researchmapからのお知らせ

あきらかに誤っている/重複している研究者番号・ORCID iDの削除について

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

researchmapでは、データ品質の向上のため、
researchmapに登録されている研究者番号・ORCID iDがあきらかに誤っているまたは重複登録されている場合、
利用規約5-4に基づき、以下の基準でJSTにてresearchmapに登録されている研究者番号・ORCID iDの削除を実施いたします。

【削除基準】
以下のいずれかにあてはまる場合、JSTにてresearchmapに登録されている研究者番号・ORCID iDの削除を実施いたします。

・研究者番号・ORCID iDがあきらかに誤っている(桁数や使用文字が誤っているなど形式が正しくない)
・研究者番号・ORCID iDが他のアカウントにも同じ内容で登録されており、
researchmapに登録されている氏名が「KAKEN」「ORCID」に登録されている氏名と一致しない
(「KAKEN」「ORCID」に登録されている氏名とresearchmapに登録されている氏名が同じ場合、削除は実施いたしません)


上記にあてはまる研究者の皆様のうち、メールアドレスが登録されている方へメールを送信しております。
ご自身の登録内容をご確認いただき、誤った研究者番号・ORCID iDを登録している場合は
2022年7月29日(金)までに修正をお願いいたします。

 

令和3年度利用者満足度調査結果 公開のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

令和3年度の利用者満足度調査結果を公開いたしました。
詳しくは、「利用者満足度調査結果」をご覧ください。

なお実施要領は、「令和3年度 researchmap利用に関するアンケート実施のお知らせ」をご参照ください。
ご協力いただきましたみなさまに、あらためてお礼申し上げます。

CiNiiを情報源としたAI処理再開のお知らせ

2021年10月28日から停止していたCiNii(CiNii Research)を情報源としたAI処理(業績の追加・更新)を2022年6月27日に再開いたします。

2022年6月16日以前にAIからサジェストされた業績を却下した方へのお願い
2022年6月16日以前に、AIからサジェストされた業績を却下している場合、過去の不具合により、再度同じ業績がサジェストされることがあります。その場合、お手数ですが再度、却下(もしくは承認する場合は、承認)をお願いいたします。

なお、メンテナンス(2022年6月16日実施)にて、却下した業績が再度サジェストされる上記の不具合を修正いたしました。今後は、承認/却下した業績が再度サジェストされることはありません。

◆操作方法のご案内
AIサジェストの承認/却下方法は、以下の動画マニュアルやクイックガイドをご覧ください。
動画マニュアル:https://www.youtube.com/watch?v=lWADXvYg6Fk
クイックガイド:https://researchmap.jp/outline/rr_manual/quickguide_AI.pdf

業績に付与されている CiNii Articles リンク情報の削除方法について

CiNii ArticlesからCiNii Researchへの統合により発生している現象について
 CiNii ArticlesからCiNii Researchへの統合後、一部のCiNii Articlesリンク情報が、CiNii Researchの該当ページへ遷移しない現象が発生しています。 
 本来、researchmapに登録済みの業績(既存業績)に付与されているCiNii Articlesリンク情報は、過去に既存業績に対してCiNii Articles ID情報から自動生成されたものであるため、通常、研究者側では削除できませんが、今回のメンテナンス(2022年6月16日実施)で、既存業績のCiNii Articlesのリンク情報を削除できるように仕様を変更いたします。操作方法は以下をご覧ください。

既存業績からCiNii Articlesリンク情報を削除する方法
 既存業績に付与されているCiNii Articlesのリンク情報を削除する場合は、メンテナンス後に「外部システムからの取り込み」にて、CiNii Researchから同じ業績を再度取り込んで、既存業績とマージ(以下、「再取り込み」)してください。
 再取り込み後、既存業績には新たにCiNii ResearchのIDとリンク情報が付与され、同時にCiNii Articlesのリンク情報が削除されます(なお、CiNii ArticlesのID情報は再取り込み後も削除されません)。

再取り込み後も CiNii Articlesリンク情報が表示される場合の対応
 再取り込み後も、既存業績の登録内容によっては、下記の「再取り込み後の業績画面」のように、ラベル「URL」でCiNii Articlesリンク情報が表示される場合があります。
 その場合は、業績編集画面最下部(「より詳しい情報の入力」クリック後)から、リンク情報を削除することができます(なお、ラベルが「URL」以外のリンク情報は編集することができません)。

メンテナンス実施のお知らせ

以下日時にて、システムメンテナンスを実施いたします。

日時:2022年6月16日(木) 10:00~18:00(予定)

※メンテナンス中は、researchmapにログインできません。
※メンテナンス中は、画面、APIを含め、アクセスできない時間帯が発生する予定です。
※実施予定の内容は、更新内容をご覧ください。

ネットワークメンテナンスについて(2022/5/28(土) 14:00~23:00 実施予定)

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

2022年5月28日(土)14:00~23:00の間で、ネットワークメンテナンスにより、researchmapシステムに1~15分程度アクセスできない状態が複数回発生いたします。上記時間帯のデータ更新は避けることをお勧めいたします。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

【機関担当者のみなさまへ】researchmap研究者情報の公開設定と公開状況の整合確認のお願い、およびWebAPI設計書・CSV項目定義書 更新のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

貴機関に所属する研究者によるresearchmap上の公開/非公開設定と公開状況の整合確認のお願い、およびWebAPI設計書CSV項目定義書の更新のお知らせを申し上げます。


研究者情報の公開設定と公開状況の整合確認のお願い

研究者がresearchmap上で「公開/研究者のみに公開/非公開」を設定できる項目について、機関データベースおよびresearchmapにおける公開状況が研究者による設定と一致しているか、今一度ご確認願います。研究者が「研究者のみに公開/非公開」と設定しているにも関わらず公開されている等、設定と一致していない場合は、速やかに修正をお願いします。

研究者情報の公開にあたっては、研究者による「公開/研究者のみに公開/非公開」の設定を遵守してくださいますよう、お願い申し上げます。


WebAPI設計書・CSV項目定義書更新のお知らせ

上記に関しまして、WebAPI設計書CSV項目定義書を更新いたしましたので、あわせてご確認願います。

今回、修正した箇所は、以下のとおりです(カッコ内は、WebAPI設計書・CSV項目定義書の改訂履歴番号、WebAPI設計書・CSV項目定義書の該当ページ)。


◆WebAPI設計書

• 「1.1 研究者情報の構成」、「1.2 公開・研究者のみに公開・非公開について」を追加(166、p.20)

• 「3.2.1 プロフィール情報取得」の以下項目に「※非公開項目」を追加(167、p.54~62)
  o ログインID
  o パスワード
  o 権限
  o eメール
  o eメール受信可否
  o 携帯メール
  o 携帯メール受信可否
  o その他のメール
  o その他のメール受信可否
  o 性別
  o 生年月日
  o タイムゾーン
  o デフォルト表示言語
  o 論文上での記載著者名
  o 国籍・地域
  o 所属区分
  o 職階
  o エフォート率

• 「3.2.1 プロフィール情報取得」の「URL 公開の有無」に以下説明を追加(168、p.63のNo.83)
  ※対象リソースタイトルがurl, url_enに対する公開の有無

• 未使用の項目のため、「3.5.1.12 所属学協会レスポンス」の学会名鑑IDの項目を削除(169、p.126~129)
  o identifiers(識別子)、学会名鑑IDを削除
  o see_alsoのlabel(対象リソースタイトル)の説明から「gakkai_jst」を削除

• 「3.10.2 追加・更新・削除範囲における制限」の「機関による追加・更新・削除における制限」の更新範囲に以下を追加(170、p.193)
  o 「生年月日、性別、eメール、基本情報、業績情報の公開/非公開情報の表示」が有効だと、研究者情報すべてが更新可能です。
  o 「基本情報、業績情報の公開/非公開情報の表示」が有効だと、アカウント情報を除いた基本情報、業績情報が更新可能です。

• 「4. 注」(viii) に以下を追加(171、p.195~196)
アカウント情報の項目をエクスポートや認可したAPIで取得した場合、研究者の権限設定「生年月日、性別、eメール、基本情報、業績情報の公開/非公開情報の表示」が有効であれば出力されますが、アカウント情報はresearchmapで非公開の項目のため取り扱いにはご注意ください。
基本情報の公開フラグ(display)を持っていない項目(論文上での記載著者名、所属区分、職階、エフォート率)もresearchmapで非公開の項目のため取り扱いにはご注意ください。


◆CSV項目定義書

• 「3.1 研究者情報の構成」、「3.2公開・研究者のみに公開・非公開について」を追加(9、p.3)

 

「公開/研究者のみに公開/非公開」の設定につきましては、FAQ「基本操作(研究者)」の「「公開」「研究者のみに公開」「非公開」の違いは何ですか」をご参照ください。

https://researchmap.jp/public/FAQ-1


お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

国立研究開発法人科学技術振興機構
情報基盤事業部  サービス支援センター
お問い合わせフォーム:https://researchmap.jp/public/inquiry/inquiry

動画マニュアル公開のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

ご利用されているみなさまに操作方法をよりわかりやすくお伝えするため、researchmapでは動画マニュアルを制作し、公開いたしました。

今回公開するのは、お問い合わせ件数の多い操作のための17本です。
詳しくは、「動画マニュアル」をご覧ください。

これらの動画がみなさまのresearchmapの操作のお役に立ちますことを願っております。
今後ともresearchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

researchmap導入時の課題解決のためのイベント 資料掲載のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

2022年2月24日に開催いたしました、researchmap導入時の課題解決のためのイベントの資料を掲載いたしました。

本イベントでは、researchmapと未連携の大学・機関のIRおよび研究情報管理のご担当者の方を主な対象として、researchmap導入のメリットをお伝えするとともに、導入にかかる疑問や心配の解消を目的として、researchmap開発責任者である国立情報学研究所 新井紀子教授の講演、すでに導入している大学・機関の担当者の方による活用事例の紹介、導入の際の課題や解決法についてのパネルディスカッションを行いました。

詳しくは、2022年2月researchmap導入時の課題解決のためのイベントをご覧ください。

引き続き、researchmapをよろしくお願いいたします。

【重要】 V1 API、データ交換書き込みAPIおよびフォーマット変換ツールの提供終了について

 researchmapは、令和2年2月に大型アップデートを行い、APIおよびデータインポートの様式を大きく変更いたしました。その後、従前の様式であるV1 API、データ交換書き込みAPIおよびフォーマット変換ツールの提供を終了する予定である旨、告知してまいりました。

 これらの各種機能につきまして、予定どおり、令和5年3月末日をもって、提供を終了することを改めてお知らせいたします。
 提供を終了する機能は以下の通りです。

・researchmap V1 API
・researchmap データ交換書き込みAPI
・researchmapフォーマット変換ツール

 つきましては、提供終了日までに新様式への対応をお願い申し上げます。

令和5年4月1日以降はV1APIによる研究者情報の取得、更新および、V1形式(2012形式)でのデータのインポート、エクスポートはご利用いただけません。

今後ともresearchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

 

WebAPI設計書の差し替えについて

仕様書類」ページに掲載中の「WebAPI設計書」について、2021年12月15日のメンテナンスで「共同研究・競争的資金等の研究課題」の必須項目の見直しを実施しましたが、WebAPI設計書へ反映されていなかったため修正しました。

<2021年12月15日のメンテナンス以前>

 「共同研究・競争的資金等の研究課題」の必須項目:「研究課題タイトル」もしくは「提供機関」と「制度名」

<2021年12月15日のメンテナンス以降>

 「共同研究・競争的資金等の研究課題」の必須項目:「研究課題タイトル」のみ
 

遅れての修正になりましたこと、お詫び申し上げます。
今後ともresearchmapをよろしくお願いいたします。

文化庁「研究目的での著作物利用に関するニーズ調査」アンケートへのご協力依頼

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

文化庁からの依頼を受け、「研究目的での著作物利用に関するニーズ調査」に関するご案内をいたします。
ご協力いただける場合は、下記の案内文をお読みいただき、アンケートへご回答をお願いいたします。

※本件に関するお問い合わせについては、本お知らせ最下部「お問い合わせ」に記載の宛先にお願いいたします

【概要】
 文化審議会著作権分科会では、研究の過程で必要となる他人の著作物の利用について、現行制度が十分であるか、また場合により必要となる権利の許諾を得るための課題があるのか等について検討が行われています。

今般その一環で、研究成果の発表場面での著作物利用にどのようなニーズや支障があるのかについて、ウェブでのアンケート調査(任意記名)が行われています。

研究環境の改善に向けて、研究者の皆様からの声を多く届けられるとよいと思いますので、アンケート回答へのご協力をお願いいたします。

 

【アンケートの回答方法】
文化庁の委託により本アンケートを実施している、一般財団法人ソフトウェア情報センターの下記ウェブサイトより御回答ください。

 https://www.softic.or.jp/index2022.html 

【アンケート期間】
令和4年2月1日(火)~令和4年2月28日(月)

【その他】
・いただいた御回答は、個人情報が絶対に特定されないように処理の上、報告書にまとめられ、文化審議会での検討の基礎資料となります。
 ・報告書は、希望される方には、アンケート実施者から送付されます。また文化庁ホームページ等で公表されることがあります。

【お問い合わせ】
アンケート実施者:一般財団法人ソフトウェア情報センター
担当:亀井、内田、中嶋
 〒105-0003 東京都港区西新橋3-16-11 愛宕イーストビル14階
 Email:bunka2021@softic.or.jp 電話:03-3437-3071
(問い合わせ時間:平日10:00~17:00(土日を除く))

以上

J-Globalからの業績情報取り込み一時停止について

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

J-Globalのメンテナンスにより、以下の期間において、
J-Globalからの論文・MISC・特許の取り込みがご利用いただけません。

2月18日(金) 8:00~2月21日(月) 14:00

ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

メンテナンス実施のお知らせ

以下日時にて、システムメンテナンスを実施いたします。

日時:2022年3月16日(水) 10:00~18:00(予定)

※メンテナンス中は、researchmapにログインできません。
※メンテナンス時間中に画面、APIを含め、アクセスできない時間帯が発生する予定です。
※実施予定の内容は、更新内容をご覧ください。

ネットワークメンテナンス作業について

2022年2月19日(土) 19:00~25:00(予備期間2月20日(日)1:00~7:00)の間で、ネットワークメンテナンスによりresearchmapシステムに3~10分程度(複数回)アクセスできない状態が発生致します。上記時間帯の利用は避けることを強くお勧め致します。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

researchmap導入時の課題解決のためのイベント開催のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

researchmapでは来る2022年2月24日(木)に大学・機関向けイベントをオンラインで開催します。

researchmapと未連携の大学・機関のIRおよび研究情報管理のご担当者様を主な対象として、researchmap開発責任者である国立情報学研究所 新井紀子教授のresearchmap.V2のコンセプトや機能に関する講演、すでに導入している大学・機関の担当者の方による活用事例の紹介、導入の際の課題や解決法についてのパネルディスカッションを通じて、researchmap導入のメリットをお伝えするとともに、導入にかかる疑問や心配の解消を図ります。


なお当日は、researchmap導入の参考となるよう、JSTによる相談会と、researchmapと連携実績のある研究者管理システム開発企業の展示(「12.企業展示」参照)を行う予定です。

このたびのイベントがresearchmap導入への理解を深めていただき、業績管理業務の効率化や業績情報の活用につながる機会となりますよう、みなさまの参加を心よりお待ちしています。

                    記


1.日時
  2022年2月24日(木)13:30~16:45(予定)

2.主催
  国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)

3.開催方法
  Zoomによるオンラインイベント
  ※参加には、ZoomアプリのインストールまたはZoomアカウントへのサインインが必要です。

4.参加費用
  無料

5.主な対象者
  researchmapと未連携の大学・機関のIRおよび研究情報管理担当者の方
  (参加者数に限りがありますので、researchmapと未連携の大学・機関の方を優先的
   にご案内させていただきます。)

6.内容・スケジュール
  13:30~13:35 JSTより開会のあいさつ
  13:35~13:50 新井紀子教授講演
          テーマ:「researchmap.V2のコンセプトと機能について」(予定)
  13:50~14:10 JSTよりresearchmap.V2の説明
  14:10~15:10 連携機関によるresearchmap活用事例の紹介
  15:10~15:25 休憩
  15:25~16:10 パネルディスカッション
          テーマ:「researchmapの導入と活用、実際どうですか?」
  16:10~16:40 相談会および企業展示(展示企業が決定次第、公開します)
  16:40~16:45 JSTより閉会のあいさつ

7.登壇者兼パネリスト
  ・熊本大学 経営企画本部 主任リサーチ・アドミストレータ 藤山泰成氏
  ・京都大学 情報環境機構 IT企画室 准教授 渥美紀寿氏
  ・東北大学 金属材料研究所 副所長・教授/総長特別補佐(研究倫理担当)佐々木孝彦氏
  ・国立研究開発法人 防災科学技術研究所 企画部研究推進課 主任 青木直美氏

8.お申し込み方法
  以下のURLの参加申し込みフォームにて、お申し込みください。

  URL:https://researchmap.jp/public/organ/20220224

  お申し込みが完了すると申込受付メールが送信されます。
  開催2日前にオンラインイベント参加のためのURLをメールにてお送りします。
  開催当日、お時間になりましたら同メールに記載のURLからイベントへ
  ご参加ください。
  ※参加者数に限りがありますので、原則一機関あたり2名様までとします。
  ただし、申し込み状況により、調整をお願いすることがありますことを
  ご了承ください。
  ※同機関より2名様以上で参加される場合は、1名様ずつ個別にお申し込みください。

9.締め切り
  2022年2月18日(金)
  2022年2月22日(火) ※2/17、締め切りを延長しました。

10.Zoomによるオンラインイベントへの参加について
  以下の事項につきまして、予めご理解いただけますようお願いします。
  ・本イベントへは以下のいずれかの方法でご参加ください。
   - Zoomアプリからの参加:事前にZoomアプリをインストールする
     必要があります。
   - ブラウザからの参加:事前にZoomアカウントを取得し、
     参加時にサインインする必要があります。
  ・Zoomのミーティングテストページ等による視聴端末・ネットワーク設定の
   事前確認をお勧めします。
  ・当日は安定した通信環境にてご参加ください。
  ・参加者の通信環境および視聴端末・ネットワーク設定等により当日視聴できない
   場合、JSTは対応しかねます。また、Zoomの利用に関して参加者にいかなる
   不都合が生じた場合も、JSTは一切責任を負いません。
  ・本イベントでは、参加者のビデオはオフ、音声はミュートでの参加となります。

11.その他
  ・参加申し込みフォームにて事前に質問を募集します。
   質問がありましたら、ぜひこの機会に質問をお寄せください。
   お寄せいただいた質問は当日のパネルディスカッションで、参考にする場合があります。
  ・時間の都合上、説明会当日は音声による質問はお受けできません。
   当日の質問はZoomのチャット機能をご利用ください。
  ・質問は説明会終了後も承ります。
   説明会終了後にZoomにてアンケートのご協力をお願いしますので、
   その際に質問をお寄せください。後日、researchmapのWebサイト上で公開する
   資料内にて回答します。

12. 企業展示
  本イベントでは、researchmapの利用を検討している機関様の参考の
  ために、researchmapと連携実績のある研究者管理システムを提供する
  企業による展示・相談の場を設置する予定です。
  (展示企業が決定次第、公開します。) 2/17、展示企業が決定しましたので公開します。

  〇展示企業(五十音順)
  ・株式会社SRA東北(https://www.sra-tohoku.co.jp/) 
  ・株式会社エデュース(https://www.educe-ac.com/service/acoffice/research-results/)   
  ・株式会社オープンソース・ワークショップ(https://opensource-workshop.jp/service/researchmap
  ・富士通Japan株式会社(https://www.fujitsu.com/jp/solutions/industry/education/campus/management/research/
  ・株式会社メディアフュージョン(https://www.mediafusion.co.jp/

  ※展示企業および展示内容についてJSTおよびresearchmapは責任を
   負いません。
  ※企業展示はresearchmapの導入を目的とする機関の参考のために実施
   するもので、企業の斡旋を目的とするものではありません。

13. 出展企業の募集
  本イベントの企業展示にご興味のある企業様は、
  「14. お問い合わせ」の連絡先までお問い合わせください。
  ※製品内容や大学の導入実績を確認させていただきます。
  ※運営の都合上、展示のご希望をすべてお受けできない場合があります。

14.お問い合わせ
  国立研究開発法人 科学技術振興機構
  情報基盤事業部 人材情報グループ researchmap担当
  e-mail :rmap_event★researchmap.jp (「★」を「@」に置き換えてください)


                                               以上

 

緊急メンテナンス作業について

以下の時間帯にて、システムのメンテナンスを実施致します。
通信断が発生する可能性がございます。ご了承ください。

日時:2022年2月1日(火)  12:00 ~ 13:00

令和3年度 researchmap利用に関するアンケート実施のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

researchmapでは、ご利用のみなさまにご意見・ご感想をお伺いするアンケートを実施します。

回答募集期間:2022年1月27日(木)正午~2022年2月25日(金)17:00

 

いただきました回答は、researchmapの今後の運営およびサービス向上のために分析・活用します。

アンケートは個人の方対象と機関の方対象の2種類があります。

アンケートへのご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

 

アンケート実施要領

【回答募集期間】

2022年1月27日(木)正午~2022年2月25日(金)17:00

※個人の方、機関の方とも共通です。

※上記の締め切り日時にアンケートへのアクセスを遮断し、回答の受け付けを終了します。余裕をもってご回答ください。

 

【個人の方対象/令和3年度 researchmapご利用者様アンケート】

https://jipsti.jst.go.jp/user_survey2021/7_researchmap_user-top.html

所要時間:約5分

 

【機関の方対象/令和3年度 researchmapご利用機関 意向・満足度等アンケート】

https://jipsti.jst.go.jp/user_survey2021/8_researchmap_org-top.html

所要時間:約5分

※機関の方対象への回答には専用のIDおよびパスワードが必要です。回答用のIDおよびパスワードは別途メールにてご案内します。

 

※お寄せいただいた回答・ご意見は、個人が特定されない統計情報として、researchmapのWebサイト上で公表します。また、JSTが運営する委員会や国への報告に利用する場合があります。

※アンケートは日本語のみとなっております。

新型コロナウイルス感染症防止のためのサービス支援センター臨時体制について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染防止対策の一環として、
サービス支援センターの出勤者数を最小限に留めております。
researchmapへのお問い合わせにつきましては、以下のお問い合わせフォームまたは
メールのご利用をお願い致します。お電話でのお問い合わせはつながりにくい場合や
お時間をいただく場合がございます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム:https://researchmap.jp/public/inquiry

緊急メンテナンス作業について

以下の時間帯にて、システムのメンテナンスを予定しており、
通信断が発生する可能性がございます。ご了承ください。

日時:2022年1月25日(火)  12:00 ~ 13:00

データ修正のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

以下のスケジュールで、所属、学位の機関コード再割り当て、学位の日英データの組み合わせの修正を実施いたします。

対応スケジュール:

 1/19(水)12:00~13:00 データ修正実施
 ※データ修正中はresearchmapへのログインができません。ご了承ください。

修正内容につきましては、更新履歴をご参照ください。

メンテナンス実施のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

以下日時にて、メンテナンスを実施いたします。

 

日時:2021年12月15日(水) 10:00~18:00(予定)

   ※メンテナンス中は、researchmapにログインできません。

   ※web上での検索および閲覧、APIによる情報の取得は可能です。

   ※実施予定の内容は更新履歴をご覧ください。

AIの設定およびサジェスト内容の確認のお願い

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

研究者の皆様にAIの設定やAIのサジェスト内容の確認のお願いになります。

researchmapでは、外部の様々な論文データベースに収録されている情報を基に、
AIが研究者の業績情報として、論文情報を登録および更新を実施しております。
AIの設定によっては、ログイン時にAIからサジェストされた論文等業績が提示される場合や
AIがサジェストした業績が自動的に外部公開されている場合がございます。

2021年10月20日より、AIの情報源にCiNiiを追加しております。
AIがCiNii由来の業績を追加していることが考えられますので、あらためて、
AIの設定やAIのサジェスト内容についてご確認くださいますよう、お願いいたします。

AIによる業績追加の設定と設定に伴うAIの挙動をわかりやすく解説した
AI機能理解のためのクイックガイド」を公開しております。
利用者マニュアルやFAQとあわせてご活用ください。
●各種マニュアル及びFAQ
AI機能理解のためのクイックガイド(1.9MB):
https://researchmap.jp/outline/rr_manual/quickguide_AI.pdf

利用者マニュアル:
https://guide.researchmap.jp/index.php/Researchmap利用者マニュアル

よくある質問(FAQ):
https://researchmap.jp/public/FAQ-1


AIの設定や機能についてご理解いただき、業績管理にお役立ていただければ幸いです。

引き続きresearchmapをよろしくお願いいたします。

V1.研究者リストの出力API 設計書の差し替えについて

仕様書類」ページに掲載中の「researchmap.V1 WebAPI設計書(2)研究者リストの出力API」について、検索パラメータの設定値の記述に誤りがあり、実際の動作と異なっていたため、設計書を修正しました。

1.パラメータ値の先頭に記述されていた「A」を削除しました。

  • 都道府県 ID(prefectureid)
  • 所属機関コード(instituteid)
  • 所管官庁コード(agencyid)
  • 業種区分コード(businesskindid)
  • 地方 ID(districtid)
  • 大学区分コード(universityid)
  • 公益法人区分コード(corporationid)

2.所属機関コード(instituteid)の設定値を以下の通り修正しました

01 : 国立研究機関・独立行政法人・大学共同利用機関法人
02 : 特殊法人・認可法人

   ↓
11 : 国立研究機関
12 : 独立行政法人・国立研究開発法人
13 : 大学共同利用機関法人

2021/10/7実施のメンテナンス内容について

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

10/7に予定しておりましたメンテナンスは10/7 12:00頃に完了いたしました。
なお事前にお知らせしていたJSONフォーマットの出力項目変更の他、以下の点について修正いたしました。

「国コード一覧」から選択する項目のラベルを以下の通り変更
  国籍 → 日:「国籍・地域」、英:「Nationality/Region」
  国名 → 日:「国・地域」、英:「Country/Region」
  受賞国 → 日:「受賞国・地域」、英:「Counrty/Region」

修正内容につきましては、更新履歴をご参照ください。
お知らせが事後となりましたことお詫び申し上げます。

引き続きresearchmapをよろしくお願いいたします。

 

機関担当者説明会動画公開のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

 

2021年8月6日に実施いたしました機関担当者説明会の動画を公開いたしました。

当日の資料とあわせて、ぜひご活用ください。

○動画

新井紀子教授講演動画URL : https://youtu.be/ovKkWtPvxj4

説明動画1URL : https://youtu.be/h34ysz0OEE4

説明動画2 URL : https://youtu.be/5Q9XF-e2LyU

説明動画3 URL : https://youtu.be/GxjxkIj1IK0

説明動画4 URL : https://youtu.be/dStwpPSHSGo

説明動画5 URL : https://youtu.be/yVrSM_InppM

説明動画6 URL : https://youtu.be/MzRVAFe8K44

 

なお、動画と資料の対応については、以下のとおりです。

説明動画1 第1部 初心者編
researchmapについて(資料p.5-7)
researchmapの機能・メリット(資料p.8-16)
説明動画2

第1部 初心者編
研究者による権限設定について(資料p.18-19)
researchmapに登録できるデータ項目(資料p.20)
研究者自身による3種の登録方法(資料p.21)
研究者自身による登録方法①(資料p.22-23)

研究者自身による登録方法②(資料p.24-25)
研究者自身による登録方法③(資料p.26-28)
研究者自身による登録時の注意点(資料p.29)

説明動画3

第1部 初心者編

業績の登録方法(資料p.30)
外部データベースからの取り込み(資料p.31-36)
ファイルのインポートによる業績の登録方法(資料p.37-39)
手入力による業績の登録方法(資料p.40-44)
業績のエクスポート方法(資料p.45-48)

説明動画4 第2部 中上級者編
researchmap.V2の追加機能・変更点(資料p.50)
UIの改善(資料p.52-54)
業績登録機能強化(資料p.55-56)
DOI / ISBNを利用した業績情報取得機能(資料p.57)
ORCIDとの連携(資料p.58)
業績項目の拡充・最適化(資料p.59)
コミュニティ機能の充実(資料p.60-62)
プレスリリース機能について(資料p.63-65)
説明動画5 第2部 中上級者編
導入メリット〈大学編〉自機関とのシステム連携(資料p.67-68)
データ連携について(資料p.70-80)
説明動画6 第2部 中上級者編
研究者の転入・転出方法(資料p.81-86)
機関用IDの登録情報変更方法(資料p.87-89)
AIによる業績自動取り込みの現状について(資料p.90-94)

○資料

新井紀子教授資料URL : https://researchmap.jp/outline/session2021/InfoSession2021_lec1.pdf

説明資料URL : https://researchmap.jp/outline/session2021/InfoSession2021_lec2.pdf

 

○機関担当者向け説明会開催のお知らせ

URL : https://researchmap.jp/blogs/blog_entries/view/515443/9ecd4671551e7f64770521d1f3ab1311?frame_id=1028063

データ修正のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

10月上旬から順次、jsonフォーマットでインポートした際に、誤った書式で登録されたデータの修正を実施いたします。
なお、データ修正実施中も、researchmap HPの閲覧・検索、データの登録・編集等、通常どおりご利用いただけます。

修正内容につきましては、更新履歴をご参照ください。

JSONフォーマットの出力項目変更のお知らせ

8月25日のメンテナンスにおいて、エクスポート/API出力で使用されるJSONフォーマットについて、以下項目の出力を停止しましたが、再度出力するように変更いたします。

<再度出力する項目>

  • 学位:授与機関の機関コード
  • 経歴:機関コード
  • 学歴:機関コード
  • 担当経験のある科目(授業):機関コード
  • 産業財産権:出願人(機関) 機関コード
 

<機関コードの出力を停止した経緯>

researchmapでは、「学位、経歴、学歴、担当経験のある科目(授業)、産業財産権」の各業績に対して、利用者の操作やAPIリクエストによるデータ更新によって機関名を登録する際、researchmap内の機関マスタから機関名で機関コードを検索し、機関コードと機関名の2つを登録します。

機関マスタは、大学名の表記揺れや大学の統合等による名称変更を想定し、「略称・旧名称」に名称変更前の機関名を持たせることで、名称変更前の機関名も名称変更後の機関コードに紐付くようになっています。

しかし、業績の取得時期と機関の設立期間の関係は考慮しておらず、研究者の過去の業績(学位、経歴、学歴、担当経験のある科目(授業)、産業財産権)が名称変更前の旧機関名で登録された場合、機関コードとしては名称変更後の新機関名の機関コードが設定されます。

この仕様により、8月25日以前は以下のような問題が発生しておりました。


例)問題が発生するパターン

<機関マスタ>

No. 機関コード 機関名 略称・旧名称 備考
1 2602 大阪医科大学   設立期間:~2020 ※ステータス《削除済》
2 2611 大阪薬科大学   設立期間:~2020 ※ステータス《削除済》
3 2965 大阪医科薬科大学

大阪医薬大
大阪医科大学
大阪薬科大学

 

 大阪医科大学と大阪薬科大学は、2021年に統合して大阪医科薬科大学となっております。

利用者が、学位の授与機関に「大阪医科大学」と登録しても「大阪薬科大学」と登録しても、機関コードとしては「2965」が関連付けられます。
そのため、機関コードから機関名を取得すると、名称変更前の業績であっても現在の「大阪医科薬科大学」と設定されてしまうため、必ずしも正しい機関名にはなりません。


 

<機関コードの再度出力について>

上記の経緯から8月25日のメンテナンスで機関コードを一旦出力廃止としましたが、別途機関コードを使用して自機関データを収集していた機関からのご要望もあり、再度機関コードを出力することといたします。

但し、機関コードと機関名が必ずしも正しい組み合わせとならない件は未解決のまま出力いたしますので、過去業績の機関コード(学位、経歴、学歴、担当経験のある科目、産業財産権)をご利用の際にはご注意いただけますようお願いいたします。

機関マスタにつきましては、業績の取得時期と機関の設立期間の関係について整合性が取れるようにするなど、改善に向けて仕様検討を進めます。皆さまにはご不便をおかけいたしまして大変恐縮ですが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

 

<対応スケジュール>

本件の対応スケジュールは以下のとおり実施致します。

  • 9/30(木) トライアルサイトに本件修正内容を反映します。仕様変更後のAPI動作をご確認いただけます。
  • 10/7(木) トライアルサイトの内容を本番環境に反映します。

 

AIのデフォルト設定、外部データベースからの取り込み時の類似チェック方法追加のご案内

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

 

researchmapでは、2021年8月25日のシステムメンテナンスにより、自動業績登録機能を備えたAIのデフォルト設定と外部データベースからの業績登録の際の類似チェック方法を変更しました。


新しいデフォルト設定について、誤りがありましたので訂正いたしました(9/3更新)。

 

【AIのデフォルト設定】
自動業績登録機能を備えたAIのデフォルト設定が以下のように変更されました。

変更点は「AIの活用の範囲」で、本人が登録した内容を優先するようになったことです。

なお、AIサジェストによる登録情報更新と権限の設定方法については、こちらをご覧ください。

 

●新しいデフォルト設定:「AIの活用の範囲」が、本人が登録した内容優先に

 

●従来のデフォルト設定:「AIの活用の範囲」が、AIが取得した情報を優先していた

 

【類似チェック方法の追加】

外部データベースから業績を登録する際、既に登録されている業績データとの類似チェック方法が4種類となり、選択できるようになりました。

取り込みデータを主にマージ

新規登録業績をベースとして、不足分を既登録業績から補完する方法

〈新〉類似データを主にマージ

既登録業績をベースとして、不足分を新規登録業績から補完する方法

〈新〉取り込みデータを強制追加

既登録業績を類似とみなさず、新規登録業績を別業績として新規登録する方法

〈新〉登録しない

既登録業績と新規登録業績の類似の有無や程度にかかわらず、業績を追加登録しない方法

 

業績を登録する際の画面は、下のようになります。

 

引き続き、researchmapをよろしくお願いいたします。

新機能のご案内

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

 

researchmapでは、2021年8月25日のシステムメンテナンスにより、以下の新機能をリリースしました。

 

今回リリースしました新機能は、

・業績検索

・競争的資金業績とりまとめプラグイン

・Google アカウントによるログイン連携(SSO)

 です。

【業績検索】

これまでの「研究者をさがす」に加え、「業績をさがす」にて業績の検索ができるようになりました。
また、研究者検索を追加して、絞り込み検索ができるようにもなりました。

 

【競争的資金業績とりまとめプラグイン】

共同研究や競争的資金等に申請・報告の際、業績のとりまとめに苦労した経験はありませんか。

この度、研究課題によって業績をとりまとめることができる「競争的資金業績とりまとめプラグイン」機能を実装しました。

この機能は下記のような手順を経ることで、使用できます。
・研究代表者がコミュニティに「競争的資金業績とりまとめプラグイン」を設置する
・その他の研究者は研究課題に関連づけて、業績を登録する
・「競争的資金業績とりまとめプラグイン」に研究課題に関連づけられた業績が表示される

例えば、CSVエクスポート等を利用して報告書の作成に利用することや、コミュニティページで競争的資金業績とりまとめプラグインを公開し業績を公開することなどができます。

【Google アカウントによるログイン連携(SSO)】

これまでも他の機関IdPによるshibbolethログインをご利用いただいていますが、この度、Google アカウントによるログインができるようになりました。

 

上記、新機能を含め、今回のリリースの詳細につきましては、更新履歴をご覧ください。

機関担当者向け説明会資料公開のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

 

2021年8月6日に開催した、researchmap機関担当者向け説明会の資料を下記ページに掲載しております。

2021年8月機関担当者向け説明会

 

 なお、質疑応答の資料および動画に関しましては、準備ができ次第順次公開いたします。

 引き続き、researchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

 

プレスリリース機能のご案内

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

 

researchmap V2でリリースされた「プレスリリース機能」のご案内です。

 

本機能では機関の公式なプレスリリースを掲載することが出来ます。

現在は、機関担当者様のみ掲載が可能となっておりますが、

2021年8月下旬予定のリリースで研究者の皆様も掲載が可能となる予定です。

下記に詳細を記載いたしましたので、ご確認の上ぜひご利用ください。

 

プレスリリース機能のご案内(PDF 2.7MB)

 

researchmapへプレスリリースを掲載するメリット

①   多くの研究者がアクセスするresearchmapへプレスリリースを掲載することで、機関のプレスリリースへのアクセス増が期待できます。

②   通常のプレスリリースと異なり関連研究者を登録することが出来るため、研究者のアピールにつながります。

 

researchmapプレスリリース機能URL:

https://researchmap.jp/public/pressrelease

 

掲載対象:以下の条件を全て満たすもの

・ご自身の所属機関から公式に発表された記事

・上記がわかるURLが入力された記事

・researchmap 研究者情報とリンクできる記事

(関連研究者にresearchmap会員を1人以上登録してください)

 

マニュアル:

https://guide.researchmap.jp/index.php/Researchmap利用者マニュアル/機関担当者用/プレスリリース/プレスリリースの掲載依頼をする

 

注意事項:

投稿後、JSTが内容を確認・承認したのちに公開されます。掲載対象でない記事は公開されません。

AI機能理解のためのクイックガイド掲載のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

 

このたびresearchmapでは、2020年2月に実装しましたAI自動業績登録機能を理解いただくために、AIの機能をよりわかりやすく解説したAI機能理解のためのクイックガイドをご用意いたしました。

AIの設定と挙動についてご理解いただき、ご自身に合ったご利用方法を選択して、よりスムーズな業績登録にお役立てください。

 

researchmapでは、今後も利用者のみなさまに満足いただけるよう、サービスの向上に努めますので、引き続きresearchmapをよろしくお願いいたします。

機関担当者向け説明会開催のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

 researchmapでは、来る2021年8月6日(金)に、機関担当者向け説明会をオンラインで開催します。

 日ごろから実務でresearchmapを利用している機関担当者の方を対象に、使い方や機能の疑問を解消し、よりスム

ーズに利用していただけるような実践的な内容となっています。

 

また当日は、researchmapの開発責任者である国立情報学研究所 新井紀子教授の講演もございます。

貴重な機会ですので、ぜひご視聴ください。

 

このたびの説明会がresearchmapへの理解を深めていただき、研究者や機関担当者のみなさまの業績管理業務の負

担軽減や効果的な業績情報利用の機会となりますよう、みなさまの参加を心よりお待ちしております。

 

1.日時

  2021年8月6日(金)13:00 ~15:15(12:30開場)

 

2.主催

  国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST )

 

3.開催方法

  Zoomによるオンラインセミナー

  ※参加には、ZoomアプリのインストールまたはZoomアカウントへのサインインが必要です。

 

4.参加費用

  無料

 

5.テーマ

  機関担当者対象 researchmap実践的活用法

 

6.内容・スケジュール

  13:00~13:05   開会のあいさつ

  13:05~13:20   新井紀子教授講演 (テーマ決定次第、更新します)

            テーマ:researchmap.V2について(2021年7月30日更新)

  13:20~13:50   初心者向け説明

  13:50~13:55   休憩

  13:55~14:40   中上級者向け説明

  14:40~15:10   質疑応答

  15:10~15:15   閉会のあいさつ

 

7. 対象者

  ①researchmapをゼロから学びたい機関担当者(初心者)

  ②researchmapを実際に活用しており、さらに理解を深めたいと考えている機関担当者(中上級者)

  ③researchmap利用に関心のある機関担当者

 

8.お申し込み方法

  以下のURLの参加申し込みフォームにて、お申し込みください。

  URL:https://researchmap.jp/public/organ

  お申し込みが完了すると申込受付メールが送信されます。

  開催2日前にオンラインセミナー参加のためのURLをメールにてお送りいたします。

  開催当日、お時間になりましたら同メールに記載のURLからセミナーへご参加ください。

 

  ※席に限りがありますので、原則一機関あたり2名様までといたします。

   ただし、申し込み状況により、調整をお願いさせていただくことがありますことをご了承ください。

  ※同機関より2名様で参加される場合は、1名様ずつ個別にお申し込みください。

 

9.締め切り

  2021年07月30日(金)

  なお定員に達し次第、参加受付を締め切らせていただきます。

  2021年7月30日現在、席に若干の余裕がありますので、締め切りを延長しました。

   締め切り:2021年8月4日(水)

  参加を希望される方は早めにお申し込みください。

 

 

10.Zoomオンラインセミナーへの参加について

  以下の事項につきまして予めご理解いただけますようお願いします。

  ・本セミナーへは以下のいずれかの方法でご参加ください。

   - Zoomアプリからの参加:事前にZoomアプリをインストールする必要があります

   - ブラウザからの参加:事前にZoomアカウントを取得し、参加時にサインインする必要があります

  ・Zoomのミーティングテストページ等による視聴端末・ネットワーク設定の事前確認をお勧めします。

  ・当日は安定した通信環境にてご参加ください。

  ・参加者の通信環境および視聴端末・ネットワーク設定等により当日視聴できない場合、JSTは対応いたしか 

  ねます。また、Zoomの利用に関して参加者にいかなる不都合が生じた場合も、JSTは一切責任を負いませ

  ん。

  ・本セミナーでは、参加者のビデオはオフ、音声はミュートでの参加となります。

 

11.その他

  ・参加申し込みフォームにて事前に質問を募集します。質問がありましたら、ぜひこの機会に質問をお寄せく 

  ださい。お寄せいただいた質問に対して、当日できるだけ回答します。

  ・時間の都合上、説明会当日は音声による質問はお受けできません。当日の質問はウェビナーのチャット機能

  をご利用ください。

  ・質問は説明会終了後も承ります。説明会終了後にウェビナーにてアンケートのご協力をお願いしますので、

  その際に質問をお寄せください。後日、HP上で公開する資料内にて回答します。

   ・説明会終了後、当日の動画を公開する予定です。詳細はresearchmap HPにてお知らせします。

12.お問い合わせ

  国立研究開発法人 科学技術振興機構 情報基盤事業部 人材情報グループ researchmap担当

  e-mail :rmap_event★researchmap.jp (「★」を「@」に置き換えてください)

 以上

メンテナンス完了のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

以下日時にて、システムメンテナンスを実施しました。

 

日時:2021年5月26日(水) 10:00~17:00

 

実施内容については、更新内容をご覧ください。

引き続き、researchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

メンテナンス実施のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

以下日時にて、メンテナンスを実施いたします。

 

日時:2021年5月26日(水) 10:00~18:00(予定)

   ※メンテナンス中は、researchmapにログインできません。

   ※web上での検索および閲覧、APIによる情報の取得は可能です。

利用者満足度調査結果(令和2年度)の掲載のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

皆さまのご意見をサービス運営・向上の参考にさせていただく目的で、2021年1月から3月にかけて実施した利用者満足度調査の調査結果を下記に掲載いたしました。

利用者満足度調査結果

調査にご協力いただきました多くの利用者のみなさまに、この場をお借りして、お礼申し上げます。
researchmapでは、今後もさらに利用者のみなさまに満足していただけるよう、サービスの向上に努めますので、引き続き、researchmapをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

セキュリティ強化に伴う一部の古い端末/ブラウザからの閲覧不可について

以下日時にて、セキュリティ強化のためのネットワーク機器メンテナンスを予定しており、繋がりにくくなる場合がございます。

日時:2021年4月25日(日) 18:00 ~ 25:00

このメンテナンス以降、一部の古いOS/ブラウザ(Windows XP/Internet Explorer 8等)からはアクセスできなくなります。

現在サポートされているOS/主要ブラウザの最新バージョンをご使用の場合には影響ございません。
万が一アクセスできない状況となりました場合には、最新バージョンにアップデートをお願い致します。

 

ネットワークメンテナンス作業について

以下の時間帯にて、ネットワークのメンテナンスが予定されており、
数秒から最大5分程度の通信断が、複数回発生する可能性がございます。ご了承ください。

日時:2021年3月24日(水)  23:00 ~ 26:00

 
引き続き、researchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

ネットワークメンテナンス作業について

以下の時間帯にて、ネットワークのメンテナンスが予定されており、
数秒から最大5分程度の通信断が、複数回発生する可能性がございます。ご了承ください。

日時:2021年3月21日(日)18:30 ~ 21:10

 
引き続き、researchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

メンテナンス完了のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

以下日時にて、システムメンテナンスを実施しました。

 

日時:2021年3月17日(水) 10:00~18:00

 

実施内容については、更新内容をご覧ください。

引き続き、researchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

メンテナンスによるサービス停止について

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

以下日時にて、システムメンテナンスを実施いたします。

 

日時:2021年3月17日(水) 10:00~18:00(予定)

   ※メンテナンス中は、researchmapにログインできません。

   ※web上での検索および閲覧、APIによる情報の取得は可能です。

 

引き続き、researchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

「第6期科学技術・イノベーション基本計画」答申素案についての意見募集に関するお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

内閣府からの依頼を受け、「第6期科学技術・イノベーション基本計画」答申素案についての意見募集に関するご案内をします。詳細は下記の通りです。

【概要】
 政府は、科学技術基本法に基づき、科学技術の振興に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、平成8年以降、5期にわたり、5か年の科学技術の振興に関する基本的な計画(科学技術基本計画)を策定してきました。令和2年6月の科学技術基本法の改正に伴い、令和3年度からの次期基本計画として、科学技術・イノベーションの創出の振興に関する基本的な計画である「科学技術・イノベーション基本計画」を策定する予定です。
総合科学技術・イノベーション会議では、第6期科学技術・イノベーション基本計画の策定に向けて検討を進めており、本年3月に答申を予定しています。これに先立ち、答申案の取りまとめの参考とするため、皆様から広く御意見を募集します。
 「科学技術・イノベーション基本計画」答申素案は、下記ウェブサイトを御覧ください。
https://www8.cao.go.jp/cstp/stmain/20210120.html

【御意見の提出方法】
下記ウェブサイトより御提出ください。
https://form.cao.go.jp/cstp/opinion-0507.html

【募集期間】
令和3年1月20日(水)~令和3年2月10日(水)
 
【その他】
・いただいた御意見は取りまとめ後、内閣府ホームページ等で公表させていただくことがあります。
 個別の回答はいたしませんので、あらかじめ御了承願います。
・科学技術・イノベーション基本計画については下記ホームページを御覧ください。
https://www8.cao.go.jp/cstp/kihonkeikaku/index5.html

【お問い合わせ】
内閣府 政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)付参事官(統合戦略担当)付
担当:篠澤、菊地、石井
 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎8号館6階
Email:g.rrstip@cao.go.jp 電話:03-6257-1014
(問い合わせ時間:平日10:00~17:00(土日を除く))

以上

 

メンテナンス完了のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

以下日時にて、システムメンテナンスを実施しました。

 

日時:2021年1月26日(火) 10:00~18:00

 

実施内容については、更新内容をご覧ください。

引き続き、researchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

メンテナンスによるサービス停止のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

以下日時にて、システムメンテナンスを実施いたします。

 

日時:2021年1月26日(火) 10:00~18:00(予定)

   ※メンテナンス中は、researchmapにログインできません。

   ※web上での検索および閲覧、APIによる情報の取得は可能です。

 

実施内容については、更新内容をご覧ください。

引き続き、researchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

researchmap利用者満足度調査実施のお知らせ

researchmapでは、皆さまのご意見をサービスの運営・向上の参考にさせていただくため、
アンケート調査を実施しております。

※ご回答いただいた内容は、サービスの運営向上の参考にさせていただくほか、個人が特定されない様に集計し、
 JSTのHP等へ公開および当機構が運営する委員会や、国へ報告することがあります。

 

【アンケートサイト】
  https://jipsti.jst.go.jp/user_survey2020/access-researchmap-E.html
  ※外部サイトとなります。

【実施期間】
 2021年1月7日(木) 12:00 ~ 2021年2月5日(金)17:00 

 

お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、より良いサービスの提供のために、
何卒ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。