大橋俊朗

J-GLOBALへ         更新日: 15/08/30 14:17
 
アバター
研究者氏名
大橋俊朗
 
オオハシ トシロウ
eメール
ohashieng.hokudai.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30270812.ja.html
所属
北海道大学
部署
工学(系)研究科(研究院)
職名
教授
学位
博士(工学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
2013年
北海道大学 工学(系)研究科(研究院) 教授
 

論文

 
E. Maeda, T. Ohashi
Biochemical and Biophysical Research Communications      2015年   [査読有り]
S. Chen, A. Morita, I. Sukmana, E. Maeda, T. Ohashi
Journal of Biorheology   29(1)    2015年   [査読有り]
S. Danworaphong, M. Tomoda, Y. Matsumoto, O. Matsuda, T. Ohashi, H. Watanabe, M. Nagayama, K. Gohara, P.H. Otsuka, O.B. Wright
Applied Physics Letters      2015年   [査読有り]
E. Weibull, S. Matsui, H. Andersson-Svahn, T. Ohashi
Journal of Biomechanical Science and Engineering   9(1) JBSE0006   2014年   [査読有り]
E. Maeda, M. Sugimoto, Y. Kosato, C.T. Poon, B. Pingguan-Murphy, T. Ohashi
Journal of Biorheology   28(1) 16-20   2014年   [査読有り]
E. Maeda, T. Tsutsumi, N. Kitamura, T. Kurokawa, J.P. Gongc K. Yasuda, T. Ohashi
Journal of Biomechanics   47(13) 3408-3414   2014年   [査読有り]
Maeda E, Sugimoto M, Ohashi T
Journal of biomechanics   46(5) 991-997   2013年3月   [査読有り]
E. Maeda, Y. Hagiwara, J. H-C. Wang, T. Ohashi
Biomedical Microdevices   15 1067-1075   2013年   [査読有り]
Emilie Weibull, Shunsuke Matsui, Manabu Sakai, Helene Andersson-Svahn, Toshiro Ohashi
Biomicrofluidics   17(6) 064115-1-064115-12   2013年   [査読有り]
S. Sugita, T. Matsumoto, T. Ohashi, K. Kumagai, H. Akimoto, K. Tabayashi, M. Sato
Cardiovascular Engineering and Technology   3(1) 41-51   2012年   [査読有り]
Oya K, Sakamoto N, Ohashi T, Sato M
Biochemical and biophysical research communications   412(4) 678-682   2011年9月   [査読有り]
Ozawa H, Matsumoto T, Ohashi T, Sato M, Itoi E
Journal of biomechanics   44(12) 2313-2315   2011年8月   [査読有り]
Sakamoto N, Segawa K, Kanzaki M, Ohashi T, Sato M
Biochemical and biophysical research communications   398(3) 426-432   2010年7月   [査読有り]
Sakamoto N, Saito N, Han X, Ohashi T, Sato M
Biochemical and biophysical research communications   395(2) 264-269   2010年4月   [査読有り]
Sugita S, Murase T, Sakamoto N, Ohashi T, Sato M
Lab on a chip   10 755-761   2010年3月   [査読有り]
Fujiwara H, Saiki Y, Sato M, Sakamoto N, Ohashi T, Sato M, Tabata Y, Tabayashi K
Journal of vascular surgery   51 194-202   2010年1月   [査読有り]
T. Ohashi, N. Kameda, S. Nakamura, M. Sato
Journal of Biomechanical Science and Engineering   5(3) 262-271   2010年   [査読有り]
Lindström S, Mori K, Ohashi T, Andersson-Svahn H
Electrophoresis   30(24) 4166-4171   2009年12月   [査読有り]
Yoshioka I, Saiki Y, Ichinose A, Takase K, Takahashi S, Ohashi T, Sato M, Tabayashi K
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   137 957-962   2009年4月   [査読有り]
Matsui TS, Deguchi S, Sakamoto N, Ohashi T, Sato M
Biorheology   46 401-415   2009年   [査読有り]

Misc

 
田中 綾一, 佐藤 正明, 大橋 俊朗
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2010(23) 153-154   2011年1月
大橋 俊朗, 木幡 健吾
M&M材料力学カンファレンス   2010 379-380   2010年10月
In this study, it is hypothesized that initial geometrical shapes of cutaneous wound and the major axis of the wound to the direction of stretch could influence myofibroblast realignment observed in the maturation phase of healing process. Firstly...
杉田 修啓, 松本 健郎, 大橋 俊朗, 熊谷 紀一郎, 秋元 弘治, 田林 晄一, 佐藤 正明
年次大会講演論文集 : JSME annual meeting   2010(5) 51-52   2010年9月
Mechanical properties of the thoracic aortic aneurysm (TAA) tissues were measured in a pressure-imposed test along with histological analysis to estimate their rupture risk. Quadrilateral specimens obtained from TAA were sandwiched with plates hav...
大矢 幸輝, 坂元 尚哉, 大橋 俊朗, 佐藤 正明
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2009(22)    2010年1月
瀬戸脇 創太, 杉田 修啓, 坂元 尚哉, 大橋 俊朗, 佐藤 正明
バイオフロンティア講演会講演論文集   2009(20) 95-96   2009年11月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 大橋 俊朗
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 大橋 俊朗
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 大橋 俊朗
近年,がん細胞などの細胞診断技術において,高効率・高機能バイオチップの開発が盛んに行われている.ここで求められる基盤技術の中で細胞を任意の場所に配置できること(ポジショニング),新しい細胞に入れ替えること(リプレイスメント)が簡便にできることは重要な技術である.そこで,本研究課題では細胞のポジショニングおよびリプレイスメントが簡便に行える革新的な細胞培養チップを開発することを目的とする.細胞を接着させるための磁気マイクロビーズを空間的にマイクロスケールで予め配置して細胞のポジショニングを行...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 大橋 俊朗
従来,がん細胞の細胞診断において薬剤感度試験を行う場合,細胞の表面抗原を蛍光標識抗体によりイメージングするなど多くの細胞診断法が開発され臨床に応用されてきた.しかしながら装置が高価であることや成功率が低いこと,操作が煩雑であること等の理由から,低価格・高精度かつ簡便に評価が可能な新しい細胞診断デバイスの開発が求められている.本研究課題では,単一細胞に対して高精度・高効率な細胞診断が可能な新しいバイオアッセイシステムを開発した.
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 大橋 俊朗
生体内において細胞は力学環境に曝されている. 例えば, 血管内皮細胞や平滑筋細胞には血流によるせん断応力や血管拡張に伴う伸展刺激が作用している. 細胞はこのような周囲の力学環境に適応して自らの形態および物質産生等の機能を変化させることが知られている. これは細胞が力学刺激を感知・伝達し生化学的信号に変換しているためであり力学情報伝達(mechanotransduction)と呼ばれている. 申請者らはこれまでに, 力学情報伝達の経路の一つに細胞骨格が深く関与していると考え力学刺激に対する内...