Sayuri Takahashi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 15, 2019 at 15:08
 
Avatar
Name
Sayuri Takahashi

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Mar 2015
Androgen receptor positive stromal cells regulate prostate cancer proliferation through non-canonical Wnt Signaling, EAU 2015 Best Poster Award, European Association of Urology
 

Published Papers

 
【過活動膀胱に注目!】過活動膀胱の総論 診断
高橋 さゆり, 中川 徹
Pharma Medica   37(6) 21-24   Jun 2019
High expression of serum Wnt5B is a novel poor prognostic biomarker in metastatic prostate cancer
Takahashi Sayuri, Homma Yukio, Nakagawa Tohru, Kume Haruki
INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   25 210   Oct 2018   [Refereed]
【まるごと 泌尿器科手術・周術期管理に役立つ解剖と生理】腎臓・副腎における解剖と生理の基本
高橋 さゆり
Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure   23(2) 136-138   Apr 2018
Takada I, Tsuchiya M, Yanaka K, Hidano S, Takahashi S, Kobayashi T, Ogawa H, Nakagawa S, Makishima M
Biochemical and biophysical research communications   497(2) 597-604   Mar 2018   [Refereed]
開腹およびロボット支援下根治的膀胱摘除術における周術期アウトカムと医療費の比較
竹村 光太郎1)、藤村 哲也2)、山田 雄太3)、高橋 さゆり4)、山田 大介5)、中川 徹4)、田中 良典1)、本間 之夫6)、福原 浩7)、久米 春喜5)
Japanese Journal of Endourology(2018) 31:266-270   31 266-270   2018   [Refereed]
腎癌の陰茎転移の1例
西村 泰司, 李 哲洙, 栗田 晋, 布村 眞季, 三浦 剛史, 高橋 さゆり, 木村 剛, 近藤 幸尋
日本外科系連合学会誌   42(5) 860-863   Oct 2017
比較的稀とされる転移性陰茎癌は現在本邦137例を数えるが,そのうち腎細胞癌からの転移は稀である.症例は86歳の男性で左腎細胞癌に対し左腎部分切除術を施行後15年して亀頭部に直径約15mmの乳頭状の突出した無痛性腫瘤に気づき当院泌尿器科外来を受診した.切除した腫瘍組織の免疫染色で腎細胞癌からの転移と診断された.高齢で自覚症もなかったため追加治療は行わず経過観察とし,術後3ヵ月で特に異常を認めていない.本邦における腎癌陰茎転移は自験例を含め9例のみの報告であったため,貴重な症例と思われ報告する...
骨転移性前立腺癌におけるNon-canonical Wntシグナルを軸とする骨微小環境の分子ネットワークの解明
高橋 さゆり
泌尿器外科   30(8) 1235-1236   Aug 2017
Wntファミリーは胎生期の発生、形態形成に必須の蛋白であるが、成体における発現、役割は知られていない。われわれはnon-canonical Wntが前立腺癌の増悪に作用することを発見した。そこで分泌蛋白という性質上、転移を生じた症例では血液から検出できるのではないかと仮定しELISA法で測定した。結果、血中non-canonical Wntが前立腺癌の予後を予測するバイオマーカーとなることが示唆された。(著者抄録)
Renal pelvic tumor with squamous differentiation in the horseshoe kidney mimicking to parenchymal tumor
Horiuchi T, Takahashi S*, Morikawa T, Miyazaki H, Nakagawa T, Fukuhara H, Kume H, Homma Y
泌尿器外科 2017年4月、30(4),505-507   30(4) 505-507   Apr 2017   [Refereed]
女性泌尿器科医師を取り巻く環境とキャリア形成における課題 男女共同参画委員会アンケート調査結果に基づいて
高橋 さゆり, 中島 のぶよ, 那須 保友, 松下 千枝, 西田 幸代, 前田 佳子, 中川 由紀, 吉川 羊子, 高橋 悟, 赤倉 功一郎, 荒井 陽一, 日本泌尿器科学会男女共同参画委員会
日本泌尿器科学会雑誌   106(4) np1-np9   Oct 2015
女性泌尿器科医師を取り巻く就労環境とキャリア形成における課題を検討するため、2010年と2014年にアンケート調査を行った。調査項目は女性泌尿器科医師の背景、婚姻状況、男女差別、セクシャル・ハラスメントの現状、労働環境と出産・育児の現状、出産・育児・介護辺の希望と現状、支援の希望と現状およびキャリア志向であった。2010年は171名、2014年は233名から得られた回答を集計・解析した結果、女性差別の問題や出産育児に伴う就労問題の現状が明らかとなった。男性医師と比較して女性医師のニーズや希...
ANDROGEN RECEPTOR POSITIVE STROMAL CELLS REGULATE PROSTATE CANCER PROLIFERATION THROUGH NON-CANONICAL WNT SIGNALING
Takahashi Sayuri, Takada Ichiro, Terada Naoki, Homma Yukio, Getzenberg Robert H.
JOURNAL OF UROLOGY   193(4) E439   Apr 2015   [Refereed]
Takahashi S, Shiraishi T, Miles N, Trock BJ, Kulkarni P, Getzenberg RH
Urology   85(3) 704.e1-7   Mar 2015   [Refereed]
Urinary Oxalate Excretion Decreased in Androgen Receptor- Knockout Mice by Suppressing Oxalate Synthesis in The Liver.
Takahashi S , Aruga S, Yamamoto Y, Matsumoto T, Kitamura T, Homma Y.
Open Journal of Urology   5(8) 123-132   2015   [Refereed]
【続 他科医に聞きたいちょっとしたこと】LOH症候群について
高橋 さゆり, 本間 之夫, 渡邊 珠夫
クリニシアン   61(12) 1186-1189   Dec 2014
【90疾患の臨床推論!診断の決め手を各科専門医が教えます】(第21章)発熱 前立腺炎
高橋 さゆり, 中川 徹, 本間 之夫
レジデントノート   16(14) 2758-2759   Dec 2014
Terada N, Shiraishi T, Zeng Y, Aw-Yong KM, Mooney SM, Liu Z, Takahashi S, Luo J, Lupold SE, Kulkarni P, Getzenberg RH
Journal of cellular biochemistry   115(9) 1505-1515   Sep 2014   [Refereed]
Takahashi Sayuri, Terada Naoki, Zeng Yu, Shiraishi Takumi, Homma Yukio, Getzenberg Robert H.
JOURNAL OF UROLOGY   191(4) E326   Apr 2014   [Refereed]
Tsumura K, Yoshida K, Yamamoto S, Takahashi S, Iida K, Enomoto Y
Case reports in urology   2014 503017   2014   [Refereed]
Teshima T, Takahashi S, Nagamoto S, Miyazaki H, Nakagawa T, Fujimura T, Fukuhara H, Kume H, Homma Y
Case reports in urology   2014 841929   2014   [Refereed]
Shiraishi Takumi, Terada Naoki, Mooney Steven, Zeng Yu, Takahashi Sayuri, Luo Jun, Getzenberg Robert, Kulkarni Prakash
JOURNAL OF UROLOGY   189(4) E331   Apr 2013   [Refereed]
Matsumoto T, Sakari M, Okada M, Yokoyama A, Takahashi S, Kouzmenko A, Kato S
Annual review of physiology   75 201-224   2013   [Refereed]
Shiraishi Takumi, Terada Naoki, Zeng Yu, Mooney Steven, Takahashi Sayuri, Takaha Natsuki, Miki Tsuneharu, Getzenberg Robert, Kulkarni Prakash
JOURNAL OF UROLOGY   187(4) E177-E178   Apr 2012   [Refereed]
Takahashi Sayuri, Aruga Seiji, Matsumoto Takahiro, Homma Yukio, Kato Shigeaki
JOURNAL OF UROLOGY   187(4) E836   Apr 2012   [Refereed]
Taguchi S, Takahashi S, Iida K, Mizutani T, Yamaguchi K, Tominaga T, Niwa N, Yoshimi M, Takahashi T, Homma Y
Case reports in medicine   2012 513707   2012   [Refereed]
高齢者に見られた精巣Leydig細胞腫の1例
田口 慧, 山口 千美, 高橋 さゆり, 飯田 勝之, 水谷 隆, 富永 登志, 森 正也, 本間 之夫
泌尿器科紀要   57(9) 521-524   Sep 2011
85歳男。前立腺肥大症のため通院中であったが、右精巣にしこりを自覚し、超音波でlow echoic lesionを認めた。腫瘍マーカーは正常範囲内で、胸腹骨盤CTで明らかな転移はなかった。右精巣腫瘍の診断で手術を施行し、右精巣の頭側に9×9×8mm大の腫瘤を認め、高位精巣摘除術を施行した。腫瘍は黄褐色で被膜はなく、境界はやや不明瞭であった。割面は均一で、出血・壊死は認めなかった。病理組織所見で、好酸性の胞体を有する類円形-多角形の腫瘍細胞が充実性に増殖し、核は丸く、軽度の大小不同があった。...
三井記念病院における前立腺癌に対する初期内分泌療法としての酢酸クロルマジノンによるCombined Androgen Blockadeの検討
飯田 勝之, 富永 登志, 水谷 隆, 山口 千美, 高橋 さゆり, 田口 慧, 植木 哲雄, 宗像 昭夫, 矢島 愛治, 上條 利幸
泌尿器外科   24(9) 1563-1568   Sep 2011
【目的】三井記念病院における酢酸クロルマジノン併用によるCABの治療成績を検討した。【対象】1997年1月から2005年12月までに前立腺癌にて一次治療としてCMA併用のCABを開始した141例を調査対象とした。【結果】平均年齢72.5歳、臨床病期はBが58例(41%)、Cが26例(18%)、D1が10例(7%)、D2が47例(33%)であった。PSA改善効果は解析対象134例中、CRが107例(80%)、PRが17例(13%)で奏功例は124例(93%)、癌特異的5年生存率は70.2%。...
[Leydig cell tumor of the testis : a case report].
Taguchi S, Yamaguchi K, Takahashi S, Iida K, Mizutani T, Tominaga T, Mori M, Homma Y
Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   57(9) 521-524   Sep 2011   [Refereed]
【尿のトラブル110番 頻尿・出にくい・漏れる・血尿?患者さんのQOLを守るのはあなたです!】よくある質問&回答 心因性頻尿とは、どのような病態でしょうか?ほかの頻尿と鑑別する方法と、治療法について教えてください
高橋 さゆり
治療   93(6) 1470-1471   Jun 2011
Takahashi Sayuri, Matsumoto Takahiro, Homma Yukio, Kitamura Tadaichi, Kato Shigeaki
JOURNAL OF UROLOGY   185(4) E577   Apr 2011   [Refereed]
Takahashi S, Watanabe T, Okada M, Inoue K, Ueda T, Takada I, Watabe T, Yamamoto Y, Fukuda T, Nakamura T, Akimoto C, Fujimura T, Hoshino M, Imai Y, Metzger D, Miyazono K, Minami Y, Chambon P, Kitamura T, Matsumoto T, Kato S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(12) 4938-4943   Mar 2011   [Refereed]
TURis(TUR in saline)を用いて切断することにより経尿道的に除去しえた膀胱異物の1例
佐藤 悠佑, 西松 寛明, 木村 章嗣, 山本 幸, 森 ちか, 高橋 さゆり, 山田 大介, 平野 美和, 河村 毅, 本間 之夫
泌尿器科紀要   56(9) 509-512   Sep 2010
28歳男。自慰行為のため外尿道口より4〜5mほど挿入した釣り糸(径1.6mm)が抜去不可能となり、数時間後下腹部痛・血尿・尿意切迫感などの膀胱刺激症状が出現し受診、膀胱異物の診断で入院となった。外尿道口より外部に出た釣り糸約60cmを用手的に引くと抵抗があり疼痛で抜去不可能であった。腰椎麻酔下に経尿道的異物除去術を施行した。麻酔下の疼痛消失時に釣り糸を用手的に262cm引き出す事ができたが、それ以上は抵抗があり困難であった。内視鏡にて膀胱内で複雑に絡み合う釣り糸を認め、鉗子で単純に引っ張っ...
[Fragmentation and transurethral removal in saline of an intravesical foreign body: a case report].
Sato Y, Nishimatsu H, Kimura S, Yamamoto S, Mori C, Takahashi S, Yamada D, Hirano Y, Kawamura T, Homma Y
Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   56(9) 509-512   Sep 2010   [Refereed]
Kim MS, Kondo T, Takada I, Youn MY, Yamamoto Y, Takahashi S, Matsumoto T, Fujiyama S, Shirode Y, Yamaoka I, Kitagawa H, Takeyama K, Shibuya H, Ohtake F, Kato S
Nature   461(7266) 1007-1012   Oct 2009   [Refereed]
扁平上皮癌、腺癌、尿路上皮癌の混合型組織像を認めた浸潤性膀胱癌の一例
高橋 さゆり, 森 ちか, 山田 雄太, 佐藤 悠佑, 山田 大介, 三上 耕治, 西松 寛明, 平野 美和, 河村 毅, 手島 伸一
同愛医学雑誌   25 48-51   Dec 2008
60歳男。排尿時痛、残尿感を訴え近医を受診し膀胱腫瘍を疑い当院紹介受診となった。膀胱鏡検査で膀胱後壁から頂部にかけて乳頭状と非乳頭状が混在する充実性腫瘍を認め、DIPで膀胱や左側壁中心に陰影欠損像を認めた。腹部骨盤部造影CTで膀胱後壁から頂部にかけて分葉の腫瘤を認め造影された内部に低吸収域を認め、膀胱壁肥厚、膀胱外への突出、腹膜の肥厚があり径1cm程度の左閉鎖リンパ節腫大を認めた。浸潤性膀胱腫瘍を疑い確定診断のため経尿道的膀胱腫瘍切除術を施行した。病理所見は非乳頭状部がinvasive c...
Uemura K, Takahashi S, Shintani-Ishida K, Nakajima M, Saka K, Yoshida K
Journal of forensic sciences   53(2) 469-471   Mar 2008   [Refereed]
Ohtake F, Baba A, Takada I, Okada M, Iwasaki K, Miki H, Takahashi S, Kouzmenko A, Nohara K, Chiba T, Fujii-Kuriyama Y, Kato S
Nature   446(7135) 562-566   Mar 2007   [Refereed]
Kume H, Tomita K, Takahashi S, Fukutani K
Urologia internationalis   76(3) 281-282   2006   [Refereed]
Androgen Receptor and Prostate Cancer Development.
武政(高橋)さゆり、加藤茂明
Medical Science Digest 2005, 31(3):12-15.   31(3) 12-15   2005
Funtion of nuclear sex hormone receptors in gene regulation.
Kato S, Sato T, Watanabe T, Takemasa S, Masuhiro Y, Ohtake F, Matsumoto T
Cancer Chemother Pharmacol   56 4-9   2005   [Refereed]
Massive adrenocortical adenoma following long-term treatment of 21-hydroxylase deficiency.
Takahashi S, Minowada S, Tomita K, Katumata N, Tanaka T, Kitamura T
The Journal of urology   167(3) 1390-1391   Mar 2002   [Refereed]
腎被膜脂肪肉腫の1例
高橋 さゆり, 冨田 京一, 田中 良典, 本間 之夫, 簑和田 滋, 北村 唯一
臨床泌尿器科   55(5) 351-354   Apr 2001
49歳男.人間ドックのCT検査で右腎腫瘤を指摘された.MRIで右腎上極に径10cmの腫瘤を認め,腫瘍内部に脂肪成分の存在が疑われた.血管造影では,血管増生に乏しく,腫瘤内部に流入する被膜動脈を認めた.以上から腎被膜腫瘍を疑い,根治的腎摘出術を施行した.標本は870gで腫瘍は腎被膜に連なった被膜で覆われており,病理診断は高分化型脂肪肉腫であった.経過良好で術後12ヵ月の現在,再発は認めていない.腎被膜脂肪肉腫としては日本で15例目と考えられた
Premature ovarian failure in androgen receptor-deficient mice.
Shina H, Matsumoto T, Sato T, Igarashi K, Miyamoto J, Takemasa S, Sakari M, Takada I, Nakamura T, Metzger D, Chambon P, Kanno J, Yoshikawa H, Kato S
Proc Natl Acad Sci USA   103(1) 224-229   [Refereed]

Books etc

 
「選択治療技術の実用化と開発戦略(核酸医薬、免疫療法、遺伝子治療、細胞医薬品)」  
Sayuri Takahashi (Part:Contributor, 第5章 がん領域における医療技術(核酸医薬、免疫療法、遺伝子治療、細胞医薬品)の現状と課題 第10節 前立腺がんに対する免疫療法の現状  )
技術情報協会株式会社    2017   
「がん」「次世代のがん治療薬・診断のための研究開発」
Sayuri Takahashi (Part:Contributor, 第3節 前立腺がんにおけるホルモン療法の臨床効果  「がん」「次世代のがん治療薬・診断のための研究開発」284-290)
技術情報協会株式会社    2016   
家庭の医学 
Sayuri Takahashi (Part:Contributor, 「男性不妊症」 )
株式会社 社会保険出版社     
泌尿器科専門医に聞く最新の臨床
Sayuri Takahashi (Part:Contributor, 「不妊」)
中外医学社