粟田 卓也

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/18 10:29
 
アバター
研究者氏名
粟田 卓也
所属
埼玉県立大学
部署
保健医療福祉学部 共通教育科(内科学)
職名
教授
学位
博士(医学)(東京大学)
その他の所属
国立国際医療研究センター 膵島移植プロジェクトアドバイザー

研究分野

 
 

経歴

 
2019年
 - 
現在
埼玉県立大学 保健医療福祉学部 共通教育科(内科学) 教授
 
2017年
 - 
2019年
国際医療福祉大学 医学部糖尿病・代謝・内分泌内科学 教授、国際医療福祉大学病院糖尿病内分泌代謝科 部長
 
2015年
 - 
2017年
国際医療福祉大学病院 糖尿病内分泌代謝科 教授・部長
 
2010年
 - 
2015年
埼玉医科大学 内分泌・糖尿病内科 教授・診療科長(診療部長)・運営責任者
 
2008年
 - 
2010年
埼玉医科大学 内分泌・糖尿病内科 教授・診療科長
 
2005年
 - 
2008年
埼玉医科大学 中央研究施設RI部門 主任・教授
 
1993年
 - 
1995年
マサチューセッツ大学 病理学教室 博士研究員
 
1986年
 - 
1993年
自治医科大学 内分泌代謝科 助手
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1981年3月
東京大学医学部医学科  
 
1976年4月
 - 
1978年3月
東京大学理科三類  
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本糖尿病学会  膵臓移植中央調整委員会・委員長
 
2018年10月
 - 
現在
日本膵・膵島移植研究会  世話人
 
2011年1月
 - 
現在
日本糖尿病眼学会  理事
 
2009年2月
 - 
現在
日本糖尿病・肥満動物学会  理事
 
2007年12月
 - 
現在
日本先進糖尿病治療研究会  世話人
 
2003年10月
 - 
現在
1型糖尿病研究会  世話人
 
1996年4月
 - 
現在
日本内分泌学会  評議員
 
2013年3月
 - 
2019年3月
日本糖尿病学会  膵臓移植中央調整委員会・委員
 
2013年2月
 - 
現在
日本糖尿病学会  膵・膵島移植に関する常置委員会・委員
 
2007年
 - 
現在
日本糖尿病学会  1型糖尿病調査研究委員会・委員
 

受賞

 
2017年
日本糖尿病・肥満動物学会 学会賞(「米田賞」)
 
1998年
日本内科学会 奨励賞
 

論文

 
Kawabata Y, Nishida N, Awata T, Kawasaki E, Imagawa A, Shimada A, Osawa H, Tanaka S, Takahashi K, Nagata M, Yasuda H, Uchigata Y, Kajio H, Makino H, Yasuda K, Kobayashi T, Hanafusa T, Tokunaga K, Ikegami H
Diabetes   68(3) 665-675   2019年3月   [査読有り]
Baden MY, Imagawa A, Abiru N, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Oikawa Y, Osawa H, Kajio H, Kawasaki E, Kawabata Y, Kozawa J, Shimada A, Takahashi K, Tanaka S, Chujo D, Fukui T, Miura J, Yasuda K, Yasuda H, Kobayashi T, Hanafusa T, consultation of the Japan Diabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research.
Diabetology international   10(1) 58-66   2019年1月   [査読有り]
Ayumi Tokunaga, Akihisa Imagawa, Akihisa Imagawa, Hiroshi Nishio, Satoshi Hayata, Iichiro Shimomura, Norio Abiru, Takuya Awata, Hiroshi Ikegami, Yasuko Uchigata, Yoichi Oikawa, Yoichi Oikawa, Haruhiko Osawa, Hiroshi Kajio, Eiji Kawasaki, Yumiko Kawabata, Junji Kozawa, Akira Shimada, Kazuma Takahashi, Shoichiro Tanaka, Daisuke Chujo, Tomoyasu Fukui, Junnosuke Miura, Kazuki Yasuda, Hisafumi Yasuda, Tetsuro Kobayashi, Toshiaki Hanafusa, Toshiaki Hanafusa, Akihisa Imagawa
Diabetology International   9 257-265   2018年10月
© 2018, The Japan Diabetes Society. Abrupt disease onset and severe metabolic disorders are main characteristics of fulminant type 1 diabetes. Diffusion-weighted magnetic resonance imaging (DWI) is an imaging technique that reflects restricted dif...
Hirose T, Awata T, Yamamoto Y, Hemmingsen MP
Expert opinion on biological therapy   18(1) 77-85   2018年1月   [査読有り]
Takuya Awata, Akira Shimada, Taro Maruyama, Yoichi Oikawa, Nobuyuki Yasukawa, Susumu Kurihara, Yumi Miyashita, Masako Hatano, Yuichi Ikegami, Masafumi Matsuda, Masataka Niwa, Youichiro Kazama, Shoichiro Tanaka, Tetsuro Kobayashi
Diabetes Therapy   8(5) 1123   2017年10月   [査読有り]
齊藤 太吾, 井上 和之, 大竹 啓之, 小野 啓, 粟田 卓也, 野田 光彦, 島田 朗
糖尿病   60(6) 456-460   2017年6月
症例は34歳の男性。以前の健診で耐糖能異常の指摘はない。入院4日前に腹部膨満感、腹痛出現し、医療機関を受診し、胃腸炎の診断で帰宅となった(この時の随時血糖89mg/dL、HbA1c 5.5%)。入院前日に口渇感、多飲を自覚し、翌日に嘔気、嘔吐を認め、再度、医療機関を受診し、高血糖と尿ケトン体強陽性を認め、当院に緊急搬送された。来院時、随時血糖512mg/dL、糖尿病性ケトアシドーシスを認めていた。入院後、HbA1c 5.9%、空腹時血清CPR 0.07ng/mL、食後2時間血清CPR 0....
Saito D, Inoue K, Otake H, Ono H, Awata T, Noda M, Shimada A.
Journal of the Japan Diabetes Society   60(6) 456-460   2017年   [査読有り]
Oikawa Y, Shimada A, Awata T, Fukui T, Ikegami H, Imagawa A, Kajio H, Kawabata Y, Kawasaki E, Miura J, Osawa H, Takahashi K, Tanaka S, Uchigata Y, Yasuda H, Yasuda K, Hanafusa T, Kobayashi T.
Diabetology International   8(3) 306-315   2017年   [査読有り]
Sakai G, Inoue I, Suzuki T, Sumita T, Inukai K, Katayama S, Awata T, Yamada T, Asano T, Katagiri H, Noda M, Shimada A, Ono H.
Endocrinology   158(8) 2659-2671   2017年   [査読有り]
Yamashiro K, Mori K, Honda S, Kano M, Yanagi Y, Obana A, Sakurada Y, Sato T, Nagai Y, Hikichi T, Kataoka Y, Hara C, Koyama Y, Koizumi H, Yoshikawa M, Miyake M, Nakata I, Tsuchihashi T, Horie-Inoue K, Matsumiya W, Ogasawara M, Obata R, Yoneyama S, Matsumoto H, Ohnaka M, Kitamei H, Sayanagi K, Ooto S, Tamura H, Oishi A, Kabasawa S, Ueyama K, Miki A, Kondo N, Bessho H, Saito M, Takahashi H, Tan X, Azuma K, Kikushima W, Mukai R, Ohira A, Gomi F, Miyata K, Takahashi K, Kishi S, Iijima H, Sekiryu T, Iida T, Awata T, Inoue S, Yamada R, Matsuda F, Tsujikawa A, Negi A, Yoneya S, Iwata T, Yoshimura N.
Scientific Reports   7(1)    2017年   [査読有り]
A. Kumar, T. Awata, S. C. Bain, A. Ceriello, A. Ceriello, G. R. Fulcher, A. G. Unnikrishnan, R. Arechavaleta, G. Gonzalez-Gálvez, T. Hirose, P. D. Home, K. Kaku, L. Litwak, S. Madsbad, M. Pinget, R. Mehta, A. Mithal, M. Tambascia, J. Tibaldi, J. S. Christiansen
International Journal of Clinical Practice   70 657-667   2016年8月
© 2016 John Wiley & Sons Ltd Aims: To provide a review of the available data and practical use of insulin degludec with insulin aspart (IDegAsp). Premixed insulins provide basal and prandial glucose control; however, they have an intermediate-ac...
Akiyama Y, Morita-Ohkubo T, Oshitani N, Ohno Y, Aso Y, Inukai T, Kakei M, Kawakami M, Awata T, Katayama S, Matsuda M.
Diabetology International   7(1) 25-33   2016年   [査読有り]
Nakano T, Inoue I, Takenaka Y, Ono H, Katayama S, Awata T, Murakoshi T.
PLoS ONE   11(3)    2016年   [査読有り]
Hatano M, Takenaka Y, Inoue I, Homma K, Hasegawa T, Sasano H, Awata T, Katayama S.
Internal Medicine   55(22) 3301-3307   2016年   [査読有り]
Yasui J, Kawasaki E, Tanaka S, Awata T, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Yasuda K, Yasuda H, Hanafusa T, Kobayashi T.
PLoS ONE   11(5)    2016年   [査読有り]
Baden M.Y, Imagawa A, Iwahashi H, Shimomura I, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawasaki E, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Tanaka S, Yasuda K, Yasuda H, Kobayashi T, Hanafusa T.
Diabetology International   7(3) 281-288   2016年   [査読有り]
Iuchi T, Hosaka T, Shiroishi M, Ono H, Inukai K, Sumita T, Sakai G, Katayama S, Awata T.
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   61(1) 96-100   2015年   [査読有り]
Tanaka S, Ohmori M, Awata T, Shimada A, Murao S, Maruyama T, Kamoi K, Kawasaki E, Nakanishi K, Nagata M, Fujii S, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Okubo M, Osawa H, Kajio H, Kawaguchi A, Kawabata Y, Satoh J, Shimizu I, Takahashi K, Makino H, Iwahashi H, Miura J, Yasuda K, Hanafusa T, Kobayashi T.
Diabetology International   6(1)    2015年   [査読有り]
小林 哲郎, 難波 光義, 黒田 暁生, 松久 宗英, 山田 研太郎, 今村 洋一, 金重 勝博, 浜口 朋也, 川村 智行, 佐藤 譲, 高橋 和眞, 丸山 太郎, 西村 理明, 勝野 朋幸, 楠 宜樹, 清水 一紀, 柳澤 克之, 粟田 卓也, 雨宮 伸, 日本先進糖尿病治療研究会
糖尿病   57(6) 403-415   2014年6月
最近、持続インスリン皮下注入療法(Continuous subcutaneous insulin infusion:以下CSII)と持続血糖モニタリング(Continuous glucose monitoring:以下CGM)が糖尿病の治療機器として普及しつつある。我々はCSIIおよびCGMに関する科学的根拠をもとに、これをコンセンサスステートメントとしてまとめた。CSIIでは適応、臨床効果、リスク管理など、さらに、運用法の実際的な要点、シックデイ、妊娠、食事・運動などに関する注意などにつ...
Kobayashi T, Namba M, Kuroda A, Matsuhisa M, Yamada K, Imamura Y, Kaneshige M, Hamaguchi T, Kawamura T, Satoh J, Takahashi K, Maruyama T, Nishimura R, Katsuno T, Kusunoki Y, Shimizu I, Yanagisawa K, Awata T, Amemiya S.
Journal of the Japan Diabetes Society   57(6) 403-415   2014年   [査読有り]

Misc

 
埼玉県地区における2型糖尿病患者に対するシタグリプチン単独療法の短期および長期投与の有用性に関する検討 多施設共同試験(SUCCEED Trial中間報告)
犬飼 敏彦, 麻生 好正, 成瀬 里香, 原 健二, 末次 麻里子, 土屋 天文, 竹林 晃三, 成宮 学, 粟田 卓也, 松田 昌文, 加計 正文, 石川 三衛, 川上 正舒, 片山 茂裕
Progress in Medicine   37(2) 245-253   2017年2月
目的:DPP-4阻害薬は従来の糖尿病治療薬とは異なる作用メカニズムをもち、単剤では低血糖や体重増加を来しにくく、臨床的に比較的高い評価を得ている薬剤のひとつである。シタグリプチン(SGT)は本邦で最初に臨床的に使用可能となったDPP-4阻害薬であるが、本剤の2型糖尿病患者に対する長期投与の有用性は必ずしも明らかでない。以上の背景をもとに、われわれは埼玉県地区においてSGTの長期投与(104週)に関する多施設共同研究を施行し、今回、その中間解析の結果(52週まで)を報告する。対象と方法:未治...
【DPP-4阻害薬を極める〜有効性と安全性を踏まえた適正使用に向けて〜】 1型糖尿病、とくに緩徐進行1型糖尿病におけるDPP-4阻害薬の可能性
税所 芳史, 粟田 卓也, 保川 信行, 島田 朗
月刊糖尿病   8(12) 85-101   2016年12月
【1型糖尿病の最新治療-病態を考慮した治療介入から先進機器まで-】 緩徐進行1型糖尿病の病態とそれを考慮した治療介入
粟田 卓也
プラクティス   32(6) 668-677   2015年11月
【1型糖尿病の成因と病態】 1型糖尿病に関連した遺伝子研究の歴史と最近の流れ
粟田 卓也
月刊糖尿病   7(5) 77-87   2015年5月
【糖尿病と合併症(前篇) 糖尿病】 1型糖尿病 緩徐進行1型糖尿病の病態と成因
粟田 卓也
最新医学   70(3月増刊) 549-563   2015年3月
最近になり,ヒト1型糖尿病の著明な複雑性と多様性が明らかになってきた.本邦では1型糖尿病は,劇症1型糖尿病,急性発症1型糖尿病,緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)の3病型に分類され,診断基準も策定された.免疫学的・遺伝学的検討と膵病理所見の検討から,1型糖尿病の病態・成因について,パラダイムシフトが起っている.その中で,SPIDDMは頻度が高く,膵β細胞が長く残存するために,進展阻止手段の開発が望まれる.(著者抄録)
【糖尿病治療薬はどこまできたか-新規治療薬開発の現状-】 糖尿病治療薬開発の歴史 インスリン製剤とGLP-1受容体作動薬開発の歴史
粟田 卓也
月刊糖尿病   6(9) 11-18   2014年10月
持続血糖モニターによる混合型インスリンアナログ製剤アスパルト30とリスプロ50の比較検討 1日2回投与および1日3回投与におけるクロスオーバー
保川 信行, 栗原 進, 小野 啓, 保坂 利男, 井上 郁夫, 片山 茂裕, 粟田 卓也
Therapeutic Research   34(9) 1243-1250   2013年9月
今回われわれは、二相性インスリンアスパルト製剤-30(アスパルト30)とインスリンリスプロ混合製剤-50(リスプロ50)の効果を持続血糖モニターにより検討した。1日2回注射、3回注射で分けて、各10例の2型糖尿病入院患者についてクロスオーバーで血糖曲線を比較した。2回注射群、3回注射群ともに深夜から明け方にかけての血糖値はアスパルト30使用時に低かった。両群ともにリスプロ50使用時の夕食後血糖値が有意に低い時間帯がみられた。空腹時Cペプチド高値例では夜間(2回注射群)および日中(3回注射群...
早朝高血圧に対するアジルサルタンの可能性
西村 重敬, 野口 雄一, 村松 俊裕, 栗原 進, 森本 義博, 粟田 卓也
Therapeutic Research   34(8) 1015-1020   2013年8月
マウスPPARγスプライシングバリアント(PPARγ3)の脂肪細胞分化誘導における発現制御
竹中 康浩, 井上 郁夫, 中野 貴成, 片山 茂裕, 粟田 卓也
The Lipid   24(3) 304-305   2013年7月
原発巣不明にも関わらず自然寛解した異所性ACTH症候群の1例
池上 裕一, 小野 啓, 安田 重光, 皆川 晃伸, 波多野 雅子, 池袋 香織, 伊藤 大輔, 片山 茂裕, 粟田 卓也
日本内分泌学会雑誌   89(Suppl.Update) 11-14   2013年6月
68歳女。原発巣として初め卵巣腫瘍を考えたが、卵巣腫瘍摘出術後もACTH値は正常化せず、腫瘍の免疫染色結果からも原発巣ではないことが明らかになった。その後、原因腫瘍を同定すべく各種画像検査を行ったが同定には至らず、全身静脈サンプリングも施行したが、原因腫瘍の同定はできなかった。ACTH値は徐々に低下し、最終的に正常化したことから自然寛解したものと考えられ、その理由として次のようなことが推測された。1)経過中に併発したカリニ肺炎による酸素欠乏とTNF-α等の炎症性サイトカインの増加により腫瘍...
Yasukawa N, Kurihara S, Ono H, Hosaka T, Inoue I, Katayama S, Awata T.
Therapeutic Research   34(9) 1243-1250   2013年   [査読有り]
【臨床医にもわかる糖尿病基礎研究】 1型糖尿病の遺伝素因
粟田 卓也
ホルモンと臨床   60(11) 933-941   2012年11月
1型糖尿病における基礎インスリンとしてのグラルギンとデテミルの比較
栗原 進, 森田 智子, 保川 信行, 山下 富都, 小野 啓, 犬飼 浩一, 井上 郁夫, 片山 茂裕, 粟田 卓也
Therapeutic Research   33(9) 1389-1396   2012年9月
グラルギンおよびデテミルは、それぞれ全く異なる方法で作られた持効型インスリン製剤である。デテミルは、1型糖尿病において、従来の中間型製剤(NPH)に比べ夜間低血糖のリスクを低下させ、空腹時血糖値を改善させ、投与ごとの血糖降下作用のばらつきが少なく安定した血糖コントロールが期待でき、QOL向上への有用性も高いことが示されている。しかし、グラルギンと比べた有用性を検討した成績は国内においては少ない。グラルギンと超速効型インスリンとのbasal-bolus療法を実施している1型糖尿病10症例を対...
PD患者の栄養管理指導のポイント 腹膜透析患者に対するNST管理
福嶋 典子, 菅野 義彦, 斎藤 寅武, 粟田 卓也, 鈴木 洋通
腎と透析   73(別冊 腹膜透析2012) 99-100   2012年8月
当院では栄養管理実施加算の導入および2007年のNST(栄養サポートチーム)の設立を機に、入院患者の栄養管理を多職種協同で行っている。今回はNST対象症例における腹膜透析患者の栄養評価の現状について報告するとともに、腹膜透析患者に対するNST介入の実施例について報告する。(著者抄録)
テーラーメイド医療 糖尿病における現状と展望(第3回) テーラーメイド医療に必要な基礎知識 遺伝子解析 1型糖尿病遺伝子解析の最新情報
粟田 卓也, 山下 富都
月刊糖尿病   4(9) 120-130   2012年8月
【糖尿病の薬物療法-最新の治療と将来展望】 Key words 薬剤による1型糖尿病の予防
粟田 卓也
カレントテラピー   30(7) 704-705   2012年7月
【1型糖尿病〜日本から世界への発信〜】 1型糖尿病の遺伝因子 日本と欧米の共通点・相違点
粟田 卓也
Diabetes Frontier   23(3) 267-278   2012年6月
【最新臨床糖尿病学 上-糖尿病学の最新動向-】 糖尿病の疾患概念・病型分類・成因 1型糖尿病 1型糖尿病の病型分類と臨床的特徴 急性発症典型1型糖尿病
粟田 卓也
日本臨床   70(増刊3 最新臨床糖尿病学(上)) 358-364   2012年5月
糖尿病合併高血圧患者におけるARBと利尿薬配合剤の尿酸代謝に及ぼす影響の検討
片山 茂裕, 犬飼 浩一, 大堀 哲也, 野口 雄一, 波多野 雅子, 稲葉 宗通, 粟田 卓也
Progress in Medicine   32(5) 1081-1085   2012年5月
糖尿病合併高血圧患者におけるARBと利尿薬配合剤の尿酸代謝に及ぼす影響について検討した。2型糖尿病を合併した高血圧患者で、1ヵ月以上ロサルタン/ヒドロクロロチアジド(HCTZ)配合錠で単剤治療もしくはアムロジピンの併用治療を行い、JSH2009の降圧目標値である130/80mmHg未満を達成できている22例を対象とした。ARBをロサルタン/HCTZ配合錠からカンデサルタン/HCTZ配合錠に切り替えた。血圧、随時血糖、HbA1cは薬剤の変更で有意な変動を認めなかった。血清脂質濃度も、TC濃度...
糖尿病合併高血圧患者に対する積極的降圧治療による降圧目標達成と代謝機能の変化に関する多施設共同前向き観察研究 DIAMOND(Diabetes in Moroyama with Nulotan/Dichlotride)Study
大堀 哲也, 野口 雄一, 山本 仁至, 波多野 雅子, 泉田 太郎, 稲葉 宗通, 粟田 卓也, 田中 政彦, 鈴木 將夫, 千田 宣克, 柳澤 守文, 片山 茂裕, 彩の国糖尿病カンファレンスグループ
血圧   19(2) 158-164   2012年2月
2型糖尿病を合併した高血圧患者で、1ヵ月以上アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)通常用量単剤治療もしくはARB通常用量とアムロジピン併用治療を行っても「高血圧治療ガイドライン2009」の降圧目標値130/80mmHg未満を達成できなかった20歳以上の患者を対象に、ARBと利尿薬を併用した際の降圧効果と糖・脂質代謝や尿酸値などの様々な検査値の変動を評価し、その有用性を検証した。登録された206例中、追跡不能10例、組入れ基準違反11例、データ欠損9例を除く176例を有効性解析対象とした...

書籍等出版物

 
内分泌代謝科専門医研修ガイドブック
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:妊娠糖尿病)
診断と治療社   2018年5月   
Genome-Wide Association Studies
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:pre-praise sentences (back cover))
Cambridge University Press   2016年   
糖尿病治療のニューパラダイム第3巻
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:低血糖の対応)
医薬ジャーナル社   2015年3月   
糖代謝異常合併妊娠マニュアル
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:どのような場合に入院管理が必要ですか?)
メジカルビュー社   2015年   
インスリンポンプ療法マニュアル改訂第2版
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:低血糖への対応)
南江堂   2014年6月   
糖尿病最新の治療 2013-2015
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:インスリン療法:1型糖尿病)
南江堂   2013年   
臨床検査ガイド2013〜2014
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:インスリン(IRI)、プロインスリン)
文光堂   2013年   
粟田 卓也
メディカル・ジャーナル社   2013年   
日本臨床70巻増刊号3・最新臨床糖尿病学・上
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:急性発症典型1型糖尿病)
日本臨床社   2012年   
「糖尿病と血管合併症」に関する100の質問
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:糖尿病大血管症の発症にかかわる遺伝子多型について教えてください)
メディカルレビュー社   2012年   
小児・思春期糖尿病の対応マニュアル
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:小児1型糖尿病とインクレチン関連薬)
中山書店   2012年   
図説・臨床看護医学 デジタル版
粟田 卓也 (担当:監修, 範囲:代謝)
平凡の友   2010年11月   
家庭医学大全科六訂版
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:糖尿病の治療法、肥満症)
法研   2010年10月   
糖尿病ナビゲーター
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:1型糖尿病の疾患感受性遺伝子(HLA以外))
メディカルレビュー社   2010年   
糖尿病研修ノート
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:インスリン)
診断と治療社   2010年   
糖尿病 最新の治療
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:持続皮下インスリン注入療法(CSII))
南江堂   2010年   
糖尿病ナビゲーター 第2版
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:1型糖尿病の疾患感受性遺伝子(HLA以外))
2010年   
インスリンポンプ療法マニュアル
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:低血糖時の対応)
南江堂   2009年   
糖尿病学の進歩2009
粟田 卓也 (担当:共著, 範囲:糖尿病研究の将来展望 遺伝子)
2009年   

講演・口頭発表等

 
抗ヒトPD-1抗体投与後に発症する1型糖尿病に関する疫学調査
馬殿 恵, 今川 彰久, 阿比留 教生, 粟田 卓也, 池上 博司, 内潟 安子, 及川 洋一, 大澤 春彦, 梶尾 裕, 川崎 英二, 川畑 由美子, 小澤 純二, 島田 朗, 高橋 和眞, 田中 昌一郎, 中條 大輔, 永淵 正法, 福井 智康, 三浦 順之助, 安田 和基, 安田 尚史, 小林 哲郎, 花房 俊昭
糖尿病   2018年4月   
日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(TIDE-J)(第6報)
中條 大輔, 今川 彰久, 安田 和基, 阿比留 教生, 粟田 卓也, 池上 博司, 岩橋 博見, 及川 洋一, 大澤 春彦, 香月 健志, 金重 勝博, 川崎 英二, 島田 朗, 高橋 和眞, 長澤 幹, 福井 智康, 安田 尚史, 春日 雅人, 小林 哲郎, 花房 俊昭, 梶尾 裕
糖尿病   2018年4月   
1型糖尿病の病型と診断
粟田 卓也
糖尿病   2018年4月   
1型糖尿病研究の最前線 多様化する病態と診断上の課題 GAD抗体測定結果乖離と親和性 日本人1型糖尿病の成因、診断、病態、治療に関する調査研究委員会中間報告
川崎 英二, 及川 洋一, 福井 智康, 今川 彰久, 中條 大輔, 梶尾 裕, 阿比留 教生, 粟田 卓也, 池上 博司, 内潟 安子, 大澤 春彦, 川畑 由美子, 小澤 純二, 島田 朗, 高橋 和眞, 田中 昌一郎, 永淵 正法, 三浦 順之助, 安田 和基, 安田 尚史, 花房 俊昭, 小林 哲郎
糖尿病   2018年4月   
膵・膵島移植の現状と今後の展望
粟田 卓也
第52回糖尿病学の進歩   2018年3月3日   
1型糖尿病感受性遺伝子候補としてのToll様受容体1(TLR1)の分子遺伝学的解析
粟田 卓也, 保川 信行
国際医療福祉大学学会誌   2018年3月   
次世代シーケンサーによる加齢黄斑変性およびその類縁黄斑疾患、特に黄斑円孔の疾患感受性遺伝子の同定(継続)
森 圭介, 粟田 卓也
国際医療福祉大学学会誌   2018年3月   
インスリン非依存GAD抗体陽性糖尿病におけるDPP-4阻害薬シタグリプチンの有効性の検討(SPAN-S)
保川 信行, 粟田 卓也, 小林 哲郎, 及川 洋一, 丹羽 正孝, 風間 要一郎, 栗原 進, 波多野 雅子, 松田 昌文, 島田 朗
日本先進糖尿病治療研究会雑誌   2017年12月   
糖尿病教育入院後の血糖コントロールに影響する臨床的要因の検討
保川 信行, 石川 三衛, 粟田 卓也
糖尿病   2017年4月   
肝Foxo1は糖新生律速酵素と独立してインスリンによる糖代謝を制御する
酒井 豪太, 小野 啓, 鈴木 徳子, 犬飼 浩一, 住田 崇, 片山 茂裕, 粟田 卓也, 井上 郁夫, 野田 光彦, 島田 朗
糖尿病   2017年4月   
日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(TIDE-J)(第5報)
梶尾 裕, 中條 大輔, 安田 和基, 霜田 雅之, 春日 雅人, 今川 彰久, 岩橋 博見, 池上 博司, 大澤 春彦, 阿比留 教生, 島田 朗, 長澤 幹, 金重 勝博, 及川 洋一, 安田 尚史, 粟田 卓也, 川崎 英二, 高橋 和眞, 福井 智康, 小林 哲郎, 花房 俊昭
糖尿病   2017年4月   
1型糖尿病update2017 2型糖尿病の経過中にGAD抗体の陽転化をみた症例の臨床像 日本人1型糖尿病の成因、診断、病態、治療に関する調査研究委員会報告
及川 洋一, 島田 朗, 粟田 卓也, 福井 智康, 池上 博司, 今川 彰久, 梶尾 裕, 川畑 由美子, 川崎 英二, 三浦 順之助, 大澤 春彦, 高橋 和眞, 田中 昌一郎, 内潟 安子, 安田 尚史, 安田 和基, 花房 俊昭, 小林 哲郎
糖尿病   2017年4月   
GAD抗体とIA-2抗体が陽性であった劇症1型糖尿病の1症例
齊藤 太吾, 井上 和之, 大竹 啓之, 小野 啓, 栗原 進, 片山 茂裕, 粟田 卓也
糖尿病   2016年8月   
良好な血糖コントロールに伴い改善を認めた2型糖尿病に合併した腓骨神経麻痺の1症例
里村 敦, 中島 理津子, 栗原 進, 池上 裕一, 飯田 慎一郎, 酒井 豪太, 諏訪 絵美, 井内 卓次郎, 保川 信行, 片山 茂裕, 粟田 卓也
糖尿病   2016年8月   
糖尿病網膜症の発症および進展に関与する遺伝因子の解析 国際医療福祉大学における基盤形成と既知の感受性遺伝子の解析
粟田 卓也, 保川 信行, 森 圭介, 島田 朗, 宮下 由美, 西田 奈央
国際医療福祉大学学会誌   2016年8月   
インスリンとリラグルチドの併用療法の検討
保川 信行, 石川 三衛, 粟田 卓也
糖尿病   2016年4月   
3種のAkt基質と迷走神経肝臓枝の糖代謝における役割
酒井 豪太, 小野 啓, 住田 崇, 鈴木 徳子, 片山 茂裕, 粟田 卓也, 山田 哲也, 片桐 秀樹, 井上 郁夫, 島田 朗, 野田 光彦
糖尿病   2016年4月   
DPP-4阻害薬/少量SU薬併用およびSU薬増量の膵β細胞機能に及ぼす影響 3S(Saitama Sitagliptin Study)無作為化比較試験
小野 啓, 栗原 進, 松田 昌文, 加計 正文, 豊島 秀男, 犬飼 敏彦, 麻生 好正, 粟田 卓也, 片山 茂裕, 3S研究グループ
糖尿病   2016年4月   
日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(TIDE-J)(第4報)
梶尾 裕, 中條 大輔, 安田 和基, 霜田 雅之, 春日 雅人, 今川 彰久, 池上 博司, 大澤 春彦, 阿比留 教生, 島田 朗, 長澤 幹, 金重 勝博, 及川 洋一, 安田 尚史, 粟田 卓也, 川崎 英二, 高橋 和眞, 小林 哲郎, 花房 俊昭
糖尿病   2016年4月   
埼玉県下における2型糖尿病患者に対するシタグリプチンの長期投与の血糖コントロールに対する影響 SUCCEED Trial
犬飼 敏彦, 竹林 晃三, 粟田 卓也, 松田 昌文, 成宮 学, 加計 正文, 石川 三衛, 片山 茂裕
糖尿病   2016年4月   

競争的資金等の研究課題

 
全エクソーム解析による1型糖尿病感受性バリアントの同定
科学研究費助成事業(KAKEN)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 粟田 卓也
次世代シーケンスを用いた日本人1型糖尿病における新規感受性SNPの同定
科学研究費助成事業(KAKEN)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 粟田 卓也
多施設共同研究:劇症1型糖尿病の診断マーカー同定と診断基準確立
厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 花房 俊昭
アジュバント活性の多様性の解析とその応用
科学研究費助成事業(KAKEN)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 松下 祥
多施設共同研究:劇症1型糖尿病の診断マーカー同定と診断基準確立
厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費)
研究期間: 2009年       代表者: 花房 俊昭
糖尿病網膜症および加齢黄斑変性症の遺伝子解析:PEDF遺伝子多型を中心として
科学研究費助成事業(KAKEN)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 粟田 卓也
アディポネクチン受容体を介したアディポネクチンシグナルの解明
科学研究費助成事業(KAKEN)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 犬飼 浩一
Homozygosity fingerprinting法を用いた糖尿病眼合併症(網膜症・黄斑症)の疾患感受性遺伝子の同定
日本糖尿病財団: 研究助成金
研究期間: 2005年       代表者: 粟田 卓也
糖尿病網膜症および糖尿病黄斑症の遺伝子解析:VEGF遺伝子多型を中心として
科学研究費助成事業(KAKEN)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 粟田 卓也
自己免疫性の1型糖尿病と橋本病を発症するコンジェニック系ラットの開発とその実用化
科学研究費助成事業(KAKEN)
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 金沢 真雄