MISC

2000年1月

None

INMM/ESARDA Workshop
  • 小島 久雄
  • ,
  • 長沖 吉弘

記述言語
英語
掲載種別

実用化戦略調査研究のフェーズIでは、幅広い選択肢の中から高速炉サイクルの開発目標(安全性、経済性、核不拡散性、資源有効利用、環境負荷低減)を満足する実用化候補概念を抽出する。燃料サイクルシステムの検討では、これまで中心に据えて開発を進めてきた湿式法(PUREX法)を抜本的に見直すことに加え、新たに乾式再処理等の方式を対象に、その技術的成立性を検討している。この検討では、開発目標に照らし、経済性向上のための簡素化だけでなく、核不拡散の観点からプルトニウムを単独で存在させないシステムを念頭に再処理施設、燃料製造施設に係る技術の評価を行っている。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?4042190

エクスポート
BibTeX RIS