共同研究・競争的資金等の研究課題

2018年4月 - 2021年3月

危機的状況の小型映画フィルムから情報資源を発掘する新開発連続式スキャナの提案

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究
  • 馬場 一幸

課題番号
18K12255
配分額
(総額)
4,160,000円
(直接経費)
3,200,000円
(間接経費)
960,000円

本年度は技術・装置のアップデートに注力した。まず、ソフトウェアから着手しはじめ、アルゴリズム、フローを見直し、全面的な改修を施した。フィルムの走行が非常に不安定であっても対応できるようにした。これにより、手動リワインダーを用いてでも画像の取得が可能になった。続いて、ハードウェア面ともあわせて、コンピュータの画像処理の速度に連動してフィルム巻き上げモーターの回転速度を自動制御すること、4K解像度の入出力に対応すること等を実現した。
4K対応は本研究の取り組みについて改めて考え直す契機となった。装置の最も重要なコンセプトとして、状態の悪いフィルムでも安全に走行させることがあるため、いわゆるゲート部にあたる箇所にプレッシャープレート等はなく、単にローラー間の空中となっている。このため撮像レンズから見て奥行き方向のゆらぎがあり、被写界深度内であれば大きな問題にはならないものの、この場合の被写界深度は解像度が高いほど浅くなる。また、これもフィルムへのストレス軽減のため、フィルムを完結運動ではなく、連続走行させて撮影時の高速シャッターで対応する方式を採っているが、こちらについても解像度が高いほどモーションブラーに対してシビアになる。つまり、高解像度化は、それ以外のあらゆる面において不利にはたらくもので、低コストかつ安全なデジタル化技術の必要性という、本研究での取り組みの根本への問いにも繋がるものであった。装置の開発と並行して、映画用フィルムに関係のある法人・個人に技術を紹介しつつ、意見聴取をしたところ、高解像度の要不要については意見が別れ、論拠も一様ではなかった。
なお同時に関係者には、技術的に安定した後に、テストケースとしてフィルムの提供を打診するなどし、複数から前向きな返答を得た。