MISC

2019年9月

ACTION-Jのその後 二次解析、普及・啓発と新たな施策化 未遂者介入のエビデンスとこれからの可能性

自殺予防と危機介入
  • 米本 直裕
  • ,
  • 川島 義高
  • ,
  • 稲垣 正俊
  • ,
  • 河西 千秋
  • ,
  • 山田 光彦

39
2
開始ページ
56
終了ページ
60
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(一社)日本自殺予防学会

本報告では、未遂者介入研究のレビューについて紹介し、そのエビデンスを解説する。加えて、最近の未遂者介入研究を解説し、今後の研究の課題と可能性について考察する。今後我が国において、さらに未遂者介入のエビデンスが蓄積され、未遂者の再企図の予防策が推進されることを望みたい。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS