戸田登志也

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/29 11:01
 
アバター
研究者氏名
戸田登志也
eメール
ttodamukogawa-u.ac.jp
所属
武庫川女子大学
部署
生活環境学部 食物栄養学科
職名
教授
学位
工学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
武庫川女子大学 生活環境学部 食物栄養学科 教授
 
1982年4月
 - 
2018年3月
フジッコ株式会社 研究開発部
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
山梨大学大学院 工学研究科 物質工学専攻
 
1978年4月
 - 
1982年3月
京都府立大学 農学部 農学科
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本食品科学工学会  代議員
 
2008年1月
 - 
2018年3月
日本海藻協会  理事
 
2007年4月
 - 
2018年3月
兵庫県認証食品審査会  委員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本農芸化学会  代議員
 

論文

 
Ozaki K, Maruo T, Kosaka H, Mori M, Mori H, Yamori Y, Toda T
International journal of food sciences and nutrition   69(6) 762-769   2018年9月   [査読有り]
Fujii Y, Suzuki K, Hasegawa Y, Nanba F, Toda T, Adachi T, Taira S, Osakabe N
Neuroscience letters   682 106-111   2018年8月   [査読有り]
難波文男, 戸田登志也, 福田正博, 山下陽子, 芦田均
薬理と治療   46(5) 857‐868   2018年5月   [査読有り]
仲村 明日賀, 山下 陽子, 難波 文男, 戸田 登志也, 芦田 均
日本ポリフェノール学会雑誌 = The journal of Japan Polyphenol Society   7(1) 33-41   2018年   [査読有り]
戸田登志也, 高見澤菜穂子, 難波文男, 塩谷順彦, 新井嘉平, 鈴木聡
薬理と治療   45(6) 989‐997   2017年6月   [査読有り]
Yoshioka Y, Li X, Zhang T, Mitani T, Yasuda M, Nanba F, Toda T, Yamashita Y, Ashida H
Journal of clinical biochemistry and nutrition   60(2) 108-114   2017年3月   [査読有り]
Nakagawa Yuta, Ishimura Kana, Oya Satomi, Kamino Masaki, Fujii Yasuyuki, Nanba Fumio, Toda Toshiya, Ishii Takeshi, Adachi Takahiro, Suhara Yoshitomo, Osakabe Naomi
PLOS ONE   13(7) e0201203   2018年7月   [査読有り]
Yamashita Y, Wang L, Nanba F, Ito C, Toda T, Ashida H
PloS one   11(9) e0161704   2016年9月   [査読有り]
Gotoh Yayoi, Suzuki Shiho, Amako Midori, Kitamura Shinichi, Toda Toshiya
JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS   35 43-50   2017年8月   [査読有り]
SUZUKI Shiho, SUZUKI Shiho, ONO Mariko, TODA Toshiya, KITAMURA Shinichi
J Appl Glycosci   63(1) 1-5 (J-STAGE)   2016年   [査読有り]
Ito C, Oki T, Yoshida T, Nanba F, Yamada K, Toda T
Food chemistry   141(3) 2507-2512   2013年12月   [査読有り]
J. S. Jin, M. Touyama, R. Kibe, Y. Tanaka, Y. Tanaka, Y. Benno, T. Kobayashi, M. Shimakawa, T. Maruo, T. Toda, I. Matsuda, H. Tagami, M. Matsumoto, G. Seo, N. Sato, O. Chonan, Y. Benno
Beneficial Microbes   4 187-193   2013年3月   [査読有り]
The intestinal microbiota composition of 92 volunteers living in Japan was identified following the consumption of 'identical meals' (1,879 kcal/day) for 3 days. When faecal samples were analysed by terminal restriction fragment length polymorphis...
T. Maruo, Y. Gotoh, H. Nishimura, S. Ohashi, T. Toda, K. Takahashi
Letters in Applied Microbiology   55 135-140   2012年8月   [査読有り]
Aims: To evaluate the protective effects of oral administration of milk fermented with a Lactococcus strain against influenza virus (IFV) infection in a mouse model. Methods and Results: Milk fermented with exopolysaccharide-producing Lactococcus ...
Fukuda I, Tsutsui M, Yoshida T, Toda T, Tsuda T, Ashida H
Food and chemical toxicology : an international journal published for the British Industrial Biological Research Association   49(12) 3272-3278   2011年12月   [査読有り]
Kobayashi T, Jin JS, Kibe R, Touyama M, Tanaka Y, Benno Y, Fujiwara K, Shimakawa M, Maruo T, Toda T, Matsuda I, Tagami H, Matsumoto M, Seo G, Sato N, Chounan O, Benno Y
Bioscience of microbiota, food and health   32(4) 129-137   2013年   [査読有り]
Kosaka A, Yan H, Ohashi S, Gotoh Y, Sato A, Tsutsui H, Kaisho T, Toda T, Tsuji NM
International immunopharmacology   14(4) 729-733   2012年12月   [査読有り]
岡田朋子, 山影はるか, 川上秋桜, 中村有美, HAN Kyu‐Ho, 島田謙一郎, 関川三男, 紙谷年昭, 戸田登志也, 柴山進一, 福島道広
日本食物繊維学会誌   14(1) 45-54   2010年6月   [査読有り]
Miyata M, Koyama T, Kamitani T, Toda T, Yazawa K
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   73(10) 2326-2328   2009年10月   [査読有り]
Yoshikawa Takanori, Okumoto Yutaka, Ogata Daisuke, Sayama Takashi, Teraishi Masayoshi, Terai Masakazu, Toda Toshiya, Yamada Katsushige, Yagasaki Kazuhiro, Yamada Naohiro, Tsukiyama Takuji, Yamada Toshiaki, Tanisaka Takatoshi
BREEDING SCIENCE   60(3) 243-254   2010年9月   [査読有り]
小阪 英樹, 畠中 知子, 吉田 晋弥, 戸田 登志也
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   56(3) 119-128   2009年3月   [査読有り]
丹波地方を発祥とする極大粒黒大豆の在来種である丹波黒について,国内の主要産地で維持,管理されている系統(標準系統)と,その他の黒大豆品種を判別する方法を検討した.74組の大豆SSRプライマーから,標準系統と他品種黒大豆との間で明瞭な多型がみられる18組のプライマーを判別用プライマーとして選択した.この18組のプライマーを用い,丹波黒として市場流通している日本産および中国産種子を分析したところ,日本産はすべて標準系統と遺伝型が一致したが,中国産は異なる遺伝型が多くみられ,標準系統と一致した子...
畠中知子, 吉田晋弥, 八川尚弘, 柴田亮, 小阪英樹, 戸田登志也
作物研究   (53) 47-53   2008年8月   [査読有り]
Maruo T, Sakamoto M, Ito C, Toda T, Benno Y
International journal of systematic and evolutionary microbiology   58(Pt 5) 1221-1227   2008年5月   [査読有り]
Wu J, Oka J, Ezaki J, Ohtomo T, Ueno T, Uchiyama S, Toda T, Uehara M, Ishimi Y
Menopause (New York, N.Y.)   14(5) 866-874   2007年9月   [査読有り]
池口主弥, 有浦由紀, 高垣欣也, 戸田登志也, 白澤実, 海老原清
日本食品新素材研究会誌   9(2) 107-115   2006年12月   [査読有り]
Maruo T, Sakamoto M, Toda T, Benno Y
International journal of food microbiology   110(1) 69-76   2006年7月   [査読有り]
Isolation of lipid metabolism-ameliorating components, cyanidin 3-glucoside (cya 3-g) from black soy-beans and the effects of cya 3-g and daidzein metabolite, equol on abdominal obesity in iovariectomized Sprague-Dawley rats
Ishida Hitoshi, Ohashi Satoshi, Toda Toshiya, Terumoto Masumi, Nukaya Haruo
DRUGS OF THE FUTURE   32 59   2007年7月   [査読有り]
小阪 英樹, 畠中 知子, 鈴木 武志, 杉本 敏男, 曳野 亥三夫, 鈴木 忠直, 戸田 登志也
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   53(6) 344-353   2006年6月   [査読有り]
極大粒黒大豆「丹波黒」種子の無機元素組成による産地判別の可能性について検討した.<BR>日本産丹波黒18点,丹波黒として流通している中国産黒大豆10点でICP-AES分析を行い,Al, Mn, Fe, Ni, Cu, Zn, Sr, Baの8元素を測定した結果,Al, Fe, Cu, Srの4元素で日本産と中国産の濃度に有意差が認められ,産地による無機元素組成の相違がみられた.得られた結果をもとに主成分分析を行ったところ,日本産と中国産は2群に大別され,産地の差が無機元素組成に影響を及ぼし...
Wu J, Oka J, Tabata I, Higuchi M, Toda T, Fuku N, Ezaki J, Sugiyama F, Uchiyama S, Yamada K, Ishimi Y
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   21(5) 780-789   2006年5月   [査読有り]
Wu J, Oka J, Higuchi M, Tabata I, Toda T, Fujioka M, Fuku N, Teramoto T, Okuhira T, Ueno T, Uchiyama S, Urata K, Yamada K, Ishimi Y
Metabolism: clinical and experimental   55(4) 423-433   2006年4月   [査読有り]
戸田 登志也, 小阪 英樹, 寺井 雅一, 森 英樹, 辨野 義己, 家森 幸男
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   52(6) 243-250   2005年6月   [査読有り]
L. lactis subsp. cremoris FC (1.5&times;109CFU/g以上) とS. salivarius subsp. thermophilus 510 (3.1&times;107CFU/g以上) および豆乳を20%含むドリンクタイプの発酵乳を試験食として健常な高齢者70名 (平均年齢67.1&plusmn;4.8歳) を対象に飲用試験を行った. 被験者を2群に...
Ishida T, Yokota A, Umezawa Y, Toda T, Yamada K
Journal of nutritional science and vitaminology   51(3) 187-193   2005年6月   [査読有り]
Uesugi T, Toda T, Okuhira T, Chen JT
Endocrine journal   50(5) 613-619   2003年10月   [査読有り]
Kojima T, Uesugi T, Toda T, Miura Y, Yagasaki K
Lipids   37(3) 261-265   2002年3月   [査読有り]
Takehiko Uesugi, Toshiya Toda, Kuniro Tsuji, Hitoshi Ishida
Biological and Pharmaceutical Bulletin   24 368-372   2001年5月   [査読有り]
The effects of the soy isoflavone glycoside, daidzin, genistin, and glycitin on bone loss and lipid metabolism in ovariectomized (ovx) rats were compared with those of estrone. Thirty-six 11-week-old female Sprague-Dawley rats were assigned to six...
Toshiya Toda, Akane Sakamoto, Tsutomu Takayanagi, Koki Yokotsuka
Food Science and Technology Research   7 171-175   2001年1月   [査読有り]
We examined changes in isoflavone compositions of 4 varieties of soybean (Toyomusume, Tamahomare, Murayutaka, Toyokomachi) during soaking in water, which is one of the important food processing procedures. There were greater amounts of 6″-O-malony...
D. L. Alekel, A. St. Germain, C. T. Peterson, K. B. Hanson, J. W. Stewart, T. Toda
American Journal of Clinical Nutrition   72 844-852   2000年9月   [査読有り]
Background: No published studies have directly examined the effect of soy protein with isoflavones on bone or bone turnover in perimenopausal women. Objective: Our objective was to determine the effects of 24 wk of consumption of soy protein isola...
Toshihisa Ohta, Toshihisa Ohta, Seiichi Nakatsugi, Kouji Watanabe, Toshihiko Kawamori, Fumiyasu Ishikawa, Masami Morotomi, Shigeyuki Sugie, Toshiya Toda, Takashi Sugimura, Keiji Wakabayashi
Carcinogenesis   21 937-941   2000年5月   [査読有り]
High consumption of soybean and soybean-related products is hypothesized to contribute to protection against breast cancer. Soybean is a rich source of genistein, a putative cancer chemopreventive agent. Fermented soy milk (FSM), which is made of ...
Toshiya Toda, Toshiya Toda, Akane Sakamoto, Tsutomu Takayanagi, Koki Yokotsuka
Food Science and Technology Research   6 314-319   2000年1月   [査読有り]
We evaluated the concentration and distribution of isoflavones in a total of 50 samples of soybean foods consumed daily in Japan by high-performance liquid chromatography (HPLC). A hierarchical cluster analysis using the measured isoflavone distri...
Koji Kato, Satoru Takahashi, Lin Cui, Toshiya Toda, Shugo Suzuki, Mitsuru Futakuchi, Satoshi Sugiura, Tomoyuki Shirai
Japanese Journal of Cancer Research   91 786-791   2000年1月   [査読有り]
High intake of phytoestrogens through soybeans and their products is thought to be associated with low incidences of prostate and/or breast cancer in Asian countries. Possible chemopreventive effects of genisten or daidzin on rat prostate carcinog...
寺本 貴則, 坂本 朱子, 戸田 登志也
健康・栄養食品研究   3(2) 53-62   2000年   [査読有り]
Toshiya Toda, Takehiko Uesugi, Kuniaki Hirai, Haruo Nukaya, Kuniro Tsuji, Hitoshi Ishida
Biological and Pharmaceutical Bulletin   22 1193-1201   1999年1月   [査読有り]
Three new 6-O-acylated isofLavone glycosides were isolated from soybeans fermented with Bacillus subtilis (natto) and identified as daidzein 7-O-β- (6-O-succinyl)-n-glucoside (1), genistein 7-O-β-(6-O-succlnyl)-n-glucoside (2), and glycitein 7-O-β...
Mizuki Onozawa, Mizuki Onozawa, Toshihiko Kawamori, Masaki Baba, Kazunori Fukuda, Toshiya Toda, Hidetaka Sato, Mikinobu Ohtani, Hideyuki Akaza, Takashi Sugimura, Keiji Wakabayashi
Japanese Journal of Cancer Research   90 393-398   1999年1月   [査読有り]
Several epidemiological studies have suggested an inverse association between the risk of prostate cancer and intake of soybeans and their products. In vitro data pointing to possible anti-carcinogenic properties of the soybean isoflavone, geniste...
福井 寛, 名定 美賀子, 戸田 登志也
健康・栄養食品研究   2(1) 63-71   1999年   [査読有り]
Hitoshi Ishida, Takehiko Uesugi, Kuniaki Hirai, Toshiya Toda, Haruo Nukaya, Koki Yokotsuka, Kuniro Tsuji
Biological and Pharmaceutical Bulletin   21 62-66   1998年1月   [査読有り]
The effects of the plant isoflavones, daidzin and genistin, on bone loss in ovariectomized (ovx) rats fed a calcium-deficient diet were investigated. Daidzin and genistin were orally administered to ovx rats for 4 weeks. The femurs of these rats s...
山口憲幸, 戸田登志也, 寺本忠夫, 奥平武則, 菅原悦子, 伊東哲雄
日本食品工業学会誌   40(12) 841-848   1993年12月   [査読有り]

Misc

 
Lactococcus lactis subsp. cremoris FCで作成された発酵乳の物性と嚥下障害患者に対する適性
後藤弥生,佐藤由紀,戸田登志也,畠中芳郎,鈴木利雄
科学と工業   93(9) 311-315   2019年9月
吉岡寛子, 渡辺真通, 難波文男, 鈴木利雄, 吹谷智, 横田篤, 戸田登志也
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2019 ROMBUNNO.4C1a11 (WEB ONLY)   2019年3月
紙谷年昭, 東条由花, 岡田香, 鈴木利雄, 山中千恵美, 戸田登志也, 青江誠一郎
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2019 ROMBUNNO.4B1a01 (WEB ONLY)   2019年3月
戸田登志也
日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集   57th 25‐26   2018年11月
戸田 登志也
Cellulose communications   23(2) 76-80   2016年
戸田登志也
産学官連携ジャーナル(Web)   6(8) 22‐23 (WEB ONLY)   2010年8月
伊藤 千秋, 戸田 登志也
Food style 21   14(6) 28-30   2010年6月
麻植有希子, 田村真也, 紙谷年昭, 戸田登志也, 末村雅明, 石田均司
日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌   11(3) 235-236   2007年12月
紙谷 年昭, 戸田 登志也
Food style 21   11(8) 64-66   2007年8月
[Prevention of osteoporosis by foods and dietary supplements. "Daizuga-cha", Kuromame-cha"].
Toda T
Clinical calcium   16(10) 1693-1699   2006年10月
菅原 明子, 篠崎 友宏, 戸田 登志也, 寺嶋 浩美, 大塚 ちかこ
母性衛生   45(3)    2004年9月
戸田 登志也
科学と工業   78(4) 197-202   2004年4月
寺本 貴則, 戸田 登志也, 家森 幸男
食品と開発   38(12) 59-61   2003年12月
寺本 貴則, 戸田 登志也, 家森 幸男
食品・食品添加物研究誌   208(12) 1012-1016   2003年
戸田 登志也
Food style 21   6(12) 45-49   2002年12月
小坂英樹, 畠中 知子, 戸田 登志也, 津川 兵衛
日本作物学会紀事   72(1) 184-185   2003年
愛宕 世高, 戸田 登志也, 奥平 武則
食品と科学   43(8) 81-85   2001年8月
愛宕 世高, 戸田 登志也, 奥平 武則
食品と開発   36(6) 12-14   2001年6月
北野 守昭, 戸田 登志也
食品工業   43(18) 46-52   2000年9月
戸田登志也
ジャパンフードサイエンス   38(2) 39-44   1999年2月
戸田登志也
New Food Ind   40(10) 1-7   1998年10月
戸田 登志也, 田村 淳子, 奥平 武則
味噌の科学と技術   46(6) 219-226   1998年6月
植杉岳彦, 戸田登志也, 石田均司, 辻邦郎
食品工業   40(22) 24-30   1997年11月
戸田 登志也, 田村 淳子, 奥平 武則
食品・食品添加物研究誌   (172) 83-89   1997年4月
戸田 登志也, 奥平 武則, 家森 幸男
食品と開発   31(6) 44-47   1996年6月
戸田登志也, 桑名好恵, 桐山修八
食品と開発   29(8) 16-21   1994年8月
戸田登志也
食品と開発   28(3) 36-39   1993年3月

書籍等出版物

 
食品機能性成分の安定化技術
戸田登志也 (担当:分担執筆, 範囲:第17章 「大豆イソフラボン」(pp. 180-188))
シーエムシー出版   2016年11月   
大豆の栄養と機能性
戸田登志也 (担当:分担執筆, 範囲:第2章2節「大豆イソフラボン」)
シーエムシー出版   2014年11月   
Geriatrics
戸田登志也 (担当:分担執筆, 範囲:第10章「Beneficial Effect of Viscous Fermented Milk on Blood Glucose and Insulin Responses to Carbohydrates in Mice and Healthy Volunteers : Preventive Geriatrics Approach by "Slow Calorie"」)
In Tech, Croatia   2012年1月   
豆類の栽培と利用 作物栽培大系5
戸田登志也 (担当:分担執筆, 範囲:第1章4節6項「煮豆」)
朝倉書店   2011年9月   
エコマテリアルハンドブック
戸田登志也 (担当:分担執筆, 範囲:第4部3章6節「ダイズ水煮液からの有価成分分別回収利用」)
丸善   2006年12月   
大豆イソフラボン
戸田登志也 (担当:分担執筆, 範囲:第9章「大豆イソフラボンの摂取と期待される効果」、第10章「大豆食品に含まれるイソフラボンとその摂取量」)
幸書房   2001年3月   

講演・口頭発表等

 
「大豆」日本食の力
戸田登志也
日本穀物科学研究会   2016年2月   
丹波黒 − その煮豆の特徴
戸田登志也
第7回ダイズ研究会   2014年3月   
フジッコの食育 -食事バランス改善計画-
戸田登志也
日本食品科学工学会関西支部第41回シンポジウム   2009年11月   
大豆の健康機能性に着目した食品の開発
戸田登志也
第55回日本食品保蔵科学大会シンポジウム   2006年6月   

担当経験のある科目

 
 

特許

 
紙谷 年昭, 杉本 好美, 難波 文男, 戸田 登志也, 石田 均司
後藤 弥生, 戸田 登志也, 大橋 聡, 鈴木 志保, 北村 進一
内田 英伸, 尾▲崎▼ 薫, 戸田 登志也
石田 均司, 辻 邦郎, 植杉 岳彦, 戸田 登志也, 北野 守昭, 奥平 武則
小阪 英樹, 戸田 登志也, 畠中 知子, 吉田 晋弥
谷坂 隆俊, 奥本 裕, 山田 利昭, 奥平 武則, 山田 勝重, 戸田 登志也, 寺井 雅一
大橋 聡, 桑名 好恵, 戸田 登志也, 奥平 武則, 赤谷 薫, 家森 幸男
愛宕 世高, 戸田 登志也, 奥平 武則, 赤谷 薫, 家森 幸男
樋廻博重, 森 陶子, 植杉 岳彦, 戸田 登志也
石田 均司, 辻 邦郎, 植杉 岳彦, 戸田 登志也, 北野 守昭, 奥平 武則
石田 均司, 辻 邦郎, 植杉 岳彦, 戸田 登志也, 北野 守昭, 奥平 武則
長野 富士子, 戸田 登志也, 奥平 武則
平井 邦昌, 植杉 岳彦, 戸田 登志也, 寺本 忠夫, 奥平 武則, 石田 均司, 辻 邦郎
平井 邦昌, 植杉 岳彦, 戸田 登志也, 寺本 忠夫, 奥平 武則, 石田 均司, 辻 邦郎
辻 邦郎, 石田 均司, 戸田 登志也, 平井 邦昌
元廣 輝重, 寺本 忠夫, 戸田 登志也, 狩野 勇二郎, 湯浅 享子, 湯川 宏, 富安 邦彦, 戸枝 一喜
平井 邦昌, 辰己 桂子, 戸田 登志也, 寺本 忠夫, 奥平 武則

社会貢献活動

 
コープかながわ05年度第4回リスク・コミュニケーション
【パネリスト】  コープかながわ  コープかながわ05年度第4回リスク・コミュニケーション委員会  2006年4月
大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の食品健康評価(案)に関する意見交換会
【パネリスト】  内閣府食品安全委員会  食品に関するリスク・コミュニケーション (大阪)  2006年2月