基本情報

所属
中央大学 文学部 准教授
学位
修士(学術)(東京大学)
Ph.D. (Doktor der Philosophie)(Universität Konstanz, Germany)

研究者番号
10637317
J-GLOBAL ID
201301088958642585

外部リンク

専門はドイツ近現代史、とりわけ第二帝政期の植民地における「熱帯医療」や当時アフリカなどで盛んに研究された「形質人類学」の歴史に関心があります。従来ドイツ植民地の過去は、その統治期間の短さや、本国に占める「コロニアルなもの」の重要度の低さが影響して、歴史家の関心を充分に惹起するものではありませんでした。しかし植民地統治期にドイツの医学者は、現地に蔓延する感染症を熱心に調べ、また住民の「人種的特徴」を科学的に描き出そうとしていました。彼らは各国研究者と協力しながら、「熱帯」を「知る=支配する」ことを目論んだのです。さらにこうした医学者は、ナチ期に入ると植民地でのキャリアが評価され、本国の感染症学や人種衛生学の「重鎮」となっていきます。彼らが植民地で何をし、またその後に本国でどのような地位に就いたのか。ドイツ植民地史が投げかける問題は、我々により一層の学問的取り組みを求めているのではないでしょうか。さらにそれは他の植民地列強とのグローバルな比較―イギリスやフランスだけでなく、ドイツと同様「遅れてきた植民地帝国」としての道を歩んだ日本との比較―の方法へと開かれていくでしょう。

MISC

  1

書籍等出版物

  6

講演・口頭発表等

  17

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4