共同研究・競争的資金等の研究課題

2006年 - 2009年

造血幹細胞移植を主体的に受けるための患者支援プログラムの臨床導入と評価

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

課題番号
18592382
体系的課題番号
JP18592382
配分額
(総額)
4,280,000円
(直接経費)
3,500,000円
(間接経費)
780,000円

本研究は、内発的動機づけに基づく認知教育理論を用いた「造血幹細胞移植を主体的に受けるための患者支援プログラム」を開発・臨床導入・評価することである。非介入群と介入群において介入前、介入終了後、介入後2週間の3点について二元配置反復測定分散分析を行った。その結果、日本語版POMSの下位尺度の「活気」で交互作用について有意な傾向が見られた(p<0.1)。Dunnettの方法を用いて、各群における「活気」の変化を確認したところ、移植に向けて非介入群は「活気」が次第に低下し、介入群は「活気」を維持できることが示唆された。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-18592382
ID情報
  • 課題番号 : 18592382
  • 体系的課題番号 : JP18592382