MISC

2000年1月

None

ATALANTE2000
  • 宮原 幸子
  • ,
  • 船坂 英之
  • ,
  • 榎田 洋一*
  • ,
  • 山本 一良*

記述言語
英語
掲載種別

超臨界二酸化炭素にTBP-硝酸錯体をエントレーナとして添加した流体により、使用済燃料から直接U,Puの回収を行う超臨界直接法の開発を行っている。臨界直接抽出法の再処理工程への適用性を評価するため、Uと模擬FPを用いた超臨界試験及びMOX燃料の溶解・抽出試験を実施し、超臨界直接抽出法のU酸化物への適応性評価及び技術的課題の摘出を試みた。U及びSr,Zr,Mo,Ru,Pd,Ce,Ndの酸化物を用いた超臨界試験では、Uのみが選択的に抽出されたことから、超臨界直接抽出法による選択的なU抽出の可能性が示唆される。このほか大気圧条件下で実施したMOX燃料の溶解抽出試験の結果について報告する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?4048689

エクスポート
BibTeX RIS