講演・口頭発表等

国際会議

マイナーアクチニドの回収に用いる抽出クロマトグラフィー抽出剤への$\alpha$線照射

12th OECD/NEA Information Exchange Meeting on Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation (IEMPT-12)
  • 渡部 創
  • ,
  • 三浦 幸子
  • ,
  • 佐野 雄一
  • ,
  • 野村 和則
  • ,
  • 駒 義和
  • ,
  • 中島 靖雄

開催年月日
2012年9月
記述言語
英語
会議種別
国・地域
チェコ

抽出クロマトグラフィ法によるMA (Am, Cm)の回収プロセスとして、溶媒抽出工程のラフィネート(抽出残液)からMAとLnを回収する群分離工程と、回収したMAとLnを含む溶液からMAを分離する相互分離工程から構成される2サイクルフローについて各種の候補吸着剤を用いた検討を行ってきた。最適なフローシートを選定するにあたり、それぞれの吸着材について安全性及び耐久性を評価するため、硝酸溶液に浸漬して$\gamma$線を照射し、酸濃度,照射線量が吸着性能等に及ぼす影響を調査した。抽出クロマトグラフィに用いる吸着材の安全性及び耐久性を評価するためには、$\gamma$線に加えて$\alpha$線照射の影響を考慮にいれる必要がある。本件では、CMPO, TODGA, HDEHP, R-BTP吸着材にAmを吸着させることで$\alpha$線を照射し、$\alpha$線照射が吸着材性能等に及ぼす影響を評価した。$\alpha$線照射後の吸着剤はDG/DTA分析により劣化物の生成を確認した。100$^{\circ}$C未満には発熱ピークは認められず、$\alpha$線照射により、危険因子となる劣化物は生成しないことがわかった。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5035804