MISC

2022年7月

もんじゅ燃料体取出し作業報告書; 2019年度の「燃料体の取出し」作業

JAEA-Technology 2022-002
  • 矢部 孝則
  • ,
  • 村上 牧生
  • ,
  • 塩田 祐揮
  • ,
  • 磯部 祐太
  • ,
  • 塩濱 保貴
  • ,
  • 浜野 知治
  • ,
  • 高木 剛彦
  • ,
  • 長沖 吉弘

開始ページ
66
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-technology-2022-002

高速増殖原型炉もんじゅ廃止措置計画の第一段階では「燃料体取出し作業」を行う。燃料体取出し作業では、炉外燃料貯蔵槽に貯蔵中の燃料体を洗浄・缶詰し燃料池に貯蔵する「燃料体の処理」、炉心にある燃料体を模擬燃料体(以下「模擬体」という。)等と交換し炉外燃料貯蔵槽に貯蔵する「燃料体の取出し」を交互に行い、炉心にある370体と炉外燃料貯蔵槽にある160体の燃料体を全て燃料池に貯蔵する。2018年度には、「燃料体の処理」作業を実施し、炉外燃料貯蔵槽に貯蔵していた86体の燃料体を洗浄・缶詰し燃料池に貯蔵した。併せて、「燃料体の取出し」に向けて76体の模擬体を炉外燃料貯蔵槽の空ポット内に貯蔵した。2019年度の「燃料体の取出し」作業は、炉心にあった60体の炉心燃料集合体と40体のブランケット燃料集合体を炉心から取出し炉外燃料貯蔵槽に貯蔵し、炉外燃料貯蔵槽にあった模擬体を炉心へ装荷した。その間、24種類、38件の警報・不具合が発生したが、燃料体落下等の重大な事象及び移送機器の機構部分のスティック等の長期停止する可能性がある事象は発生していない。機器の動作・性能の不具合に対しては直接要因を除去し、安全を把握した上で作業を継続できた。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-technology-2022-002
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5071264
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-technology-2022-002

エクスポート
BibTeX RIS