 - 2010    Investigator(s): Hiromi SAKUDA
Background ; After lymph node dissection in the upper extremity region breast cancer patients often develop lymphedema. A range of therapies are currently in use internationally (skin care, lymphatic drainage, compression therapy, exercise therapy...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2007    Investigator(s): Takae MORITA
The purpose of the present study was to develop an assessment scaling on the easiness of daily living for the mental disorders in their communities and to clarify the actual conditions on an activity of mental health and welfare in a community in ...