論文

査読有り
2019年3月

看護学生の生活行動、生活体験および学習態度

自治医科大学看護学ジャーナル
  • 小原 泉
  • ,
  • 中村 美鈴
  • ,
  • 永井 優子
  • ,
  • 佐々木 彩加
  • ,
  • 江角 伸吾
  • ,
  • 鹿野 浩子
  • ,
  • 半澤 節子
  • ,
  • 成田 伸
  • ,
  • 春山 早苗

16
開始ページ
3
終了ページ
8
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
自治医科大学看護学部

目的:本研究の目的は,看護学生の生活行動,生活体験および学習態度を明らかにすることである。方法;A大学看護学部3年生を対象に独自に作成した質問紙と既存の大学生調査票を用いた自記式調査を実施し,記述統計を行った。結果:26名の生活行動は,食事前の手洗いありが50%,入浴あるいはシャワーの際の湯温確認は61.5%に認められた。自動水洗トイレの住宅への居住経験ありは57.7%,湯の保温機能つきの風呂の住宅への居住経験ありが76.9%であった。学習行動の第1位は図書館の利用であったが,高校と大学での勉強や学習の仕方の違いに戸惑った,授業についていけなかった,という回答も上位10位以内に含まれていた。結論:一概に学生の生活体験が乏しいとはいえないが,利便性の高い生活環境で育った背景やグループ学習やインターネット利用といったこの世代の学生が好む学習スタイルを理解し,効果的な教授方法を開発することが求められる。(著者抄録)

リンク情報
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20190926350001&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdy3jinus%2F2018%2F001600%2F001%2F0003-0008%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

エクスポート
BibTeX RIS