講演・口頭発表等

超臨界流体を用いた全アクチニド一括分離システムの開発,5; 高濃度条件下のU, Puの分配係数

日本原子力学会2008年春の年会
  • 紙谷 正仁
  • ,
  • 佐野 雄一
  • ,
  • 三浦 幸子
  • ,
  • 小山 智造
  • ,
  • 青木 和夫*
  • ,
  • 澤田 佳代*

開催年月日
2008年3月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
吹田
国・地域
日本

本件は、「超臨界流体を用いた全アクチニド一括分離システムの開発」として実施した。このプロセスにおいて全アクチニドの一括抽出は、高塩濃度,高酸濃度領域でなされるため、この領域でのU, Puの分配係数データを確認することが重要である。そこで、高濃度条件下でのU, Puの分配係数を試験により求め、既存の経験式の適用性を確認した。2つの既往の分配係数の実験式(KfK,Hanford)について、Uはどちらの実験式も高濃度領域まで有効であり、PuはHanfordの実験式のほうが有効であることが確認された。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5011443