米澤 淳

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/30 12:20
 
アバター
研究者氏名
米澤 淳
 
ヨネザワ アツシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90452341.ja.html
所属
京都大学
部署
薬学研究科
職名
准教授
学位
博士(薬)(京都大学)
その他の所属
京都大学医学部附属病院薬剤部

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
2012年
京都大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 

論文

 
Sumi E, Nomura T, Asada R, Uozumi R, Tada H, Amino Y, Sawada T, Yonezawa A, Hagiwara M, Kabashima K
Clinical drug investigation      2018年10月   [査読有り]
Omura T, Matsuda H, Nomura L, Imai S, Denda M, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Matsubara K
Biochemical and biophysical research communications      2018年10月   [査読有り]
Omura T, Sasaoka M, Hashimoto G, Imai S, Yamamoto J, Sato Y, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Tasaki Y, Matsubara K
Biochemical and biophysical research communications   503(4) 2963-2969   2018年9月   [査読有り]
Tsuda M, Otani Y, Yonezawa A, Masui S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Imai S, Nakagawa T, Hayakari M, Matsubara K
Biological & pharmaceutical bulletin      2018年8月   [査読有り]
Iwamoto N, Yokoyama K, Takanashi M, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T
Pharmacology research & perspectives   6(4) e00422   2018年7月   [査読有り]
Iwasaki M, Yano I, Fukatsu S, Hashi S, Yamamoto Y, Sugimoto M, Fukudo M, Masuda S, Nakagawa S, Yonezawa A, Kaido T, Uemoto S, Matsubara K
Therapeutic drug monitoring      2018年6月   [査読有り]
Yoshimura K, Yano I, Yamamoto T, Kondo T, Kawanishi M, Isomoto Y, Yonezawa A, Takaori-Kondo A, Matsubara K
Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation      2018年2月   [査読有り]
Kumagai M, Minakata K, Masumoto H, Yamamoto M, Yonezawa A, Ikeda T, Uehara K, Yamazaki K, Ikeda T, Matsubara K, Yokode M, Shimizu A, Tabata Y, Sakata R, Minatoya K.
Heart and Vessels   1-7   2018年5月   [査読有り]
Iwamoto N, Yokoyama K, Takanashi M, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T
Current pharmaceutical biotechnology   19(6) 495-505   2018年   [査読有り]
Imai S, Koyanagi M, Azimi Z, Nakazato Y, Matsumoto M, Ogihara T, Yonezawa A, Omura T, Nakagawa S, Wakatsuki S, Araki T, Kaneko S, Nakagawa T, Matsubara K
Scientific reports   7(1) 5947   2017年7月   [査読有り]
病棟薬剤師の持参薬服薬計画提案によるポリファーマシー改善と医療者負担軽減効果
中山 佳代子, 米澤 淳, 杉本 充弘, 櫻井 香織, 野口 葉子, 山本 将太, 吉田 優子, 池見 泰明, 深津 祥央, 萱野 勇一郎, 松原 和夫
日本病院薬剤師会雑誌   53(9) 1109-1114   2017年9月
服薬されずに破棄される医薬品(残薬)とともに、臨床的に必要以上の薬剤が処方される「ポリファーマシー」が社会問題視されている。本研究では、病棟薬剤師の持参薬確認と服薬計画提案による、他職種の業務負担軽減効果およびポリファーマシー改善効果を検証した。持参薬確認業務により、内科・外科の医師および看護師ともに、患者1人あたりの持参薬確認にかかる業務時間が4.1〜8.5分短縮した。調査期間中の入院患者数694人のうち約9割に持参薬があり、平均持参薬数は6.8種類であった。そのうち17.1%の患者に対...
Takeuchi M, Yano I, Ito S, Sugimoto M, Yamamoto S, Yonezawa A, Ikeda A, Matsubara K
Therapeutic drug monitoring   39(2) 124-131   2017年4月   [査読有り]
Nishikawa Y, Funakoshi T, Horimatsu T, Miyamoto S, Matsubara T, Yanagita M, Nakagawa S, Yonezawa A, Matsubara K, Muto M
Cancer chemotherapy and pharmacology   79(3) 629-633   2017年3月   [査読有り]
Otani Y, Yonezawa A, Tsuda M, Imai S, Ikemi Y, Nakagawa S, Omura T, Nakagawa T, Yano I, Matsubara K.
PLoS ONE   12(1)    2017年   [査読有り]
Jin C, Yao Y, Yonezawa A, Imai S, Yoshimatsu H, Otani Y, Omura T, Nakagawa S, Nakagawa T, Matsubara K
Biological & pharmaceutical bulletin   40(11) 1990-1995   2017年   [査読有り]
Katada Y, Nakagawa S, Minakata K, Odaka M, Taue H, Sato Y, Yonezawa A, Kayano Y, Yano I, Nakatsu T, Sakamoto K, Uehara K, Sakaguchi H, Yamazaki K, Minatoya K, Sakata R, Matsubara K.
Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics   42(5) 591-597   2017年   [査読有り]
Yonezawa A, Chester C, Rajasekaran N, Kohrt HE
Chinese clinical oncology   5(1)    2016年2月   [査読有り]
Yoshimatsu H, Yonezawa A, Yamanishi K, Yao Y, Sugano K, Nakagawa S, Imai S, Omura T, Nakagawa T, Yano I, Masuda S, Inui K, Matsubara K
Scientific reports   6    2016年6月   [査読有り]
Yonezawa A.
Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics   48(3) 99-103   2017年   [査読有り]
Ito S, Yano I, Hashi S, Tsuda M, Sugimoto M, Yonezawa A, Ikeda A, Matsubara K
Therapeutic drug monitoring   38(3) 371-378   2016年2月   [査読有り]
松村健吾, 松村健吾, 大谷祐基, 大村友博, 米澤淳, 津田真弘, 池見泰明, 中川俊作, 今井哲司, 中川貴之, 矢野育子, 吉貴達寛, 松原和夫
医療薬学   42(9) 613‐619   2016年9月
櫻井香織, 尾崎淳子, 矢野育子, 安達昂一郎, 木村嘉彦, 松村勝之, 西脇布貴, 吉田優子, 池見泰明, 萱野勇一郎, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫
医療薬学   42(5) 336‐342   2016年5月
Yoshimura K, Yano I, Kawanishi M, Nakagawa S, Yonezawa A, Matsubara K
Drug metabolism and pharmacokinetics   30(6) 448-448   2015年12月   [査読有り]
Kuroda Y, Asada R, So K, Yonezawa A, Nankaku M, Mukai K, Ito-Ihara T, Tada H, Yamamoto M, Murayama T, Morita S, Tabata Y, Yokode M, Shimizu A, Matsuda S, Akiyama H
International orthopaedics   40(8) 1747-1754   2015年12月   [査読有り]
Yonezawa A, Dutt S, Chester C, Kim J, Kohrt HE
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   21(14) 3113-3120   2015年7月   [査読有り]
Nakano K, Ando H, Kurokawa S, Hosohata K, Ushijima K, Takada M, Tateishi M, Yonezawa A, Masuda S, Matsubara K, Inui K, Morita T, Fujimura A
Cancer chemotherapy and pharmacology   75(6) 1191-1197   2015年6月   [査読有り]
片田佳希, 中川俊作, 田上裕美, 津田真弘, 都築徹教, 端幸代, 小高瑞穂, 米澤淳, 萱野勇一郎, 矢野育子, 南方謙二, 坂田隆造, 松原和夫
医療薬学   42(1) 14-22   2016年1月
Kumagai M, Marui A, Tabata Y, Takeda T, Yamamoto M, Yonezawa A, Tanaka S, Yanagi S, Ito-Ihara T, Ikeda T, Murayama T, Teramukai S, Katsura T, Matsubara K, Kawakami K, Yokode M, Shimizu A, Sakata R
Heart and vessels   31(5) 721-721   2015年4月   [査読有り]
Odaka M, Minakata K, Toyokuni H, Yamazaki K, Yonezawa A, Sakata R, Matsubara K
General thoracic and cardiovascular surgery   63(8) 446-452   2015年4月   [査読有り]
Yonezawa A, Kajiwara M, Minami I, Omura T, Nakagawa S, Matsubara K
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   135(8) 943-947   2015年   [査読有り]
Koyama S, Omura T, Yonezawa A, Imai S, Nakagawa S, Nakagawa T, Yano I, Matsubara K
PloS one   10(8)    2015年   [査読有り]
Nakagawa T, Kumakawa K, Usami S, Hato N, Tabuchi K, Takahashi M, Fujiwara K, Sasaki A, Komune S, Sakamoto T, Hiraumi H, Yamamoto N, Tanaka S, Tada H, Yamamoto M, Yonezawa A, Ito-Ihara T, Ikeda T, Shimizu A, Tabata Y, Ito J
BMC medicine   12(1)    2014年11月   [査読有り]
Nakagawa S, Omura T, Yonezawa A, Yano I, Nakagawa T, Matsubara K
American journal of physiology. Renal physiology   307(12) F1404-F1411   2014年10月   [査読有り]
Uesugi M, Kikuchi M, Shinke H, Omura T, Yonezawa A, Matsubara K, Fujimoto Y, Okamoto S, Kaido T, Uemoto S, Masuda S
Pharmacogenetics and genomics   24(7) 356-366   2014年7月   [査読有り]
Kikuchi M, Okuda Y, Ueda Y, Nishioka Y, Uesugi M, Hashimoto E, Takahashi T, Kawai T, Hashi S, Shinke H, Omura T, Yonezawa A, Ito T, Fujimoto Y, Kaido T, Chiba T, Uemoto S, Matsubara K, Masuda S
Biological & pharmaceutical bulletin   37(3) 417-423   2014年   [査読有り]
Ariyasu H, Iwakura H, Yukawa N, Murayama T, Yokode M, Tada H, Yoshimura K, Teramukai S, Ito T, Shimizu A, Yonezawa A, Kangawa K, Mimori T, Akamizu T
Endocrine journal   61(7) 735-742   2014年   [査読有り]
Yonezawa A, Inui K
Molecular aspects of medicine   34(2-3) 693-701   2013年4月   [査読有り]
Hashi S, Masuda S, Kikuchi M, Uesugi M, Yano I, Omura T, Yonezawa A, Fujimoto Y, Ogawa K, Kaido T, Uemoto S, Matsubara K.
Transplantation Proceedings   46(3) 758-760   2014年   [査読有り]
Yonezawa A, Inui K.-I.
Pharmacogenomics of Human Drug Transporters: Clinical Impacts   209-222   2013年   [査読有り]
Toyama K, Yonezawa A, Masuda S, Osawa R, Hosokawa M, Fujimoto S, Inagaki N, Inui K, Katsura T.
British Journal of Pharmacology   166(3) 1183-1191   2012年   [査読有り]
A. Yonezawa
Yakugaku Zasshi   132(11) 1281-1285   2012年   [査読有り]
A. Yonezawa
Drug Delivery System   27(5) 381-388   2012年   [査読有り]
Nakagawa T, Sakamoto T, Hiraumi H, Kikkawa YS, Yamamoto N, Hamaguchi K, Ono K, Yamamoto M, Tabata Y, Teramukai S, Tanaka S, Tada H, Onodera R, Yonezawa A, Inui K, Ito J
BMC medicine   8    2010年11月   [査読有り]
Sato T, Masuda S, Yonezawa A, Tanihara Y, Katsura T, Inui K
Biochemical pharmacology   76(7) 894-903   2008年10月   [査読有り]
Yao Y, Yonezawa A, Yoshimatsu H, Masuda S, Katsura T, Inui K
The Journal of nutrition   140(7) 1220-1226   2010年7月   [査読有り]
Nakamura T, Yonezawa A, Hashimoto S, Katsura T, Inui K
Biochemical pharmacology   80(11) 1762-1767   2010年12月   [査読有り]
Takada Y, Yonezawa A, Kume T, Katsuki H, Kaneko S, Sugimoto H, Akaike A
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   306(2) 772-777   2003年8月   [査読有り]
Yonezawa A, Masuda S, Nishihara K, Yano I, Katsura T, Inui K
Biochemical pharmacology   70(12) 1823-1831   2005年12月   [査読有り]
Kume T, Sugimoto M, Takada Y, Yamaguchi T, Yonezawa A, Katsuki H, Sugimoto H, Akaike A
European journal of pharmacology   527(1-3) 77-85   2005年12月   [査読有り]
Yonezawa A, Masuda S, Yokoo S, Katsura T, Inui K
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   319(2) 879-886   2006年11月   [査読有り]
Yokoo S, Yonezawa A, Masuda S, Fukatsu A, Katsura T, Inui K
Biochemical pharmacology   74(3) 477-487   2007年8月   [査読有り]
Yokoo S, Masuda S, Yonezawa A, Terada T, Katsura T, Inui K
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   36(11) 2299-2306   2008年11月   [査読有り]
Egawa H, Taira K, Teramukai S, Haga H, Ueda Y, Yonezawa A, Masuda S, Tsuji H, Ashihara E, Takada Y, Uemoto S
Digestive diseases and sciences   54(6) 1347-1354   2009年6月   [査読有り]
Yonezawa A, Masuda S, Katsura T, Inui K
American journal of physiology. Cell physiology   295(3,Pt.1) 632-641   2008年9月   [査読有り]
Hosohata K, Masuda S, Yonezawa A, Sugimoto M, Takada Y, Kaido T, Ogura Y, Oike F, Uemoto S, Inui K
Drug metabolism and pharmacokinetics   24(5) 458-463   2009年   [査読有り]
Hosohata K, Masuda S, Yonezawa A, Katsura T, Oike F, Ogura Y, Takada Y, Egawa H, Uemoto S, Inui K
Pharmaceutical research   26(7) 1590-1595   2009年7月   [査読有り]
Yonezawa A, Inui K
British journal of pharmacology   164(7) 1817-1825   2011年12月   [査読有り]
Ho G, Yonezawa A, Masuda S, Inui K, Sim KG, Carpenter K, Olsen RK, Mitchell JJ, Rhead WJ, Peters G, Christodoulou J
Human mutation   32(1) 1976-1984   2011年1月   [査読有り]
Haack TB, Makowski C, Yao Y, Graf E, Hempel M, Wieland T, Tauer U, Ahting U, Mayr JA, Freisinger P, Yoshimatsu H, Inui K, Strom TM, Meitinger T, Yonezawa A, Prokisch H
Journal of inherited metabolic disease   35(6) 943-948   2012年11月   [査読有り]
Omura T, Asari M, Yamamoto J, Oka K, Hoshina C, Maseda C, Awaya T, Tasaki Y, Shiono H, Yonezawa A, Masuda S, Matsubara K, Shimizu K
Biochemical and biophysical research communications   432(4) 689-694   2013年3月   [査読有り]
Yao Y, Yonezawa A, Yoshimatsu H, Omura T, Masuda S, Matsubara K
European journal of pharmacology   714(1-3) 281-287   2013年8月   [査読有り]
Nakanishi H, Yonezawa A, Matsubara K, Yano I
European journal of pharmacology   710(1-3) 20-28   2013年6月   [査読有り]
Toyama K, Yonezawa A, Tsuda M, Masuda S, Yano I, Terada T, Osawa R, Katsura T, Hosokawa M, Fujimoto S, Inagaki N, Inui K
Pharmacogenetics and genomics   20(2) 135-138   2010年2月   [査読有り]
Yoshimatsu H, Yonezawa A, Yao Y, Sugano K, Nakagawa S, Omura T, Matsubara K
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   306(1,Pt.1) 102-110   2014年1月   [査読有り]
Kato K, Mori H, Kito T, Yokochi M, Ito S, Inoue K, Yonezawa A, Katsura T, Kumagai Y, Yuasa H, Moriyama Y, Inui K, Kusuhara H, Sugiyama Y
Pharmaceutical research   31(1) 136-147   2014年1月   [査読有り]
Foley AR, Menezes MP, Pandraud A, Gonzalez MA, Al-Odaib A, Abrams AJ, Sugano K, Yonezawa A, Manzur AY, Burns J, Hughes I, McCullagh BG, Jungbluth H, Lim MJ, Lin JP, Megarbane A, Urtizberea JA, Shah AH, Antony J, Webster R, Broomfield A, Ng J, Mathew AA, O'Byrne JJ, Forman E, Scoto M, Prasad M, O'Brien K, Olpin S, Oppenheim M, Hargreaves I, Land JM, Wang MX, Carpenter K, Horvath R, Straub V, Lek M, Gold W, Farrell MO, Brandner S, Phadke R, Matsubara K, McGarvey ML, Scherer SS, Baxter PS, King MD, Clayton P, Rahman S, Reilly MM, Ouvrier RA, Christodoulou J, Züchner S, Muntoni F, Houlden H
Brain : a journal of neurology   137(1) 44-56   2014年1月   [査読有り]
Yonezawa A, Inui K
Biochemical pharmacology   81(5) 563-568   2011年3月   [査読有り]
Nishihara K, Masuda S, Shinke H, Ozawa A, Ichimura T, Yonezawa A, Nakagawa S, Inui K, Bonventre JV, Matsubara K
Biochemical pharmacology   85(4) 570-582   2013年2月   [査読有り]
Nishihara K, Masuda S, Nakagawa S, Yonezawa A, Ichimura T, Bonventre JV, Inui K
American journal of physiology. Renal physiology   298(4,Pt.2) 923-934   2010年4月   [査読有り]
Masuda S, Terada T, Yonezawa A, Tanihara Y, Kishimoto K, Katsura T, Ogawa O, Inui K
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   17(8) 2127-2135   2006年8月   [査読有り]
Takahashi K, Motohashi H, Yonezawa A, Okuda M, Ito N, Yamamoto S, Ogawa O, Inui K
The Annals of pharmacotherapy   38(5) 791-794   2004年5月   [査読有り]

Misc

 
臨床における薬物間相互作用と個別化医療
米澤 淳
日本薬剤学会年会講演要旨集   33年会 81-81   2018年5月
第2回臨床化学の進歩が変える薬物治療〜臨床病態解析からのアプローチ〜 質量分析技術を利用した抗体医薬品の血中濃度測定および構造解析
米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   138年会(1) 175-175   2018年3月
医師からの指示として「残薬調整」をプレ印字した処方せんの医療経済効果
深津 祥央, 池見 泰明, 米澤 淳, 尾崎 淳子, 淺野 理子, 櫻井 香織, 上杉 美和, 吉田 優子, 傳田 将也, 大谷 祐基, 大村 友博, 今井 哲司, 中川 俊作, 中川 貴之, 今井 博久, 松原 和夫
日本病院薬剤師会雑誌   54(3) 307-312   2018年3月
2016年度の診療報酬の改定に伴い、処方せんの様式に残薬に関する指示項目が追加された。京都大学医学部附属病院(以下、京大病院)では、1.「保健医療機関へ疑義照会した上で調剤」と2.「保険医療機関へ情報提供」の指定選択項目に、京大病院の処方医が保険薬局薬剤師に対する指示(選択可能)の位置づけで、3.「残薬調整し調剤後にFAXで情報提供」を追加した。この変更によって、院外処方せんにおける残薬調整実施率は変更前の2.8倍に増加し、残薬調整に有効な手段であることを示した。その結果、薬剤費の削減効果...
B細胞リンパ腫患者における、リツキシマブのPK/PD解析
森 万優子, 米澤 淳, 大谷 祐基, 磯本 唯, 津田 真弘, 池見 泰明, 今井 哲司, 大村 友博, 北野 俊行, 高折 晃史, 矢野 育子, 松原 和夫
臨床薬理   48(Suppl.) S278-S278   2017年11月
質量分析法を駆使した最新薬物動態研究 LC/TOF-MSを用いた抗体医薬品の体内動態解析
大谷 祐基, 米澤 淳, 津田 真弘, 今井 哲司, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫
JSBMS Letters   42(Suppl.) 43-43   2017年8月
B細胞リンパ腫患者における、リツキシマブのPK/PD解析
森 万優子, 米澤 淳, 大谷 祐基, 磯本 唯, 津田 真弘, 池見 泰明, 今井 哲司, 大村 友博, 北野 俊行, 高折 晃史, 矢野 育子, 松原 和夫
臨床薬理   48(Suppl.) S278-S278   2017年11月
米澤 淳
臨床薬理   48(3) 99-103   2017年5月
植込み型補助人工心臓装着患者の在宅管理 植込型左室補助人工心臓装着患者に対する在宅管理アプリを利用した医師と薬剤師の協働による在宅抗凝固療法マネージメント
片田 佳希, 中川 俊作, 佐藤 裕紀, 田上 裕美, 米澤 淳, 中津 太郎, 南方 謙二, 内海 桃絵, 野本 愼一, 松原 和夫
人工臓器   45(2) S-57   2016年10月
小児におけるテイコプラニンの薬物動態解析
松尾 研志, 近藤 美貴, 吉村 和晃, 中川 俊作, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   137年会(4) 74-74   2017年3月
生体肝移植術後における1日1回製剤のタクロリムス薬物動態と薬効
岩崎 真実, 矢野 育子, 端 幸代, 山本 由貴, 杉本 充弘, 福土 将秀, 増田 智先, 中川 俊作, 米澤 淳, 海道 利実, 上本 伸二, 松原 和夫
臨床薬理   47(Suppl.) S214-S214   2016年10月
病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線 抗体医薬の個別化療法を目指したリバース・トランスレーショナルリサーチ
米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   137年会(1) 155-155   2017年3月
臍帯血移植患者におけるミコフェノール酸血中濃度と急性GVHD発症との関連
吉村 和晃, 矢野 育子, 山本 崇, 川西 美咲, 磯本 唯, 米澤 淳, 近藤 忠一, 高折 晃史, 松原 和夫
臨床薬理   47(Suppl.) S252-S252   2016年10月
病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線 抗体医薬の個別化療法を目指したリバース・トランスレーショナルリサーチ
米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   137年会(1) 155-155   2017年3月
抗がん薬併用放射線治療における胃瘻造設の有用性に関する検討
清水 倫子, 山際 岳朗, 中川 俊作, 池見 泰明, 米澤 淳, 中川 貴之, 京面 ももこ, 幣 憲一郎, 長嶋 一昭, 稲垣 暢也, 松原 和夫
日本静脈経腸栄養学会雑誌   32(Suppl.) 612-612   2017年1月
小児におけるテイコプラニンの薬物動態解析
松尾 研志, 近藤 美貴, 吉村 和晃, 中川 俊作, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   137年会(4) 74-74   2017年3月
抗がん薬併用放射線治療における胃瘻造設の有用性に関する検討
清水 倫子, 山際 岳朗, 中川 俊作, 池見 泰明, 米澤 淳, 中川 貴之, 京面 ももこ, 幣 憲一郎, 長嶋 一昭, 稲垣 暢也, 松原 和夫
日本静脈経腸栄養学会雑誌   32(Suppl.) 612-612   2017年1月
【処方箋検査値トレーシングレポート活用術 地域医療連携に薬立つ「知恵」と「コツ」】 トレーシングレポート活用事例から地域医療連携の実践ポイントを学ぶ! 京都大学医学部附属病院でのトレーシングレポート活用事例
松原 和夫, 粟屋 敏雄, 米澤 淳
薬局   67(10) 2906-2912   2016年9月
<Key Points>トレーシングレポートシステムとは、即時性は低いが、患者の薬物療法の有効性・安全性において重要な情報を確実に伝えるための仕組みである。トレーシングレポートを活用することによって、治療効果が上がることも期待できる。薬剤師外来においては、病院と保険薬局の双方向の情報共有手段として、トレーシングレポートを利用している。トレーシングレポートは、日本の医療が地域包括ケアシステムへ移行するにあたって、施設間の情報共有手段として重要である。「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」の...
【Onco-nephrology〜腫瘍学と腎臓病学の融合〜】 腎機能に応じた抗がん薬の調節
中川 俊作, 米澤 淳, 松原 和夫
医薬ジャーナル   52(9) 2101-2104   2016年9月
抗がん薬を用いた治療を受ける患者は,高齢などの理由により比較的腎機能が低下した状態であることが少なくない。また,抗がん薬そのものによっても腎機能の低下が引き起こされる可能性がある。そのため,抗がん薬の投与にあたっては,腎機能を定期的にモニタリングし,それに応じて投与量を適宜調節する必要がある。さらに最近では,外来がん化学療法の拡大に伴って処方せんへの検査値記載の試みがなされるなど,どのような立場の薬剤師においても腎機能を考慮した抗がん薬投与量の評価が求められていると言える。本稿では,腎機能...
待ったなし!求められるエビデンス 薬剤師が関わるチーム医療のアウトカム
松原 和夫, 米澤 淳, 池見 泰明, 矢野 育子
東京都病院薬剤師会雑誌   65(4) 287-294   2016年7月
吉村和晃, 矢野育子, 川西美咲, 吉村和晃, 矢野育子, 川西美咲, 山本崇, 兼吉真千子, 米澤淳, 近藤忠一, 高折晃史, 松原和夫
臨床薬理   46(Supplement) S144-S144   2015年11月
社会的敗北ストレス誘発うつ病モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化
辻 光貴, 今井 哲司, 宮山 大, 西谷 直也, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 金子 周司, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   136年会(3) 165-165   2016年3月
緒方奈津紀, 老本名津子, 鳥口尚子, 佐藤栄里子, 神山ゆかり, 松山倫子, 因藤伊織, 吉田詩織, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫, 緒方奈津紀, 老本名津子, 鳥口尚子, 佐藤栄里子, 神山ゆかり, 松山倫子, 因藤伊織, 吉田詩織, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫
臨床薬理   46(Supplement) S257-S257   2015年11月
シクロスポリンおよびタクロリムスの血中濃度測定系に対するアゾール系抗真菌薬の影響
岩上 智香, 津田 真弘, 杉本 充弘, 米澤 淳, 都築 徹教, 松原 惇起, 中川 俊作, 矢野 育子, 中川 貴之, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 79-79   2016年3月
小児及び成人てんかん患者におけるトピラマートの母集団薬物動態解析
竹内 理人, 伊藤 聡子, 矢野 育子, 杉本 充弘, 米澤 淳, 池田 昭夫, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 79-79   2016年3月
インフリキシマブ先行品と後続品における糖鎖構造の比較
津田 真弘, 大谷 祐基, 米澤 淳, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 今井 哲司, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 82-82   2016年3月
社会的敗北ストレス誘発うつ病モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化
辻 光貴, 今井 哲司, 宮山 大, 西谷 直也, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 金子 周司, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   136年会(3) 165-165   2016年3月
シクロスポリンおよびタクロリムスの血中濃度測定系に対するアゾール系抗真菌薬の影響
岩上 智香, 津田 真弘, 杉本 充弘, 米澤 淳, 都築 徹教, 松原 惇起, 中川 俊作, 矢野 育子, 中川 貴之, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 79-79   2016年3月
熊谷基之, 南方謙二, 山本雅哉, 大村友博, 米澤淳, 坂本和久, 西尾博臣, 中田朋宏, 上原京勲, 阪口仁寿, 山崎和裕, 池田義, 松原和夫, 田畑泰彦, 坂田隆造
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   37th 344-344   2015年11月
小児及び成人てんかん患者におけるトピラマートの母集団薬物動態解析
竹内 理人, 伊藤 聡子, 矢野 育子, 杉本 充弘, 米澤 淳, 池田 昭夫, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 79-79   2016年3月
米澤 淳, 梶原 望渡, 南 いく子, 大村 友博, 中川 俊作, 松原 和夫
薬学雑誌   135(8) 943-947   2015年8月
清水葉子, 松原雄, 塚本達雄, 米澤淳, 松原和夫, 船越太郎, 堀松高博, 武藤学, 柳田素子
日本透析医学会雑誌   48(Supplement 1) 418-418   2015年5月
インフリキシマブ先行品と後続品における糖鎖構造の比較
津田 真弘, 大谷 祐基, 米澤 淳, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 今井 哲司, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 82-82   2016年3月
米澤淳, 中川俊作, 松原和夫
月刊腎臓内科・泌尿器科   1(1) 80-83   2015年1月
片田佳希, 中川俊作, 田上裕美, 津田真弘, 都築徹教, 小高瑞穂, 米澤淳, 萱野勇一郎, 矢野育子, 南方謙二, 坂田隆造, 松原和夫
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th(4) ROMBUNNO.27G-PM08-56   2015年3月
虚血性心筋症に対する新たなオプションとしての血管新生療法の可能性
熊谷 基之, 南方 謙二, 山本 雅哉, 大村 友博, 米澤 淳, 坂本 和久, 西尾 博臣, 中田 朋宏, 上原 京勲, 阪口 仁寿, 山崎 和裕, 池田 義, 松原 和夫, 田畑 泰彦, 坂田 隆造
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   37回 344-344   2015年11月
大谷祐基, 米澤淳, 今井哲司, 津田真弘, 池見泰明, 大村友博, 中川俊作, 中川貴之, 松原和夫
日本薬剤学会年会講演要旨集(Web)   30th 21F1-2 (WEB ONLY)-137   2015年5月
近藤美貴, 中川俊作, 米澤淳, 矢野育子, 中川貴之, 松原和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   25th 330   2015年10月
吉田詩織, 吉田詩織, 老本名津子, 老本名津子, 松山倫子, 松山倫子, 神山ゆかり, 神山ゆかり, 緒方奈津紀, 緒方奈津紀, 因藤伊織, 因藤伊織, 佐藤栄里子, 佐藤栄里子, 松尾和美, 石橋茜, 猪熊容子, 石塚良子, 米澤淳, 米澤淳, 中川貴之, 中川貴之, 松原和夫, 松原和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   25th 252   2015年10月
血液・リンパ リンパ腫治療の将来展望 生体内におけるリツキシマブの経時的構造変化の解析
大谷 祐基, 米澤 淳, 今井 哲司, 津田 真弘, 兼吉 真千子, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 矢野 育子, 北野 俊行, 高折 晃史, 松原 和夫
日本癌治療学会誌   50(3) 2082-2082   2015年9月
乳癌患者におけるドセタキセルの母集団薬物動態解析とファーマコゲノミクス
尾上 晴香, 矢野 育子, 田中 惇子, 本橋 秀之, 中川 俊作, 米澤 淳, 石黒 洋, 松原 和夫
臨床薬理   45(Suppl.) S236-S236   2014年11月
礒本唯, 萱野勇一郎, 池見泰明, 杉本充弘, 大村友博, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   24th 189   2014年8月
中山佳代子, 櫻井香織, 杉本充弘, 米澤淳, 深津祥央, 萱野勇一郎, 松原和夫
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th(4) ROMBUNNO.28U-PM12-85   2015年3月
小山智志, 大村友博, 中川俊作, 今井哲司, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th(3) ROMBUNNO.27U-PM04-85   2015年3月
片田佳希, 田上裕美, 中川俊作, 小高瑞穂, 米澤淳, 萱野勇一郎, 矢野育子, 南方謙二, 坂田隆造, 松原和夫
医療薬学フォーラム講演要旨集   23rd 283   2015年6月
張いん鵬, 米澤淳, 中川俊作, 二村明憲, 吉松宏樹, 大村友博, 今井哲司, 中川貴之, 松原和夫
医療薬学フォーラム講演要旨集   23rd 304   2015年6月
【これからの院内製剤のあり方】 医療現場における院内製剤の現状と展望
米澤 淳
日本病院薬剤師会雑誌   50(6) 723-724   2014年6月
伊藤聡子, 矢野育子, 端幸代, 米澤淳, 池田昭夫, 松原和夫
TDM研究   31(3) 107-107   2014年5月
清水葉子, 松原雄, 塚本達雄, 米澤淳, 松原和夫, 船越太郎, 堀松高博, 武藤学, 柳田素子
日本腎臓学会誌   57(3) 589   2015年4月
熊谷基之, 丸井晃, 田畑泰彦, 山本雅哉, 米澤淳, 瀧本真也, 平尾慎吾, 坂本和久, 西尾博臣, 中田朋宏, 阪口仁寿, 南方謙二, 山崎和裕, 池田義, 松原和夫, 坂田隆造
再生医療   14 369   2015年2月
熊谷基之, 南方謙二, 丸井晃, 山本雅哉, 米澤淳, 坂本和久, 西尾博臣, 中田朋宏, 上原京勲, 阪口仁寿, 山崎和裕, 池田義, 松原和夫, 田畑泰彦, 坂田隆造
日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集   20th 112   2015年
杉本充弘, 米澤淳, 蓼原昌美, 森田洋亮, 吉田優子, 尾上雅英, 大村友博, 萱野勇一郎, 深津祥央, 矢野育子, 松原和夫
医療薬学   40(5) 297-303   2014年5月
呼吸器内科病棟でプロトコルに基づいた薬物治療管理を実施し、医療従事者の業務負担の軽減と薬物治療の安全確保への影響を検討した。薬剤師が持参薬の確認・計数を行い、持参薬オーダーの仮登録ならびに服薬状況や副作用発現に関する情報に基づいて服薬計画を提案することを定めた持参薬管理のプロトコルを2週間運用した。その結果、プロトコル導入後は医師、看護師、薬剤師が持参薬管理に費やす業務時間を合計14.7±10.4分短縮でき、医師は「処方」と「服薬指示」に、薬剤師は「服薬計画の提案」に、看護師は「医師の指示...
松村 健吾, 大谷 祐基, 大村 友博, 米澤 淳, 津田 真弘, 吉貴 達寛, 松原 和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   24    2014年8月
【がん領域における注意すべき医薬品副作用のメカニズムと対応】 薬剤性腎障害
米澤 淳, 松原 和夫
医薬ジャーナル   50(4) 1191-1195   2014年4月
腎臓は薬物感受性が高く、毒性発現には特に注意が必要である。抗がん剤のシスプラチン、イホスファミド、メトトレキサートなどは、強い腎毒性を誘発することが知られている。これら抗がん剤による腎毒性発現には、トランスポータの機能や尿量の低下、尿の酸性化などが関与する。特に、トランスポータの基質認識などの機能特性は、白金系抗がん剤やアルキル化剤等の腎毒性発現の規定因子となる。各薬物の腎毒性発現メカニズムやその対策を理解し、腎毒性の予防や早期発見において薬学的視点から多角的に貢献していくことが期待される...
礒本 唯, 萱野 勇一郎, 池見 泰明, 杉本 充弘, 大村 友博, 米澤 淳, 深津 祥央, 松原 和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   24    2014年8月
石橋直哉, 津田真弘, 佐藤裕紀, 池見泰明, 松田裕也, 八田眞菜美, 小枝正吉, 高橋和也, 大原雄希, 志賀弘康, 中川俊作, 深津祥央, 米澤淳, 田崎嘉一, 宮本篤, 井関健, 白井正信, 松原和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   24th 190   2014年8月
【プロトコルに基づく薬物治療管理 薬剤師による戦略的・継続的マネジメント】 プロトコルに基づく薬物治療管理「PBPM」業務の"見える化"
松原 和夫, 粟屋 敏雄, 杉本 充弘, 米澤 淳
薬局   65(8) 2214-2218   2014年7月
<Key Points>病院薬剤師は2010年の医政局長通知を最大限活かし、医師と事前にプロトコルを作成し、薬剤師が薬学的介入を行った上で、処方や検査を提案し薬物治療管理を行う「プロトコルに基づく薬物治療管理(PBPM)」を実践する必要がある。では、PBPMを実践し拡大していくためにはどうすればよいであろうか?医師を含めた医療従事者に評価されることが重要である。まず、医師や看護師にとって極めて負担が大きく、インシデントも多発していた持参薬処方についてプロトコルを作成した。運用開始前後の調査...
松原 和夫, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子
医薬ジャーナル   50(1) 77-81   2014年1月
薬剤師養成のための薬学教育モデル・コアカリキュラムが改訂された。実務実習に関するカリキュラムは、「薬学臨床」に一本化し、量的にもスリム化された。内容的には、現行のコアカリキュラムに、「安全かつ有効な薬物療法の提案とそれを実施・評価できる能力の修得」と「チーム医療・地域医療への参画能力の修得」に関する到達目標が加えられた。今後は、この新しいコアカリキュラムが完全に履行できるような方略(現行の方略のような行き過ぎたものは作らない)の策定とともに、実習施設の基準、病院と薬局の期間の割り振りや評価...
清水倫子, 津田真弘, 池見泰明, 深津祥央, 石塚良子, 米澤淳, 松村由美, 松原和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   24th 192   2014年8月
大谷祐基, 松村健吾, 米澤淳, 大村友博, 津田真弘, 中川貴之, 松原和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   24th 420   2014年8月
薬物治療を支援する院内製剤 現状と課題 治験薬GMP基準の院内製剤製造によるトランスレーショナルリサーチへの貢献
米澤 淳, 梶原 望渡, 南 いく子, 大村 友博, 中川 俊作, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   134年会(1) 184-184   2014年3月
米澤淳
月刊薬事   55(13) 2363-2366   2013年12月
がん化学療法においてその副作用コントロールは非常に重要である。シスプラチン、イホスファミド、メトトレキサートなどは強い腎毒性を誘発することが知られている。これら抗がん薬による腎毒性発現には、トランスポータの機能や尿量の低下、尿の酸性化などが関与する。腎不全患者では特に注意が必要であるが、それ以外にも尿量の確保や併用薬なども考慮しなくてはならない。各薬物の腎毒性発現メカニズムやその対策を理解し、腎毒性の予防や早期発見において薬学的視点から多角的に貢献していくことが期待される。(著者抄録)
吉松宏樹, 米澤淳, 山西香里, 八尾祉顕, 中川俊作, 大村友博, 松原和夫
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   134th(4) ROMBUNNO.29V-PM06S-84   2014年3月
松村健吾, 松村健吾, 大谷祐基, 大村友博, 米澤淳, 津田真弘, 吉貴達寛, 松原和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   24th 420   2014年8月
池見泰明, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫
日本病院薬剤師会雑誌   49(12) 1277-1279   2013年12月
大村友博, 山本譲, 浅利優, 岡久美子, 保科千里, 米澤淳, 増田智先, 粟屋敏雄, 田崎嘉一, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫
中毒研究   26(3) 265-265   2013年9月
松原和夫, 粟屋敏雄, 杉本充弘, 米澤淳
薬局   65(8) 2214-2218   2014年7月
米澤淳
日本病院薬剤師会雑誌   50(6) 723-724   2014年6月
森田真樹子, 米澤淳, 森美奈子, 田崎嘉一, 長屋健, 千石一雄, 松原和夫
医療薬学   39(8) 504-509   2013年8月
てんかんの治療のためラモトリギンの処方を受け、出産後に母乳育児を強く希望した2名(症例1:30歳、症例2:35歳)を対象に、母乳を介した乳児への移行性について検討した。症例1の母乳中のラモトリギン濃度は11.50μg/ml、母乳移行率(M/P)は0.91で、乳児相対摂取量(RID)は生後5日齢で28.75%、90日で33.50%と算出された。実際は母乳と同量の人工ミルクを追加しており、90日齢の乳児の血漿中濃度は3.31μg/mlと5日齢時の半分程度であった。症例2の服薬2時間後の母乳中ラ...
米澤淳, 松原和夫
医薬ジャーナル   50(4) 1191-1195   2014年4月
熊谷基之, 丸井晃, 田畑泰彦, 吉川英治, 武田崇秀, 山本雅哉, 米澤淳, 池田隆文, 松原和夫, 川上浩司, 森田智視, 横出正之, 清水章, 坂田隆造
再生医療   13 208   2014年1月
大村友博, 浅利優, 岡久美子, 保科千里, 米澤淳, 増田智先, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫
日本法医学雑誌   67(1) 89-89   2013年5月
松原和夫, 米澤淳, 中川貴之, 矢野育子
医薬ジャーナル   50(1) 77-81   2014年1月
米澤淳, 梶原望渡, 南いく子, 大村友博, 中川俊作, 松原和夫
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   134th ROMBUNNO.S31-3   2014年
山本譲, 大村友博, 田崎嘉一, 浅利優, 岡久美子, 米澤淳, 増田智先, 粟屋敏雄, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   133rd(4) ROMBUNNO.29AMF-313-141   2013年3月
吉松宏樹, 米澤淳, 八尾祉顕, 桂敏也, 松原和夫
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   133rd(4) ROMBUNNO.30P-AM14S-78   2013年3月
金井雅史, 古川恵子, 松本繁巳, 米澤淳, 志賀修一, 鶴山竜昭, 黒田知宏, 松原和夫, 千葉勉, 武藤学
日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)   12th ROMBUNNO.P1-24-1   2014年
杉本充弘, 米澤淳, 蓼原昌美, 吉田優子, 丸山志穂子, 谷口理沙, 松田裕也, 森田洋亮, 尾上雅英, 深津祥央, 矢野育子, 園田ゆい, 塚本優子, 合野由香, 佐藤晋, 平井豊博, 松原和夫
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   133rd(4) ROMBUNNO.30PMF-716-208   2013年3月
吉田 優子, 米澤 淳, 河合 知喜, 杉本 充弘, 山際 岳朗, 土生 康司, 矢野 育子, 松原 和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   23    2013年8月
吉田優子, 米澤淳, 河合知喜, 杉本充弘, 山際岳朗, 土生康司, 矢野育子, 松原和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   23rd 427   2013年8月
岡真千子, 米澤淳, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也
医療薬学   38(7) 423-434   2012年7月
治験薬GMP(治験薬の製造管理、品質管理等に関する基準)に基づいて臨床試験用院内無菌製剤室を設置し、製造施設の構造設備の整備、製造管理および品質管理方法の整備、特殊無菌製剤室の衛生管理について詳細に紹介すると共に、適合性評価の結果を報告した。衛生管理手順書の規定にしたがった測定では、浮遊微粒子数はクリーンベンチ内において作業時71/m3、非作業時212/m3、無菌室内は作業時244660/m3、非作業時212/m3であった。表面付着微生物、浮遊菌はクリーンベンチ内、無菌室内共に検出されなか...
河合知喜, 橋本恵美奈, 高橋有, 吉田優子, 尾上雅英, 米澤淳, 藤本康弘, 上本伸二, 松原和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   23rd 419   2013年8月
小山智志, 大村友博, 笹岡美和, 米澤淳, 福土将秀, 増田智先, 松原和夫
医療薬学フォーラム講演要旨集   21st 231   2013年7月
増田智先, 米澤淳, 大村友博, 松原和夫
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   29th 110   2013年6月
トランスポーターと薬物治療・DDS 薬物性腎障害とトランスポータ機能との関連
増田 智先, 米澤 淳, 大村 友博, 松原 和夫
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   29回 110-110   2013年6月
米澤 淳
YAKUGAKU ZASSHI   132(11) 1281-1285   2012年11月
  Platinum agents are widely used in cancer chemotherapy. Cisplatin, carboplatin, oxaliplatin and nedaplatin have a common chemical structure consisting of platinum, carrier groups and leaving groups, and undergo the similar mechanism of cytotoxic...
米澤淳, 中村高規, 橋本真弥, 桂敏也, 乾賢一
日本腎臓学会誌   53(3) 366-366   2011年5月
米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也
日本薬剤学会年会講演要旨集   26th 233-233   2011年5月
八尾祉顕, 米澤淳, 吉松宏樹, 増田智先, 桂敏也, 松原和夫
生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集   34th 140-141   2012年11月
吉松宏樹, 米澤淳, 八尾祉顕, 乾賢一, 桂敏也
日本薬剤学会年会講演要旨集   26th 118-118   2011年5月
米澤 淳
Drug Delivery System   27(5) 381-388   2012年11月
プラチナ系抗がん剤は現在も幅広く臨床使用されている。これらの毒性発現機構は酷似しているにも関わらず、腎毒性をはじめとして異なった特徴を呈する。トランスポータはその基質認識特異性、発現分布、機能特性によって、組織への薬物の輸送を司る。近年の研究により、有機カチオントランスポータOCTとmultidrug and toxin extrusion MATEがプラチナ系抗がん剤のドラッグデリバリーに重要な役割を果たすことが明らかにされてきた。本稿では、トランスポータを介したプラチナ系抗がん剤のデリ...
丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 横出正之, 清水章, 坂田隆造
日本血管外科学会雑誌   20(2) 363-363   2011年4月
米澤淳
臨床薬理   43(Supplement) S178   2012年10月
佐藤裕紀, 矢野育子, 中西晴香, 土生康司, 祝千佳子, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   22nd 269   2012年10月
腎疾患・病態の理解を目指すトランスポーター遺伝子改変動物の利用 シスプラチン誘発性腎障害における有機カチオントランスポータ群の役割
増田 智先, 米澤 淳, 桂 敏也
日本腎臓学会誌   53(3) 325-325   2011年5月
米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也
日本薬学会年会要旨集   131st(4) 177-177   2011年3月
佐藤 裕紀, 矢野 育子, 中西 晴香, 土生 康司, 祝 千佳子, 米澤 淳, 深津 祥央, 松原 和夫
日本医療薬学会年会講演要旨集   22    2012年10月