Bundo Miki

J-GLOBAL         Last updated: Mar 29, 2018 at 22:34
 
Avatar
Name
Bundo Miki
E-mail
bundokumamoto-u.ac.jp
URL
http://www.molbrain.com/
Affiliation
Kumamoto University
Section
Faculty of Life Sciences
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Miura I, Kunii Y, Hino M, Hoshino H, Matsumoto J, Kanno-Nozaki K, Horikoshi S, Kaneko H, Bundo M, Iwamoto K, Yabe H
Journal of psychiatric research   100 84-87   May 2018   [Refereed]
Shimada M, Otowa T, Miyagawa T, Umekage T, Kawamura Y, Bundo M, Iwamoto K, Ikegame T, Tochigi M, Kasai K, Kaiya H, Tanii H, Okazaki Y, Tokunaga K, Sasaki T
Journal of human genetics   63(3) 319-326   Mar 2018   [Refereed]
Sugawara H, Murata Y, Ikegame T, Sawamura R, Shimanaga S, Takeoka Y, Saito T, Ikeda M, Yoshikawa A, Nishimura F, Kawamura Y, Kakiuchi C, Sasaki T, Iwata N, Hashimoto M, Kasai K, Kato T, Bundo M, Iwamoto K
Psychiatry and clinical neurosciences      Feb 2018   [Refereed]
Murata Y, Bundo M, Sunaga F, Kasai K, Iwamoto K
Pharmacopsychiatry      Feb 2018   [Refereed]
Nishioka M, Bundo M, Ueda J, Katsuoka F, Sato Y, Kuroki Y, Ishii T, Ukai W, Murayama S, Hashimoto E, Nagasaki M, Yasuda J, Kasai K, Kato T, Iwamoto K
Psychiatry and clinical neurosciences      Dec 2017   [Refereed]

Misc

 
【エピジェネティクスと環境科学】 精神ストレスとエピゲノム応答
菅原 裕子, 日高 洋介, 文東 美紀, 岩本 和也
最新医学   72(5) 733-739   May 2017
エピジェネティクスの分子基盤の1つであるDNAメチル化は,精神疾患における遺伝環境相互作用のメカニズムを説明しうるとして注目されている.セロトニントランスポーターをコードするSLC6A4遺伝子では,精神疾患で共通して高メチル化が報告されている.また,プロモーター領域において特定の多型を持つ場合,小児期のストレスによって成人期において高メチル化が認められ,SLC6A4遺伝子発現量が低下することが報告されており,精神疾患における遺伝環境相互作用のメカニズムに関与している可能性が示唆される.(著...
【精神神経疾患における全エクソーム/全ゲノム解析の現状と展望】 次世代シークエンサーを用いた脳ゲノム解析
西岡 将基, 文東 美紀, 笠井 清登, 岩本 和也
分子精神医学   16(3) 180-185   Jul 2016
近年のゲノム解析技術の進歩とともに、精神疾患における有力な関連候補遺伝子が同定されてきている。しかし、同定された関連候補遺伝子のみでは精神疾患の発症を十分に説明できていない。近年、脳奇形疾患において体細胞変異が報告されており、脳神経組織に生じた体細胞変異が脳神経系疾患の病因・病態と密接に関連している可能性が考えられる。本稿では、脳神経組織における生理的な体細胞変異(一塩基変異、コピー数変化、レトロトランスポゾン)に加え、脳奇形を中心とした脳神経系疾患と体細胞変異の関連研究を概観し、精神疾患...
【エピゲノム研究 修飾の全体像の理解から先制・個別化医療へ 解析手法の標準化、細胞間・個人間の多様性の解明、疾患エピゲノムを標的とした診断・創薬】 (第3章)疾患エピゲノム研究 神経疾患 統合失調症におけるエピゲノム異常 患者由来脳組織および末梢組織を用いた最新研究
村田 唯, 文東 美紀, 笠井 清登, 岩本 和也
実験医学   34(10) 1638-1642   Jun 2016
統合失調症は個人の生活・社会・経済に大きく影響を与える主要な精神疾患の1つであるが、その病因はいまだ解明されていない。近年、病因病態のメカニズムの1つとしてエピゲノムが注目されている。最近のアレイベースの解析や次世代シークエンサーの技術発展により、疾患に関連する遺伝子領域の同定が進められ、精度を高めたエピゲノムデータが得られつつある。今後、エピゲノム研究は精神疾患における診断ツールや治療法の開発に大きく貢献することが期待される。(著者抄録)
【ゲノム医科学と精神医学】 精神疾患におけるエピゲノム研究
池亀 天平, 文東 美紀, 笠井 清登, 岩本 和也
分子精神医学   15(2) 87-94   Apr 2015
近年、精神疾患の発症における環境要因の影響を解析するエピゲノム研究が注目されている。疾患の性質上、解析対象となる試料は限られた死後脳サンプルと末梢組織が中心となるが、多施設によるエピゲノム解析プロジェクトも整備され、再現性・信頼性の高い研究結果が集まりつつある。また、著しい発展を遂げるマイクロアレイや次世代シークエンサー技術の向上により、正確かつ大量の情報を得ることが可能となり、今後さらに精神疾患の病態解明や診断・治療への応用につながることが期待される。(著者抄録)
【治療抵抗性統合失調症への挑戦】 精神疾患とエピジェネティクス 治療薬の作用機序の観点から
村田 唯, 文東 美紀, 笠井 清登, 岩本 和也
臨床精神薬理   17(12) 1663-1666   Dec 2014
統合失調症や双極性障害はエピジェネティックな変化と関連があることが示唆されている。エピジェネティックな状態は、遺伝的な特徴を保ちながらも環境要因の影響を受けて変動し、遺伝子発現を調節し細胞機能を決定付ける重要な機構である。近年、精神疾患治療薬がエピジェネティックな状態に影響を与えることが知られており、薬理学的メカニズムに関する新たな知見が報告されている。(著者抄録)

Books etc

 
Mosaicism in Neurons and Other Cell Types
Bundo M, Kato T, Iwamoto K (Part:Joint Work, Estimation of LINE-1 Copy Number in the Brain Tissue and Isolated Neuronal Nuclei)
Humana Press   Oct 2017   
Epigenetic Methods in Neuroscience Research
Bundo M, Kato T, Iwamoto K (Part:Joint Work, Chapter 7: Cell Type-Specific DNA Methylation Analysis in Neurons and Glia)
Springer   Nov 2015   

Conference Activities & Talks

 
Comprehensive DNA methylation analysis of neuron and oligodendrocyte from human postmortem brains.
Bundo Miki
20 Jul 2016   
Brain genome and epigenome analyses in psychiatric disorders. [Invited]
Bundo Miki
28 Jul 2015   
Separation of oligodendrocyte nuclei from human postmortem brains.
Bundo Miki
22nd World Congress of Psychiatric Genetics   12 Oct 2014   
Increased copy number of LINE-1 in the prefrontal cortices of patients with schizophrenia.
Bundo Miki
21st World Congress of Psychiatric Genetics   17 Oct 2013   
Increased copy number of LINE-1 in the brains of patients with schizophrenia.
Bundo Miki
Neuro2013   20 Jun 2013