researchmapからのお知らせ

あきらかに誤っている/重複している研究者番号・ORCID iDの削除について

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

researchmapでは、データ品質の向上のため、
researchmapに登録されている研究者番号・ORCID iDがあきらかに誤っているまたは重複登録されている場合、
利用規約5-4に基づき、以下の基準でJSTにてresearchmapに登録されている研究者番号・ORCID iDの削除を実施いたします。

【削除基準】
以下のいずれかにあてはまる場合、JSTにてresearchmapに登録されている研究者番号・ORCID iDの削除を実施いたします。

・研究者番号・ORCID iDがあきらかに誤っている(桁数や使用文字が誤っているなど形式が正しくない)
・研究者番号・ORCID iDが他のアカウントにも同じ内容で登録されており、
researchmapに登録されている氏名が「KAKEN」「ORCID」に登録されている氏名と一致しない
(「KAKEN」「ORCID」に登録されている氏名とresearchmapに登録されている氏名が同じ場合、削除は実施いたしません)


上記にあてはまる研究者の皆様のうち、メールアドレスが登録されている方へメールを送信しております。
ご自身の登録内容をご確認いただき、誤った研究者番号・ORCID iDを登録している場合は
2022年7月29日(金)までに修正をお願いいたします。

 

令和3年度利用者満足度調査結果 公開のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

令和3年度の利用者満足度調査結果を公開いたしました。
詳しくは、「利用者満足度調査結果」をご覧ください。

なお実施要領は、「令和3年度 researchmap利用に関するアンケート実施のお知らせ」をご参照ください。
ご協力いただきましたみなさまに、あらためてお礼申し上げます。

CiNiiを情報源としたAI処理再開のお知らせ

2021年10月28日から停止していたCiNii(CiNii Research)を情報源としたAI処理(業績の追加・更新)を2022年6月27日に再開いたします。

2022年6月16日以前にAIからサジェストされた業績を却下した方へのお願い
2022年6月16日以前に、AIからサジェストされた業績を却下している場合、過去の不具合により、再度同じ業績がサジェストされることがあります。その場合、お手数ですが再度、却下(もしくは承認する場合は、承認)をお願いいたします。

なお、メンテナンス(2022年6月16日実施)にて、却下した業績が再度サジェストされる上記の不具合を修正いたしました。今後は、承認/却下した業績が再度サジェストされることはありません。

◆操作方法のご案内
AIサジェストの承認/却下方法は、以下の動画マニュアルやクイックガイドをご覧ください。
動画マニュアル:https://www.youtube.com/watch?v=lWADXvYg6Fk
クイックガイド:https://researchmap.jp/outline/rr_manual/quickguide_AI.pdf

業績に付与されている CiNii Articles リンク情報の削除方法について

CiNii ArticlesからCiNii Researchへの統合により発生している現象について
 CiNii ArticlesからCiNii Researchへの統合後、一部のCiNii Articlesリンク情報が、CiNii Researchの該当ページへ遷移しない現象が発生しています。 
 本来、researchmapに登録済みの業績(既存業績)に付与されているCiNii Articlesリンク情報は、過去に既存業績に対してCiNii Articles ID情報から自動生成されたものであるため、通常、研究者側では削除できませんが、今回のメンテナンス(2022年6月16日実施)で、既存業績のCiNii Articlesのリンク情報を削除できるように仕様を変更いたします。操作方法は以下をご覧ください。

既存業績からCiNii Articlesリンク情報を削除する方法
 既存業績に付与されているCiNii Articlesのリンク情報を削除する場合は、メンテナンス後に「外部システムからの取り込み」にて、CiNii Researchから同じ業績を再度取り込んで、既存業績とマージ(以下、「再取り込み」)してください。
 再取り込み後、既存業績には新たにCiNii ResearchのIDとリンク情報が付与され、同時にCiNii Articlesのリンク情報が削除されます(なお、CiNii ArticlesのID情報は再取り込み後も削除されません)。

再取り込み後も CiNii Articlesリンク情報が表示される場合の対応
 再取り込み後も、既存業績の登録内容によっては、下記の「再取り込み後の業績画面」のように、ラベル「URL」でCiNii Articlesリンク情報が表示される場合があります。
 その場合は、業績編集画面最下部(「より詳しい情報の入力」クリック後)から、リンク情報を削除することができます(なお、ラベルが「URL」以外のリンク情報は編集することができません)。

メンテナンス実施のお知らせ

以下日時にて、システムメンテナンスを実施いたします。

日時:2022年6月16日(木) 10:00~18:00(予定)

※メンテナンス中は、researchmapにログインできません。
※メンテナンス中は、画面、APIを含め、アクセスできない時間帯が発生する予定です。
※実施予定の内容は、更新内容をご覧ください。

ネットワークメンテナンスについて(2022/5/28(土) 14:00~23:00 実施予定)

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

2022年5月28日(土)14:00~23:00の間で、ネットワークメンテナンスにより、researchmapシステムに1~15分程度アクセスできない状態が複数回発生いたします。上記時間帯のデータ更新は避けることをお勧めいたします。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

【機関担当者のみなさまへ】researchmap研究者情報の公開設定と公開状況の整合確認のお願い、およびWebAPI設計書・CSV項目定義書 更新のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

貴機関に所属する研究者によるresearchmap上の公開/非公開設定と公開状況の整合確認のお願い、およびWebAPI設計書CSV項目定義書の更新のお知らせを申し上げます。


研究者情報の公開設定と公開状況の整合確認のお願い

研究者がresearchmap上で「公開/研究者のみに公開/非公開」を設定できる項目について、機関データベースおよびresearchmapにおける公開状況が研究者による設定と一致しているか、今一度ご確認願います。研究者が「研究者のみに公開/非公開」と設定しているにも関わらず公開されている等、設定と一致していない場合は、速やかに修正をお願いします。

研究者情報の公開にあたっては、研究者による「公開/研究者のみに公開/非公開」の設定を遵守してくださいますよう、お願い申し上げます。


WebAPI設計書・CSV項目定義書更新のお知らせ

上記に関しまして、WebAPI設計書CSV項目定義書を更新いたしましたので、あわせてご確認願います。

今回、修正した箇所は、以下のとおりです(カッコ内は、WebAPI設計書・CSV項目定義書の改訂履歴番号、WebAPI設計書・CSV項目定義書の該当ページ)。


◆WebAPI設計書

• 「1.1 研究者情報の構成」、「1.2 公開・研究者のみに公開・非公開について」を追加(166、p.20)

• 「3.2.1 プロフィール情報取得」の以下項目に「※非公開項目」を追加(167、p.54~62)
  o ログインID
  o パスワード
  o 権限
  o eメール
  o eメール受信可否
  o 携帯メール
  o 携帯メール受信可否
  o その他のメール
  o その他のメール受信可否
  o 性別
  o 生年月日
  o タイムゾーン
  o デフォルト表示言語
  o 論文上での記載著者名
  o 国籍・地域
  o 所属区分
  o 職階
  o エフォート率

• 「3.2.1 プロフィール情報取得」の「URL 公開の有無」に以下説明を追加(168、p.63のNo.83)
  ※対象リソースタイトルがurl, url_enに対する公開の有無

• 未使用の項目のため、「3.5.1.12 所属学協会レスポンス」の学会名鑑IDの項目を削除(169、p.126~129)
  o identifiers(識別子)、学会名鑑IDを削除
  o see_alsoのlabel(対象リソースタイトル)の説明から「gakkai_jst」を削除

• 「3.10.2 追加・更新・削除範囲における制限」の「機関による追加・更新・削除における制限」の更新範囲に以下を追加(170、p.193)
  o 「生年月日、性別、eメール、基本情報、業績情報の公開/非公開情報の表示」が有効だと、研究者情報すべてが更新可能です。
  o 「基本情報、業績情報の公開/非公開情報の表示」が有効だと、アカウント情報を除いた基本情報、業績情報が更新可能です。

• 「4. 注」(viii) に以下を追加(171、p.195~196)
アカウント情報の項目をエクスポートや認可したAPIで取得した場合、研究者の権限設定「生年月日、性別、eメール、基本情報、業績情報の公開/非公開情報の表示」が有効であれば出力されますが、アカウント情報はresearchmapで非公開の項目のため取り扱いにはご注意ください。
基本情報の公開フラグ(display)を持っていない項目(論文上での記載著者名、所属区分、職階、エフォート率)もresearchmapで非公開の項目のため取り扱いにはご注意ください。


◆CSV項目定義書

• 「3.1 研究者情報の構成」、「3.2公開・研究者のみに公開・非公開について」を追加(9、p.3)

 

「公開/研究者のみに公開/非公開」の設定につきましては、FAQ「基本操作(研究者)」の「「公開」「研究者のみに公開」「非公開」の違いは何ですか」をご参照ください。

https://researchmap.jp/public/FAQ-1


お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

国立研究開発法人科学技術振興機構
情報基盤事業部  サービス支援センター
お問い合わせフォーム:https://researchmap.jp/public/inquiry/inquiry

動画マニュアル公開のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

ご利用されているみなさまに操作方法をよりわかりやすくお伝えするため、researchmapでは動画マニュアルを制作し、公開いたしました。

今回公開するのは、お問い合わせ件数の多い操作のための17本です。
詳しくは、「動画マニュアル」をご覧ください。

これらの動画がみなさまのresearchmapの操作のお役に立ちますことを願っております。
今後ともresearchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

researchmap導入時の課題解決のためのイベント 資料掲載のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

2022年2月24日に開催いたしました、researchmap導入時の課題解決のためのイベントの資料を掲載いたしました。

本イベントでは、researchmapと未連携の大学・機関のIRおよび研究情報管理のご担当者の方を主な対象として、researchmap導入のメリットをお伝えするとともに、導入にかかる疑問や心配の解消を目的として、researchmap開発責任者である国立情報学研究所 新井紀子教授の講演、すでに導入している大学・機関の担当者の方による活用事例の紹介、導入の際の課題や解決法についてのパネルディスカッションを行いました。

詳しくは、2022年2月researchmap導入時の課題解決のためのイベントをご覧ください。

引き続き、researchmapをよろしくお願いいたします。

【重要】 V1 API、データ交換書き込みAPIおよびフォーマット変換ツールの提供終了について

 researchmapは、令和2年2月に大型アップデートを行い、APIおよびデータインポートの様式を大きく変更いたしました。その後、従前の様式であるV1 API、データ交換書き込みAPIおよびフォーマット変換ツールの提供を終了する予定である旨、告知してまいりました。

 これらの各種機能につきまして、予定どおり、令和5年3月末日をもって、提供を終了することを改めてお知らせいたします。
 提供を終了する機能は以下の通りです。

・researchmap V1 API
・researchmap データ交換書き込みAPI
・researchmapフォーマット変換ツール

 つきましては、提供終了日までに新様式への対応をお願い申し上げます。

令和5年4月1日以降はV1APIによる研究者情報の取得、更新および、V1形式(2012形式)でのデータのインポート、エクスポートはご利用いただけません。

今後ともresearchmapをどうぞよろしくお願いいたします。