論文

査読有り
2019年6月

メタカオリンベースのジオポリマー/オイルエマルションを調合するためのツールとしての3D X線マイクロトモグラフィー

Proceedings of 1st International Conference on Innovation in Low-Carbon Cement and Concrete Technology (ILCCC 2019) (USB Flash Drive)
  • Lambertin D.*
  • ,
  • Davy C. A.*
  • ,
  • Hauss G.*
  • ,
  • Planel B.*
  • ,
  • Marchand B.*
  • ,
  • Cantarel V.

開始ページ
4
終了ページ
記述言語
英語
掲載種別

ジオポリマー(GP)セメントと有機液体からなる複合材料は、放射性有機液体廃棄物の管理のために、または相変化材料(PCM)として、多孔性制御媒体を合成するのに有用である。GPセメントは、大量の有機オイルをエマルションで新鮮なペーストに閉じ込めることができる。そのエマルション(GEOIL)は、GP硬化中は安定なままである。本報告では、1ミクロン$^{3}$ (= 1$\times$10$^{-6}$m$^{3}$)のボクセルサイズの3D X線マイクロコンピューター断層撮影(マイクロCT)を使用することによって、GEOILペーストの3D油滴構造に対する調合パラメータ(油の割合, Si/Alモル比,界面活性剤)の影響を調べた。試料は新鮮な状態で乳し、硬化した状態で画像撮影した。気孔率,油滴サイズ分布、および油滴間の平均距離の全てを定量的に決定した。界面活性剤の存在により、著しく小さい油滴の形成が観察された。Si/Al比の増加も油滴サイズを減少させるが、その程度はより少ない。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5065540

エクスポート
BibTeX RIS