野崎 千尋

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/21 19:55
 
アバター
研究者氏名
野崎 千尋
 
ノザキ チヒロ
eメール
chihironuni-bonn.de
URL
http://www.molpsychiatrie.uni-bonn.de/people/index_eng.html
所属
University of Bonn
部署
Institute of Molecular Psychiatry
職名
DFG Eigene Stelle (Temporary PI)
学位
博士(星薬科大学)

プロフィール

ドイツはボン大学にて疾病性疼痛(Pathological pain)に関する研究を行っています。以前はオピオイド神経系をターゲットにしていましたが、現在はカンナビノイド神経系をターゲットに、以下のテーマを推進しています。

1)内因性カンナビノイドが偏頭痛や薬物乱用頭痛の特徴的な性差を含む病態調節にどのように寄与するか(DFG Eigene Stelleグラントによる助成)
2)カンナビノイドCB2受容体の二面性:CB2活性は様々な神経障害による神経炎症を促進するか抑制するか(BONFORグラントによる助成)

カンナビノイド系は古くから医療利用されてきたわりには、その機序の煩雑さや内因性リガンドの絶対量の少なさからあまり研究が展開されていないところがあります。一方で免疫系および神経系両方へ直接作用するため、免疫―神経のクロストークや神経炎症等に大きく関与すると考えられています。上記の疾病にこだわらず、様々な神経炎症を伴う慢性疾患に対する新たな治療ターゲットとしてカンナビノイド系の関与を掘り下げて行けたらと考えています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年1月
 - 
現在
ドイツ国立ボン大学 Institute of Molecular Psychiatry DFG Eigene Stelle(チームリーダー)
 
2011年10月
 - 
2015年12月
ドイツ国立ボン大学 Institute of Molecular Psychiatry 博士研究員
 
2007年7月
 - 
2011年9月
Institut de génétique et de biologie moléculaire et cellulaire (IGBMC) Medecine translationnelle & Neurogenetique 博士研究員
 
2006年4月
 - 
2006年10月
Aalborg University Center for Sensory-Motor Interaction リサーチアシスタント
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
星薬科大学大学院 薬学研究科 薬物治療学教室
 
2002年4月
 - 
2004年3月
京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 高分子機能工学専攻
 
2002年3月
 - 
1998年4月
京都工芸繊維大学 繊維学部 高分子学科
 

受賞

 
2009年
Fondation pour la Recherche Medicale financement de projets impliquant des post-doctorant en France
 

論文

 
Nozaki C, Markert A, Zimmer A
European neuropsychopharmacology : the journal of the European College of Neuropsychopharmacology   25(8) 1388-1396   2015年8月   [査読有り]
Nozaki C, Le Bourdonnec B, Reiss D, Windh RT, Little PJ, Dolle RE, Kieffer BL, Gavériaux-Ruff C
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   342(3) 799-807   2012年9月   [査読有り]
Nozaki C, Nagase H, Nemoto T, Matifas A, Kieffer BL, Gaveriaux-Ruff C
British journal of pharmacology   171(23) 5376-5386   2014年12月   [査読有り]
Pradhan AA, Befort K, Nozaki C, Gavériaux-Ruff C, Kieffer BL
Trends in pharmacological sciences   32(10) 581-590   2011年10月   [査読有り]
Nozaki C, Vergnano AM, Filliol D, Ouagazzal AM, Le Goff A, Carvalho S, Reiss D, Gaveriaux-Ruff C, Neyton J, Paoletti P, Kieffer BL
Nature neuroscience   14(8) 1017-1022   2011年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Genetic ablation of CB2 receptors enhances neuropathic pain development via boosted leptin signaling in peripheral nerves.
Chihiro Nozaki, Astrid Markert, Andreas Zimmer
第90回日本薬理学会   2017年3月16日   
Contribution of endocannabinoid system on NTG-induced acute migraine-like symptoms.
Chihiro Nozaki, Astrid Markert, Andreas Zimmer
国際麻薬会議   2016年7月14日   
Nitroglycerin-induced migraine-like pain and trigeminal neuronal hyperactivity is enhanced by reduced CB1 receptor activity..
Chihiro Nozaki, Astrid Markert, Andreas Zimmer
第10回欧州神経科学会フォーラム   2016年7月3日   
Obesity and pain: Is there a link between leptin and endocannabinoid signaling?
Chihiro Nozaki, Astrid Markert, Andreas Zimmer
18th BONFOR-Symposium   2015年4月29日   
Capsaicin-induced pain behavior is modulated in opioid receptors knockouts. [招待有り]
Chihiro Nozaki, Claire Gaveriaux-Ruff C, David Reiss, Audrey Matifas, Brigitte Kieffer
MOLECULAR TARGETS FOR NOVEL PAIN THERAPEUTICS: From basic research to clinical translation   2010年9月23日   

競争的資金等の研究課題

 
偏頭痛の病態調節に対する内因性カンナビノイドの関与
DFG(ドイツ研究振興協会): Eigene Stelle (Temporary PI)
研究期間: 2016年1月 - 2018年12月    代表者: 野崎千尋
肥満と疼痛:レプチンと内因性カンナビノイドの関与
Bonfor: Fortsetzungsantrag fur Nachwuchsgruppen
研究期間: 2013年1月 - 2014年12月    代表者: 野崎千尋