COUNTER19494

吉田光男

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/17 02:13
 
アバター
研究者氏名
吉田光男
 
ヨシダミツオ
URL
http://www.cs.tut.ac.jp/~yoshida/
所属
豊橋技術科学大学
部署
情報・知能工学系
職名
助教
学位
博士(工学)(筑波大学)
その他の所属
有限会社てっくてっく
Twitter ID
ceekz
ORCID ID
0000-0002-0735-1116

プロフィール

和歌山県出身。ロボット型ニュース検索エンジン Ceek.jp News の開発やウェブコンテンツ自動抽出、クエリ分類、ソーシャルメディア分析に関する研究を行っています。ウェブサービスの開発をライフワークにしています。趣味は読書。会社代表との兼業は大学から許可を得ています。

論文

 
Visualization of diffusion behavior patterns on Twitter
Chisae Iwashina, Mitsuo Yoshida, Takayuki Itoh
The 11th IEEE Pacific Visualization Symposium      2018年4月   [査読有り]
There is the increasing number of examples of using SNS that is used as information transmission tool for the purpose of spreading information by organizations and individuals. Among SNSs, Twitter is particularly known to be able to spread out eas...
Spatio-Temporal Visualization of Tweet Data Using VR
Kaya Okada, Mitsuo Yoshida, Takayuki Itoh, Tobias Czauderna, Kingsley Stephens
The 11th IEEE Pacific Visualization Symposium      2018年4月   [査読有り]
Social media analysis is important to understand people behavior. Human behavior in social media is often related to time and location, which is often difficult to understand the characteristics appropriately and quickly. We chose to visualize the...
Takashi Nicholas Maeda, Mitsuo Yoshida, Fujio Toriumi, Hirotada Ohashi
ISPRS International Journal of Geo-Information   7(3:99)    2018年3月   [査読有り]
Inbound tourism plays an important role in local economies. To stimulate local economies, it is necessary to attract foreign tourists to various areas of a country. This research aims to develop a method of extracting the locations of tourist dest...
Shiori Hironaka, Mitsuo Yoshida, Kyoji Umemura
ACM IUI 2018 Workshop : Web Intelligence and Interaction   (11)    2018年3月   [査読有り]
An online social graph which represents relationships between users is used for many purposes such as home location estimation. However, the online social graph changes over time because the user's environment changes (e.g., house-moving). We tack...
Kaya Okada, Mitsuo Yoshida, Takayuki Itoh, Tobias Czauderna, Kingsley Stephens
The 23rd International Conference on Intelligent User Interfaces      2018年3月   [査読有り]
Social media analysis is important to understand people behavior. Human behavior in social media is often related to time and location, which is often difficult to understand the characteristics appropriately and quickly. We chose to visualize the...
Jinsei Shima, Mitsuo Yoshida, Kyoji Umemura
IEEE BigData 2017 Workshop : The 2nd International Workshop on Application of Big Data for Computational Social Science   3119-3122   2017年12月   [査読有り]
We can see profile information such as name, description and location in order to know the user on social media. However, this profile information is not always fixed. If there is a change in the user's life, the profile information will be change...
集合知による新たな研究評価
吉田光男
Biophilia   6(3) 31-37   2017年10月   [招待有り]
奥本隼, 山根恵和, 吉田光男, 岡部正幸, 梅村恭司
日本教育工学会論文誌   42(2) 177-186   2017年9月   [査読有り]
板書(黒板や白板)を用いた講義では,講師が記述や説明をするために板書の前を遮ることがある.このとき,遮られた板書内容が見えず,ノートに書き写しにくいと感じる経験は多くある.我々の提案するシステムでは,カメラで撮影した板書映像を処理し,板書の前を遮る講師をシルエットにして透過することで,遮られた板書内容と講師の動きの両者が読み取れる映像を提供できる.我々の方法の特徴は,この映像処理をリアルタイムに実現することと,映像を講義室内のサブモニタで表示することによって板書遮蔽問題を解決することである...
Yuki Kondo, Masatsugu Hangyo, Mitsuo Yoshida, Kyoji Umemura
The 2017 International Conference On Advanced Informatics: Concepts, Theory And Application (ICAICTA2017)      2017年8月   [査読有り]
We can extract useful information from social media data by adding the user's home location. However, since the user's home location is generally not publicly available, many researchers have been attempting to develop a more accurate home locatio...
Kento Kawakami, Masato Kikuchi, Mitsuo Yoshida, Eiko Yamamoto, Kyoji Umemura
The 2017 International Conference On Advanced Informatics: Concepts, Theory And Application (ICAICTA2017)      2017年8月   [査読有り]
In this paper, we propose a cost function that corresponds to the mean square errors between estimated values and true values of conditional probability in a discrete distribution. We then obtain the values that minimize the cost function. This mi...

講演・口頭発表等

 
オルトメトリクスとは何か [招待有り]
吉田光男
図書館情報資源特論   2017年1月21日   桜の聖母短期大学
ウェブマイニングのためのデータ収集と保存 [招待有り]
吉田光男
第八回ニコニコ学会βデータ研究会 ~人工知能と根性で挑むコンテンツの世界~   2016年3月26日   
不揃いなデータ達の分析を行う前のTips ― ウェブデータの収集と保存 ― [招待有り]
吉田光男
第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会   2015年11月28日   
吉田光男, 角田孝昭, 山本幹雄, 荒瀬由紀, 津川翔
人工知能学会 インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会(第10回)   2015年7月11日   
楽しい楽しい研究開発 [招待有り]
吉田光男
BoF セッション1 : 研究職は本当にブラック!?若手研究者交流会, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム   2015年3月   

Misc

 
スマートフォンアプリとWikipediaにおけるニュースに関する閲覧行動の予備調査
吉田光男, 関喜史
第32回人工知能学会全国大会      2018年6月
2017年衆議院選挙における政党公式アカウントフォロワーの分析
鳥海不二夫, 吉田光男
第32回人工知能学会全国大会      2018年6月
SNSにおける拡散行動パターンのデータ収集と可視化
黒子なるみ, 岩科智彩, 吉田光男, 伊藤貴之
映像表現・芸術科学フォーラム2018      2018年3月
自動車購入における検索行動の先行期間を考慮した販売台数の予測
山口太一, 角田孝昭, 吉田光男, 津川翔, 山本幹雄
情報処理学会 第80回全国大会      2018年3月
菊地真人, 吉田光男, 梅村恭司
言語処理学会第24回年次大会   1108-1111   2018年3月
ソーシャルメディア上での政党の情報発信に着目した2017衆院選の分析
吉田光男, 鳥海不二夫
第二回計算社会科学ワークショップ      2018年3月
岡田佳也, 吉田光男, 伊藤貴之, Czauderna Tobias, Stephens Kingsley
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム      2018年3月
岩科智彩, 吉田光男, 伊藤貴之
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム      2018年3月
高本綺架, 吉田光男, 梅村恭司
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム      2018年3月
川上賢十, 菊地真人, 吉田光男, 梅村恭司
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム      2018年3月

受賞

 
2017年1月
第3回コミュニケーションクオリティ基礎講座ワークショップ 最優秀研究賞 検索行動量を用いた状態空間モデルによる自動車販売台数の予測
受賞者: 山口太一, 角田孝昭, 吉田光男, 津川翔, 山本幹雄
 
2016年12月
ARG 第9回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 ステージ発表賞 重力モデルとTF-IDFを用いたジオタグ付きTwitterデータからの観光地抽出と魅力の評価
受賞者: 前田高志ニコラス, 吉田光男, 鳥海不二夫, 大橋弘忠
 
2016年9月
第9回Webとデータベースに関するフォーラム 論文賞 runners-up トレンドキーワードに関するウェブリソースの横断的分析
受賞者: 吉田光男, 荒瀬由紀
 
2016年6月
人工知能学会 研究会優秀賞 Twitter位置情報・テキスト情報を用いた人の移動モデル構築と観光地推薦手法の提案
受賞者: 前田高志ニコラス, 吉田光男, 鳥海不二夫, 大橋弘忠
 
2015年11月
ARG 第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 萌芽研究賞 NGA2015におけるユーザの情報収集と回遊行動の分析
受賞者: 風間一洋, 谷直樹, 榊剛史, 吉田光男
 
2015年11月
ARG 第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 学生奨励賞 重力モデルとTF-IDFを用いたジオタグ付きTwitterデータからの観光地抽出と魅力の評価
受賞者: 前田高志ニコラス, 吉田光男, 鳥海不二夫, 大橋弘忠
 
2011年5月
日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除(半額)
 
2011年3月
筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 専攻長表彰
 
2010年12月
第3回楽天研究開発シンポジウム 最優秀データチャレンジ賞 対象サービスに特化した日本語Webスペルチェッカーの開発
受賞者: 角田孝昭, 澤田健都, 吉田光男
 
2009年11月
楽天研究開発シンポジウム2009 優秀論文賞 CSSセレクタで表現されたコンテンツ抽出ルールの自動獲得
受賞者: 吉田光男, 乾孝司, 山本幹雄
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 高丸圭一
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 伊藤貴之
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 木村泰知
科学報道記事の信頼性分析のための典拠文献自動探索
国立情報学研究所: 平成30年度国立情報学研究所公募型共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 吉田光男
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年7月 - 2019年3月    代表者: 小林哲郎

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 助教
 
2006年3月
 - 
現在
有限会社てっくてっく 取締役
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 
2012年6月
 - 
2012年8月
Microsoft Research Asia Research Intern
 
2011年7月
 - 
2012年2月
Microsoft Research Asia Research Intern
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
筑波大学 大学院システム情報工学研究科 博士後期課程
 
2009年4月
 - 
2011年3月
筑波大学 大学院システム情報工学研究科 博士前期課程
 
2003年4月
 - 
2009年3月
筑波大学 第三学群 情報学類
 

委員歴

 
2018年2月
 - 
現在
NLP若手の会  運営委員
 
2018年1月
 - 
現在
計算社会科学研究会  PCメンバー
 
2017年4月
 - 
現在
人工知能学会  代議員
 
2016年7月
 - 
現在
ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会  専門委員
 
2016年5月
 - 
現在
電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会  幹事補佐
 
2016年4月
 - 
現在
AI若手の会  発起人
 
2017年12月
 - 
2018年6月
人工知能学会  第32回全国大会(JSAI2018)OS「計算社会科学」オーガナイザー
 
2017年9月
 - 
2018年3月
ACM IUI2018 Workshop on Web Intelligence and Interaction (WII 2018)  Organizers
 
2017年7月
 - 
2017年12月
The 6th Asian Conference on Information Systems (ACIS 2017)  Program Committee
 
2017年6月
 - 
2017年12月
The 2nd International Workshop on Application of Big Data for Computational Social Science 2017  Program Committee
 

担当経験のある科目

 
 

Works

 
吉田光男   データベース   2017年6月
吉田光男   データベース   2016年10月
吉田光男   データベース   2016年3月
吉田光男   データベース   2015年
吉田光男, 山口祐人   データベース   2015年

その他

 
2017年11月   メディア掲載
需要計測・予測の精度向上 豊橋技科大とグノシー アルゴリズム開発. 『日刊工業新聞』2017年12月7日, 27面(大学・産学連携), 2017.
2017年11月   メディア掲載
ウェブコンテンツの需要計測・予測アルゴリズム、豊橋技科大とグノシーが開発へ. 『日刊工業新聞(電子版)』2017年12月7日, 2017.
2017年11月   メディア掲載
玉置亮太. クリックベイト撲滅へ、グノシーが新しいアルゴリズム. 『日経コンピュータ(ITPro)』2017年11月29日, 2017.
2017年11月   メディア掲載
藤田彰彦. “釣り記事”解決策に期待 グノシー社と算法開発の研究 豊橋技科大吉田助教. 『東愛知新聞』2017年11月28日, 2面(社会・経済), 2017.
2017年11月   メディア掲載
太田智美. Gunosy、“釣り記事”見分けるアルゴリズム開発へ. 『ITmedia』2017年11月27日, 2017.