内山淳平

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/09 09:02
 
アバター
研究者氏名
内山淳平
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20574619
所属
麻布大学
部署
獣医学部
職名
講師
学位
博士(医学)(高知大学大学院)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
麻布大学 獣医学部 講師
 
2009年12月
 - 
2015年3月
高知大学 医歯学系 助教
 
2009年4月
 - 
2009年11月
高知大学医学部 短期研究員
 
2009年4月
 - 
2009年11月
高知大学 短期研究員
 
2008年3月
 - 
2008年10月
Faculty of Medicien, Bond University, Australia Research Fellow
 
2006年4月
 - 
2009年3月
高知大学大学院医学系研究科 大学院生(博士課程)
 

受賞

 
2015年9月
第68回日本細菌学会中国・四国支部総会 若手研究者奨励賞受賞
 
2014年2月
高知信用金庫・安心友の会 学術賞
 
2004年12月
University of the Sunshine Coast, Australia Dean’s Commendation, Faculty of Science
 

論文

 
Uchiyama J, Suzuki M, Nishifuji K, Kato SI, Miyata R, Nasukawa T, Yamaguchi K, Takemura-Uchiyama I, Ujihara T, Shimakura H, Murakami H, Okamoto N, Sakaguchi Y, Shibayama K, Sakaguchi M, Matsuzaki S
Applied and environmental microbiology   82(15) 4482-4491   2016年5月   [査読有り]
Murakami H, Uchiyama J, Nikaido S, Sato R, Sakaguchi M, Tsukamoto K
The Journal of general virology   97(10) 2753-2762   2016年8月   [査読有り]
Shimakura H, Uchiyama J, Saito T, Miyaji K, Fujimura M, Masuda K, Okamoto N, DeBoer DJ, Sakaguchi M
Veterinary immunology and immunopathology   177 52-57   2016年9月   [査読有り]
Nasukawa T, Uchiyama J, Taharaguchi S, Ota S, Ujihara T, Matsuzaki S, Murakami H, Mizukami K, Sakaguchi M
Archives of virology   162(11) 3523-3528   2017年11月   [査読有り]
Shigehisa R, Uchiyama J, Kato S, Takemura-Uchiyama I, Yamaguchi K, Miyata R, Ujihara T, Sakaguchi Y, Okamoto N, Shimakura H, Daibata M, Sakaguchi M, Matsuzaki S
Microbiology and immunology   60(1) 64-67   2016年1月   [査読有り]
Uchiyama J, Takemura-Uchiyama I, Kato SI, Takeuchi H, Sakaguchi Y, Ujihara T, Daibata M, Shimakura H, Okamoto N, Sakaguchi M, Matsuzaki S
FEMS microbiology letters   363(16)    2016年7月   [査読有り]
Uchiyama J, Taniguchi M, Kurokawa K, Takemura-Uchiyama I, Ujihara T, Shimakura H, Sakaguchi Y, Murakami H, Sakaguchi M, Matsuzaki S
The Journal of general virology   98(8) 2171-2180   2017年8月   [査読有り]
Murakami H, Asano S, Uchiyama J, Sato R, Sakaguchi M, Tsukamoto K
Virus research   238 213-217   2017年6月   [査読有り]
Yamaguchi K, Miyata R, Shigehisa R, Uchiyama J, Takemura-Uchiyama I, Kato S, Ujihara T, Sakaguchi Y, Daibata M, Matsuzaki S
Genome announcements   2(3)    2014年5月   [査読有り]
Miyata R, Yamaguchi K, Uchiyama J, Shigehisa R, Takemura-Uchiyama I, Kato SI, Ujihara T, Sakaguchi Y, Daibata M, Matsuzaki S
Virus research   189 43-46   2014年5月   [査読有り]
Matsuzaki S, Uchiyama J, Takemura-Uchiyama I, Daibata M
Nature   509 S9   2014年4月   [査読有り]
Takemura-Uchiyama I, Uchiyama J, Osanai M, Morimoto N, Asagiri T, Ujihara T, Daibata M, Sugiura T, Matsuzaki S
Microbes and infection / Institut Pasteur      2014年3月   [査読有り]
Uchiyama J, Takemura-Uchiyama I, Sakaguchi Y, Gamoh K, Kato SI, Daibata M, Ujihara T, Misawa N, Matsuzaki S
The ISME journal      2014年3月   [査読有り]
Uchiyama J, Takemura-Uchiyama I, Kato SI, Sato M, Ujihara T, Matsui H, Hanaki H, Daibata M, Matsuzaki S
MicrobiologyOpen      2014年3月   [査読有り]
Sakaguchi Y, Hosomi K, Uchiyama J, Ogura Y, Umeda K, Sakaguchi M, Kohda T, Mukamoto M, Misawa N, Matsuzaki S, Hayashi T, Kozaki S
Genome announcements   2    2014年1月   [査読有り]
Takemura-Uchiyama I, Uchiyama J, Kato S, Inoue T, Ujihara T, Ohara N, Daibata M, Matsuzaki S
FEMS microbiology letters   347 52-60   2013年10月   [査読有り]
Uchiyama J, Takeuchi H, Kato SI, Gamoh K, Takemura-Uchiyama I, Ujihara T, Daibata M, Matsuzaki S
Applied and environmental microbiology   79(10) 3176-3184   2013年3月   [査読有り]
Uchiyama J, Takeuchi H, Kato S, Takemura-Uchiyama I, Ujihara T, Daibata M, Matsuzaki S
Journal of virology   86(20) 11400-11401   2012年10月   [査読有り]
Uchiyama J, Maeda Y, Takemura I, Gamoh K, Matsuzaki S, Daibata M
Archives of virology   157(8) 1587-1592   2012年8月   [査読有り]
Uchiyama J, Rashel M, Takemura I, Kato SI, Ujihara T, Muraoka A, Matsuzaki S, Daibata M
Archives of virology      2012年1月   [査読有り]
Fukuda K, Ishida W, Uchiyama J, Rashel M, Kato S, Morita T, Muraoka A, Sumi T, Matsuzaki S, Daibata M, Fukushima A
PloS one   7(10) e47742   2012年10月   [査読有り]
Moro C, Uchiyama J, Chess-Williams R
Urology   78 1442.e9-15   2011年12月   [査読有り]
Murakami M, Imajoh M, Ikawa T, Nakajima H, Kamioka M, Nemoto Y, Ujihara T, Uchiyama J, Matsuzaki S, Sano S, Daibata M
Journal of clinical virology : the official publication of the Pan American Society for Clinical Virology   50 37-41   2011年1月   [査読有り]
Uchiyama J, Takemura I, Hayashi I, Matsuzaki S, Satoh M, Ujihara T, Murakami M, Imajoh M, Sugai M, Daibata M
Applied and environmental microbiology   77(2) 580-585   2011年1月   [査読有り]
Uchiyama J, Takemura I, Satoh M, Kato S, Ujihara T, Akechi K, Matsuzaki S, Daibata M
PloS one   6 e26648   2011年   [査読有り]
Hoshiba H, Uchiyama J, Kato S, Ujihara T, Muraoka A, Daibata M, Wakiguchi H, Matsuzaki S
Archives of virology   155(4) 545-552   2010年4月   [査読有り]
Uchiyama J, Maeda Y, Takemura I, Chess-Williams R, Wakiguchi H, Matsuzaki S
Microbiology and immunology   53(5) 301-304   2009年5月   [査読有り]
Matsushita K, Uchiyama J, Kato S, Ujihara T, Hoshiba H, Sugihara S, Muraoka A, Wakiguchi H, Matsuzaki S
FEMS microbiology letters   291(2) 201-208   2009年2月   [査読有り]
Uchiyama J, Rashel M, Matsumoto T, Sumiyama Y, Wakiguchi H, Matsuzaki S
Virus research   139(1) 131-134   2009年1月   [査読有り]
Uchiyama J, Rashel M, Takemura I, Wakiguchi H, Matsuzaki S
Applied and environmental microbiology   74(13) 4149-4163   2008年7月   [査読有り]
Rashel M, Uchiyama J, Takemura I, Hoshiba H, Ujihara T, Takatsuji H, Honke K, Matsuzaki S
FEMS microbiology letters   284(1) 9-16   2008年7月   [査読有り]
Rashel M, Uchiyama J, Ujihara T, Takemura I, Hoshiba H, Matsuzaki S
Biochemical and biophysical research communications   368(2) 192-198   2008年4月   [査読有り]
T-even-related bacteriophages as candidates for treatment of Escherichia coli urinary tract infections.
H Nishikawa, M Yasuda, J Uchiyama, M Rashel, Y Maeda, I. Takemura, S Sugihara, T Ujihara, Y Shimizu, T Shuin, S Matsuzaki
Archive of Virology   153(3) 507-515   2008年2月   [査読有り]
Uchiyama J, Rashel M, Maeda Y, Takemura I, Sugihara S, Akechi K, Muraoka A, Wakiguchi H, Matsuzaki S
FEMS microbiology letters   278(2) 200-206   2008年1月   [査読有り]
Rashel M, Uchiyama J, Ujihara T, Uehara Y, Kuramoto S, Sugihara S, Yagyu K, Muraoka A, Sugai M, Hiramatsu K, Honke K, Matsuzaki S
The Journal of infectious diseases   196 1237-1247   2007年10月   [査読有り]
Watanabe R, Matsumoto T, Sano G, Ishii Y, Tateda K, Sumiyama Y, Uchiyama J, Sakurai S, Matsuzaki S, Imai S, Yamaguchi K
Antimicrobial agents and chemotherapy   51(2) 446-452   2007年2月   [査読有り]
Matsuzaki S, Rashel M, Uchiyama J, Sakurai S, Ujihara T, Kuroda M, Ikeuchi M, Tani T, Fujieda M, Wakiguchi H, Imai S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   11(5) 211-219   2005年10月   [査読有り]

Misc

 
【視野を広げる皮膚科診療のTips(秘訣)第10回 皮膚科のお悩み相談室】膿皮症 膿皮症の診断・治療に際して、なかなか細菌検査を実施することができません。検査の重要性、実施法や検査機関の選択などを教えてください
内山 淳平, 阪口 雅弘, 加藤 行男, 伊從 慶太
Small Animal Dermatology   13(4) 17-26   2017年7月
内山淳平, 竹内啓晃, 平山隆一郎, 島倉秀勝, 阪口雅弘, 松崎茂展
Helicobacter Research   20(5) 470‐474-474   2016年10月
筆者らはHelicobacter pyloriに感染する新規バクテリオファージ(ファージ)KHP30を分離・解析し、そのユニークな性状・ゲノムを明らかにした。近年、KHP30に遺伝的に類似した3種のKHP30様ファージが報告されている。本稿では、ファージKHP30の特徴を概説し、KHP30様ファージゲノムに関して解説する。(著者抄録)
今西市朗, 内山淳平, 水谷歩実, 井手香織, 西藤公司
日本獣医皮膚科学会学術大会・総会   20th 88   2017年3月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 松崎 茂展
本研究は、バクテリオファージ(ファージ)の溶菌活性を利用するピロリ菌除菌法の開発を目的としている。我々が分離し解析を進めているピロリ菌ファージKHP30は全く新規のファージであり、また予備実験から溶菌メカニズムも既報のファージとかなり違っていると予想された。そのため、本ファージの溶菌メカニズムを明らかにするために、詳細なビリオン解析、ライフサイクル、およびゲノムの解析を行なった。ファージ KHP30は、尾部を有しない球形ファージであることが分かっていたが、ファージ粒子をクロロフォルムで処理...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 内山 淳平
ウイルス感染症に対する化学療法では、ウイルスの複製を阻害させる核酸類似体が使用されている場合がある。中でも、ヌクレオシドの構造をベースにした核酸類似体が高頻度で使用されている。しかしながら、現在、核酸類似体に対しても耐性ウイルスの出現などが報告されている。また、既存の核酸類似体の基盤となるライブラリーも限界があること、新規核酸誘導体の基盤となるリソースに関しても制限があるため、新規の核酸誘導体のリソースの探索は、将来の当該分野の研究開発に対して極めて有効であると考えられる。一部のバクテリオ...
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 内山 淳平
感染拡大防止には、感染管理が極めて有効である。感染管理における迅速な細菌種同定は、患者早期治療、医療費削減、感染拡大防止等に大きく貢献する。それゆえ、より迅速な細菌同定法の開発は急務である。研究代表者は、バクテリオファージ(ファージ;細菌ウイルス)の構造タンパク質が細菌種特異的吸着能に関与していることに着目し、細菌検出法への応用性を検討した。その結果、ファージ尾部分子は迅速細菌検出法に使用できる可能性が明らかとなった。