MISC

2007年1月

マイナーアクチニド・リサイクル研究開発の歴史と現状

原子力eye
  • 長沖 吉弘
  • ,
  • 中井 良大

53
1
開始ページ
58
終了ページ
61
記述言語
日本語
掲載種別

マイナーアクチニド(MA)リサイクルは、従来、高レベル放射性廃棄物として扱ってきたMAを廃棄物から分離し、MOX燃料に加えて高速炉燃料として利用する技術の一つである。本解説では、MAリサイクルの意義,これまでの研究開発の歴史と現状及び技術開発のポイントについて示した。これ以降、MA含有燃料製造技術開発、「常陽」におけるMA含有燃料照射試験及びマイナーアクチニド含有燃料実用化に向けての今後の展開についてシリーズで解説する。

リンク情報
URL
https://ci.nii.ac.jp/naid/40015208120
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5005014
ID情報
  • ISSN : 1343-3563

エクスポート
BibTeX RIS