雑記帳

researchmapのバージョンアップで失ったもの

2020年2月にこのブログも入っているresearchmapがバージョンアップされました。外部のデータベースを使った業績入力などが簡単になった反面,いくつか(私にとって)残念な部分がありました。それはブログや資料のリダイレクトなしでのURL変更です。

旧バージョンでは執筆したブログがそれなりの数があったおかげか,1週間あたり600から1000近くのアクセスがありました。

多くの場合,キーワード検索でたどり着くというパターンが多かったようで,上位のページもそれを反映しています。

ところが今回のバージョンアップにより,ブログのURLはすべて変更され,前のリンクではリダイレクトもされず単に無効となるだけでした。そのためか,googleでのスコアもおそらく下がり,以前では検索上位に来ていた「word 上線」や「令和 アクセント」ではほとんど引っかからなくなってしまったのです(令和のアクセントを専門的視点からまとめた記事はたぶん僕のが最初)。

こちらで対応する方法もないので,放置して新記事はnoteに書いたりもしていたのですが,とりあえずTwitterに過去の記事をランダムに流すことにしたところ,そこそこのアクセス数に戻ってきました。

実際,アクセス元を見ると,バージョンアップ前はGoogleやYahooの検索結果から来ていたのが,6月はほとんどがTwitterからになりました。

僕としては検索して辿り着いてほしいところはあるので,まだ対処は必要ですが,それは今後じりじりと戻ることを期待するしかないんですかね。なんとなく研究関係はこちらに書いて,他はnoteという使い分けにもなりそうですが。