論文

2015年1月

【食道破裂、穿孔の診断と治療における戦略と工夫】 食道破裂、穿孔の病態と治療

日本腹部救急医学会雑誌
  • 村尾 佳則
  • ,
  • 丸山 克之
  • ,
  • 木村 貴明
  • ,
  • 横山 恵一
  • ,
  • 太田 育夫
  • ,
  • 中尾 隆美
  • ,
  • 濱口 満英
  • ,
  • 石部 琢也
  • ,
  • 中谷 壽男

35
1
開始ページ
35
終了ページ
41
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11231/jaem.35.035
出版者・発行元
(一社)日本腹部救急医学会

食道破裂,穿孔の10症例の診断と治療について検討を加えた。症例は男性9例,女性1例で,平均年齢は64歳であった。特発性食道破裂は7症例で,異物による穿孔が2例,食道癌術後再建胃管穿孔の1例があった。特発性食道破裂の穿孔部位は全例とも下部食道で,再穿孔の1例をのぞき,経腹的アプローチを行い,後縦隔に食道裂孔からドレーンを挿入し,胸腔穿破している場合には,開胸ドレナージまたは胸腔ドレナージを加えた。入れ歯による頸部食道の穿孔は頸部よりドレナージを行い,PTPによる下部食道穿孔の膿瘍形成例では経腹的アプローチによりドレナージを行った。下部食道の特発性食道破裂や,下部食道に穿孔し周囲に膿瘍形成した症例に対する経腹的アプローチは,後縦隔にドレーンを適切な位置に挿入できること,大網を使用できること,手術侵襲が少ないこと,また腸瘻を追加できることなどが利点としてあげられ,有用であると考えられる。(著者抄録)

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11231/jaem.35.035

エクスポート
BibTeX RIS