IWATANI Ayako

J-GLOBAL         Last updated: Oct 26, 2019 at 22:32
 
Avatar
Name
IWATANI Ayako
Affiliation
Kyoto University
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0003-1810-9074

Research Interests

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2015
 - 
Today
Associate Professor, Graduate School of Global Environmental Studies, Kyoto University
 
Apr 2008
 - 
Mar 2015
Hiroshima University Graduate School of Social Sciences, Department of Management Studies
 

Published Papers

 
Introduction Remembering the Community: Media of Remembering and Constructing Jewish and "Gypsy" Cultures
IWATANI Ayako
Contact Zone   (10) 225-239   Jun 2018   [Refereed][Invited]
岩谷 彩子
文化人類学 = Japanese journal of cultural anthropology   82(2) 213-232   2017   [Refereed]
岩谷 彩子
文化人類学 = Japanese journal of cultural anthropology   82(2) 151-162   2017   [Refereed]
IWATANI Ayako
Japanese Journal of Cultural Anthropology   74(3) 441-458   2009   [Refereed]
<p>Previous anthropological studies of dreams have focused on the analysis of dreams as texts that are regarded as collective representations of the societies concerned. Also, dreams have been considered as important occasions to reconfigure the s...

Misc

 
IWATANI Ayako
Journal of religious studies   87(2) 475-481   2013   [Refereed][Invited]
IWATANI AYAKO
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2011(0) 103-103   2011   [Refereed]
本報告は、ディアスポラの議論で提出されてきた起源の問題に焦点を当て、主にギリシャとルーマニアのロマの事例より、彼らの間で生成する起源や帰属意識の契機について検討する。彼らが起源としての<インド>とすれ違いつつ、起源や帰属が曖昧なままゆるやかに結びついている状況について、起源を分有する共同体やネットワークの可能性として提示する。
Iwatani Ayako
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2009(0) 46-46   2009   [Refereed]
占いは、予測不能な人間の生の謎に対して、日常的な秩序を越えた「他なるもの」を設定し、それまで生に与えられていた意味をいったん宙吊りにさせて新たに語りなおす技芸である。そこでは相談者の人生の別の意味が、物品と語りを用いて編みなおされていく。本報告では、インドの占い師と相談者との具体的な交渉の場を事例とし、生の謎解きとしての側面が合理的、あるいは倫理的な次元を超越する点について考察する。
IWATANI AYAKO
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2008(0) 151-151   2008
日々変化しつづける身体は、いかに持続する自己を産出しつづけているのか。本報告では、常に「私」からはみ出している身体がイメージをまとって意識とぶつかり合う領野として夢見に着目する。事例では、インドのヴァギリが夢を語るなかで、既存のあるいは新たに選択された秩序に自己と他者のイメージを統合していく過程と、秩序を志向する語りに結実しないイメージの残余が自己を変える潜在的な力として存在する点を検討したい。 
Iwatani Ayako, Kanno Misako, Kanetani Miwa, Ishizaka Shinya, Kubo Akihiro, Enoki Miki
JJASAS   2006(18) 251-257   2007

Books etc

 
International Workshop Globalization of Indian Performing Arts in New Media Situation: Dynamics of Cultural Gyre Workshop Proceedings
IWATANI Ayako (Part:Contributor)
Mar 2018   
An Anthropology of Things
IWATANI Ayako (Part:Contributor, Chapter 9, “Mono that show and Tempt: Contingency by Fortune-Tellers”)
Trans Pacific Press   Feb 2018   
Rethinking Social Exclusion in India: Castes, Communities and the State
Ayako Iwatani (Part:Contributor, Chapter 2, “Streets as Space of Social Inclusion and Exclusion: the Case of Street Vendors in Ahmadabad)
Routledge   Aug 2017   

Conference Activities & Talks

 
Connection and Disconnection at the Surface of the Place of Remembering: the House and Music of the Romanian Roma
IWATANI Ayako
25 May 2019   
Beyond the Life for the Present: Search for Belonging in Romani Palaces in Romania
IWATANI Ayako
Annual Meeting of the Gypsylore Society   5 Sep 2018   
「『ジプシー」の可視化と新人種主義
岩谷彩子
人文研アカデミー2018『人種神話を解体する―可視性と不可視性のはざまで』出版記念セミナー   16 Jun 2018   
復讐と名誉―ギリシャのロマ社会におけるジェンダーと暴力
岩谷彩子
<ジェンダーに基づく暴力複合>の文化人類学的研究研究会   17 Feb 2018   
布のフローがひらく公共空間―インド、アフマダーバードの古着の流通から見えてくるもの
岩谷彩子
2017年度MINDAS「布班」第2回研究会   13 Feb 2018   
Living on the Surface: Romani Palaces enfolding Unspoken Past and Displayed Present in Romania
IWATANI Ayako
The Skills of Feeling with the World-Third Workshop, “Embodied Memories and Affective Imagination Skills”   4 Feb 2018   
The Rise of ‘World Dance’ and Kalbelia Dance in India
岩谷彩子
International Workshop “Globalization of Indian Performing Arts in New Media Situation: Dynamics of Cultural Gyre”    21 Jan 2018   
ルーマニアのロマの家屋にやどる歴史―異なる移動の痕跡としての住居
岩谷彩子
第23回ロマ学研究会   10 Dec 2017   
饒舌さと沈黙のはざまで―ルーマニアのロマの音楽と家屋にみる共同体の記憶
岩谷彩子
京都人類学研究会季節例会「共同体を記憶する―ユダヤ/『ジプシー』の文化構築と記憶の媒体」   22 Jul 2017   
「禁じられた遊び−インド野生生物保護法とヘビ使いの現在
岩谷彩子
第25回京都大学地球環境フォーラム「交差する環境−変容するインド社会における人と自然」   21 May 2016   
“Key Players of the ‘Kalbelia Dance’ in India: An Innovator called Gulabi Sapera and the Cultural Heritage of a Community”
岩谷彩子
International Symposium“Anthropology of Cultural Heritage: Communities and Materiality in the Global Systems”   12 Mar 2016   
生産的な廃棄物―インドの古着と廃品の流通から見えてくるもの
岩谷彩子
2015年度第4回「『もの』の人類学的研究(2)―人間/非人間のダイナミクス」研究会   13 Feb 2016   
メディアとしてのカルベリア・ダンス
岩谷彩子
第5回ジプシー・シンポジウム   12 Feb 2016   
インドの<道>にみる公共空間―露天商が媒介する人・もの・ローカリティ
岩谷彩子
京都人類学研究会   20 Nov 2015   
交渉される名誉(timi)―ギリシャのロマ社会における貞操とコンフリクト
岩谷彩子
日本文化人類学会第49回研究大会分科会「名誉に基づく暴力」(田中雅一代表)   31 May 2015   
コミュニティの記憶を踊りつぐ―インド、カールベリヤ・ダンスの生成
岩谷彩子
京都大学公開シンポジウム「人類学にとっての身体と記憶」(科学研究費補助金・基盤研究B「相互行為としての身ぶりと手話の通文化的探究」成果報告)   15 Mar 2015   
起源と帰属―起源を逸失しつづけるロマの帰属意識をめぐって
岩谷彩子
「<間にあるもの>の現代史―ロシア・中東・東アジアにおける仲介人と境界人」シンポジウム   11 Mar 2015   
Consuming Gentrified Locality: Urban Planning of Ahmedabad and the Future of Street Vendors”
岩谷彩子
Panel:“Re-examining ‘Development' in Urban Life: The Case of Gujarat”   28 Sep 2014   
拡張する<道>の芸能―カールベリヤ・ダンスの宗教性と他者性」
岩谷彩子
第22回「宗教と社会」学会分科会「グローバル資本主義を背景とした宗教実践の新展開―南アジア芸能の場合」   22 Jun 2014   
The Kalbeliya Dance as an Articulated Form of Community Memory
岩谷彩子
Panel ‘The Transformation of South Asian Performing Arts in the Age of Globalization: an Anthropological Analysis’, IUAES 2014 with JASCA   18 May 2014   
踊るヘビから舞う人へ―芸能民カールベリヤの生存戦術としての踊り
岩谷彩子
第22回南アジア・インド洋世界研究会/KINDASセミナー   21 Dec 2013   
From Vagrancy to Criminality: the Gypsy Policy and the Criminal Tribes Act in British India
岩谷彩子
the Annual Meeting of the Gypsy Lore Society   12 Sep 2013   
零細商業者と都市公共空間―インド、アーメダバードの露天商の公共性
岩谷彩子
2013年度「現代インド地域研究」広島大学拠点第2回研究集会   29 Jun 2013   
世界をつなぐジプシー音楽―ボラーレからロマノ・ヒップホップまで
岩谷彩子
国際理解講座   23 Jun 2013   
せめぎあう公共空間―インド、アーメダバードの露店の事例より
岩谷彩子
近代・表象・記憶研究会   15 Jun 2013   
移動とクリミナリティ―英領インド期以降の移動民政策がもたらしたもの
岩谷彩子
現代インド人類学セミナー   19 Feb 2013   
Streets as a Space of Social Inclusion and Exclusion: the Case of Street Vendors in Ahmedabad
岩谷彩子
≪International Conference≫“Looking beyond the State: The Changing Forms of Inclusion and Exclusion in India”   22 Dec 2012   
『移動民族』としてのロマと新人種主義―ヨーロッパ域内の人の移動をめぐるポリティクス
岩谷彩子
「人種表象の日本型グローバル研究」研究会   8 Oct 2012   
踊りをみちびく共同体の記憶―北西インドの芸能民カルベリアの生業の変化と伝統の創造
岩谷彩子
「相互行為としての身ぶりと手話の通文化的探究」研究会   5 Oct 2012   
Between Multiple Lands and Homelands: the Discourse of Indian Origin and the Sense of Belonging among “Gypsies” in Greece and Romania
岩谷彩子
the Annual Meeting of the Gypsy Lore Society   21 Sep 2012   
環流する『ジプシー』共同体―北西インドの芸能民カルベリアの踊りとコミュニティの生成
岩谷彩子
民博共同研究「グローバリゼーションの中で変容する南アジア芸能の人類学的研究」平成24年度第1回研究会   25 Aug 2012   
<道>で創られる共同体―成形されつづけるインド・『ジプシー』社会」
岩谷彩子
広島夕学講座2012年度前期   9 Jul 2012   
路上は包摂空間になりうるか―インドにおける露天商政策とSEWAの試みより
岩谷彩子
シンポジウム「福祉と開発の人類学:ひろがる包摂空間とライフコース」   21 Jan 2012   

Research Grants & Projects

 
Anthropological Studies on Memory of Diaspora and Media for Remembering
Project Year: Apr 2018 - Mar 2022    Investigator(s): IWATANI Ayako