Watanabe Takeshi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 16, 2019 at 11:28
 
Avatar
Name
Watanabe Takeshi
Affiliation
The University of Tokushima

Awards & Honors

 
Mar 2018
THE TEACHER OF THE YEAR, Faculty of Engineering
Winner: Takeshi Watanabe
 
Dec 2016
Detection of Elastic Waveform Parameter to Evaluate Deterioration of Concrete, IIIAE Prominent Paper Award for the Excellent Paper in IIIAE2016, Paper Award Committee, IIIAE 2016
Winner: Takeshi Watanabe, 山口 喜堂, 森 成美, Chikanori Hashimoto, 塩谷 智基
 
Nov 2013
表面気泡抜き取り装置を用いたコンクリートの表層品質向上に関数研究(総合題目), 土木学会四国支部賞(研究・論文賞), 四国支部
Winner: Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto
 
Mar 2013
THE TEACHER OF THE YEAR, Faculty of Engineering
Winner: Takeshi Watanabe
 
Nov 2012
Damage Evaluation of Heterogeneous Materials by Q-value Analysis of AE Waveforms, Paper Award, International Acoustic Emission Symposium
Winner: Tomoki Shiotani, Yuta Takata, Takeshi Watanabe, Hiroyasu Ohtsu
 

Published Papers

 
電気炉酸化スラグ細骨材とフライアッシュを用いた粉体系高流動コンクリートのフレッシュ性状
Takuya Yokoyama, Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe, Keisuke Ishimaru
Proc.of the Japan Concrete Institute   Vol.41(No.1) 1157-1162   Jun 2019   [Refereed]
電気炉酸化スラグ細骨材を用いたコンクリートは,ブリーディングの発生と骨材密度が大きいため材料分離抵抗性は良好ではない.本研究では,高い粘性により材料分離抵抗性に優れる粉体系高流動コンクリートに着目し,電気炉酸化スラグ細骨材を多量に使用した高流動コンクリートのフレッシュ性状について検討した.その結果,電気炉酸化スラグ細骨材は粉体系高流動コンクリートの流動性,間隙通過性,自己充填性を改善し,所要のフレッシュ性状を満足するための混和剤添加量の低減に効果があることが明らかになった.また,フライアッ...
高炉スラグ細骨材が低度処理再生骨材モルタルの硬化性状に与える効果
Yuji Miyazaki, Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe, Keisuke Ishimaru
Proc.of the Japan Concrete Institute   Vol.41(No.1) 1487-1492   Jun 2019   [Refereed]
L・M 級の低度処理再生骨材を用いたコンクリートの硬化性状を向上させる可能性について,高炉スラグ細骨材を用いることの有効性をモルタル試験体により検討した.また,高炉スラグ細骨材の粒度および各粒径範囲による影響を検証するため,粒度の異なるもの2 種類および粒径範囲を調整した高炉スラグ細骨材を用いた.その結果,粒度による乾燥収縮,凍結融解抵抗性への影響は認められなかったが,再生細骨材L を用いたモルタルであっても顕著な改善効果を示した.また,粒径範囲を調整した高炉スラグ細骨材の粒径が小さくなる...
混和材の種類が粉体系高流動モルタ塑性粘度に与える影響に関する一考察
Keisuke Yamanaka, Takuya Yokoyama, Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe
Proc.of the Japan Concrete Institute   Vol.41(No.1) 1163-1168   Jun 2019   [Refereed]
高流動コンクリートの普及には多くの障害があるその1つに, 混和材の種類によってフレッシュ性 状が大きく異なり 多くの 試 し 練りを必要とする点がある.スランプフローは降伏値に依存するため, 高性能 減水剤 の 使用 量によって,降伏値はある範囲内で制御可能であるが,塑性粘度の制御が難しい.本研究では, 比表面積が大きく異なる 4 種類の混和材を用いて,高性能減水剤の使用量により 高流動モルタルの ゼロ打 フ ローを一定にし 混和材の種類や単位量が塑性粘度に与える影響をB型 回転粘度計を用...
骨材の種類が電気炉酸化スラグ細を用いた舗装用コンクリートの耐摩耗性に与える影響
Chikanori Hashimoto, Keisuke Yamanaka, Takeshi Watanabe, Keisuke Ishimaru
Proc.of the Japan Concrete Institute   Vol.41(No.1) 1391-1396   Jun 2019   [Refereed]
本研究は, 砕石砕砂および山砂利山砂の細骨材に電気炉酸化スラグ細骨材を容積置換した舗装用コンクリート の 耐摩耗性 について検討した. 耐摩耗性は,ドレッシングホイールの滑り作用によるアブレイジョン摩耗によって定量的評価を実施した. その結果, 山砂利山砂の場合は, 電気炉酸化スラグ 細骨材を 用いた舗装用コンクリートの アブレイジョン摩耗に対する抵抗性が向上し,弾性係数が増加し変形に対する抵抗性が大きく,舗装用コンクリートに適していることが明らかとなった. 一方,砕石砕砂 の場合 は,電...
プレストレス状態における弾性波伝搬特性に関する基礎的検討
Hidekazu Matsuda, Masaya Satake, Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto
Proc.of the Japan Concrete Institute   Vol.41(No.1) 1727-1732   Jun 2019   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
Properties of concrete using treated low-class recycled coarse aggregate and blast furnace slag sand
Yuji Miyazaki, Chikanori Hashimoto, Yuji Yamada, Takeshi Watanabe
Proceedings of Durable Concrete for Infrastructure under Severe Conditions: Smart Admixtures, Self-responsiveness and Nano-additions   11 Sep 2019   Magnel Laboratory for Concrete Research, Technologiepark Zwijnaarde 60, 9052 Ghent
In order to improve the properties of concrete using recycled coarse aggregate, we studied about recycled aggregate concrete using blast furnace slag sand. As a result, the concrete using treated low-class recycled coarse aggregate and 50% or less...
粉体系高流動モルタルフロー一定条件下での塑性粘度と単位SP剤使用量の関係について
Keisuke Yamanaka, Takuya Yokoyama, Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe
土木学会年次学術講演会講演概要集   4 Sep 2019   Japan Society of Civil Engineers
-
Kenta Kotani, Kenjiroh Omoya, 関川 昌之, Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集   1 Jun 2019   四国支部
USE OF IoT-BASED TECHNIQUE FOR NON-DESTRUCTIVE EVALUATION OF CONCRETE PROPERTIES AT ITS EARLY AGE
OLANIYI ABRAHAM OLUSEUN, Masaya Satake, Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集   1 Jun 2019   四国支部
衝撃弾性波法による凍害を受けたコンクリートの基礎的研究
Masashi Endoh, Ayaka Nouchi, Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集   1 Jun 2019   四国支部