Ryo Hiramatsu

J-GLOBAL         Last updated: Dec 13, 2018 at 18:58
 
Avatar
Name
Ryo Hiramatsu
Nickname
RH Neurosurgery
E-mail
neu106osaka-med.ac.jp
Affiliation
Osaka Medical College
Research funding number
40609707

Published Papers

 
Shiba H, Takeuchi K, Hiramatsu R, Furuse M, Nonoguchi N, Kawabata S, Kuroiwa T, Kondo N, Sakurai Y, Suzuki M, Ono K, Oue S, Ishikawa E, Michiue H, Miyatake SI
Neurologia medico-chirurgica      Nov 2018   [Refereed]
Kanemitsu T, Kawabata S, Fukumura M, Futamura G, Hiramatsu R, Nonoguchi N, Nakagawa F, Takata T, Tanaka H, Suzuki M, Masunaga SI, Ono K, Miyatake SI, Nakamura H, Kuroiwa T
Radiation and environmental biophysics      Nov 2018   [Refereed]
Takeuchi K, Kawabata S, Hiramatsu R, Matsushita Y, Tanaka H, Sakurai Y, Suzuki M, Ono K, Miyatake SI, Kuroiwa T
Journal of neurological surgery. Part B, Skull base   79(Suppl 4) S322-S327   Oct 2018   [Refereed]
Miyachi S, Hiramatsu R, Ohnishi H, Takahashi K, Kuroiwa T
Neurointervention   13(2) 138-143   Sep 2018   [Refereed]
急性期脳血栓回収療法のデバイス別費用と治療成績の検討
矢木 亮吉, 宮地 茂, 平松 亮, 川端 信司, 藤城 高広, 黒岩 輝壮, 谷口 博克, 山田 誠, 山田 佳孝, 大西 宏之, 山下 太郎, 松原 功明, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   3(1) 7-13   Jun 2018
【目的】今回われわれは、本邦で承認されている脳血栓回収療法機器それぞれにおける医療費およびその治療成績を比較するために、患者毎の保険請求額、手技料、デバイス料と治療成績を集計し検証した。【方法】本学および関連施設にて「K178-4経皮的脳血栓回収術30,230点」を算定した患者126例を対象とし、Penumbra systemを使用した症例を「P群」、Stent-Retrieverを使用した症例を「S群」、両デバイスを併用した症例を「P+S群」とし、各症例の入院にかかる総保険請求額、手術に...
Hiramatsu R, Furuse M, Yagi R, Ohmura T, Ohnishi H, Ikeda N, Nonoguchi N, Kawabata S, Miyachi S, Kuroiwa T
Annals of vascular surgery   49 91-98   May 2018   [Refereed]
Miyachi S, Ohnishi H, Hiramatsu R, Yagi R, Kuroiwa T
Neurologia medico-chirurgica   58(5) 219-224   May 2018   [Refereed]
Hiramatsu R, Furuse M, Yagi R, Ohnishi H, Ikeda N, Nonoguchi N, Kawabata S, Miyachi S, Kuroiwa T
Interventional neuroradiology : journal of peritherapeutic neuroradiology, surgical procedures and related neurosciences   24(1) 57-63   Feb 2018   [Refereed]
Miyatake SI, Kawabata S, Hiramatsu R, Kuroiwa T, Suzuki M, Ono K
Progress in neurological surgery   32 48-56   2018   [Refereed]
Miyachi S, Hiramatsu R, Ohnishi H, Yagi R, Kuroiwa T
Neurointervention   12(2) 83-90   Sep 2017   [Refereed]
高齢者未破裂脳動脈瘤に対する血管内治療の安全性と特殊性 Flow diverterの有用性を踏まえて
宮地 茂, 大西 宏之, 平松 亮, 矢木 亮吉, 泉 孝嗣, 松原 功明, 黒岩 敏彦
脳卒中の外科   45(3) 204-208   May 2017
脳血管内治療を行った未破裂動脈瘤531例を対象とし、75歳以上の74例(高齢群)と75歳未満の457例(非高齢群)に分け治療成績を比較した。その結果、高齢群で海綿静脈洞部瘤と最大径10mm以上の大型瘤の頻度が有意に高かった。また、高齢群ではflow diverter(PED)による治療の頻度が有意に高かった。PEDで治療した大型海綿静脈洞部の動脈瘤例について検討したところ、術後6ヵ月間経過観察できた11例(高齢群5例、非高齢群6例)中7例に完全閉塞を認めた。完全閉塞率は非高齢群でやや良好で...
Miyachi S, Ohnishi H, Hiramatsu R, Izumi T, Matsubara N, Kuroiwa T
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   26(5) 1071-1080   May 2017   [Refereed]
Ohnishi H, Miyachi S, Murao K, Hiramatsu R, Takahashi K, Ohnishi H, Kuroiwa T
Neurologia medico-chirurgica   57(1) 44-50   Jan 2017   [Refereed]
Futamura G, Kawabata S, Nonoguchi N, Hiramatsu R, Toho T, Tanaka H, Masunaga SI, Hattori Y, Kirihata M, Ono K, Kuroiwa T, Miyatake SI
Radiation oncology (London, England)   12(1) 26   Jan 2017   [Refereed]
Miyatake S, Kawabata S, Hiramatsu R, Kuroiwa T, Suzuki M, Kondo N, Ono K
Neurologia medico-chirurgica   56(7) 361-371   Jul 2016   [Refereed]
Hiramatsu R, Ohnishi H, Kawabata S, Miyachi S, Kuroiwa T
BMC neurology   16 41   Mar 2016   [Refereed]
Iwasa T, Han YW, Hiramatsu R, Yokota H, Nakao K, Yokokawa R, Ono T, Harada Y
Scientific reports   5 18177   Dec 2015   [Refereed]
Marfan症候群に合併したisolated galenic dural arteriovenous fistulaに対し経静脈的塞栓術にて根治した1例
平松 亮, 大西 宏之, 宮地 茂, 弘田 祐己, 川端 信司, 田村 陽史, 黒岩 敏彦
脳卒中の外科   43(6) 472-476   Nov 2015
症例は39歳男性で、Marfan症候群(胸部下行大動脈人工血管置換術、腹部大動脈人工血管置換術、Bentall手術、胸部上行全弓部人工血管置換術、僧帽弁置換術、胸腹部大動脈人工血管置換術の既往)でワーファリン内服中であった。突然の意識障害と右半身麻痺が出現し救急搬送された。意識レベルはJCS 2、右半身不全麻痺を認め、CTで脳室内穿破を伴う左視床出血を認め、CT angiographyでvein of Galenにシャントを有する硬膜動静脈瘻(DAVF)を認めた。脳血管撮影所見からisol...
Hiramatsu R, Kawabata S, Tanaka H, Sakurai Y, Suzuki M, Ono K, Miyatake SI, Kuroiwa T, Hao E, Vicente MGH
Journal of pharmaceutical sciences   104(3) 962-970   Mar 2015   [Refereed]
Hiramatsu R, Kuroiwa T, Nozaki K, Kuroiwa T
Turkish neurosurgery   25(6) 971-975   2015   [Refereed]
悪性神経膠腫の放射線治療後再発例に対するホウ素中性子捕捉療法の成績
川端 信司, 平松 亮, 古瀬 元雅, 松下 葉子, 二村 元, 大西 宏之, 黒岩 敏彦, 近藤 夏子, 鈴木 実, 櫻井 良憲, 田中 浩基, 小野 公二, 宮武 伸一
定位的放射線治療   18 43-49   Jan 2014
再発悪性神経膠腫34例(男22例、女12例、平均年齢50.5歳)を対象とした。全例放射線治療歴が有り、画像上の再発腫瘍体積は平均32mLであった。ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)後の生存期間は8.9〜12.4ヵ月であり、予後と有意に相関した因子は組織型(膠芽腫(GB)10.3ヵ月、非GB15.0ヵ月)、ステロイド使用(使用例9.6ヵ月、非使用12.8ヵ月)、テモゾロミド治療歴(あり10.3ヵ月、なし12.4ヵ月)、腫瘍局在(左半球8.6ヵ月、右半球11.7ヵ月)であった。最終的なNew A...
Miyatake S, Kawabata S, Hiramatsu R, Furuse M, Kuroiwa T, Suzuki M
Radiation oncology (London, England)   9 6   Jan 2014   [Refereed]
Kawabata S, Hiramatsu R, Kuroiwa T, Ono K, Miyatake S
Journal of neurosurgery   119(4) 837-844   Oct 2013   [Refereed]
Hiramatsu R, Kawabata S, Furuse M, Miyatake S, Kuroiwa T
Radiation oncology (London, England)   8(1) 192   Aug 2013   [Refereed]
ホウ素中性子捕捉療法による悪性髄膜腫の治療成績
川端 信司, 平松 亮, 宮田 至朗, 松下 葉子, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦, 切畑 光統, 丸橋 晃, 櫻井 良憲, 小野 公二
定位的放射線治療   17 75-81   May 2013
ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を施行した再発性悪性髄膜腫21例(男13例、女8例、平均58歳)の成績を報告した。ホウ素化合物をトレーサーとしたPETで、病変/正常脳比は平均3.7であった。初回BNCT時の最小腫瘍線量は平均31.7Gy-Eq、正常脳への最大線量は11.0Gy-Eqで、2例に3回、4例に2回実施した。治療前の腫瘍体積は52cm3で、治療後数日から3週までの縮小率は95%、6週で82%、12週で74%、18週で50%となった。生存期間中央値はBNCT治療から13.1(95%信...
18F-BPA-PETを用いたグリオーマの悪性度診断
松下 葉子, 川端 信司, 黒岩 敏彦, 古瀬 元雅, 平松 亮, 宮下 実, 宮武 伸一
CI研究   34(3-4) 163-167   Mar 2013
2002-2011年の悪性神経膠腫症例107例(年齢5-84歳)に対する143回の18F-BPA-PETについてL/N比による解析を行った。L/N比は悪性神経膠腫の初発および経過観察中に行った18F-BPA-PETより算出し、組織学的悪性度や臨床経過による病態診断と比較検討した。L/N比は病変部においてはMRIで最も高集積を示した造影域を関心領域(ROI)とし、正常脳は病変部と同一スライスの健常側脳にROIを設定し、ROIの平均値を用いた。その結果、L/N比は放射線壊死を含む再発のない例(...
悪性脳腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法とPETのかかわり
川端 信司, 黒岩 敏彦, 松下 葉子, 宮田 至朗, 平松 亮, 切畑 光統, 鈴木 実, 小野 公二, 宮武 伸一
CI研究   34(3-4) 119-125   Mar 2013
2002年以降の自験例で、悪性脳腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)治療例、その適応判定、経過観察・再治療の要否判定において、bronophenylalanine(BPA)を18Fで標識しトレーサーとしたアミノ酸(フェニルアラニン)PET(18F-BPA-PET)を行った症例を対象に、BNCTとPETの関わりについて考察した。非開頭BNCT治療前に18F-BPA-PETによる画像診断で薬剤集積の計算を行い、高集積を示す部分に対して十分な照射野で中性子を照射した。18F-BPA-PE...
【硼素中性子捕捉療法の最先端】 BNCTとPETによる脳腫瘍の治療
川端 信司, 松下 葉子, 平松 亮
PET Journal   (18) 28-30   Jun 2012
Furuse M, Hiramatsu R, Kuroiwa T
Neurosurgery   70(4) E1056; author reply E1056-7   Apr 2012   [Refereed]
Kawabata S, Miyatake S, Hiramatsu R, Hirota Y, Miyata S, Takekita Y, Kuroiwa T, Kirihata M, Sakurai Y, Maruhashi A, Ono K
Applied radiation and isotopes : including data, instrumentation and methods for use in agriculture, industry and medicine   69(12) 1796-1799   Dec 2011   [Refereed]
Nonoguchi N, Miyatake S, Fukumoto M, Furuse M, Hiramatsu R, Kawabata S, Kuroiwa T, Tsuji M, Fukumoto M, Ono K
Journal of neuro-oncology   105(2) 423-431   Nov 2011   [Refereed]
Miyata S, Kawabata S, Hiramatsu R, Doi A, Ikeda N, Yamashita T, Kuroiwa T, Kasaoka S, Maruyama K, Miyatake S
Neurosurgery   68(5) 1380-7; discussion 1387   May 2011   [Refereed]
Hiramatsu R, Kawabata S, Miyatake S, Kuroiwa T, Easson MW, Vicente MG
Lasers in surgery and medicine   43(1) 52-58   Jan 2011   [Refereed]
18F-BPA-PETを用いた悪性脳腫瘍治療後の病態解析
川端 信司, 宮武 伸一, 宮下 実, 宮田 至朗, 平松 亮, 嶽北 葉子, 山田 佳孝, 池田 直廉, 黒岩 敏彦, 今堀 良夫
CI研究   31(3) 145-151   Dec 2009
加療を行った神経膠芽腫症例38例に対して18F-BPA PETを施行し、そのうち局所高線量の放射線治療後にMRIで造影病変の増大を認めた10例12病変に再度18F-BPA PETを施行して経時的変化を検討した。画像から算出した病変/正常脳(L/N)比は、新規診断例で2.1〜7.1(平均4.3)、再発例で2.6〜7.0(平均3.9)と有意差はなかった。病理学的診断が純粋な放射線壊死であった8例と、大部分の壊死病巣内にわずかに腫瘍細胞の残存を認めた5例では有意差を認めた。38例全例でのL/N比...
Terson's syndromeの発生頻度およびその発生因子 前向き連続36くも膜下出血症例よりの検討
平松 亮, 田辺 英紀, 近藤 明悳, 村尾 健一, 中澤 和智, 島野 裕史, 安田 宗一郎, 井上 洋人, 柴田 真帆, 高畠 望, 國枝 武伸, 三木 義仁, 黒岩 敏彦
脳卒中の外科   37(4) 264-268   Jul 2009
くも膜下出血患者36例を対象に、発症から7日前後以内に眼底検査を施行してTerson's syndrome(TS)の有無を調べた。検査時には散瞳薬の点眼を行った。その結果、TSを認めたのは12例(男4例・女8例・平均59.6歳:A群)、非TSは24例(男9例・女15例・平均62.6歳:B群)で、TS発症率は33%であった。両群間で年齢、動脈瘤発生部位に有意差はなく、Hunt & Kosnik分類はA群でgrade 0-IIが2例、grade III-Vが10例、B群はそれぞれ16例、8例で...
頭蓋内主幹動脈狭窄を伴った小児脳室内腫瘍の1例
平松 亮, 池田 直廉, 川端 信司, 梶本 宜永, 山田 佳孝, 栗栖 義賢, 辻 求, 河上 千尋, 井上 彰子, 洪 真紀, 七里 元督, 黒岩 敏彦
北野病院紀要   51-52 78-82   Dec 2007

Misc

 
再開通療法時の非侵襲的局所酸素飽和度持続モニタリングの必要性と今後の展望
平松 亮, 古瀬 元雅, 矢木 亮吉, 松原 功明, 川端 信司, 大西 宏之, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
Neurosurgical Emergency   22(3) 282-282   Feb 2018
両側頸動脈狭窄症に関する検討
井畑 知大, 平松 亮, 矢木 亮吉, 松原 功明, 川端 信司, 大西 宏之, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
Neurosurgical Emergency   22(3) 314-314   Feb 2018
海綿静脈洞部大型内頸動脈瘤に対するflow diverterの有用性
宮地 茂, 大西 宏之, 平松 亮, 矢木 亮吉, 黒岩 敏彦
脳卒中の外科   46(1) 50-57   Jan 2018
flow diverter(PED)を用いて治療した内頸動脈瘤患者20例(女性19名、40〜86歳)を対象とした。PEDの留置は最終的に全例成功し、画像上良好な拡張を得た。瘤の造影については、18例でeclipse signを呈する造影剤の停滞を認め、1例でPED留置直後に瘤の造影はみられなくなった。虚血性合併症は認めなかった。7例で術後10〜21日目から既存の動眼機能障害の悪化や眼窩部痛が出現したが、ほぼ3ヵ月以内に消失または軽快した。治療後3ヵ月以上経過している18例で、症候を呈してい...
髄膜腫に対する低濃度NBCAを用いた経動脈的塞栓術 腫瘍サイズの縮小を目指した半根治的塞栓術
大西 宏之, 宮地 茂, 平松 亮, 村尾 健一, 黒岩 敏彦, 大西 英之
脳血管内治療   2(Suppl.) S84-S84   Nov 2017
当院におけるステント支援下コイル塞栓術の成績と有用性
矢木 亮吉, 平松 亮, 大西 宏之, 松原 功明, 川端 信司, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   2(Suppl.) S90-S90   Nov 2017
大型-巨大/血栓化内頸動脈瘤に対する血管内治療PAO or PED?
松原 功明, 平松 亮, 矢木 亮吉, 宮地 茂, 大西 宏之, 泉 孝嗣, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   2(Suppl.) S144-S144   Nov 2017
当院でのPipeline Flex留置術31症例の中・長期成績
平松 亮, 矢木 亮吉, 松原 功明, 大西 宏之, 川端 信司, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   2(Suppl.) S147-S147   Nov 2017
再開通療法時の非侵襲的局所酸素飽和度持続モニタリングの使用経験
平松 亮, 古瀬 元雅, 矢木 亮吉, 松原 功明, 大西 宏之, 川端 信司, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   2(Suppl.) S170-S170   Nov 2017
Pipeline Flex留置後早期に再発を認めPipeline Flexを重ねたGiant IC-Paraclinoid ANの1症例
福尾 祐介, 平松 亮, 矢木 亮吉, 松原 功明, 大西 宏之, 川端 信司, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   2(Suppl.) S257-S257   Nov 2017
「それぞれの癌」難治性癌に対する治療戦略 その他の腫瘍 再発悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法 加速器を用いた第一相試験の結果より
川端 信司, 平松 亮, 鈴木 実, 田中 浩基, 黒岩 敏彦, 小野 公二, 宮武 伸一
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 WS2-4   Oct 2017
再発悪性神経膠腫に対する加速器中性子源を用いるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の第一相試験
川端 信司, 平松 亮, 松下 葉子, 藤城 高広, 古瀬 元雅, 近藤 夏子, 黒岩 敏彦, 小野 公二
日本癌学会総会記事   76回 J-2010   Sep 2017
BCNU wafer留置によって生じるMRI画像変化とその有効性と安全性の検討
藤城 高広, 川端 信司, 平松 亮, 古瀬 元雅, 黒岩 敏彦
日本癌学会総会記事   76回 P-3314   Sep 2017
悪性脳腫瘍の組織型によるFBPA-PETの検討
松下 葉子, 川端 信司, 古瀬 元正, 平松 亮, 藤城 高広, 黒岩 敏彦
日本癌学会総会記事   76回 P-3319   Sep 2017
脳梗塞に対する急性期治療の現状と展望 費用対効果からみた血栓回収療法の合理性
矢木 亮吉, 宮地 茂, 平松 亮, 黒岩 輝壮, 山田 佳孝, 大西 宏之, 鱒渕 誉宏, 山下 太郎, 高橋 賢吉, 黒岩 敏彦
Neurosurgical Emergency   21(3) 302-302   Feb 2017
血管内再開通療法時の無侵襲混合血酸素飽和度監視システム(INVOS)の使用経験
古瀬 元雅, 平松 亮, 矢木 亮吉, 池田 直廉, 野々口 直助, 川端 信司, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
Neurosurgical Emergency   21(3) 331-331   Feb 2017
急性期脳梗塞に対してParodi法を用いたステント留置術を計画・施行した4症例
平松 亮, 宮地 茂, 大西 宏之, 矢木 亮吉, 川端 信司, 黒岩 敏彦
Neurosurgical Emergency   21(3) 337-337   Feb 2017
頸動脈ステント留置術の自験例に関する歴史的変遷と結果について
黒岩 輝壮, 木村 誠吾, 山田 誠, 山田 佳孝, 清水 史記, 山下 太郎, 平松 亮
脳血管内治療   1(Suppl.) S63-S63   Nov 2016
費用対効果からみた血栓回収療法の合理性の検討
矢木 亮吉, 宮地 茂, 平松 亮, 黒岩 輝壮, 山田 誠, 山田 佳孝, 大西 宏之, 鱒渕 誉宏, 山下 太郎, 高橋 賢吉, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   1(Suppl.) S67-S67   Nov 2016
髄膜腫に対する低濃度NBCAを用いた経動脈的塞栓術 腫瘍縮小効果を期待した半根治的塞栓術
大西 宏之, 宮地 茂, 村尾 健一, 平松 亮, 高橋 賢吉, 久我 純弘, 垰本 勝司, 黒岩 敏彦, 大西 英之
脳血管内治療   1(Suppl.) S95-S95   Nov 2016
頸動脈ステント留置術における術中INVOS使用経験84症例からの解析結果
平松 亮, 宮地 茂, 大西 宏之, 矢木 亮吉, 古瀬 元雅, 川端 信司, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   1(Suppl.) S103-S103   Nov 2016
脳血管内治療支援ロボットの開発
金光 拓也, 宮地 茂, 平松 亮, 矢木 亮吉, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   1(Suppl.) S121-S121   Nov 2016
Pipeline Flex留置中Marksmanに結び目ができ、抜去不能となった内頸動脈海綿静脈洞部巨大脳動脈瘤の1例
平松 亮, 宮地 茂, 大西 宏之, 矢木 亮吉, 川端 信司, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   1(Suppl.) S156-S156   Nov 2016
特発性頭蓋内圧亢進症の2症例
金光 拓也, 宮地 茂, 大西 宏之, 平松 亮, 矢木 亮吉, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   1(Suppl.) S220-S220   Nov 2016
内頸動脈-後交通動脈分岐部wide-neck脳動脈瘤に対するTステントテクニック
矢木 亮吉, 宮地 茂, 平松 亮, 大西 宏之, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   1(Suppl.) S243-S243   Nov 2016
コイル塞栓を併用したFlow Diverterステントの描出に関する検討
作田 真, 中澤 敏和, 石浦 基文, 宮地 茂, 平松 亮, 矢木 亮吉, 鳴海 善文, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   1(Suppl.) S324-S324   Nov 2016
Performance status不良悪性神経膠腫患者に対するベバシズマブの治療効果
古瀬 元雅, 平松 亮, 川端 信司, 黒岩 敏彦
日本癌学会総会記事   75回 E-3017   Oct 2016
ホウ素中性子捕捉療法による再発悪性神経膠腫に対する臨床試験
川端 信司, 平松 亮, 松下 葉子, 古瀬 元雅, 鈴木 実, 増永 慎一郎, 小野 公二, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦
日本癌学会総会記事   75回 J-3073   Oct 2016
新規ホウ素化ポルフィリン(BNH2-PpIX)の有用性
平松 亮, 竹内 孝治, 川端 信司, 松下 葉子, 古瀬 元雅, 鈴木 実, 増永 慎一郎, 小野 公二, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦
日本癌学会総会記事   75回 J-3074   Oct 2016
悪性神経膠腫の治療経過におけるFBPA-PETを用いた病態診断
松下 葉子, 川端 信司, 古瀬 元雅, 平松 亮, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦
日本癌学会総会記事   75回 P-2262   Oct 2016
フォトダイナミックセラノスティクスのためのポルフィリン薬剤の創成 ホウ素クラスター含有水溶性プロトポルフィリン誘導体の合成とPDT効果
中村 浩之, 立川 将士, 平松 亮, 川端 信司, 黒岩 敏彦
日本レーザー医学会誌   37(2) 210-210   Jul 2016
持続的透析液供給システムとCRRT装置との連動性能の評価
平松 亮太, 三宅 将司, 山田 崇弘, 大村 侑李奈, 酒井 雅人, 小野 敬介, 山本 夏輝, 竹田 千夏, 小薮 克輝, 斉尾 英俊, 小笠原 康夫, 望月 精一, 小野 淳一
日本血液浄化技術学会会誌   24(Suppl) 126-126   Apr 2016
持続的透析液供給システムの低流量化に伴う濃度feedback制御法の検討
竹田 千夏, 山田 崇弘, 三宅 将司, 大村 侑李奈, 酒井 雅人, 小野 敬介, 山本 夏輝, 平松 亮太, 斉尾 英俊, 小笠原 康夫, 望月 精一, 小野 淳一
日本血液浄化技術学会会誌   24(Suppl) 127-127   Apr 2016
持続的透析液供給システムの濃度自己診断機能の評価
小野 敬介, 酒井 雅人, 竹田 千夏, 平松 亮太, 小薮 克輝, 山本 夏輝, 大村 侑李奈, 山田 崇弘, 三宅 将司, 斉尾 英俊, 小笠原 康夫, 望月 精一, 小野 淳一
日本血液浄化技術学会会誌   24(Suppl) 127-127   Apr 2016
メチル化CpG維持に関与するSRAドメインの機能解析
韓 龍雲, 崔 玉兵, 横田 浩章, 有吉 眞理子, 津中 康央, 有田 恭平, 安里 慧, 岩佐 拓磨, 平松 亮, 横川 隆司, 小野 輝男, 原田 慶恵
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P0658]-[2P0658]   Dec 2015
Embosphere時代の腫瘍塞栓術 髄膜腫に対する低濃度NBCAを用いた半根治的塞栓術
大西 宏之, 宮地 茂, 平松 亮, 村尾 健一, 大西 英之, 黒岩 敏彦
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9(6) S206-S206   Nov 2015
頸動脈ステント留置術におけるINVOS使用連続37症例の解析
平松 亮, 大西 宏之, 古瀬 元雅, 川端 信司, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9(6) S261-S261   Nov 2015
脳血管内治療においての3D立体画像の有用性
平松 亮, 川端 信司, 宮地 茂, 大西 宏之, 高嶋 伸幸, 竹村 知晃
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9(6) S358-S358   Nov 2015
動脈硬化性頭蓋内動脈狭窄症に対するWingspanの初期治療経験
大西 宏之, 宮地 茂, 平松 亮, 黒岩 敏彦
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9(6) S442-S442   Nov 2015
脳神経 脳腫瘍治療の最新情報 再発悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法の臨床試験
川端 信司, 宮武 伸一, 平松 亮, 松下 葉子, 古瀬 元雅, 黒岩 敏彦, 鈴木 実, 小野 公二
日本癌治療学会誌   50(3) 2216-2216   Sep 2015
硼素中性子捕捉療法による治療症例 硼素中性子捕捉療法による早期効果がみられた放射線治療歴を有する悪性神経膠腫の1例
平松 亮, 川端 信司
PET Journal   (30) 15-16   Jun 2015
診断に苦慮したRhabdoid glioblastomaの1例
吉川 将史, 平松 亮, 松下 葉子, 宮田 とも, 古瀬 元雅, 田村 陽史, 黒岩 敏彦, 辻 求
Brain Tumor Pathology   32(Suppl.) 111-111   May 2015
脳梗塞に対するPenumbra systemによる急性再開通療法の治療成績
山下 太郎, 黒岩 輝壮, 清水 史記, 平松 亮, 高橋 賢吉, 桧山 永得, 岡田 崇志, 吉田 享司, 今高 清晴, 清水 幸夫, 川端 信司, 黒岩 敏彦
日本血管内治療学会誌   16(1) 11-17   May 2015
前方循環の脳動脈急性閉塞に対しPenumbra systemによる血栓回収療法を行った43例を対象とし、退院時mRSが0-2(予後良好群)と3-6(予後不良群)に分け治療成績を比較した。予後良好群は20例(46.5%)、予後不良群は23例(53.5%)であった。TICI 2B-3の再開通が得られたのは、全体の69.8%であった。予後良好群は予後不良群に比べ入院時NIHSS、ASPECTS-DWI、Pial collateral scoreが有意に良好で、TICI 2B-3の再開通率が有意に...
三肢麻痺を認めた小脳出血の一症例
大井 長和, 林 紗葵, 阿部 隆二, 平松 亮
臨床神経学   55(3) 204-204   Mar 2015
静脈洞血栓症に対してPenumbra Systemを用いた血栓回収療法を行った1例
大村 知久, 平松 亮, 大西 宏之, 宮地 茂, 田村 陽史, 川端 信司, 黒岩 敏彦
Neurosurgical Emergency   19(3) 406-406   Jan 2015
微小脳動脈瘤に対するコイル塞栓術
黒岩 輝壮, 山下 太郎, 平松 亮, 清水 史記
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8(6) 205-205   Dec 2014
破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績
山下 太郎, 黒岩 輝壮, 清水 史記, 平松 亮, 岡田 崇志, 吉田 享司, 今高 清晴, 清水 幸夫
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8(6) 228-228   Dec 2014
当院でのステント支援下コイル塞栓術38症例の中・長期成績
平松 亮, 山下 太郎, 清水 史記, 吉田 孝司, 清水 幸夫, 黒岩 輝壮, 黒岩 敏彦
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8(6) 247-247   Dec 2014
Spinal dAVF at the foramen magnumに対する当院での1治療例
平松 亮, 山下 太郎, 清水 史記, 黒岩 輝壮, 吉田 享司, 清水 幸夫, 野崎 和彦, 黒岩 敏彦
京都病院学会集録   49回 56-56   Oct 2014
ホウ素中性子捕捉療法による悪性髄膜腫の臨床研究(Clinical study on Boron neutron capture therapy for malignant meningioma)
川端 信司, 平松 亮, 古瀬 元雅, 松下 葉子, 黒岩 敏彦, 鈴木 実, 増永 慎一郎, 小野 公二, 宮武 伸一
日本癌学会総会記事   73回 P-1444   Sep 2014
【脳動静脈奇形に対する集学的治療】 術中蛍光血管撮影を行った脳動静脈奇形の手術例 ICGの動脈内投与法と静注法の比較について
吉田 享司, 清水 史記, 高橋 賢吉, 岡田 崇志, 山下 太郎, 平松 亮, 黒岩 輝壮, 今高 清晴, 清水 幸夫
The Mt. Fuji Workshop on CVD   32 117-120   Jul 2014
72歳男。失語症で入院し、左側頭葉に皮質下出血を認めた。AVMが存在し、中大脳動脈の分枝をfeederとし、Labbeならびにsylvian veinをdrainerとするSpetzler-Martin grade 2と診断した。軽度の失語症を残し一旦退院となり、再入院後にOnyx18を用いてfeederの1本を塞栓後、AVM摘出術を施行した。AVM摘出前は、投与直後にOnyxで塞栓されていないAVMのfeederである2本の動脈が造影され、引き続いてnidusならびにdrainerの造影...
ACBC-BSHを用いたBNCTの治療効果検討
二村 元, 川端 信司, 平松 亮, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦, 服部 能英, 切畑 光統, 田中 浩基, 櫻井 良憲, 増永 慎一郎, 小野 公二
日本癌治療学会誌   49(3) 1273-1273   Jun 2014
PET検査と悪性髄膜腫に対するホウ素中性子捕捉療法の適応拡大
川端 信司, 二村 元, 平松 亮, 松下 葉子, 野々口 直助, 古瀬 元雅, 黒岩 敏彦, 田中 浩基, 櫻井 良憲, 鈴木 実, 小野 公二, 宮武 伸一
日本癌治療学会誌   49(3) 1274-1274   Jun 2014
Plug and pushを意識したNBCA injection
大西 宏之, 村尾 健一, 平松 亮, 大西 英之, 黒岩 敏彦
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7(6) 184-184   Nov 2013
未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術後合併症 特発性食道粘膜下血腫の1例
平松 亮, 竹内 孝治, 朴 陽太, 大西 宏之, 黒岩 敏彦
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7(6) 235-235   Nov 2013
【悪性脳腫瘍の治療-最新のトピックス】 放射線治療のトピックス ホウ素中性子捕捉療法(Boron neutron capture therapy;BNCT)
川端 信司, 平松 亮, 宮武 伸
Clinical Neuroscience   31(10) 1174-1176   Oct 2013
悪性脳腫瘍克服へ向けたホウ素中性子捕捉療法の試み(Boron neutron capture therapy as a treatment modality for malignant brain tumors)
川端 信司, 平松 亮, 古瀬 元雅, 松下 葉子, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦, 鈴木 実, 増永 慎一郎, 近藤 夏子, 小野 公二
日本癌学会総会記事   72回 203-203   Oct 2013
悪性脳腫瘍に対する原子炉中性子源によるBNCTの治療成績
川端 信司, 平松 亮, 松下 葉子, 古瀬 元雅, 黒岩 敏彦, 鈴木 実, 小野 公二, 宮武 伸一
日本癌治療学会誌   48(3) 918-918   Sep 2013
脳腫瘍における18F-BPA PET画像の標準化を目指した解釈
松下 葉子, 川端 信司, 古瀬 元雅, 平松 亮, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦
日本癌治療学会誌   48(3) 2608-2608   Sep 2013
CLIPPERSが疑われた1症例
平松 亮, 弘田 祐己, 松下 葉子, 川端 信司, 梶本 宜永, 黒岩 敏彦, 辻 求, 中嶋 秀人, 木村 文治
Brain Tumor Pathology   30(Suppl.) 147-147   May 2013
Terson's sydromeの発生率および発生因子について クモ膜下出血36症例の前向き研究
平松 亮, 古瀬 元雅, 黒岩 敏彦, 島野 裕史, 村尾 健一, 近藤 明憲
日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集   18回 69-69   Feb 2013
悪性脳腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法10年の経験と近未来像
川端 信司, 宮武 伸一, 平松 亮, 松下 葉子, 古瀬 元雅, 黒岩 敏彦, 鈴木 実, 田中 浩基, 櫻井 良憲, 切畑 光統, 小野 公二
日本癌治療学会誌   47(3) 967-967   Oct 2012
悪性脳腫瘍治療後の病態解析におけるF-BPA-PETの有用性
松下 葉子, 川端 信司, 古瀬 元雅, 平松 亮, 宮田 至朗, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦, 切畑 光統
日本癌治療学会誌   47(3) 1392-1392   Oct 2012
Convection Enhanced Delivery(CED)が切り開く高分子ホウ素化合物のBNCTへの応用
川端 信司, 平松 亮, 宮田 至朗, 大西 恭子, 弘田 祐己, 横山 邦夫, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦, 小野 公二, Vicente MGH, Barth RF
日本癌治療学会誌   47(3) 2111-2111   Oct 2012
18F-BPA-PETを用いた再発悪性脳腫瘍の確実な診断(Definite diagnosis of recurrent malignant brain tumor by using 18F-BPA-PET)
松下 葉子, 川端 信司, 古瀬 元雅, 平松 亮, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦
日本癌学会総会記事   71回 208-208   Aug 2012
放射線治療後の再発悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法(Boron neutron capture therapy for malignant glioma progressing after external beam radiation therapy)
川端 信司, 平松 亮, 古瀬 元雅, 松下 葉子, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦, 小野 公二
日本癌学会総会記事   71回 371-371   Aug 2012
INI-1 positiveを示した乳児Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumorの稀な1症例
大村 直己, 平松 亮, 田村 陽史, 黒岩 敏彦, 辻 求, 河上 千尋, 井上 彰子, 新宅 雅幸, 井上 健
Brain Tumor Pathology   29(Suppl.) 220-220   May 2012
脳血管攣縮期に脳梗塞発症で受診された破裂脳動脈瘤2症例の経験より
東保 太一郎, 平松 亮, 池田 直廉, 田村 陽史, 黒岩 敏彦, 出口 潤, 山本 浩正
日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集   17回 139-139   Jan 2012
ホウ素中性子捕捉療法を中心とした多施設共同第2相臨床試験の背景と進捗状況
川端 信司, 宮武 伸一, 古瀬 元雅, 松下 葉子, 平松 亮, 黒岩 敏彦, 切畑 光統, 小野 公二
日本癌治療学会誌   46(2) 547-547   Sep 2011
ホウ素中性子捕捉療法による明細胞肉腫の治療のためのL-BPAの細胞取込挙動および体内動態の評価
安藤 徹, 藤本 卓也, 須藤 保, 藤田 郁夫, 今堀 正也, 盛武 浩, 杉本 徹, 佐久間 淑子, 竹内 保, 園部 宏, 平松 亮, 川端 信司, 切畑 光統, 秋末 敏宏, 黒坂 昌弘, 宮武 伸一, 福森 義信, 市川 秀喜
日本薬学会年会要旨集   131年会(4) 228-228   Mar 2011
脳腫瘍治療の新潮流(転移性脳腫瘍を含む) 膠芽腫に対するホウ素中性子捕捉療法、X線外照射、化学療法 第II相臨床試験の近況
川端 信司, 宮武 伸一, 平松 亮, 宮田 至朗, 嶽北 葉子, 黒岩 敏彦, 道上 宏之, 小野 公二
日本癌治療学会誌   45(2) 384-384   Sep 2010
光線力学的療法の有用性 新規ホウ素化ポルフィリンのconvection enhanced delivery(Usefulness of the novel boronated porphyrins administerd by convection enhanced delivery for photodynamic therapy)
平松 亮, 川端 信司, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦, Easson Michael W., Vicente M.Graca H.
神経化学   49(2-3) 761-761   Aug 2010
膠芽腫に対するX線分割外照射併用ホウ素中性子捕捉療法 当施設の治療経験と今後(Combination of BNCT and XRT for glioblastoma: single institutional experience and future prospects)
川端 信司, 宮武 伸一, 平松 亮, 古瀬 元雅, 黒岩 敏彦, 小野 公二
日本癌学会総会記事   69回 412-412   Aug 2010
悪性神経膠腫への挑戦 ホウ素化ポルフィリンのconvection enhanced deliveryを用いた光線力学的療法(Challenge to the malignant glioma:photodynamic therapy using the boronated porphyrins by convection enhanced delivery)
平松 亮, 川端 信司, 宮武 伸一, 黒岩 敏彦, Easso Michael W., Vicente M. Graca H.
日本癌学会総会記事   69回 478-479   Aug 2010
正常免疫応答下でのEpstein-Barrウイルス関連頭蓋内原発性悪性リンパ腫の1例
平松 亮, 島野 裕史, 安田 宗一郎, 英 賢一郎, 近藤 明憲, 黒岩 敏彦
Brain Tumor Pathology   27(Suppl.) 112-112   May 2010
腸チフスの2例
川村 尚久, 細見 晶子, 山崎 剛, 錦戸 知喜, 玉城 裕史, 平松 亮, 村田 卓士, 玉井 浩, 森田 祥子, 安井 良則
日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌   23(2) 166-166   Mar 2010
新しい画像評価 早期予後判断に有効であるfDMを用いたホウ素中性子捕捉療法を施行された脳腫瘍患者の評価(New imaging assessment: functional Diffusion Map for brain tumors patients treated by boron neutron capture therapy)
平松 亮, 川端 信司, 宮武 伸一, 山田 佳孝, 黒岩 敏彦
日本癌学会総会記事   68回 460-460   Aug 2009
背景に免疫不全が明らかでない、B/T両表現型を示すEBV陽性中枢神経組織原発リンパ腫(PCNSL)の1例
中峯 寛和, 平松 亮, 田辺 英紀, 近藤 明悳, 黒岩 敏彦
日本リンパ網内系学会会誌   49 111-111   Jun 2009
正常免疫応答者に発生したEpstein-Barrウイルス関連の頭蓋内原発性悪性リンパ腫の1症例
平松 亮, 田辺 英紀, 村尾 健一, 中澤 智和, 松木 充, 島野 裕史, 安田 宗一郎, 井上 洋人, 高畠 望, 横山 邦生, 宮下 実, 國枝 武伸, 三木 義仁, 中峯 寛和, 近藤 明悳, 黒岩 敏彦
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回 2J-11   Oct 2008
特発性硬膜外血腫の治療法の検討
宮下 実, 田辺 英紀, 英 賢一郎, 島野 裕史, 安田 宗一郎, 井上 洋人, 横山 邦生, 平松 亮, 中澤 和智, 村尾 健一, 近藤 明憲
脊髄外科   22(1) 49-49   Jun 2008
椎弓切除術後のC5 palsy出現に関する検討
平松 亮, 田辺 英紀, 英 賢一郎, 島野 裕史, 安田 宗一郎, 井上 洋人, 宮下 実, 横山 邦生, 中澤 和智, 村尾 健一, 近藤 明憲
脊髄外科   22(1) 57-58   Jun 2008
急激な経過をたどった化膿性頸椎椎間板炎の一例
平松 亮, 青木 淳, 山田 佳孝, 山田 誠, 田村 陽史, 黒岩 敏彦
日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集   12回 114-114   Jan 2007

Conference Activities & Talks

 
両側頸動脈狭窄症に関する検討
井畑 知大, 平松 亮, 矢木 亮吉, 松原 功明, 川端 信司, 大西 宏之, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
Neurosurgical Emergency   Feb 2018   
再開通療法時の非侵襲的局所酸素飽和度持続モニタリングの必要性と今後の展望
平松 亮, 古瀬 元雅, 矢木 亮吉, 松原 功明, 川端 信司, 大西 宏之, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
Neurosurgical Emergency   Feb 2018   
Pipeline Flex留置後早期に再発を認めPipeline Flexを重ねたGiant IC-Paraclinoid ANの1症例
福尾 祐介, 平松 亮, 矢木 亮吉, 松原 功明, 大西 宏之, 川端 信司, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   Nov 2017   
再開通療法時の非侵襲的局所酸素飽和度持続モニタリングの使用経験
平松 亮, 古瀬 元雅, 矢木 亮吉, 松原 功明, 大西 宏之, 川端 信司, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   Nov 2017   
当院でのPipeline Flex留置術31症例の中・長期成績
平松 亮, 矢木 亮吉, 松原 功明, 大西 宏之, 川端 信司, 宮地 茂, 黒岩 敏彦
脳血管内治療   Nov 2017