粟谷佳司

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/13 18:41
 
アバター
研究者氏名
粟谷佳司
eメール
awatanigmail.com
URL
http://d.hatena.ne.jp/awatani/
所属
立命館大学
部署
立命館アジア・日本研究機構
職名
客員准教授
学位
博士(社会学)(同志社大学), 修士(社会学)(同志社大学)
その他の所属
同志社大学

プロフィール

文化社会学、歴史社会学、現代日本文化研究、カルチュラル・スタディーズ、メディア研究。
文化の歴史社会学、市民運動と表現文化の交差に関する研究(科研費関係)

同志社大学大学院文学研究科博士課程満期退学。
同志社大学博士(社会学)。
立命館大学立命館アジア・日本研究機構客員准教授、同志社大学社会学部嘱託講師。

業績
著書
単著『音楽空間の社会学-文化におけるユーザーとは何か』青弓社、2008年、『限界芸術論と現代文化研究ー戦後日本の知識人と大衆文化についての社会学的研究』ハーベスト社、2018年
共編著『グローバル・コミュニケーション』ミネルヴァ書房、2013年など。

論文
博士学位論文「限界芸術論と現代文化研究ー戦後日本の知識人と大衆文化についての社会学的研究」同志社大学、2016年
"Media Space and 'Users':"Keio Communication Review.no.32、2010年、「限界芸術論からのメディア文化史」『メディア・コミュニケーション』2011年、「戦後日本の知識人と音楽文化」『立命館産業社会論集』2012年、「鶴見俊輔から「ひとびと」の社会学へ」『同志社社会学研究』22号、2018年など。

これからの業績として、2019年の予定、『文化論入門(仮)』ミネルヴァ書房など。

競争的資金として(代表のみ)
2011-2014年、日本学術振興会、科学研究費補助金基盤研究C(研究代表者)。
2018-2021年、日本学術振興会、科学研究費補助金基盤研究C(研究代表者)。

教育
立命館大学において、FDプログラム研修を修了、基礎科目、専門科目、社会連携科目、卒業論文指導、大学院博士前期課程論文指導(主査)を担当。

社会貢献
2014年、在日本カナダ大使館で行われたマーシャル・マクルーハン『メディア論』刊行50周年記念イベントに専門研究者として選ばれラウンドテーブルに参加。http://m.huffingtonpost.jp/kazuhiro-taira/media_b_5170253.html

研究分野

 
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2003年3月
同志社大学大学院 文学研究科博士後期課程 社会学専攻
 
 
 - 
1997年3月
同志社大学大学院 文学研究科博士前期課程 社会学専攻
 

書籍等出版物

 
限界芸術論と現代文化研究ー戦後日本の知識人と大衆文化についての社会学的研究
粟谷佳司
ハーベスト社   2018年9月   ISBN:9784863390959
メディア・リテラシーの諸相
ミネルヴァ書房   2016年3月   ISBN:9784623076338
現代社会理論の変貌
ミネルヴァ書房   2016年1月   ISBN:9784623075041
伊藤 陽一, 浅野 智彦, 赤堀 三郎, 浜 日出夫, 高田 義久, 粟谷 佳司
ミネルヴァ書房   2013年   ISBN:9784623065851
河出書房新社   2011年2月   ISBN:4309740375

論文

 
鶴見俊輔から「ひとびと」の社会学へ-戦後日本の文化研究に向けて
粟谷佳司
同志社社会学研究   (22) 9-19   2018年3月
限界芸術論と現代文化研究 戦後日本の知識人と大衆文化についての社会学的研究
粟谷佳司
同志社大学博士論文(乙)314号      2016年3月   [査読有り]
粟谷 佳司
立命館産業社會論集   48(2) 95-110   2012年9月   [査読有り]
限界芸術論からのメディア文化史-鶴見俊輔、フォーク音楽、ローカル文化
粟谷佳司
メディア・コミュニケーション   (61) 173-182   2011年3月
Media Space and "Users":A Study in Media and People's Practice after the Great Hanshin-Awaji Earthquake
粟谷佳司
Keio Communication Review   (32) 75-84   2010年3月

講演・口頭発表等

 
マクルーハンについての公開セミナー [招待有り]
粟谷佳司
公開セミナー「マクルーハンとAI時代のメディア」   2018年6月9日   青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」
青山学院大学総合文化政策学部創設10周年記念事業 関連企画
戦後日本の音楽空間についての文化研究
粟谷佳司、太田健二、西村明美
日本ポピュラー音楽学会大会   2017年12月3日   
ラウンドテーブル [招待有り]
粟谷佳司
カナダ大使館主催「マクルーハンの跡を追って:『メディア論』刊行50周年」   2014年4月16日   
音楽文化の歴史社会学ー知識人、大衆文化、社会運動
粟谷佳司
日本ポピュラー音楽学会大会ワークショップ(武蔵大学)   2012年12月9日   
文化政策と音楽空間
粟谷佳司
京都大学グローバルCOEプログラム 心が活きる教育のための国際的拠点   2009年5月   

Misc

 
2018年度第1回関西地区例会報告
粟谷佳司
JASPM Newsletter   116 4-4   2018年6月   [依頼有り]
大阪万博の企業パビリオンにおけるテクノロジー表象に関する学際的研究
飯田豊、馬場伸彦、粟谷佳司
助成研究集(要旨)   13-28   2017年6月   [依頼有り]
第3回関西地区例会
粟谷佳司
JASPM NEWSLETTER   (110) 4-4   2016年12月   [依頼有り]
小泉恭子著『メモリースケープ』を読む 個人史と文化的記憶が交わる音楽の位相
粟谷佳司
図書新聞   (3153)    2014年4月   [依頼有り]
震災復興における表現文化とメディア
粟谷佳司、遠藤保子、平石貴士
立命館産業社会論集   49(4) 101-118   2014年3月

競争的資金等の研究課題

 
1960年代後半の日本における表現文化と市民運動の交差に関する文化論的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 粟谷佳司
同志社大学新聞学の形成過程と展開についての歴史社会学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 粟谷佳司

担当経験のある科目

 

委員歴

 
2016年12月
 - 
2012年12月
日本ポピュラー音楽学会  理事
 

社会貢献活動

 
音楽から始まる第三回三田映画祭
【出演】  慶應義塾大学音楽から始まる第三回三田映画祭  2012年12月15日 - 2012年12月15日
音楽から始まる第一回三田映画祭
【出演】  慶應義塾創立150年記念事業  2010年12月18日 - 2010年12月18日