論文

2015年6月

【損するより得をする!身近な危険中毒】 3種類の降圧剤服用症例の分析を経験して

医療と検査機器・試薬
  • 津田 紀子
  • ,
  • 中尾 隆美
  • ,
  • 濱口 満英
  • ,
  • 丸山 克之
  • ,
  • 植嶋 利文

38
3
開始ページ
281
終了ページ
285
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
ラボ・サービス

66歳女。眠れないため処方されていた3種類の降圧剤、20錠、ディオバン28錠、カルブロック20錠とロヒプノール14錠を服用した。倒れているところを発見され救急搬送となった。簡易薬物同定キットの結果はBZO系が陽性を示した。末梢ルートを確保、し昇圧のため塩酸ドパミン持続投与を開始した。気管挿管し胃洗浄を行い活性炭と下剤の投与を行った。徐々に血圧の上昇を認め、塩酸ドパミンは第3病日に中止した。第6病日に肺気腫治療のため呼吸器内科に転科した。

エクスポート
BibTeX RIS