Chikashi Ishioka

J-GLOBAL         Last updated: Oct 20, 2018 at 13:08
 
Avatar
Name
Chikashi Ishioka
E-mail
chikashitohoku.ac.jp
Affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
 - 
Today
Director, Personalized Medicine Center (P-MEC), Tohoku University Hospital (TUH)
 
Jun 2003
 - 
Today
Professor, 東北大学加齢医学研究所癌化学療法研究分野
 
Jan 1997
 - 
May 2003
助教授, 東北大学加齢医学研究所癌化学療法研究分野
 
Apr 1995
 - 
Dec 1996
講師, 東北大学加齢医学研究所癌化学療法研究分野
 
Sep 1994
 - 
Mar 1995
助手, 東北大学加齢医学研究所癌化学療法研究分野
 

Education

 
Apr 1984
 - 
Mar 1988
Graduate School, Division of Medicine, Tohoku University
 
Apr 1978
 - 
Mar 1984
Faculty of Medicine, Tohoku University
 

Awards & Honors

 
Jul 2014
特定非営利活動法人・日本臨床腫瘍学会 功労顕彰, 特定非営利活動法人・日本臨床腫瘍学会
 

Published Papers

 
Sato Y, Miyashita M, Sato K, Fujimori K, Ishikawa KB, Horiguchi H, Fushimi K, Ishioka C
Japanese journal of clinical oncology   48(10) 877-883   Oct 2018   [Refereed]
Oishi T, Sato K, Morita T, Mack JW, Shimodaira H, Takahashi M, Takahashi S, Inoue A, Murakawa Y, Kawahara M, Ishioka C, Miyashita M
Japanese journal of clinical oncology   48(10) 913-919   Oct 2018   [Refereed]
Sunami K, Takahashi H, Tsuchihara K, Takeda M, Suzuki T, Naito Y, Sakai K, Dosaka-Akita H, Ishioka C, Kodera Y, Muto M, Wakai T, Yamazaki K, Yasui W, Bando H, Fujimoto Y, Fukuoka S, Harano K, Kawazoe A, Kimura G, Koganemaru S, Kogawa T, Kotani D, Kuboki Y, Matsumoto H, Matsumoto S, Mishima S, Nakamura Y, Sawada K, Shingaki S, Shitara K, Umemoto K, Umemura S, Yasuda K, Yoshino T, Yamamoto N, Nishio K, Japanese Society of Medical Oncology., Japan Society of Clinical Oncology., Japanese Cancer Association.
Cancer science   109(9) 2980-2985   Sep 2018   [Refereed]
Miguchi M, Hinoi T, Tanakaya K, Yamaguchi T, Furukawa Y, Yoshida T, Tamura K, Sugano K, Ishioka C, Matsubara N, Tomita N, Arai M, Ishikawa H, Hirata K, Saida Y, Ishida H, Sugihara K
Surgery today   48(8) 810-814   Aug 2018   [Refereed]
Ouchi K, Takahashi S, Chikamatsu S, Ito S, Takahashi Y, Kawai S, Okita A, Kasahara Y, Okada Y, Imai H, Komine K, Saijo K, Takahashi M, Shirota H, Takahashi M, Gamoh M, Ishioka C
International journal of clinical oncology   23(4) 790-798   Aug 2018   [Refereed]
Okita A, Imai H, Takahashi M, Takahashi H, Umegaki S, Kawamura Y, Hiraide S, Ouchi K, Sato Y, Okada Y, Komine K, Saijo K, Takahashi S, Takahashi M, Shirota H, Ohori H, Gamoh M, Ishioka C
The Tohoku journal of experimental medicine   245(2) 123-129   Jun 2018   [Refereed]
Yoshino Y, Qi H, Fujita H, Shirota M, Abe S, Komiyama Y, Shindo K, Nakayama M, Matsuzawa A, Kobayashi A, Ogoh H, Watanabe T, Ishioka C, Chiba N
Molecular cancer research : MCR   16(10) 1499-1511   Jun 2018   [Refereed]
Kato S, Imai H, Gamoh M, Takahata T, Ohori H, Yasuda K, Niitani T, Murakawa Y, Amagai K, Isobe H, Shindo Y, Kuroki M, Sakamoto Y, Shimodaira H, Yoshioka T, Ishioka C
The Tohoku journal of experimental medicine   245(1) 21-28   May 2018   [Refereed]
Okita A, Takahashi S, Ouchi K, Inoue M, Watanabe M, Endo M, Honda H, Yamada Y, Ishioka C
Oncotarget   9(27) 18698-18711   Apr 2018   [Refereed]
Yamaguchi S, Takahashi S, Mogushi K, Izumi Y, Nozaki Y, Nomizu T, Kakugawa Y, Ishida T, Ohuchi N, Ishioka C, Kato S
Oncotarget   9(18) 14193-14206   Mar 2018   [Refereed]
Horie S, Oya M, Nangaku M, Yasuda Y, Komatsu Y, Yanagita M, Kitagawa Y, Kuwano H, Nishiyama H, Ishioka C, Takaishi H, Shimodaira H, Mogi A, Ando Y, Matsumoto K, Kadowaki D, Muto S
Clinical and experimental nephrology   22(1) 210-244   Feb 2018   [Refereed]
The consensus molecular subtypes of colorectal cancer as a predictive factor for chemotherapies against metastatic colorectal cancer.
Okita Akira, Takahashi Shin, Ouchi Kota, Inoue Masahiro, Yamada Yasuhide, Ishioka Chikashi
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36(4)    Feb 2018   [Refereed]
Development of a molecular target agent and a biomarker for advanced colorectal cancer
Ishioka Chikashi, Saijo Ken, Takahashi Shin, Ouchi Kota, Imai Hiroo, Takahashi Shin
CANCER SCIENCE   109 141   Jan 2018   [Refereed]
Takahashi H, Takahashi M, Ohnuma S, Unno M, Yoshino Y, Ouchi K, Takahashi S, Yamada Y, Shimodaira H, Ishioka C
BMC cancer   17(1) 723   Nov 2017   [Refereed]
Identification and characterization of terpenoid analogues as multi-target kinase inhibitors
Chikamatsu Sonoko, Saijo Ken, Imai Hiroo, Narita Koichi, Katoh Tadashi, Ishioka Chikashi
CANCER SCIENCE   109 745   Jan 2018   [Refereed]
Ito SE, Shirota H, Kasahara Y, Saijo K, Ishioka C
Cancer immunology, immunotherapy : CII   66(11) 1485-1496   Nov 2017   [Refereed]
Contribution of FcgRIIb to creating the suppressive tumor microenvironment
Kasahara Yuki, Shirota Hidekazu, Ishioka Chikashi
CANCER SCIENCE   109 281   Jan 2018   [Refereed]
Okada Y, Kato S, Sakamoto Y, Oishi T, Ishioka C
Oncology reports   38(1) 31-42   Jul 2017   [Refereed]
The Consensus Molecular Subtypes is a predictive biomarker for anti-EGFR antibody effect in metastatic colorectal cancer
Okita Akira, Takahashi Shin, Ouchi Kota, Yamada Yasuhide, Takahashi Masanobu, Ishioka Chikashi
CANCER SCIENCE   109 673   Jan 2018   [Refereed]
Saijo K, Imai H, Chikamatsu S, Narita K, Katoh T, Ishioka C
Cancer science   108(7) 1469-1475   Apr 2017   [Refereed]
Imai H, Saijo K, Komine K, Kawamura Y, Hiraide S, Umegaki S, Okada Y, Ohuchi K, Sato Y, Takahashi M, Takahashi S, Shirota H, Takahashi M, Ishioka C
Cancer management and research   10 3629-3636   2018   [Refereed]
Takahashi M, Chiba N, Shimodaira H, Yoshino Y, Mori T, Sumii M, Nomizu T, Ishioka C
Breast cancer (Tokyo, Japan)   24(2) 336-340   Mar 2017   [Refereed]
[Why Cardio-Oncology Is Necessary Today - From a Viewpoint of the Tumor Internal Medicine].
Ishioka C
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(13) 2048-2051   Dec 2017   [Refereed]
Shirota H, Klinman DM, Ito SE, Ito H, Kubo M, Ishioka C
Cancer immunology research   5(1) 61-71   Jan 2017   [Refereed]
Takahashi M, Takahashi M, Komine K, Yamada H, Kasahara Y, Chikamatsu S, Okita A, Ito S, Ouchi K, Okada Y, Imai H, Saijo K, Shirota H, Takahashi S, Mori T, Shimodaira H, Ishioka C
PloS one   12(6) e0179694   Jun 2017   [Refereed]
Takahashi M, Komine K, Imai H, Okada Y, Saijo K, Takahashi M, Shirota H, Ohori H, Takahashi S, Chiba N, Mori T, Shimodaira H, Ishioka C
PloS one   12(5) e0176972   May 2017   [Refereed]
Development of an HDAC/PI3K dual inhibitor in academia
Saijo Ken, Ishioka Chikashi
ANNALS OF ONCOLOGY   28 49   Oct 2017   [Refereed]
Kohyama A, Fukuda M, Sugiyama S, Yamakoshi H, Kanoh N, Ishioka C, Shibata H, Iwabuchi Y
Organic & biomolecular chemistry   14(45) 10683-10687   Dec 2016   [Refereed]
Zhang X, Shimodaira H, Soeda H, Komine K, Takahashi H, Ouchi K, Inoue M, Takahashi M, Takahashi S, Ishioka C
International journal of clinical oncology   21(6) 1091-1101   Dec 2016   [Refereed]
Shiono M, Takahashi S, Takahashi M, Yamaguchi T, Ishioka C
International journal of clinical oncology   21(6) 1172-1182   Dec 2016   [Refereed]
Causes of Cancer Death Among First-Degree Relatives in Japanese Families with Lynch Syndrome.
Tanakaya K, Yamaguchi T, Ishikawa H, Hinoi T, Furukawa Y, Hirata K, Saida Y, Shimokawa M, Arai M, Matsubara N, Tomita N, Tamura K, Sugano K, Ishioka C, Yoshida T, Ishida H, Watanabe T, Sugihara K, for HNPCC Registry and Genetic Testing Project of the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum.
Anticancer research   36(4) 1985-1989   Apr 2016   [Refereed]
Imai H, Komine K, Takahashi S, Saijo K, Okada Y, Kobayashi A, Okita A, Chikamatsu S, Kasahara Y, Takahashi M, Oishi T, Shirota H, Takahashi M, Shimodaira H, Ishioka C
Chemotherapy   61(5) 262-268   2016   [Refereed]
Kobayashi A, Takahashi M, Imai H, Akiyama S, Sugiyama S, Komine K, Saijo K, Takahashi M, Takahashi S, Shirota H, Sato N, Fujishima F, Shuin T, Shimodaira H, Ishioka C
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(6) 629-634   2016   [Refereed]
Imai H, Shirota H, Okita A, Komine K, Saijo K, Takahashi M, Takahashi S, Takahashi M, Shimodaira H, Ishioka C
Chemotherapy   61(3) 111-116   2016   [Refereed]
Sugiyama S, Yoshino Y, Kuriyama S, Inoue M, Komine K, Otsuka K, Kohyama A, Yamakoshi H, Ishioka C, Tanaka M, Iwabuchi Y, Shibata H
Anti-cancer agents in medicinal chemistry   16(5) 633-647   2016   [Refereed]
Ouchi K, Takahashi S, Yamada Y, Tsuji S, Tatsuno K, Takahashi H, Takahashi N, Takahashi M, Shimodaira H, Aburatani H, Ishioka C
Cancer science   106(12) 1722-1729   Dec 2015   [Refereed]
[Resection of a Huge Gastrointestinal Stromal Tumor of the Stomach Following Neoadjuvant Chemotherapy with Imatinib].
Sato Y, Karasawa H, Aoki T, Imoto H, Tanaka N, Watanabe K, Abe T, Nagao M, Ohnuma S, Musha H, Takahashi M, Motoi F, Naitoh T, Ishioka C, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43(12) 2216-2218   Nov 2016   [Refereed]
Inoue M, Takahashi S, Soeda H, Shimodaira H, Watanabe M, Miura K, Sasaki I, Kato S, Ishioka C
International journal of clinical oncology   20(6) 1147-1155   Dec 2015   [Refereed]
Sugiyama Shunsuke, Ishizuka Mariko, Takahashi Masanobu, Komine Keigo, Imai Hiroo, Saijo Ken, Takahashi Masahiro, Shirota Hidekazu, Takahashi Shin, Shimodaira Hideki, Ishioka Chikashi
INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL   5(4) 163-167   Oct 2016   [Refereed]
Komatsu Y, Ishioka C, Shimada K, Yamada Y, Gamoh M, Sato A, Yamaguchi T, Yuki S, Morita S, Takahashi S, Goto R, Kurihara M
BMC cancer   15 626   Sep 2015   [Refereed]
Ito Shuku-ei A., Shirota Hidekazu, Ishioka Chikashi
CANCER RESEARCH   76    Jul 2016   [Refereed]
Mori T, Sumii M, Fujishima F, Ueno K, Emi M, Nagasaki M, Ishioka C, Chiba N
Cancer science   106(9) 1118-1129   Sep 2015   [Refereed]
Shirota Hidekazu, Klinman Dennis M., Ito Shuku-ei A., Ishioka Chikashi
CANCER RESEARCH   76    Jul 2016   [Refereed]
Takahashi Hidekazu, Takahashi Masanobu, Takahashi Shin, Shimodaira Hideki, Ishioka Chikashi
CANCER RESEARCH   76    Jul 2016   [Refereed]
Nishida Toshirou, Takagi Masakazu, Ozaka Masato, Kitagawa Yuko, Kurokawa Yukinori, Komatsu Yoshito, Ishioka Chikashi, Doi Toshihiko, Cho Haruhiko, Kanda Tetsuo, Sugiyama Toshiro, Sawaki Akira, Kakeji Yoshihiro, Hirai Toshihiro, Hato Shinji, Baba Hideo, Shirao Kuniaki, Hirota Seiichi, Kagimura Tatsuo, Masuzawa Toru
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34(15)    May 2016   [Refereed]
Watanabe G, Ishida T, Furuta A, Takahashi S, Watanabe M, Nakata H, Kato S, Ishioka C, Ohuchi N
The American journal of surgical pathology   39(8) 1026-1034   Aug 2015   [Refereed]
Yoshino Y, Suzuki M, Takahashi H, Ishioka C
Biochemical and biophysical research communications   464(1) 275-280   Aug 2015   [Refereed]
Komine K, Shimodaira H, Takao M, Soeda H, Zhang X, Takahashi M, Ishioka C
Human mutation   36(7) 704-711   Jul 2015   [Refereed]
Tanakaya K, Furukawa Y, Nakamura Y, Hirata K, Tomita N, Tamura K, Sugano K, Ishioka C, Yoshida T, Ishida H, Watanabe T, Sugihara K, HNPCC registry and genetic testing project of the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum., Yamaguchi T, Ishikawa H, Matsubara N, Arai M, Moriya Y
Japanese journal of clinical oncology   45(3) 307-310   Mar 2015   [Refereed]
Saijo K, Imamura J, Narita K, Oda A, Shimodaira H, Katoh T, Ishioka C
Cancer science   106(2) 208-215   Feb 2015   [Refereed]
Development of the new biomarker of colorectal cancer using the comprehensive molecular analyses
Takahashi Shin, Kota Ouchi, Ishioka Chikashi
ANNALS OF ONCOLOGY   26 42   Nov 2015   [Refereed]
Yamaguchi T, Furukawa Y, Nakamura Y, Matsubara N, Ishikawa H, Arai M, Tomita N, Tamura K, Sugano K, Ishioka C, Yoshida T, Moriya Y, Ishida H, Watanabe T, Sugihara K, HNPCC Registry and Genetic Testing Project of the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum.
Japanese journal of clinical oncology   45(2) 153-159   Feb 2015   [Refereed]
TP53 mutation signature can predict prognosis of early lung adenocarcinoma
Yamaguchi Shigeo, Shin Takahashi, Kaoru Mogushi, Misa Imai, Kayo Miura, Chikashi Ishioka, Shunsuke Kato
ANNALS OF ONCOLOGY   26 107   Nov 2015   [Refereed]
Oda A, Saijo K, Ishioka C, Narita K, Katoh T, Watanabe Y, Fukuyoshi S, Takahashi O
Journal of molecular graphics & modelling   54 46-53   Nov 2014   [Refereed]
A retrospective analysis of the efficacy and safety of everolimus in patients with unresectable tumor
Oishi Takayuki, Takahashi Masanobu, Ohuchi Kota, Takahashi Hidekazu, Imai Gen, Takahashi Masahiro, Mori Takahiro, Katou Shunsuke, Shimodaira Hideki, Ishioka Chikashi
ANNALS OF ONCOLOGY   26 121   Nov 2015   [Refereed]
Shiono M, Kobayashi T, Takahashi R, Ueda M, Ishioka C, Hino O
Scientific reports   4 5927   Aug 2014   [Refereed]
Imai H, Kato S, Sakamoto Y, Kakudo Y, Shimodaira H, Ishioka C
Oncology reports   31(3) 1043-1050   Mar 2014   [Refereed]
Mori Takahiro, Sumii Makiko, Fujishima Fumiyoshi, Ueno Kazuko, Nagasaki Masao, Ishioka Chikashi, Chiba Natsuko
CANCER RESEARCH   75    Aug 2015   [Refereed]
Matsuzawa A, Kanno S, Nakayama M, Mochiduki H, Wei L, Shimaoka T, Furukawa Y, Kato K, Shibata S, Yasui A, Ishioka C, Chiba N
Molecular cell   53(1) 101-114   Jan 2014   [Refereed]
Gamoh Makio, Sugimoto Naotoshi, Miwa Hiroto, Tsuda Masahiro, Nishina Shinichi, Okuda Hiroyuki, Imamura Hiroshi, Matsuyama Jin, Shimokawa Toshio, Sakai Daisuke, Kurokawa Yukinori, Komatsu Yoshito, Tsujinaka Toshimasa, Ishioka Chikashi, Furukawa Hiroshi
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32(3)    Jan 2014   [Refereed]
Soeda H, Shimodaira H, Gamoh M, Ando H, Isobe H, Suto T, Takahashi S, Kakudo Y, Amagai K, Mori T, Watanabe M, Yamaguchi T, Kato S, Ishioka C
Oncology   87(1) 7-20   2014   [Refereed]
Shiono M, Takahashi S, Kakudo Y, Takahashi M, Shimodaira H, Kato S, Ishioka C
PloS one   9(3) e91335   Mar 2014   [Refereed]
[Development of biomarkers for molecular target drugs].
Saijo K, Ishioka C
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73(8) 1308-1312   Aug 2015   [Refereed]
Shibahara I, Sonoda Y, Saito R, Kanamori M, Yamashita Y, Kumabe T, Watanabe M, Suzuki H, Watanabe T, Ishioka C, Tominaga T
Neuro-oncology   15(9) 1151-1159   Sep 2013   [Refereed]
Soeda H, Shimodaira H, Watanabe M, Suzuki T, Gamoh M, Mori T, Komine K, Iwama N, Kato S, Ishioka C
International journal of clinical oncology   18(4) 670-677   Aug 2013   [Refereed]
ReGISTry Study of High Risk GIST Patients After Complete Resection: The adjuvant therapy and pathological diagnosis in Japan.
Nishida Toshirou, Kitagawa Yuko, Kurokawa Yukinori, Komatsu Yoshito, Ishioka Chikashi, Doi Toshihiko, Yamada Yasuhide, Ozaka Masato, Cho Haruhiko, Kanda Tetsuo, Sugiyama Toshiro, Sawaki Akira, Kakeji Yoshihiro, Hirai Toshihiro, Hato Shinji, Baba Hideo, Shirao Kuniaki, Hirota Seiichi, Kagimura Tatsuo
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33(15)    May 2015   [Refereed]
Towler WI, Zhang J, Ransburgh DJ, Toland AE, Ishioka C, Chiba N, Parvin JD
Human mutation   34(3) 439-445   Mar 2013   [Refereed]
Prognostic significance of tumor-infiltrating CD8+and FOXP3+lymphocytes in residual tumors and alterations in these parameters after neoadjuvant chemotherapy in triple-negative breast cancer.
Miyashita Minoru, Sasano Hironobu, Tamaki Kentaro, Hirakawa Hisashi, Watanabe Gou, Tada Hiroshi, Suzuki Akihiko, Ishida Takanori, Ishioka Chikashi, Ohuchi Noriaki
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33(15)    May 2015   [Refereed]
Takahashi M, Kakudo Y, Takahashi S, Sakamoto Y, Kato S, Ishioka C
Cancer medicine   2(1) 1-10   Feb 2013   [Refereed]
DNA methylation profile to predict clinical outcome of anti-EGFR treatment in metastatic colorectal cancer.
Ouchi Kota, Takahashi Shin, Yamada Yasuhide, Tsuji Shingo, Tatsuno Kenji, Takahashi Hidekazu, Takahashi Naoki, Takahashi Masanobu, Shimodaira Hideki, Aburatani Hiroyuki, Ishioka Chikashi
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33(15)    May 2015   [Refereed]
Practical utility of circulating tumour cells as biomarkers in cancer chemotherapy for advanced colorectal cancer.
Otsuka K, Imai H, Soeda H, Komine K, Ishioka C, Shibata H
Anticancer research   33(2) 625-629   Feb 2013   [Refereed]
[Present status and future prospect of the chemotherapy for ampullary cancer].
Imai H, Ishioka C
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73 Suppl 3 737-740   Mar 2015   [Refereed]
Leroy B, Fournier JL, Ishioka C, Monti P, Inga A, Fronza G, Soussi T
Nucleic acids research   41(Database issue) D962-9   Jan 2013   [Refereed]
[The survey for anti-emetic guideline by using questioner].
Saeki T, Tamura K, Aiba K, Aogi K, Iino K, Imamura C, Eguchi K, Okita K, Kagami Y, Tanaka R, Nakagawa K, Fujii H, Boku N, Matsuura K, Wada M, Akechi T, Kakudo Y, Kim YI, Sasaki H, Shima Y, Takeda M, Nagasaki E, Nishidate T, Saito M, Ashikaga Y, Tanigawara Y, Hirata K, Ishioka C, Nishiyama M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42(3) 305-311   Mar 2015   [Refereed]
Kawai S, Kato S, Imai H, Okada Y, Ishioka C
Oncology reports   29(1) 13-20   Jan 2013   [Refereed]
Takahashi M, Furukawa Y, Shimodaira H, Sakayori M, Moriya T, Moriya Y, Nakamura Y, Ishioka C
Familial cancer   11(4) 559-564   Dec 2012   [Refereed]
[Comprehensive geriatric assessment for elderly patients with cancer].
Takahashi M, Ishioka C
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73 Suppl 2 701-705   Feb 2015   [Refereed]
Shibahara I, Sonoda Y, Kanamori M, Saito R, Yamashita Y, Kumabe T, Watanabe M, Suzuki H, Kato S, Ishioka C, Tominaga T
International journal of clinical oncology   17(6) 551-561   Dec 2012   [Refereed]
[Points of management for elderly patients in chemotherapy].
Komine K, Ishioka C
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73 Suppl 2 51-56   Feb 2015   [Refereed]
Saijo K, Katoh T, Shimodaira H, Oda A, Takahashi O, Ishioka C
Cancer science   103(11) 1994-2001   Nov 2012   [Refereed]
Sugiyama Shunsuke, Ishioka Chikashi, Shibata Hiroyuki
CANCER RESEARCH   74(19)    Oct 2014   [Refereed]
Nomizu T, Sakuma T, Yamada M, Matsuzaki M, Katagata N, Watanabe F, Nihei M, Ishioka C, Takenoshita S, Abe R
Breast cancer (Tokyo, Japan)   19(3) 270-274   Jul 2012   [Refereed]
Takahashi Shin, Fukui Takafumi, Gondo Nobuhisa, Ishida Takanori, Ouchi Noriaki, Nomizu Tadashi, Kakugawa Yoichiro, Ishioka Chikashi
ANNALS OF ONCOLOGY   25    Oct 2014   [Refereed]
Yasuda K, Kato S, Sakamoto Y, Watanabe G, Mashiko S, Sato A, Kakudo Y, Ishioka C
Oncology letters   3(5) 978-982   May 2012   [Refereed]
Akiyama Shoko, Kumasaka Kanako, Miyashita Mitsunori, Gamoh Makio, Kobayashi Seiichi, Chubachi Seiji, Ishii Hiroshi, Sato Yuko, Mori Takahiro, Ishioka Chikashi
ANNALS OF ONCOLOGY   25    Oct 2014   [Refereed]
Kato S, Andoh H, Gamoh M, Yamaguchi T, Murakawa Y, Shimodaira H, Takahashi S, Mori T, Ohori H, Maeda S, Suzuki T, Kato S, Akiyama S, Sasaki Y, Yoshioka T, Ishioka C, Tohoku Clinical Oncology Research and Education.
Oncology   83(2) 101-107   2012   [Refereed]
Oishi Takayuki, Takahashi Masanobu, Shiono Masatoshi, Takahashi Shin, Akiyama Shoko, Shirota Hidekazu, Shimodaira Hideki, Kato Shunsuke, Ishioka Chikashi
ANNALS OF ONCOLOGY   25    Oct 2014   [Refereed]
Watanabe M, Baba H, Ishioka C, Nishimura Y, Muto M
Digestion   85(2) 95-98   2012   [Refereed]
EFFICACY AND SAFETY OF PAZOPANIB FOR UNRESECTABLE SOFT TISSUE SARCOMA: A RETROSPECTIVE STUDY
Ito Shukuei, Takahashi Masanobu, Sugiyama Shunsuke, Saijyou Ken, Soeda Hiroshi, Chiba Natuko, Mori Takahiro, Shimodaira Hideki, Katou Shunsuke, Ishioka Chikashi
ANNALS OF ONCOLOGY   25    Oct 2014   [Refereed]
Novel curcumin analogs, GO-Y030 and GO-Y078, are multi-targeted agents with enhanced abilities for multiple myeloma.
Kudo C, Yamakoshi H, Sato A, Ohori H, Ishioka C, Iwabuchi Y, Shibata H
Anticancer research   31(11) 3719-3726   Nov 2011   [Refereed]
Combined analysis of retrospective and prospective studies to evaluate the significance of FC alpha receptor polymorphisms in response to cetuximab plus irinotecan therapy for chemorefractory Japanese patients with advanced and/or metastatic colorectal ca
Shimodaira Hideki, Soeda Hiroshi, Komine Keigo, Inoue Masahiro, Takahashi Masanobu, Takahashi Shin, Watanabe Mika, Kato Shunsuke, Gamoh Maklo, Ishioka Chikashi
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32(15)    May 2014   [Refereed]
Wei L, Lan L, Yasui A, Tanaka K, Saijo M, Matsuzawa A, Kashiwagi R, Maseki E, Hu Y, Parvin JD, Ishioka C, Chiba N
Cancer science   102(10) 1840-1847   Oct 2011   [Refereed]
TP53-mutation status by gene-expression signature (TP53 signature) and prediction of efficacy of neoadjuvant chemotherapy (NAC) and recurrence after surgery in breast cancer
Takahashi Shin, Fukui Takafumi, Gondo Nobuhisa, Ishida Takanori, Ouchi Noriaki, Nomizu Tadashi, Kakugawa Yoichiro, Ishioka Chikashi
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32(15)    May 2014   [Refereed]
Soeda H, Shimodaira H, Watanabe M, Suzuki T, Gamo M, Takahashi M, Komine K, Kato S, Ishioka C
Molecular and clinical oncology   2(3) 356-362   May 2014   [Refereed]
Sato A, Kudo C, Yamakoshi H, Uehara Y, Ohori H, Ishioka C, Iwabuchi Y, Shibata H
Cancer science   102(5) 1045-1051   May 2011   [Refereed]
Sakamoto Y, Kato S, Takahashi M, Okada Y, Yasuda K, Watanabe G, Imai H, Sato A, Ishioka C
Cancer science   102(4) 799-807   Apr 2011   [Refereed]
Yamakoshi H, Kanoh N, Kudo C, Sato A, Ueda K, Muroi M, Kon S, Satake M, Ohori H, Ishioka C, Oshima Y, Osada H, Chiba N, Shibata H, Iwabuchi Y
ACS medicinal chemistry letters   1(6) 273-276   Sep 2010   [Refereed]
Shimbo T, Fukui T, Ishioka C, Okamoto K, Okamoto T, Kameoka S, Sato A, Toi M, Matsui K, Mayumi T, Saji S, Miyazaki M, Takatsuka Y, Hirata K
International journal of clinical oncology   15(3) 227-233   Jun 2010   [Refereed]

Misc

 
石岡千加史, 石岡千加史
東北医学雑誌   130(1) 20‐25   Jun 2018
石岡千加史
循環器内科   83(6) 489‐494-494   Jun 2018
石岡 千加史
循環器内科 = Cardioangiology   83(6) 489-494   Jun 2018
がん薬物療法の効果の認識による看取り場所の希望と実際
佐藤 悠子, 大石 隆之, 高橋 昌宏, 宮下 光令, 石岡 千加史
Palliative Care Research   13(Suppl.) S421-S421   Jun 2018
『頭頸部がん治療の新しい展開』 がん薬物療法の進歩と課題 頭頸部がんを中心に
石岡 千加史
東北医学雑誌   130(1) 20-25   Jun 2018
頭頸部がんには種々の部位に種々の組織型の悪性腫瘍が発症するが、このうち頻度が高いのは口腔、咽頭および喉頭に発生する扁平上皮癌(頭頸部扁平上皮癌)である。その60%は初診時に進行期に発見され、予後不良である。多くの患者に対して手術、放射線治療および薬物療法を併用する集学的治療が行われるが、長年、局所制御、再発抑制、生命予後の点で十分な治療成績の向上が認められず、治療による臓器機能障害や急性および晩期毒性の課題が大きいために新しい治療法の開発が求められてきた。最近、がん分子標的治療薬セツキシマ...
多遺伝子アッセイの現状と展望 早期乳がん予後予測バイオマーカーTP53 signatureの簡易測定法の開発と分子生物学的意義
山口 茂夫, 高橋 信, 石田 孝宣, 角川 陽一郎, 野水 整, 大内 憲明, 加藤 俊介, 石岡 千加史
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 277-277   May 2018
近松園子, 西條憲, 今井源, 成田紘一, 加藤正, 石岡千加史
日本がん分子標的治療学会学術集会プログラム・抄録集   22nd 140   Apr 2018
Y. Yamada, T. Denda, M. Gamoh, I. Iwanaga, S. Yuki, H. Shimodaira, M. Nakamura, T. Yamaguchi, H. Ohori, K. Kobayashi, M. Tsuda, Y. Kobayashi, Y. Miyamoto, M. Kotake, K. Shimada, A. Sato, S. Morita, S. Takahashi, Y. Komatsu, C. Ishioka
Annals of Oncology   29 624-631   Mar 2018
© The Author(s) 2017. Published by Oxford University Press on behalf of the European Society for Medical Oncology. All rights reserved. Background: Combination therapy with oral fluoropyrimidine and irinotecan has not yet been established as first...
川村佳史, 西條憲, 今井源, 城田英和, 近松園子, 岡田佳也, 笠原佑記, 梅垣翔, 高橋雅信, 石岡千加史
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 270-270   Feb 2018
梅垣翔, 高橋信, 平出桜, 沖田啓, 笠原佑記, 大内康太, 西條憲, 高橋昌宏, 高橋雅信, 石岡千加史
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 272-272   Feb 2018
平出桜, 小峰啓吾, 川村佳史, 山田英晴, 沖田啓, 佐藤悠子, 西條憲, 高橋昌宏, 高橋雅信, 石岡千加史
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 269-269   Feb 2018
山口茂夫, 高橋信, 石田孝宣, 角川陽一郎, 野水整, 大内憲明, 加藤俊介, 石岡千加史
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   26th 277   2018
大内康太, 高橋信, 近松園子, 伊藤祝栄, 高橋義和, 高橋昌宏, 城田英和, 高橋雅信, 蒲生真紀夫, 石岡千加史
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 230-230   Feb 2018
石岡 千加史
日本臨床 = Japanese journal of clinical medicine   75(9) 1311-1315   Sep 2017
Hiroo Imai, Ken Saijo, Hideharu Yamada, Kota Ohuchi, Yoshinari Okada, Keigo Komine, Masahiro Takahashi, Shin Takahashi, Masanobu Takahashi, Hideki Shimodaira, Chikashi Ishioka
Journal of Bone Oncology   6 37-40   Mar 2017
© 2017 The Authors Background Bone is a metastatic site for various types of cancer. Cancer patients in whom bone metastases progress often have skeletal-related events (SREs). Denosumab and zoledronic acid are both bone-modifying agents that prev...
Takuya Kikuchi, Koichi Narita, Ken Saijo, Chikashi Ishioka, Tadashi Katoh
European Journal of Organic Chemistry   2016 5659-5666   Dec 2016
© 2016 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim The biologically interesting marine meroterpenoids (–)-siphonodictyal B and (+)-8-epi-siphonodictyal B were efficiently synthesized in 29–40 % overall yield in a longest linear sequence of 11 ste...
がん薬物療法時の腎障害診療ガイドライン2016
柏原 直樹, 大家 基嗣, 岡田 浩一, 南学 正臣, 武藤 智, 福田 喜美子, 織田 美佐緒, 多田 千春, 西澤 展美, 堀江 重郎, 安田 宜成, 小松 康宏, 柳田 素子, 北川 雄光, 桑野 博行, 西山 博之, 石岡 千加史, 高石 官均, 下平 秀樹, 茂木 晃, 安藤 雄一, 松本 光史, 門脇 大介, 福井 次矢, 中山 健夫, 杉浦 正一郎, 高畑 創平, 長谷川 正宇, 近藤 尚哉, 水野 隆一, 塚本 達雄, 松原 雄, 比良野 圭太, 河合 弘二, 酒井 真, 染谷 健次, 浜本 康夫, 足立 雅之, 堀部 昌靖, 川崎 健太, 松岡 歩, 加藤 有紀子, 猿渡 淳二, 日本腎臓学会,日本癌治療学会,日本臨床腫瘍学会,日本腎臓病薬物療法学会
日本腎臓学会誌   58(7) 985-1050   Oct 2016
菊地 正史, 小林 美奈子, 中川 直人, 木皿 重樹, 松浦 正樹, 久道 周彦, 山田 卓郎, 佐々木 孝雄, 石岡 千加史, 眞野 成康
日本病院薬剤師会雑誌   52(12) 1493-1498   Dec 2016
がん化学療法の外来化が進むなかで、安全で安心ながん治療の提供には、保険薬局を含めた地域における多職種連携が重要となっている。東北大学病院では、患者情報とがん化学療法の基礎知識の共有を目的に、がんの治療手帳(以下、治療手帳)を作成するとともに、宮城県薬剤師会と宮城県各地域における多職種連携セミナー(以下、セミナー)を開催した。治療手帳は、アンケート調査に基づく保険薬局薬剤師が必要とする情報ばかりか、患者自らが副作用の発現状況や経口抗がん薬の服薬状況を記入できる情報共有ツールとなった。また、セ...
石岡千加史, 石岡千加史
腎と透析   83(5) 733‐736-736   Nov 2017
石岡 千加史
癌と化学療法   44(13) 2048-2051   Dec 2017
最近、心血管系疾患を合併するがん患者や治療経過中に心血管系障害を発症するがん患者が増えている。がんと心血管系疾患は日本人の死因の二大疾患であり、これらはその発症リスク因子に加齢があり、社会の高齢化とともにこれらを併存するがん患者はますます増加すると予測される。最近、cardio-oncology(あるいはonco-cardiology)という新しい学問体系も確立しつつあり、腫瘍内科医と循環器内科医の協力が欠かせなくなっている。(著者抄録)
【がん転移学(上)-がん転移のメカニズムと治療戦略:その基礎と臨床-】 がん転移の臨床(研究) 転移がんの治療 薬物療法総論
石岡 千加史
日本臨床   75(増刊8 がん転移学(上)) 294-299   Nov 2017
TRICOLORE 切除不能大腸癌に対するmFOLFOX6/CapeOX+BevとS-1/CPT-11+Bevとの第3相試験
岩永 一郎, 岩佐 悟, 高畑 武功, 天貝 賢二, 倉持 英和, 辻 靖, 的場 周一郎, 有岡 仁, 江藤 和範, 畑中 一映, 石岡 千加史, 嶋田 顕, 山口 達郎, 森田 智視, 小松 嘉人
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 O30-2   Oct 2017
骨転移を伴う消化器癌及び希少がん患者における、デノスマブとゾレドロン酸の効果比較
川村 佳史, 今井 源, 西條 憲, 小峰 啓吾, 岡田 佳也, 大内 康太, 山田 英晴, 高橋 昌宏, 高橋 信, 高橋 雅信, 城田 英和, 石岡 千加史
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P40-6   Oct 2017
Precision medicineに関する臨床試験デザインの問題点
石岡 千加史
がん分子標的治療   15(3) 326-328   Oct 2017
進行・再発尿膜管癌に対しFOLFIRIおよびmFOLFOX6療法を施行した5症例の検討
平出 桜, 小峰 啓吾, 佐藤 悠子, 大内 康太, 岡田 佳也, 今井 源, 西條 憲, 高橋 昌宏, 高橋 信, 城田 英和, 高橋 雅信, 石岡 千加史
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P50-1   Oct 2017
重要性を増すCardio-Oncology 腫瘍内科の立場から
石岡 千加史, 山田 英晴, 小峰 啓吾, 高橋 雅信
臨床薬理   48(Suppl.) S159-S159   Nov 2017
勤務医のページ 患者申出療養と臨床研究中核病院の役割
石岡 千加史
宮城県医師会報   (845) 400-402   Jun 2016
DPCデータを用いたDPC算定病床におけるがん患者の緩和医療の質
佐藤 悠子, 石岡 千加史, 藤森 研司, 石川 光一, 佐藤 一樹, 宮下 光令
Palliative Care Research   11(Suppl.) S316-S316   Jun 2016
がん分子標的治療薬の分子基盤と臨床応用 進行大腸癌の新しい分子標的薬とバイオマーカーの開発
石岡 千加史, 西條 憲, 高橋 信, 大内 康太, 今井 源, 高橋 雅信
日本癌学会総会記事   76回 S5-6   Sep 2017
【がん分子標的薬の効果と副作用-期待される効果と評価-】 総論 発展するがん分子標的治療 課題と将来展望
石岡 千加史
日本臨床   75(9) 1311-1315   Sep 2017
切除不能・再発骨軟部肉腫に対するゲムシタビン+ドセタキセル療法の効果・安全性に関する後方視的検討
高橋 雅信, 小林 輝大, 沖田 啓, 岡田 佳也, 今井 源, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   105(Suppl.) 193-193   Feb 2016
FcγIIBの腫瘍微小環境形成への役割
笠原 佑記, 城田 英和, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   76回 P-1221   Sep 2017
高齢進行再発消化器癌患者におけるG8スクリーニングツール
高橋 昌宏, 小林 輝大, 沖田 啓, 佐藤 悠子, 高橋 信, 高橋 雅信, 城田 英和, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   105(Suppl.) 232-232   Feb 2016
Consensus Molecular Subtypes(CMS)は抗EGFR抗体薬の治療効果予測因子となる
沖田 啓, 高橋 信, 大内 康太, 山田 康秀, 高橋 雅信, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   76回 P-2212   Sep 2017
HER2陽性進行・再発胃癌に対するtrastuzumab併用化学療法に関する検討
梅垣 翔, 沖田 啓, 今井 源, 高橋 秀和, 大堀 久詔, 大内 康太, 蒲生 真紀夫, 山田 英晴, 笠原 佑記, 近松 園子, 高橋 昌宏, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P84-5   Oct 2017
食道癌における、ドセタキセル耐性患者に対する、パクリタキセルの効果安全性に関する後方視的解析
沖田 啓, 今井 源, 近松 園子, 笠原 佑記, 小林 輝大, 伊藤 祝栄, 大石 隆之, 佐藤 悠子, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   105(Suppl.) 233-233   Feb 2016
心嚢内に発生したmalignant peripheral nerve sheath tumor(MPNST)の1例
樋口 慧, 大田 英揮, 川本 俊輔, 齋木 佳克, 山内 康太, 石岡 千加史, 渡辺 みか, 谷内 真司, 高瀬 圭
日独医報   62(1) 80-80   Sep 2017
多標的キナーゼ阻害薬としてのテルペノイド類化合物の同定とその特徴
近松 園子, 西條 憲, 今井 源, 成田 紘一, 加藤 正, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   76回 P-2349   Sep 2017
切除不能膵癌におけるGemcitabine、nab-Paclitaxel併用療法の有効性および安全性に関する後方視的検討
岡田 佳也, 小峰 啓吾, 今井 源, 西條 憲, 高橋 昌宏, 高橋 信, 高橋 雅信, 城田 英和, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   105(Suppl.) 233-233   Feb 2016
切除不能進行再発大腸癌におけるTAS-102とregorafenib投与例の効果と安全性に関する後方視的検討
笠原 佑記, 小峰 啓吾, 下平 秀樹, 城田 英和, 高橋 雅信, 高橋 信, 高橋 昌宏, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   105(Suppl.) 240-240   Feb 2016
固形がんに合併したDICに対するヒト組換え型トロンボモジュリンの効果(後方視的検討)
近松 園子, 高橋 信, 伊藤 祝栄, 佐藤 悠子, 大石 隆之, 西條 憲, 高橋 雅信, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   105(Suppl.) 273-273   Feb 2016
Multiplex RT-PCR法を利用したTP53 signatureによる予後予測方法の開発
高橋 信, 野水 整, 角川 陽一郎, 山口 茂夫, 加藤 俊介, 石田 孝宣, 大内 憲明, 石岡 千加史
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 291-291   Jul 2017
西條 憲, 石岡 千加史
産科と婦人科   83(1) 63-68   Jan 2016
分子標的治療薬は、適切な症例に投与された場合、がん細胞の生物学的特性に基づいた作用機序を介して、従来の化学療法薬との比較においてもきわめて優れた治療効果をもたらす。しかしながら、その欠点として化学療法薬とは異なったプロファイルの有害事象を生じることや、高額な薬剤費による費用対効果の問題がある。その解決策として、薬剤開発に付随した優れたバイオマーカーの開発が重要視されている。(著者抄録)
多遺伝子発現解析装置N-counterを用いたTP53 signatureによる予後予測検査キットの開発
山口 茂夫, 高橋 信, 加藤 俊介, 石田 孝宣, 角川 陽一郎, 野水 整, 大内 憲明, 石岡 千加史
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 291-291   Jul 2017
田中屋 宏爾, 古川 洋一, 吉田 輝彦, 山口 達郎, 松原 長秀, 平田 敬治, 斉田 芳久, 新井 正美, 石川 秀樹, 石岡 千加史, 田村 和朗, 菅野 康吉, 冨田 尚裕, 石田 秀行, 渡邉 聡明, 杉原 健一
家族性腫瘍   16(1) 19-22   Jan 2016
大腸癌研究会のリンチ症候群(LS)に対するこれまでの活動と今後の展望について報告する.大腸癌研究会は1973年に設立された.1991年にはLSの本邦拾い上げ基準を策定しLSを疑う症例を集積した.1997年から2010年にかけて「HNPCCの登録と遺伝子解析」プロジェクト研究を行った.2012年には遺伝性大腸癌診療ガイドラインを刊行した.LSにおける様々な課題を克服するには,関連する組織と連携した取り組みが必要である.(著者抄録)
【薬剤性腎障害 発症を疑ったときの実践的アプローチ】 いかに考え対応するか! 薬剤性腎障害が疑われる各種患者への実践アプローチ! ベバシズマブを投与中の大腸癌患者
山田 英晴, 高橋 雅信, 石岡 千加史
薬局   68(6) 2478-2483   May 2017
<Key Points>ベバシズマブは、大腸癌のはじめさまざまながん腫に広く用いられているが、血管新生阻害作用に由来する特徴的な有害事象がある。血清クレアチニン値上昇の頻度は低いが、タンパク尿や高血圧は高頻度に認められる。ベバシズマブを含む薬物療法において、減量や休薬、中止などの適切なマネジメントを行えば重度の腎障害の発症リスクは低いと考えられる。(著者抄録)
Tanakaya Kohji, Ishioka Chikashi, Tamura Kazuo, Sugano Kokichi, Tomita Naohiro, Ishida Hideyuki, Watanabe Toshiaki, Sugihara Kenichi, Furukawa Yoichi, Yoshida Teruhiko, Yamaguchi Tatsuro, Matsubara Nagahide, Hirata Keiji, Saida Yoshihisa, Arai Masami, Ishikawa Hideki
JOURNAL OF FAMILIAL TUMORS   16(1) 19‐22(J‐STAGE)-22   2016
We herein describe the recent trends in treating Lynch syndrome (LS) over the past years conducted by the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum (JSCCR) and discuss the current controversies and future prospects. The JSCCR was establi...
OLA1とBRCA1/BARD1二量体の協調的な中心体制御と発がん機構
藤田 拡樹, 吉野 優樹, 阿部 舜, 齋 匯成, 小宮山 裕平, 石岡 千加史, 千葉 奈津子
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2LBA059]-[2LBA059]   Dec 2015
リンチ症候群の発がん臓器とがん死因からみた大腸癌の位置づけとマネジメント:大腸癌研究会多施設共同研究
田中屋 宏爾, 山口 達郎, 石川 秀樹, 古川 洋一, 吉田 輝彦, 松原 長秀, 平田 敬治, 斉田 芳久, 隈元 謙介, 新井 正美, 石岡 千加史, 田村 和朗, 菅野 康吉, 冨田 尚裕, 石田 秀行, 渡邉 聡明, 杉原 健一
日本大腸肛門病学会雑誌   70(5) 343-343   May 2017
ヒト食道扁平上皮癌でのBAP1遺伝子変異は脱ユビキチン化能を低下させ細胞内局在を変化させる
森 隆弘, 千葉 奈津子, 江見 充, 石岡 千加史, 藤島 史喜
日本癌学会総会記事   74回 E-1015   Oct 2015
リンチ症候群の大腸発癌に及ばす飲酒と喫煙の影響 大腸癌研究会多施設共同研究
隈元 謙介, 田中屋 宏爾, 檜井 孝夫, 山口 達郎, 石川 秀樹, 古川 洋一, 吉田 輝彦, 松原 長秀, 平田 敬治, 新井 正美, 石岡 千加史, 田村 和朗, 菅野 康吉, 冨田 尚裕, 石田 秀行, 渡邉 聡明, 杉原 健一
日本大腸肛門病学会雑誌   70(5) 361-361   May 2017
Glycogen synthase kinase-3β阻害薬による中心体異常と分裂期細胞死の誘導
吉野 優樹, 千葉 奈津子, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   74回 J-1086   Oct 2015
本邦のリンチ症候群発端者における初発大腸癌と異時性大腸癌発生の臨床病理学的特徴 大腸癌研究会多施設共同研究
三口 真司, 檜井 孝夫, 田中屋 宏爾, 山口 達郎, 石川 秀樹, 古川 洋一, 吉田 輝彦, 松原 長秀, 平田 敬治, 新井 正美, 石岡 千加史, 田村 和朗, 菅野 康吉, 冨田 尚裕, 石田 秀行, 渡邉 聡明, 杉原 健一
日本大腸肛門病学会雑誌   70(5) 361-361   May 2017
濾胞性ヘルパーT細胞から産生されるIL-4は抗腫瘍免疫を抑制する
城田 英和, Klinman Dennis, 伊藤 祝栄, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   74回 P-1071   Oct 2015
網羅的遺伝子発現解析による進行・再発大腸癌の免疫学的特徴の検討
笠原 佑記, 城田 英和, 井上 正広, 高橋 信, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 236-236   Feb 2017
腫瘍微小環境におけるIL-4の役割と抗腫瘍治療効果
伊藤 祝栄, 城田 英和, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   74回 P-1072   Oct 2015
消化器癌及び希少がんの骨転移患者の骨関連事象予防に関するデノスマブとゾレドロン酸の効果比較
近松 園子, 今井 源, 西條 憲, 小峰 啓吾, 岡田 佳也, 大内 康太, 山田 英晴, 高橋 昌宏, 高橋 雅信, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 236-236   Feb 2017
OLA1はBRCA1、BARD1とともに中心体数を制御する
藤田 拡樹, 吉野 優樹, 石岡 千加史, 千葉 奈津子
日本癌学会総会記事   74回 P-1171   Oct 2015
網羅的遺伝子発現解析による進行・再発大腸癌の免疫学的特徴の検討
笠原 佑記, 城田 英和, 井上 正広, 高橋 信, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 236-236   Feb 2017
HER2陽性胃癌に対するTrastuzumab併用化学療法に関する検討
沖田 啓, 今井 源, 高橋 秀和, 高橋 昌宏, 大内 康太, 山田 英晴, 笠原 佑記, 近松 園子, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 237-237   Feb 2017
ナショナルデータベースを用いた緩和ケアの質評価 予備的研究
佐藤 悠子, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   74回 P-2376   Oct 2015
消化器癌及び希少がんの骨転移患者の骨関連事象予防に関するデノスマブとゾレドロン酸の効果比較
近松 園子, 今井 源, 西條 憲, 小峰 啓吾, 岡田 佳也, 大内 康太, 山田 英晴, 高橋 昌宏, 高橋 雅信, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 236-236   Feb 2017
進行肉腫に対するpazopanib、trabectedin及びeribulin単剤治療の効果と安全性に関する後方視的解析
山田 英晴, 小峰 啓吾, 高橋 雅信, 伊藤 祝栄, 今井 源, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 263-263   Feb 2017
分子標的治療薬導入による固形がん薬物療法の進歩
石岡 千加史
日本癌学会総会記事   74回 ML16-ML16   Oct 2015
HER2陽性胃癌に対するTrastuzumab併用化学療法に関する検討
沖田 啓, 今井 源, 高橋 秀和, 高橋 昌宏, 大内 康太, 山田 英晴, 笠原 佑記, 近松 園子, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 237-237   Feb 2017
デプシペプチド類縁体のPI3K阻害剤としての特性に関する検討
西條 憲, 成田 紘一, 下平 秀樹, 加藤 正, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   74回 P-3341   Oct 2015
進行肉腫に対するpazopanib、trabectedin及びeribulin単剤治療の効果と安全性に関する後方視的解析
山田 英晴, 小峰 啓吾, 高橋 雅信, 伊藤 祝栄, 今井 源, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 263-263   Feb 2017
前立腺 前立腺がんのバイオマーカー探索 前立腺がんにおけるP53変異予測発現プロファイルの予後予測の有用性
山口 茂夫, 高橋 信, 茂櫛 薫, 今井 美沙, 影山 俊一郎, 三浦 佳代, 石岡 千加史, 加藤 俊介
日本癌治療学会誌   50(3) 37-37   Sep 2015
ドセタキセル耐性食道扁平上皮癌に対するパクリタキセルの効果および安全性の検討
今井 源, 小峰 啓吾, 西條 憲, 高橋 昌宏, 高橋 信, 高橋 雅信, 石岡 千加史
日本癌治療学会誌   50(3) 851-851   Sep 2015
切除不能進行再発大腸癌に対するregorafenibとTAS102の治療効果に関する後方視的検討
小峰 啓吾, 小林 輝大, 伊藤 祝栄, 大石 隆之, 岡田 佳也, 今井 源, 西條 憲, 高橋 昌宏, 高橋 雅信, 高橋 信, 城田 英和, 千葉 奈津子, 下平 秀樹, 森 隆弘, 石岡 千加史
日本癌治療学会誌   50(3) 2417-2417   Sep 2015
イマチニブによる術前化学療法が奏効した胃巨大GISTの1切除例
佐藤 好宏, 唐澤 秀明, 青木 豪, 井本 博文, 田中 直樹, 渡辺 和宏, 阿部 友哉, 長尾 宗紀, 大沼 忍, 武者 宏昭, 高橋 雅信, 元井 冬彦, 内藤 剛, 石岡 千加史, 海野 倫明
癌と化学療法   43(12) 2216-2218   Nov 2016
症例は72歳、女性。腹部膨満感を主訴に前医を受診した。腹部CTで腹腔内正中から左側に最大径27cmの巨大な腫瘍を認めた。PET-CTでSUVmax11.6のFDGの集積亢進を認め、EUS-FNAでc-kit陽性を示しgastrointestinal stromal tumor(GIST)と診断された。十二指腸や膵臓、脾臓への進展による多臓器合併切除の可能性が考えられ、イマチニブによる術前療法を行う方針とした。6ヵ月投与後のCTで最大径14cmまで縮小し、FDGの集積はSUVmax2.0まで...
東北大学病院腫瘍内科における神経内分泌癌への白金製剤+エトポシド併用療法の検討
沖田 啓, 今井 源, 笠原 佑記, 近松 園子, 大石 隆之, 岡田 佳也, 小峰 啓吾, 西條 憲, 高橋 昌宏, 高橋 信, 高橋 雅信, 城田 英和, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本癌治療学会誌   50(3) 2559-2559   Sep 2015
イマチニブによる術前化学療法が奏効した胃巨大GISTの1切除例
佐藤 好宏, 唐澤 秀明, 青木 豪, 井本 博文, 田中 直樹, 渡辺 和宏, 阿部 友哉, 長尾 宗紀, 大沼 忍, 武者 宏昭, 高橋 雅信, 元井 冬彦, 内藤 剛, 石岡 千加史, 海野 倫明
癌と化学療法   43(12) 2216-2218   Nov 2016
症例は72歳、女性。腹部膨満感を主訴に前医を受診した。腹部CTで腹腔内正中から左側に最大径27cmの巨大な腫瘍を認めた。PET-CTでSUVmax11.6のFDGの集積亢進を認め、EUS-FNAでc-kit陽性を示しgastrointestinal stromal tumor(GIST)と診断された。十二指腸や膵臓、脾臓への進展による多臓器合併切除の可能性が考えられ、イマチニブによる術前療法を行う方針とした。6ヵ月投与後のCTで最大径14cmまで縮小し、FDGの集積はSUVmax2.0まで...
佐藤 悠子, 宮下 光令, 藤森 研司, 中谷 純, 藤本 容子, 栗原 誠, 佐藤 一樹, 石岡 千加史
Palliative Care Research   10(3) 177-185   Sep 2015
【目的】「DPC導入の影響評価に係る調査(以下,DPCデータ)」を用いた終末期医療の調査方法を検討する.【対象と方法】2010年8月〜2012年12月に東北大学病院入院中に死亡した5大がん患者を対象に,終末期の診療行為の頻度をDPCデータから集計した.【結果】対象311例のうち,緩和ケア病棟死亡例は147例であった.各頻度は,死亡前30日以内の化学療法(緩和0%,一般27%),14日以内のICU入室(0%,2%),延命処置(0%,3%),リハビリ(26%,10%)緊急入院(2%,27%),...
【固形がんの分子標的薬-基礎研究から創薬・開発・臨床まで-】 がん分子標的治療の臨床 分子標的治療薬とバイオマーカー開発
西條 憲, 石岡 千加史
日本臨床   73(8) 1308-1312   Aug 2015
消化器癌領域における最新の医療研究開発 大腸がん治療におけるエピジェネティックバイオマーカー
高橋 信, 大内 康太, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   75回 SST2-5   Oct 2016
【家族性腫瘍学-家族性腫瘍の最新研究動向-】 序文
石岡 千加史
日本臨床   73(増刊6 家族性腫瘍学) 1-5   Aug 2015
HDAC/PI3K二重阻害剤デプシペプチド類化合物のヒト軟部肉腫細胞に対する抗腫瘍効果の評価
西條 憲, 成田 紘一, 加藤 正, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   75回 P-2385   Oct 2016
【家族性腫瘍学-家族性腫瘍の最新研究動向-】 原因遺伝子 TP53、CHEK2
石岡 千加史
日本臨床   73(増刊6 家族性腫瘍学) 342-345   Aug 2015
新規中心体タンパク質BIP2はBRCA1の中心体局在と発がん機構に関与する
齋 匯成, 吉野 優樹, 石岡 千加史, 千葉 奈津子
日本癌学会総会記事   75回 P-3033   Oct 2016
乳がんFEC100療法におけるホスアプレピタント注とアプレピタントカプセルの有効性と安全性の比較
渡邊 桂子, 菊地 正史, 木皿 重樹, 小笠原 喜美代, 久道 周彦, 石田 孝宣, 鈴木 直人, 村井 ユリ子, 島田 美樹, 富岡 佳久, 石岡 千加史, 眞野 成康
医薬品相互作用研究   39(1) 29-35   Aug 2015
乳がんFEC100療法におけるホスアプレピタント注(FOS)とアプレピタントカプセル(APR)の有効性と安全性について比較検討した。乳がんFEC100療法を施行し、FOSを末梢静脈から投与、またはAPRを内服し、制吐療法を施行した32例を対象とした。FOSを投与したFOS群19例、APRを内服したAPR群13例であった。急性および遅発性悪心は、それぞれFOS群7例、APR群5例およびFOS群13例、APR群6例に発現し、重症度は最大でgrade 2であった。急性嘔吐は、両群ともに0例で、遅...
中心体制御因子としての新規BRCA1結合因子BIP2の同定
吉野 優樹, 齋 匯成, 石岡 千加史, 安井 明, 千葉 奈津子
日本癌学会総会記事   75回 P-3034   Oct 2016
勤務医のページ がん専門医療従事者の養成と地域格差
石岡 千加史
宮城県医師会報   (833) 434-435   Jun 2015
がん薬物療法時の腎障害ガイドライン 白金製剤以外の腎障害性抗腫瘍薬の投与量調整と支持療法
西山 博之, 河合 弘二, 大家 基嗣, 石岡 千加史, 下平 秀樹, 茂木 晃, 武藤 智, 堀江 重郎
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 S22-4   Oct 2016
東北大学病院における5大癌患者の終末期医療 DPCデータを用いた集計方法の検討
佐藤 悠子, 宮下 光令, 藤森 研司, 中谷 純, 藤本 容子, 栗原 誠, 佐藤 一樹, 石岡 千加史
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   20回 315-315   Jun 2015
大腸 免疫療法の進化 大腸癌網羅的遺伝子発現解析による免疫学的な検討
笠原 佑記, 城田 英和, 井上 正広, 高橋 信, 石岡 千加史
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 MS62-2   Oct 2016
家系内集積を認めるBRCA1/2変異陰性乳がん・卵巣がん患者におけるOLA1胚細胞性変異解析
高橋 雅信, 千葉 奈津子, 野水 整, 下平 秀樹, 石岡 千加史
家族性腫瘍   15(2) 58-58   May 2015
膵臓 膵がんに対する化学療法の検討 FOLFIRINOX療法およびGEM+nabPTX療法導入後の進行膵癌患者の生存期間の後ろ向き解析
近松 園子, 高橋 昌宏, 山田 英晴, 沖田 啓, 小林 輝大, 佐藤 悠子, 大内 康太, 岡田 佳也, 小峰 啓吾, 西條 憲, 今井 源, 高橋 信, 高橋 雅信, 下平 秀樹, 石岡 千加史
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS2-4   Oct 2016
子宮体癌、横行結腸癌で発症したLynch症候群の1例
高橋 秀和, 下平 秀樹, 高橋 雅信, 古川 洋一, 石岡 千加史
家族性腫瘍   15(2) 58-58   May 2015
消化器癌領域における最新の医療研究開発 大腸がん治療におけるエピジェネティックバイオマーカー
高橋 信, 大内 康太, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   75回 SST2-5   Oct 2016
総合 数値から知るがん診療の現状 DPC算定病床における高齢がん患者の終末期医療 DPCデータを用いた後方視的観察研究
佐藤 悠子, 高橋 昌宏, 藤森 研司, 佐藤 一樹, 宮下 光令, 石岡 千加史
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS97-6   Oct 2016
わが国の家族性腫瘍の診療 未来への提言 リンチ症候群に関する大腸癌研究会の活動と展望
田中屋 宏爾, 古川 洋一, 吉田 輝彦, 山口 達郎, 松原 長秀, 平田 敬治, 斉田 芳久, 新井 正美, 石川 秀樹, 石岡 千加史, 田村 和朗, 菅野 康吉, 冨田 尚裕, 渡邉 聡明, 杉原 健一, 石田 秀行
家族性腫瘍   15(2) A35-A35   May 2015
HDAC/PI3K二重阻害剤デプシペプチド類化合物のヒト軟部肉腫細胞に対する抗腫瘍効果の評価
西條 憲, 成田 紘一, 加藤 正, 石岡 千加史
日本癌学会総会記事   75回 P-2385   Oct 2016
リンチ症候群におけるMLH1、MSH2の遺伝子変異と表現型についての検討 多施設共同研究「HNPCCの登録と遺伝子解析プロジェクト」
檜井 孝夫, 三口 真司, 服部 稔, 大段 秀樹, 田中屋 宏爾, 山口 達郎, 古川 洋一, 吉田 輝彦, 田村 和朗, 菅野 康吉, 石岡 千加史, 松原 長秀, 冨田 尚裕, 新井 正美, 石川 秀樹, 平田 敬治, 斉田 芳久, 渡邉 聡明, 杉原 健一, 石田 秀行
家族性腫瘍   15(2) A61-A61   May 2015
新規中心体タンパク質BIP2はBRCA1の中心体局在と発がん機構に関与する
齋 匯成, 吉野 優樹, 石岡 千加史, 千葉 奈津子
日本癌学会総会記事   75回 P-3033   Oct 2016
リンチ症候群患者における大腸癌の若年(50歳未満)発症リスク因子の検討 多施設共同研究「HNPCCの登録と遺伝子解析プロジェクト」
三口 真司, 檜井 孝夫, 服部 稔, 大段 秀樹, 田中屋 宏爾, 山口 達郎, 古川 洋一, 吉田 輝彦, 田村 和朗, 菅野 康吉, 石岡 千加史, 松原 長秀, 冨田 尚裕, 新井 正美, 石川 秀樹, 平田 敬治, 斉田 芳久, 渡邉 聡明, 杉原 健一, 石田 秀行
家族性腫瘍   15(2) A93-A93   May 2015
中心体制御因子としての新規BRCA1結合因子BIP2の同定
吉野 優樹, 齋 匯成, 石岡 千加史, 安井 明, 千葉 奈津子
日本癌学会総会記事   75回 P-3034   Oct 2016
乳癌および甲状腺腫術後に胃癌を発症したCowden病の1例
下平 秀樹, 河合 貞幸, 高橋 雅信, 今井 源, 西條 憲, 小峰 啓吾, 高橋 信, 石岡 千加史
家族性腫瘍   15(2) A95-A95   May 2015
がん薬物療法時の腎障害ガイドライン 白金製剤以外の腎障害性抗腫瘍薬の投与量調整と支持療法
西山 博之, 河合 弘二, 大家 基嗣, 石岡 千加史, 下平 秀樹, 茂木 晃, 武藤 智, 堀江 重郎
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 S22-4   Oct 2016

Books etc

 
ポケット判治療薬UP-TO-DATE2014
矢崎義雄 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, 54 抗悪性腫瘍薬, 755-839)
メディカルレビュー社   Jan 2014   
PocketDrugs2014
福井次矢(監修), 小松康宏(編集), 渡邉裕司(編集), 石岡千加史 (Part:Joint Work, 66抗悪性腫瘍薬(白金製剤), 621-626)
医学書院   Jan 2014   
ポケット判治療薬UP-TO-DATE2013
矢崎義雄 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, 54 抗悪性腫瘍薬, 671-681)
メディカルレビュー社   Jan 2013   
臨床放射線腫瘍学
南江堂 ed. 角道祐一、石岡千加史 (Part:Joint Work, がん薬物療法総論, 34-39)
南江堂   Dec 2012   
がん化学療法とケアQ&A
石岡千加史、上原厚子 ed. (Part:Editor)
株式会社総合医学社   Oct 2012   
チーム医療のための がん治療レクチャー『がん薬物療法のマネジメント』
石岡千加史 ed. (Part:Editor, Q1.がん薬物療法のマネジメントはなぜ必要か)
総合医学社   Jul 2012   
石岡千加史 井上忠夫 ed. (Part:Editor, ?01 抗がん剤治療の適応 ?6 資料 01 各種計算式 02 体表面積算定表(成人) 03 抗がん剤の略号一覧表 04 CTCAE v4.0 05 RE)
総合医学社   Apr 2012   ISBN:4883788393
ライフサイエンス分野 科学技術・研究開発の国際比較2011年版
独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, がん治療(5-2)分子創薬・分子標的, 234-236)
独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター   Mar 2012   
ポケット判治療薬UP-TO-DATE2012
矢崎義雄 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, 54 抗悪性腫瘍薬, 663-739)
メディカルレビュー社   Jan 2012   
がん治療レクチャー『分子標的治療薬ー最新の選び方・使い方ー』
石岡千加史 ed. (Part:Editor)
総合医学社   May 2011   
チーム医療のための がん治療レクチャー『分子標的治療薬ー最新の選び方・使い方ー』
石岡千加史 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, Q41 がん分子標的治療薬と分子マーカー, 446-450)
総合医学社   May 2011   
症候群ハンドブック
井村裕夫,福井次矢 辻省次 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, リー・フラウメニ症候群,遺伝性乳がん・卵巣がん症候群,フレイジャー症候群, デニス・ドラッシュ症候群,カウデ)
中山書店   May 2011   
乳癌の臨床
秋山太,池田正,伊藤良則,岩瀬拓士,増田しのぶ,小口正彦,津川浩一郎,角田博子,中村清吾,野口眞三郎 ed. 滝口裕一 田村和夫 石岡千加史田村研治 (Part:Joint Work, ■特集■乳癌診療と社会危機管理?二つの大震災を通じて?東日本大震災と日本臨床腫瘍学会の対応, 551-558)
篠原出版新社   May 2011   
がん治療レクチャー がん治療最前線 米国癌学会(ASCO)のトピックスを中心に
桑野博行, 石岡千加史 eds. 石岡千加史 (Part:Joint Work, Q41 がん薬物療法の進歩(分子標的治療薬のガイダンス), 223-228)
総合医学社   Oct 2010   
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 抗悪性腫瘍分子標的治療薬
西條長宏 ed. 高橋雅信、石岡千加史 (Part:Joint Work, 承認済および臨床試験中の分子標的治療薬2)小分子物質 ?多標的分子標的治療薬, 102-105)
医薬ジャーナル社   Jul 2010   
50音順・商品名でひける治療薬事典
(監修)黒川清, (監修)山内豊明, (編集)西崎統, (編集)岡元和文, (編集)伊東明彦 eds. 石岡千加史, 加藤俊介, 角道祐一, 下平秀樹, 大堀久詔, 高橋信, 柴田浩行, 大塚和令, 吉岡孝志, 福井忠久, 伊東明彦 (Part:Joint Work, 抗悪性腫瘍薬・免疫抑制薬 , 1)
総合医学社   Jun 2010   
がん化学療法・分子標的治療update
西條長宏, 西尾和人 eds. 下平英樹、, 石岡千加史 (Part:Joint Work, 分子標的治療薬 その他の開発中の小分子物質  Apoptosis促進剤、mTOR阻害剤、サリドマイド、レナリドマイド、その他, 184-188)
中外医学社   Oct 2009   
 入門腫瘍内科学
秋田弘俊, 石岡千加史, 田村和夫, 中川和彦, 原田実根, 南博信 eds. 石岡千加史 (Part:Joint Work, 結腸・直腸癌, 148-152)
篠原出版株式会社   Oct 2009   
がん分子標的治療研究実践マニュアル
日本がん分子標的治療学会, 曽根三郎, 鶴尾隆 eds. 石岡千加史 (Part:Joint Work, がん分子標的治療薬開発におけるProof of concept, 47-52)
金芳堂   Jul 2009   
ナーシングケアQ&A25号  徹底ガイド  がん化学療法とケアQ&A
石岡千加史、伊奈?子、上原厚子 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, Q84-A84がん薬物療法専門医の役割について教えてください, 184-185)
総合医学社   Oct 2008   
臨床試験実施ガイドライン―第3相試験を中心として(2008年3月第2版)
石岡千加史(改定作業委員長)、, 後信、宇野一、島田安博、竹内正弘、吉岡孝志、和田則仁 eds. (Part:Joint Editor, 臨床試験実施ガイドライン―第3相試験を中心として(2008年3月第2版), 1-52)
金原出版(株)   Sep 2008   
抗悪性腫瘍薬マニュアル
西條長宏, 清水俊雄, 宮崎昌樹, 岡本勇, 藤阪保仁, 岩本康男, 岡元るみ子, 安井久晃, 三嶋裕子, 柴田和彦, 横山雅大, 元永伸也, 田原信, 中村洋一, 塚田裕子, 瀧川奈義夫, 木浦勝行, 柴田浩行, 有岡仁, 平島智徳, 張高明, 石岡千加史, 松永卓也, 青江啓介, 駄賀晴子 eds. 石岡千加史 (Part:Joint Work, A プロテインキナーゼ阻害薬(p386-416)B CDK阻害薬 (p417-422), 386-422)
中外医学社   Nov 2007   
分子レベルから迫る 癌診断研究 臨床応用への挑戦 実験医学(増刊)
羊土社 ed. 千葉奈津子、下平秀樹、石岡千加史 (Part:Joint Work, 生殖細胞変異の遺伝子診断 家族性乳癌BRCA1、BRCA2を中心に, 39-44)
羊土社   Oct 2007   
加齢医学 エイジング・ファイン
帯刀益夫, 安井明, 小林孝安, 工藤忠明, 田村眞理, 石岡千加史, 松居靖久, 福本学, 貫和俊博, 佐竹正延, 高井俊行, 佐藤靖史, 山本徳男, 仲村春和, 福田寛, 岡田克典, 近藤丘, 西條康夫, 小椋利彦, 山家智之, 川島隆太, 仁田新一, 金野敏 eds. 石岡千加史 (Part:Joint Work, 第4章 内なる敵、がん細胞の成り立ち(p37-52) 第5章 テーラーメイド医療の未来 がんの個性と個別化(p244-257), 244-257)
東北大学出版   Sep 2007   
医学のあゆみ
医歯薬出版 ed. 加藤俊介,福井忠久,吉岡孝志,石岡千加史 (Part:Joint Work, 東北大学病院化学療法センターの取組み 教育機関およびがん診療連携拠点病院としての活動, 1117-1121)
医歯薬出版   Apr 2007   
臨床外科
医学書院 ed. 加藤俊介,吉岡孝志,石岡千加史 (Part:Joint Work, 外来化学療法センターのシステム構築?東北大学病院化学療法センターの例?, 603-611)
医学書院   Apr 2007   
実例から学ぶ安全で有効な外来がん化学療法の実践
西條長宏 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, よりよい治療のために専門医が担う役割, 42-46)
先端医学者   Mar 2007   
健康
四釜裕子、野瀬秀樹 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, 外来で抗がん剤治療, 38-39)
共同通信社   Mar 2007   
抗ガン剤治療のすべてがわかる本
矢沢サイエンスオフィス ed. (Part:Supervisor)
学研   Feb 2006   
癌治療の新たな試み 新編III
西條長宏 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, 4 がん薬物療法の分子標的 4 アポトーシス, 164-175)
医薬ジャーナル社   Dec 2005   
癌と化学療法32 (7)
癌と化学療法社 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, 用語解説 ファーマコゲノミクス. , 1068)
癌と化学療法社   Jul 2005   
癌と化学療法32(5)
癌と化学療法社 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, 用語解説 トキシコゲノミクス, 652)
癌と化学療法社   May 2005   
癌と化学療法
石岡千加史 ed. 加藤俊介,吉岡孝志,石岡千加史 (Part:Joint Work, 外来化学療法 東北大学病院の外来化学療法, 2002-2003)
癌と化学療法社   Apr 2005   
日本医事新報
日本医事新報 ed. 酒寄真人,加藤俊介,吉岡孝志,柴田浩行,加藤誠之,千葉奈津子,石田孝宣,大内憲明,國井重男,里見進,石岡千加史 (Part:Joint Work, 外来化学療法 東北大学病院の外来化学療法, 4233-4238)
日本医事新報社   Apr 2005   
医薬ジャーナル
医薬ジャーナル社 ed. 加藤俊介,吉岡孝志,石岡千加史 (Part:Joint Work, 特集 外来化学療法の適正管理 3. わが国における外来化学療法, 2095-2099)
医薬ジャーナル社   Apr 2005   
癌と化学療法,32(2)
癌と化学療法社 ed. 石岡千加史 (Part:Joint Work, 用語解説 ターゲットバリデーション., 206)
癌と化学療法社   Feb 2005   
癌の臨床
石岡千加史 ed. 石岡千加史,加藤俊介 (Part:Joint Work, 特集 テーラーメード医療に向けてのバイオマーカー:診断の現況と将来(第41回日本癌治療学会総会より) バイオマー)
篠原出版新社   Jan 2004   

Conference Activities & Talks

 
BRCA1/2遺伝子変異陰性の家系内集積を認める乳がん・卵巣がん患者におけるOLA1遺伝子の変異解析
高橋雅信,千葉奈津子,野水整,住井真紀子,森隆弘,下平秀樹,石岡千加史
第12回日本臨床腫瘍学会学術集会   19 Jul 2014   
がん薬物療法中のがん患者の意識調査研究−患者居住地と医療機関所在地の二次医療圏が同一である患者と相違する患者との比較検討
秋山聖子,熊坂夏菜子,宮下光令,蒲生真紀夫,小林誠一,中鉢誠司,石井洋,佐藤悠子,森隆弘,石岡千加史
第12回日本臨床腫瘍学会学術集会   19 Jul 2014   
TP53 signature predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy(NAC)of breast cancers
高橋信,福井崇史,権藤延久,石田孝宣,大内憲明,野水整,角川陽一郎,石岡千加史
第12回日本臨床腫瘍学会学術集会   17 Jul 2014   
CpGアイランドメチル化表現型とイリノテカン、オキサリプラチンベースの化学療法の治療成績およびEGFR関連遺伝子変異との相関
張暁飛,下平秀樹,小峰啓吾,高橋秀和,井上正広,添田大司,高橋雅信,高橋信,加藤俊介,石岡千加史
第12回日本臨床腫瘍学会学術集会   17 Jul 2014   
切除不能軟部肉腫に対するパゾパニブ効果と安全性に関する後方視的解析
伊藤祝栄,高橋雅信,杉山俊輔,西條憲,添田大司,千葉奈津子,森隆弘,下平秀樹,加藤俊介,石岡千加史
第12回日本臨床腫瘍学会学術集会   17 Jul 2014   
標準治療抵抗性の進行再発大腸癌14例に対するレゴラフェニブの効果と安全性に関する後ろ向き検討
大石隆之,高橋雅信,吉野優樹,李仁,塩野雅俊,高橋昌宏,城田英和,下平秀樹,加藤俊介,石岡千加史
第12回日本臨床腫瘍学会学術集会   17 Jul 2014   
FFPE検体を使用した全エクソン解析
大内康太,高橋信,辰野健二,林玲匡,山本尚吾,上田宏生,井上正広,仲野弘美,油谷浩幸,石岡千加史
第18回日本がん分子標的治療学会学術集会   26 Jun 2014   
In vitroおよびin vivoにおけるPI3K/HDAC 2重阻害剤としてのFK228類縁体の抗腫瘍効果の評価
李仁,西條憲,下平秀樹,成田紘一,加藤正,石岡千加史
第18回日本がん分子標的治療学会学術集会   26 Jun 2014   
MSI陽性の転移再発大腸癌の臨床的特徴の検討
高橋秀和,高橋雅信,高橋信,下平秀樹,石岡千加史
第18回日本がん分子標的治療学会学術集会   26 Jun 2014   
日本のがん医療の進歩と課題−がん薬物療法の視点から−
石岡千加史
第28回石巻がん化学療法セミナー   20 Jun 2014   
オキザリプラチン(L-OHP)起因性蓄積性末梢知覚神経障害に対する休薬期間による改善効果に関する検討
加藤俊介,蒲生真紀夫,下平秀樹,村川康子,天貝賢二,伊東重豪,添田大司,二井谷友公,吉岡孝志,石岡千加史
第111回日本内科学会講演会   13 Apr 2014   
切除不能進行・再発小腸癌に対する治療戦略 - 胃癌に準じて治療した16例の解析 -
岡田佳也,鈴木貴夫,安田勝洋,下平秀樹,加藤俊介,石岡千加史
第111回日本内科学会講演会   13 Apr 2014   
標準治療抵抗性となった進行再発大腸癌へのレゴラフェニブ投与例の検討
大石隆之,高橋雅信,塩野雅俊,高橋信,秋山聖子,城田英和,下平秀樹,加藤俊介,石岡千加史
第111回日本内科学会講演会   13 Apr 2014   
東北大学病院におけるがん診療に関わる診療科横断的カンファレンスの実績と課題
下平秀樹,添田大司,高橋秀和,伊藤祝栄,西條憲,小峰啓吾,李仁, 高橋雅信,加藤俊介,石岡千加史
第111回日本内科学会講演会   13 Apr 2014   
宮城県医師会員を対象としたがん地域医療連携に関する意識調査
秋山聖子,熊坂夏菜子,宮下光令,森隆弘,石岡千加史
第111回日本内科学会講演会   13 Apr 2014   
ディアリルペンタノイド型クルクミンアナログ、GO-Y078はアクチンネットワークの形成を阻害する新たな血管新生阻害作用を示す
杉山俊輔,石岡千加史,柴田浩行
第141回東北大学加齢医学研究所集談会   17 Jan 2014   
Updated analysis of HERBIS-1: A phase ll study of trastuzumab (T-mab) in combination with tri-weekly S-1 plus CDDP in HER2-positive advanced gastric cancer
Gamoh, M.,Sugimoto, N.,Miwa, H.,Tsuda, M.,Nishina, S.,Okuda, H.,Imamura, H.,Matsuyama, J.,Shimokawa, T.,Sakai, D.,Kurokawa, Y.,Komatsu, Y.,Tsujinaka, T.,Ishioka, C., Furukawa, H.
2014 Gastrointestinal Cancers Symposium   15 Jan 2014   
進行大腸癌におけるEGFR関連遺伝子変異およびFcγレセプター遺伝子多型と抗EGFR抗体薬の有効性との関連性
下平秀樹,添田大司,小峰啓吾,井上正広,高橋雅信,高橋信,加藤俊介,石岡千加史
日本人類遺伝学会第58回大会   23 Nov 2013   
日本のリンチ症候群における遺伝子異常の特徴
古川洋一,山口貴世志,鳴瀬弘,中村祐輔,新井正美,石岡千加史,菅野康吉,田村和朗,冨田尚裕,松原長秀,吉田輝彦,森谷宜皓,岩間毅夫
日本人類遺伝学会第58回大会   23 Nov 2013   
遺伝性腫瘍の基礎と臨床−大腸癌と乳癌を中心に−
石岡千加史
神戸大学大学院医学系研究科がんプロ腫瘍内科学特論第8回   20 Nov 2013   
高齢者に対するがん薬物療法を考える
石岡千加史
気仙沼病院第4回がん治療症例検討会   11 Nov 2013   
高齢者に対するがん薬物療法の適応と課題
石岡千加史
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会   19 Oct 2013   
高齢者に対するがん化学療法を考える
石岡千加史
第21回日本消化器関連学会週間   11 Oct 2013   
家族性乳がん原因遺伝子BRCA1の新規結合分子の同定とその癌抑制能の解明
千葉奈津子,安井明,石岡千加史
第72回日本癌学会学術総会   4 Oct 2013   
トランスジェニックTsc2変異(Eker)ラットにおけるN525S置換型変異Tsc2発現及びその優性抑制的胎生致死作用
塩野雅俊,小林敏之,樋野興夫,石岡千加史
第72回日本癌学会学術総会   3 Oct 2013   
CpG ODNの投与は腫瘍内のMDSCの分化を誘導しT細胞抑制能力を消失させる。
城田英和,石岡千加史,クラインマン・デニス
第72回日本癌学会学術総会   3 Oct 2013   
食道扁平上皮癌でのBAP1遺伝子変異により脱ユビキチン化酵素活性が低下する
森隆弘,住井真紀子,佐藤秀則,江見充,石岡千加史,千葉奈津子
第72回日本癌学会学術総会   3 Oct 2013   
新規クルクミン類縁体を用いた血管新生抑制効果の検討
杉山俊輔,吉野優樹,田中正光,栗山正,岩渕好治,石岡千加史,柴田浩行
第72回日本癌学会学術総会   3 Oct 2013   
分子標的治療がもたらした臨床効果
石岡千加史
第72回日本癌学会学術総会   3 Oct 2013   
FFPE組織を用いた全エクソン解析
大内康太,高橋信,辰野健二,林玲匡,山本尚吾,上田宏生,井上正広,仲野弘美,油谷浩幸,石岡千加史
第72回日本癌学会学術総会   3 Oct 2013   
がんの個別化治療の新たなる展開(消化器がんの現状)
石岡千加史
第23回日本医療薬学会年会スポンサードシンポジウム   22 Sep 2013   
がんの個別化治療の新展開 消化器癌の現状と課題
石岡千加史
第23回日本医療薬学会年会   22 Sep 2013   
がん化学療法における病院と保険薬局間の情報共有への取り組み
菊地正史,日野沙綾香,高田紀子,中川直人,木皿重樹,松浦正樹,久道周彦,我妻恭行,山田卓郎,加藤俊介,石岡千加史,佐々木孝雄,眞野成康
第23回日本医療薬学会年会   21 Sep 2013   
抗がん薬調製後から投与実施までの過程における被曝の現状調査
鈴木寿樹,森大,高橋哉子,小笠原喜美子,木皿重樹,石岡千加史,島田美樹,眞野成康
第23回日本医療薬学会年会   21 Sep 2013   
乳癌FEC100療法におけるホスアプレピタント注の有効性と安全性の検討
渡邊桂子,菊地正史,木皿重樹,小笠原喜美代,久道周彦,石田孝宣,鈴木直人,村井ユリ子,島田美樹,富岡佳久,石岡千加史,眞野成康
第23回日本医療薬学会年会   21 Sep 2013   
知っておきたいがん医療−もしもあたなががんになったら
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会市民公開講座   1 Sep 2013   
がん化学療法に関する薬薬医連携セミナーの開催とその効果
菊地正史,木皿重樹,松浦正樹,久道周彦,我妻恭行,山田卓郎,加藤俊介,石岡千加史,佐々木孝雄,眞野成康
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   31 Aug 2013   
MLH1遺伝子とEPCAM遺伝子に変異がそれぞれ認められたリンチ症候群の2家系での遺伝子診断と遺伝カウンセリング
高橋雅信,下平秀樹,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   31 Aug 2013   
マイクロサテライト不安定性陽性の転移再発大腸癌の臨床的特徴の検討
高橋秀和,高橋雅信,井上正広,添田大司,大内康太,張暁飛,高橋信,下平秀樹,加藤俊介,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   31 Aug 2013   
厚生労働省平成24年度チーム医療普及推進事業による「がん薬物療法地域連携チーム医療」ワークショップ
秋山聖子,上原厚子,菅原しのぶ,小笠原喜美代,柴田弘子,河原正典,三浦正悦,武藤真祐,森隆弘,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   31 Aug 2013   
「がん薬物療法地域連携チーム医療」ワークショップ―厚生労働省平成24年度チーム医療普及推進事業活動報告―
秋山聖子,木皿重樹,佐藤悠子,瀬谷裕貴子,菊地正史,蒲生真紀夫,小林誠一,西和哉,森隆弘,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   31 Aug 2013   
Whole-exome sequencing (WES) using formalin-fixed paraffin embedded (FFPE) tissue
大内康太,高橋信,辰野健二,林玲匡,山本尚吾,上田宏生,井上正広,仲野弘美,油谷浩幸,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   31 Aug 2013   
Gene expression profiling correlate with the efficacy of anti-EGFR therapy and chemotherapy in colorectal cancer
井上正広,高橋信,添田大司,下平秀樹,渡辺みか,三浦康,加藤俊介,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   30 Aug 2013   
がん領域における遺伝子診療の必要性と課題
下平秀樹,高橋雅信,添田大司,加藤俊介,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   30 Aug 2013   
東北臨床腫瘍研究会(T-CORE)の活動
蒲生真紀夫,加藤俊介,西條康夫,柴田浩行,望月泉,吉岡孝志,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   30 Aug 2013   
がん患者の利用できるシンボルマークの必要性と外出に対する意識調査
佐藤悠子,秋山聖子,伊藤祝栄,古澤義人,宮下光令,中野弘枝,小笠原喜美代,小幡泉,森隆弘,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   30 Aug 2013   
東北がんプロフェッショナル養成推進プランによる地域がん医療再生
森隆弘,根本建二,吉岡孝志,石田卓,阿部正文,西條康夫,青山英史,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   30 Aug 2013   
Clinical trial using cancer/testis antigen- and/or VEGFR1/2-derived peptide-vaccine cocktails
森隆弘,木皿重樹,久道周彦,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   30 Aug 2013   
ASCO's Global Strategies
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   30 Aug 2013   
Ultrasound-Guided Central Venous Port Implantation in the Upper Arm
塩野雅俊,高橋信,角道祐一,高橋雅信,下平秀樹,加藤俊介,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   29 Aug 2013   
進行再発大腸がんに対するベバシズマブ併用化学療法のオキザリプラチン間欠投与法の有効性および安全性を検討する第2相臨床試験
蒲生真紀夫,下平秀樹,村川康子,加藤俊介,天貝賢二,磯部秀樹,二井谷友公,伊東重豪,吉岡孝志,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   29 Aug 2013   
ITネットワークを利用したキャンサーボードの運用
吉岡孝志,佐藤淳也,伊藤薫樹,加藤俊介,柴田浩行,西條康夫,蒲生真紀夫,石田卓,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   29 Aug 2013   
Personalized cancer therapies in the next generation conducted by whole genome sequence in gastrointestinal cancers.
高橋信,井上正広,大内康太,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   29 Aug 2013   
骨転移を有する進行癌患者に対するデノスマブ療法による低Ca血症の発現リスク関する後方視的解析
佐藤悠子,加藤俊介,木皿重樹,角道祐一,高橋雅信,秋山聖子,添田大司,西條憲,井上正広,石岡千加史
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   29 Aug 2013   
R848 induces Human Myeloid Derived Suppressor Cells to Differentiate into Non-Suppressive M1-like Macrophages
城田英和,石岡千加史,クラインマン・デニス
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   29 Aug 2013   
外来化学療法のマネジメント
平成25年度第1回石川県がん診療連携拠点病院研修会   25 Jul 2013   
大腸癌におけるEGFR関連遺伝子解析とその抗EGFR抗体薬に対する効果予測マーカーとしての有用性
下平秀樹,添田大司,渡辺みか,小峰啓吾,西條憲,井上正広,高橋信,鈴木貴夫,蒲生真紀夫,加藤俊介,石岡千加史
第17回日本がん分子標的治療学会   13 Jun 2013   
網羅的遺伝子発現解析による大腸がんの新規バイオマーカー開発
高橋信,井上正広,大内康太,添田大司,下平秀樹,三浦康,渡辺みか,加藤俊介,石岡千加史
第17回日本がん分子標的治療学会   13 Jun 2013   
HDAC/PI3K dual inhibitorとしてのRomidepsin(FK228)新規類縁体の開発と最適化
李仁,西條憲,下平秀樹,成田紘一,加藤正,石岡千加史
第17回日本がん分子標的治療学会   13 Jun 2013   
がん分子標的治療薬とバイオマーカーの開発の現状と課題
第17回日本がん分子標的治療学会   12 Jun 2013   
地域のがん対策に必要ながんプロフェッショナルの養成
第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会   17 May 2013   
がん治療のバイオマーカー
京都大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン「次世代を担うがん研究者・医療人養成プラン」次世代の手術療法・機器開発を担う研究者養成コース、次世代の抗悪性腫瘍薬臨床開発を担う研究者養成コース講演会   24 Apr 2013   
肺外神経内分泌癌に対する化学療法の後方視的検討
坂本康寛,秋山聖子,城田英和,井上正広,岡田佳也,杉山俊輔,齋藤菜穂子,大石隆之,加藤俊介,石岡千加史
第110回日本内科学会講演会   12 Apr 2013   
当科にてデノスマブを投与した転移性骨腫瘍の検討
佐藤悠子,加藤俊介,秋山聖子,城田英和,井上正広,岡田佳也,杉山俊輔,齋藤菜穂子,大石隆之,石岡千加史
第110回日本内科学会講演会   12 Apr 2013   
軟部肉腫に対するADM+IFM併用療法の治療成績に関する後方視的検討
西條憲,大内康太,高橋秀和,角道祐一,高橋信,高橋雅信,添田大司,李仁,加藤俊介,石岡千加史
第110回日本内科学会講演会   12 Apr 2013   
神経線維腫症1型に併発した悪性末梢神経鞘腫瘍に対し化学療法を行った3例
下平秀樹,西條憲,大内康太,高橋秀和,吉野優樹,李仁,佐藤悠子,塩野雅俊,加藤俊介,石岡千加史
第110回日本内科学会講演会   12 Apr 2013   
がん治療における腫瘍内科医による上腕CVポート留置術の有用性〜約600症例での検討を基に〜
塩野雅俊,高橋信,角道祐一,高橋雅信,坂本康寛,添田大司,吉野優樹,下平秀樹,加藤俊介,石岡千加史
第110回日本内科学会講演会   12 Apr 2013   
Synthetic lethal interaction of CDK inhibition and autophagy inhibition in human solid cancer cell lines
Okada, Y.,Kato, S.,Sakamoto, Y.,Oishi, T.,Ishioka, C.
AACR annual meeting 2013   6 Apr 2013   
がん薬物療法の進歩と課題
石岡千加史
第60回生涯教育講演会   16 Feb 2013   
東北地方のがんネットワークによるがん診療連携拠点病院の化学療法の均てん化事業
石岡千加史
がん臨床研究成果発表会   4 Feb 2013   
乳癌および甲状腺術後に胃癌を発症したCowden病の1例
下平秀樹, 河合貞幸, 今井源, 西條憲, 井上正広, 小峰啓吾, 塩野雅俊, 高橋信, 角道祐一, 秋山聖子, 高橋雅信, 加藤俊介, 石岡千加史
第16回東北家族性腫瘍研究会学術集会   26 Jan 2013   
閉会のあいさつ
石岡千加史
第16回東北家族性腫瘍研究会学術集会   26 Jan 2013   
大腸がんにおけるキナーゼ阻害療法と薬剤耐性
石岡千加史, 添田大司, 下平秀樹
第8回トランスレーショナルリサーチワークショップ-キナーゼ阻害薬によるがん治療の革新-   22 Jan 2013   
高齢化社会における地域がん医療の課題
石岡千加史
みやぎ県南中核病院開院10周年記念市民公開講座   8 Dec 2012   
がん薬物療法とバイオマーカー
石岡千加史
第16回最新医学会研究会   3 Dec 2012   
地域ネットワークによるがん薬物療法の標準化
石岡千加史
第6回がん診療に携わるスタッフセミナー in 新発田   17 Nov 2012   
開会の辞
石岡千加史
第12回東北がん分子標的治療研究会   16 Nov 2012   
がん対策推進基本計画と東北地方の取り組みの概要について
石岡千加史
第3回がん治療病診連携セミナー   8 Nov 2012   
東北地方のがん診療拠点病院と地方中核病院を対象とした化学療法に関する現状調査
加藤俊介,石田卓,伊藤薫樹,蒲生真紀夫,西條康夫,佐藤淳也,柴田浩行,吉岡孝志,石岡千加史
第50回日本癌治療学会学術集会   25 Oct 2012   
セツキシマブ不応後にパニツムマブを施行したKRAS 野生型進行再発大腸癌の治療成績
李仁,高橋昌宏,鈴木貴夫,安田勝洋,井上正広,坂本康寛,塩野雅俊,添田大司,高橋信,角道祐一,秋山聖子,下平秀樹,森隆弘,加藤俊介,石岡千加史
第50回日本癌治療学会学術集会   25 Oct 2012   
大腸癌におけるKRAS遺伝子以外の変異と抗EGFR抗体薬の治療成績
添田大司,下平秀樹,加藤俊介,角道祐一,高橋信,高橋雅信,鈴木貴夫,蒲生真紀夫,渡辺みか,石岡千加史
第50回日本癌治療学会学術集会   25 Oct 2012   
網羅的遺伝子発現解析による大腸癌の層別化と分子生物学的および臨床的特徴の解析
井上正広,高橋信,添田大司,下平秀樹,三浦康,渡辺みか,石岡千加史
第50回日本癌治療学会学術集会   25 Oct 2012   
DICの基礎と臨床
石岡千加史
第2回みやぎ腫瘍内科リコモジュリンフォーラム   13 Oct 2012   
東日本大震災後にがん地域連携クリティカルパスを活用して被災地との連携を行った事例
瀬谷裕貴子、秋山聖子、村山素子、神部眞理子、菅原美千恵、石井正、千田康徳、石岡千加史
第14回日本医療マネジメント学会学術集会   13 Oct 2012   
災害後のがん化学療法支援の検討(厚生労働省平成23年度チーム医療実証事業活動報告)
瀬谷裕貴子, 秋山聖子, 村山素子, 神部眞理子, 菅原美千恵, 石井正, 千田康徳, 石岡千加史
第14回日本医療マネジメント   12 Oct 2012   
がん治療に必要なネットワーク〜個別化がん医療と多職種・他施設連携
石岡千加史
東北大学病院がんセンター(がん診療相談室)講演会   4 Oct 2012   
抗がん剤治療の副作用と支持療法
石岡千加史
白河地区化学療法セミナー   24 Sep 2012   
食道扁平上皮癌におけるBAP1遺伝子変異
森隆弘,住井真紀子,千葉奈津子,松澤綾子,石岡千加史
第71回日本癌学会学術総会   19 Sep 2012   
FUT1遺伝子発現抑制によるHER2過剰発現細胞株の細胞増殖能に関する検討
河合貞幸,加藤俊介,今井源,岡田佳也,石岡千加史
第71回日本癌学会学術総会   19 Sep 2012   
CDK4阻害剤とオートファジー阻害の併用はアポトーシスを誘導する
岡田佳也,加藤俊介,大石隆之,坂本康寛,石岡千加史
第71回日本癌学会学術総会   19 Sep 2012   
大腸菌における機能的相補能を指標としたヒトMUTYH遺伝子変異の機能評価
小峰啓吾,下平秀樹,添田大司,高橋雅信,石岡千加史
第71回日本癌学会学術総会   19 Sep 2012   
mFOLFIRI+BV併用療法とIRIS+BV併用療法の安全性確認試験(T-CORE0702)
加藤俊介,石岡千加史,安藤秀明,蒲生真紀夫,山口拓洋,村川康子,下平秀樹,高橋信,森隆弘,吉岡孝志
第39回東北・大腸癌研究会   15 Sep 2012   
手術治療・化学療法に関するディスカッション
石岡千加史
第2回胃癌TVネットワークセミナー   7 Sep 2012   
神経内分泌腫瘍における標準的な診断と治療
石岡千加史
「神経内分泌腫瘍における標準的な診断と治療」をテーマとした座談会   3 Sep 2012   
あなたに適したがん治療は何ですか?
石岡千加史
市民公開講座 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会プレイベント がんと共に生きること   2 Sep 2012   
網羅的遺伝子発現解析により特定された2軸と分子生物学的および臨床的特徴との相関性
井上正広, 高橋信, 添田大司, 下平秀樹, 渡辺みか, 三浦康, 佐々木巌, 加藤俊介, 石岡千加史
第10回日本臨床腫瘍学会学術集会   26 Jul 2012   
東北地方のがんネットワークによるがん診療連携拠点病院の化学療法均てん化事業 〜化学療法プロトコール標準化の試み〜
佐藤淳也, 西條康夫, 伊藤薫樹, 石田卓, 氏家由紀子, 木皿重樹, 上原厚子, 照井一史, 粟津朱美, 庄司学, 木元優子, 齋藤智美, 小澤千佳, 熊谷真澄, 石岡千加史
第10回日本臨床腫瘍学会学術集会   26 Jul 2012   
GISTに対する分子標的治療薬投与症例の検討
杉山俊輔,角道祐一,吉田こず恵,秋山聖子,下平秀樹,加藤俊介,石岡千加史
第10回日本臨床腫瘍学会学術集会   26 Jul 2012   
東北地方中核病院を対象とした化学療法に関する現状調査
加藤俊介, 石田卓, 伊藤薫樹, 蒲生真紀夫, 西條康夫, 佐藤淳也, 柴田浩行, 吉岡孝志, 石岡千加史
第10回日本臨床腫瘍学会学術集会   26 Jul 2012   
経口薬併用化学療法地域連携チームによる実践的取組み(平成23年度厚生労働省チーム医療実証事業による活動の報告)
秋山聖子, 瀬谷裕貴子, 菊地正史, 上原厚子, 菅原しのぶ, 神尾奈穂, 高田紀子, 小笠原喜美代, 柴田弘子, 舟田彰, 崎野健一, 畠山法己, 河原正典, 眞野成康, 石岡千加史
第10回日本臨床腫瘍学会学術集会   26 Jul 2012   

Research Grants & Projects

 
乳癌の予後予測法の開発
Project Year: Apr 2004 - Today
がん化学療法の標準化に関する研究
Project Year: Jan 2003 - Today
がん関連遺伝子変異の機能解析法の開発
Project Year: Oct 1994 - Today

Social Contribution

 
[日本国内] 宮城県新生物レジストリー委員会
[Others]  Jul 2007 - 31 Mar 2011
委員
[日本国内] ドクターリサーチみやぎ健康セミナー大腸がん
[Others]  5 Dec 2010
大腸がんの治療について
[日本国内] 神戸大学医学部附属病院薬剤部 講義研修
[Others]  22 Sep 2010
神戸大学医学部附属病院 講義研修(薬剤部) 分子標的薬の現在と未来
[日本国内] がん化学療法拠点新設
[Planner]  河北新報  21 Sep 2010
大崎市民病院に来月(10月)1日腫瘍内科
[日本国内] 社説
[Planner]  河北新報  21 Jul 2010
社説(朝刊5面) 取材協力 抗がん剤治療、大学連携で専門医を増やそう