美多 剛

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/16 11:46
 
アバター
研究者氏名
美多 剛
 
ミタ ツヨシ
ハンドル
美多 剛
eメール
tmitapharm.hokudai.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00548183.ja.html
所属
北海道大学
部署
大学院薬学研究院 創薬科学部門
職名
助教
学位
博士(薬学)(東京大学)
科研費研究者番号
00548183

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
北海道大学 薬学研究院 助教
 
2007年4月
 - 
2009年3月
ハーバード大学 化学・化学生物学科 博士研究員
 
2002年4月
 - 
2004年3月
味の素株式会社 医薬研究所プロセス化学研究室 研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 薬学系研究科 分子薬学専攻
 
2000年4月
 - 
2002年3月
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻
 
1996年4月
 - 
2000年3月
慶應義塾大学 理工学部 化学科
 

受賞

 
2016年
公益財団法人 MSD生命科学財団 Chemist Award BCA 2016 二酸化炭素を用いた炭素-炭素結合生成を伴うカルボン酸誘導体の新規合成法の開発
 
2014年
北海道大学 北海道大学研究総長賞 奨励賞
 
2014年
有機合成化学協会 有機合成化学奨励賞 二酸化炭素を一炭素源として用いた新規カルボキシル化反応の開発
 
2009年
有機合成化学協会 東ソー研究企画賞 二酸化炭素ガスを用いるアミノ酸の化学合成
 

論文

 
Tsuyoshi Mita, Satoshi Hanagata, Kenichi Michigami, Yoshihiro Sato
Organic Letters   19(21) 5876-5879   2017年10月   [査読有り]
Kenichi Michigami, Tsuyoshi Mita, Yoshihiro Sato
Journal of the American Chemical Society   139(17) 6094-6097   2017年5月   [査読有り]
Yuki Higuchi, Tsuyoshi Mita, Yoshihiro Sato
Organic Letters   19(10) 2710-2713   2017年5月   [査読有り]
MITA Tsuyoshi, SUGAWARA Masumi, SATO Yoshihiro
The Journal of Organic Chemistry   81(12) 5236-5243   2016年5月   [査読有り]
MITA Tsuyoshi, TANAKA Hiroyuki, HIGUCHI Yuki, SATO Yoshihiro
Organic Letters   18(11) 2754-2757   2016年5月   [査読有り]
MITA Tsuyoshi, SAITO Keisuke, SUGAWARA Masumi, SATO Yoshihiro
Chemistry An Asian Journal   11(10) 1528-1531   2016年5月   [査読有り]
MITA Tsuyoshi, HIGUCHI Yuki, SATO Yoshihiro
Chem Eur J   21(46) 16391-16394   2015年11月   [査読有り]
MITA Tsuyoshi, SUGA Kenta, SATO Kaori, SATO Yoshihiro
Organic Letters   17(21) 5276-5279   2015年10月   [査読有り]
美多 剛
有機合成化学協会誌   73(8) 810-820   2015年8月   [査読有り][招待有り]
MITA Tsuyoshi, TANAKA Hiroyuki, MICHIGAMI Kenichi, SATO Yoshihiro
Synlett   25(9) 1291-1294   2014年6月   [査読有り]
Mita T, Sugawara M, Saito K, Sato Y
Organic Letters   16(11) 3028-3031   2014年6月   [査読有り]
Mita T, Chen J, Sato Y
Organic Letters   16(8) 2200-2203   2014年4月   [査読有り]
Mita T, Higuchi Y, Sato Y
Organic Letters   16(1) 14-17   2014年1月   [査読有り]
Mita T, Michigami K, Sato Y
Chemistry, an Asian journal   8(12) 2970-2973   2013年12月   [査読有り]
MITA Tsuyoshi, SATO Yoshihiro
有機合成化学協会誌   71(11) 1163-1171   2013年11月   [査読有り][招待有り]
Mita T, Ikeda Y, Michigami K, Sato Y
Chemical communications (Cambridge, England)   49(49) 5601-5603   2013年6月   [査読有り]
MITA Tsuyoshi, HIGUCHI Yuki, SATO Yoshihiro
Chem Eur J   19(3) 1123-1128   2013年1月   [査読有り]
Mita T, Chen J, Sugawara M, Sato Y
Organic Letters   14(24) 6202-6205   2012年12月   [査読有り]
Mita T, Michigami K, Sato Y
Organic Letters   14(13) 3462-3465   2012年7月   [査読有り]
Mita T, Sugawara M, Hasegawa H, Sato Y
The Journal of organic chemistry   77(5) 2159-2168   2012年3月   [査読有り]
Mita T, Higuchi Y, Sato Y
Synthesis-Stuttgart   44(2) 194-200   2012年1月   [査読有り]
Mita T, Higuchi Y, Sato Y
Organic Letters   13(9) 2354-2357   2011年5月   [査読有り]
Mita T, Chen J, Sugawara M, Sato Y
Angewandte Chemie (International ed. in English)   50(6) 1393-1396   2011年2月   [査読有り]
Mita T, Jacobsen EN
Synlett : accounts and rapid communications in synthetic organic chemistry   2009(10) 1680-1684   2009年6月   [査読有り]
Fujimori I, Mita T, Maki K, Shiro M, Sato A, Furusho S, Kanai M, Shibasaki M
Tetrahedron   63(26) 5820-5831   2007年6月   [査読有り]
Mita T, Fukuda N, Roca FX, Kanai M, Shibasaki M
Organic Letters   9(2) 259-262   2007年1月   [査読有り]
Fujimori I, Mita T, Maki K, Shiro M, Sato A, Furusho S, Kanai M, Shibasaki M
Journal of the American Chemical Society   128(51) 16438-16439   2006年12月   [査読有り]
Kato N, Mita T, Kanai M, Therrien B, Kawano M, Yamaguchi K, Danjo H, Sei Y, Sato A, Furusho S, Shibasaki M
Journal of the American Chemical Society   128(21) 6768-6769   2006年5月   [査読有り]
Fukuta Y, Mita T, Fukuda N, Kanai M, Shibasaki M
Journal of the American Chemical Society   128(19) 6312-6313   2006年5月   [査読有り]
Mita T, Fujimori I, Wada R, Wen J, Kanai M, Shibasaki M
Journal of the American Chemical Society   127(32) 11252-11253   2005年8月   [査読有り]
毛塚智子, 美多剛, 岩倉いずみ, 池野健人, 山田徹
有機合成化学協会誌   63(6) 604-615   2005年6月   [査読有り]
Mita T, Sasaki K, Kanai M, Shibasaki M
Journal of the American Chemical Society   127(2) 514-515   2005年1月   [査読有り]
Kezuka S, Ohtsuki N, Mita T, Kogami Y, Ashizawa T, Ikeno T, Yamada T
Bulletin of the Chemical Society of Japan   76(11) 2197-2207   2003年11月   [査読有り]
Enantioselective 1,3-dipolar cycloaddition reactions between nitrones and alpha-substituted alpha,beta-unsaturated aldehydes catalyzed by chiral cationic cobalt(III) complexes
Ohtsuki N, Kezuka S, Kogami Y, Mita T, Ashizawa T, Ikeno T, Yamada T
Synthesis-Stuttgart   (9) 1462-1466   2003年7月   [査読有り]
Mita T, Ohtsuki N, Ikeno T, Yamada T
Organic Letters   4(15) 2457-2460   2002年7月   [査読有り]
Kezuka S, Mita T, Ohtsuki N, Ikeno T, Yamada T
Bulletin of the Chemical Society of Japan   74(7) 1333-1342   2001年6月   [査読有り]
Kezuka S, Mita T, Ohtsuki N, Ikeno T, Yamada T
Chemistry Letters   (7) 824-825   2000年7月   [査読有り]
Optically active aldiminato cobalt(II) complex catalyst for enantioselective hetero Diels-Alder reactions
Yamada T, Kezuka S, Mita T, Ikeno T
Heterocycles   52(3) 1041-1045   2000年3月   [査読有り]

Misc

 
美多 剛
十字路 有機合成化学協会誌   73(8) 850   2015年8月   [依頼有り]
美多剛
化学と教育   62(8) 400-403   2014年8月   [査読有り][依頼有り]
π-アリルイリジウムとエナミンの共同作用による4つの立体異性体の作り分け
美多剛
ファルマシア   50(1) 62   2014年1月   [査読有り][依頼有り]
柴崎正勝, 金井求, 福田展久, 美多剛
月刊 化学   61(7) 12-17   2006年7月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
杉本 裕, 室井 髙城, 矢部 智宏, 小河 脩平, 関根 泰, 梅田 実, 内田 希, 白仁田 沙代子, 井出 裕介, 武石 薫, 中田 一弥, 寺島 千晶, 勝又 健一, 藤嶋 昭, 栄長 泰明, 川島 慎悟, 三上 幸一, 山田 徹, 関根 康平, 藤原 哲晶, 辻 康之, 木村 正成, 美多 剛, 佐藤 美洋, 高野 一史, 崔 準哲, 安田 弘之, 岡田 昌樹, 冨重 圭一, 榧木 啓人, 深谷 訓久, 古賀 舞都, 富永 洋一, 三宅 信寿, 青柳 直人, 落合 文吾, 遠藤 剛, 松井 南, 米山 賢, 中野 遼, 野崎 京子 (担当:共著)
S&T出版   2016年4月   ISBN:4907002548
Wiley-Interscience   2008年3月   ISBN:047025453X
東京図書   2006年1月   ISBN:4489007140

講演・口頭発表等

 
美多 剛
第50回有機金属若手の会夏の学校   2017年8月9日   近畿化学協会有機金属部会
美多 剛
The 19th HU-SNU Joint Symposium   2016年11月24日   脇本 敏幸、郑 落臣
美多 剛, 菅原 真純, 齋藤 啓介, 佐藤 美洋
Molecular Chirality Asia 2016   2016年4月20日   
美多 剛
第10回プロセス化学ラウンジ   2015年12月4日   日本プロセス化学会
美多 剛
第32回有機合成化学セミナー   2015年9月16日   有機合成化学協会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 美多 剛
北海道科学技術総合振興センター(略称:ノーステック財団): 若手研究人材・ネットワーク育成補助金(Talent補助金)
研究期間: 2016年       代表者: 美多 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 美多 剛
平成24年度は、二酸化炭素ガスを用いる光学活性なα-アミノ酸の合成を目指して、その最初のステップであるイミンに対する触媒的不斉シリル化の検討を精力的に行った。まず、調製が容易なシリルボロン試薬 (PhMe2Si-Bpin) を用いてキラル銅触媒によるN-スルホニルイミンへの触媒的不斉反応を開発するべく、種々の銅塩、および光学活性配位子の検討を網羅的に行った。その結果、一価のCuOTf1/2C6H6錯体を用い、リン系の不斉配位子を用いた場合に最高35% eeの不斉収率で目的のシリル化体が得ら...
上原記念生命科学財団: 研究奨励金
研究期間: 2012年       代表者: 美多 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 美多 剛
二酸化炭素は石油資源に代わる魅力的な炭素資源であるが、非常に安定な化合物であるために、その有機合成への利用は限られている。特に二酸化炭素ガスを用いた効率的なC-C結合形成反応の開発は非常に重要な研究課題である。このような背景のもと、我々は二酸化炭素をカルボン酸ユニットとするイミンからのアミノ酸合成に初めて成功した。

特許

 
佐藤 美洋, 美多 剛, 宮地 伸英
佐藤 美洋, 美多 剛, 宮地 伸英
WO2008-139576 A1 : ラクタム化合物の製造法及び製造中間体
Haga Kouji, Hirasawa Shigeo, Mita Tsuyoshi, Niwa Seiji, Okado Kotaro, Tatara Akinori, Yamanaka Junko, Yamanaka Nobuhiro