基本情報

所属
一橋大学大学院 言語社会研究科 博士研究員
上智大学 外国語学部 非常勤講師
学位
博士(学術)(一橋大学)
修士(学術)(東京大学)
学士(外国研究)(上智大学)

J-GLOBAL ID
201301066344372227

少数言語の再活性化・継承について社会言語学的観点から研究している。
特にフランス、イタリア、スイスにまたがる地域のロマンス系言語であるフランコプロヴァンス語を対象としている。
フランコプロヴァンス語は19世紀後半にイタリアの言語学者アスコリが存在を指摘し、命名した言語であるが、その後も話者には非常に限られた地域のことばを指す「パトワ」と呼ばれ、そのように捉えられてきた。
言語運動の進展や公的機関による認知によって、学術的分脈で生まれた「フランコプロヴァンス語」という名称と概念がどのように学術的分脈を越えて広がり、社会的に受容されているのか、言語再活性化に携わるアクターの言語意識を包括的に調査し、明らかにしてきたところである。
今後は、フランコプロヴァンス語の言語使用の調査・分析を行い、言語使用と言語意識の両面からフランコプロヴァンス語の曖昧模糊とした在りかたを描き出すことをめざしている。そして、言語と集団の結びつきを自明視できず、また伝統的文化遺産としての象徴的価値が高まる一方で非常に厳しい言語状況にあるフランコプロヴァンス語の事例をもとに、そのような少数言語の再活性化・継承、教育の在りかたを検討したいと考えている。
さらに、フランス語圏で生まれた「パトワ」という概念についての共同研究に参加し、その歴史と地理的広がり・変容について比較研究を行っている。


MISC

  4

書籍等出版物

  2
  • グベリナ,ぺタール, ロベルジュ,クロード(担当:共訳, 範囲:「話し言葉によるコミュニケーションを通した聴覚障がい児の普通学校への統合」「視力障がいをかかえる患者による残存視力の使用に関する諸問題」)
    上智大学出版  2012年4月 
  • 慶應義塾大学外国語教育研究センター, 編纂者, 金田一 真澄, 森 泉, 佐野 彩, 原田 依子(担当:共編者(共編著者))
    慶應義塾大学外国語教育研究センター  2011年2月 

講演・口頭発表等

  11

Works(作品等)

  1

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3