Hiroyoshi Inoue

J-GLOBAL         Last updated: Nov 7, 2018 at 10:05
 
Avatar
Name
Hiroyoshi Inoue
E-mail
hiinaffrc.go.jp
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization

Research Areas

 
 

Misc

 
川上 顕, 笹谷 孝英, 加藤 直樹, 井上 博喜, 宮坂 篤
植物防疫 = Plant protection   71(2) 74-77   Feb 2017
井上 博喜, 宮坂 篤, 川上 顕, 笹谷 孝英, 平八重 一之
Kyushu Plant Protection Research   61(0) 1-6   2015
水稲の収量および白未熟粒発生に及ぼすイネ紋枯病の影響を解析するため,イネ品種「ヒノヒカリ」を用いて3年間(2012~2014年)の圃場試験を実施した。2012年は発病株率,病斑高率がともに高く,圃場被害度が高かったが,2013年と2014年は発病株率,病斑高率が低く,圃場被害度は低かった。出穂10日前から出穂20日後の気温は2012年で高温,2013年は平年並み,2014年は低温で推移した。3カ年の出穂期発病株率と収穫期圃場被害度,収量および白未熟粒率の関係を解析したところ,2012年は他...
Sasaya Takahide, Kawakami Akira, Katou Naoki, Inoue Hiroyoshi, Miyasaka Atsushi, Hirayae Kazuyuki
Jpn J Grassl Sci   61(2) 102-106   2015
Miyasaka Atsushi, Yoshida Megumi, Suzuki Fumihiko, Inoue Hiroyoshi, Kawakami Akira, Hirayae Kazuyuki, Nakajima Takashi
Kyushu Pl. Prot Res.   59(0) 1-6   2013
六条裸麦の赤かび病の発病抑制とかび毒(DON+NIV)蓄積の低減に効果の高い薬剤散布時期を明らかにするため,常に赤かび病菌の胞子が飛散する接種条件下で品種「イチバンボシ」とチオファネートメチル水和剤を供試し,薬剤散布時期(開花0,10,20,30日後)と散布回数(1~2回)を組み合わせた圃場試験を2年間行った。その結果,開花期の薬剤散布は発病抑制効果が最も高かったが,かび毒蓄積の低減効果は低かった。一方,開花20日後の薬剤散布は,発病抑制効果は低かったが,かび毒蓄積の低減効果は最も高かった...
Miyagawa Hisayoshi, Yamauchi Minoru, Inoue Hiroyoshi
Annual Report of The Kansai Plant Protection Society   55(0) 23-30   2013
Coating rice seeds with a reduced iron powder is a newly developed method for labor-saving cultivation of rice and direct seeding in flooded paddy fields. Rice seeds inoculated with Burkholderia glumae, B. plantarii, and Gibberella fujikuroi were ...