後藤智香子

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/02 15:05
 
アバター
研究者氏名
後藤智香子
通称等の別名
(旧姓 鈴木)
URL
http://ut-cd.com/staff/
所属
東京大学先端科学技術研究センター
職名
特任講師
学位
博士(工学)(東京大学)

プロフィール

2005年、東京理科大学理工学部建築学科卒業。2007年、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程修了。2011年、同専攻博士課程修了・工学博士。柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)ディレクター、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻特任助教を経て、現職。

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
東京大学先端科学技術研究センター 特任講師
 
2019年4月
 - 
現在
東洋学園大学 人間科学部 非常勤講師
 
2014年1月
 - 
2019年3月
東京大学大学院 工学系研究科都市工学専攻 特任助教
 
2011年10月
 - 
2014年12月
柏の葉アーバンデザインセンター ディレクター
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2011年9月
東京大学大学院 工学系研究科都市工学専攻 博士課程
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 工学系研究科都市工学専攻 修士課程
 
2001年4月
 - 
2005年3月
東京理科大学 理工学部 建築学科
 

委員歴

 
2019年9月
 - 
現在
内閣府中心市街地再生方策検討会  委員
 
2019年4月
 - 
現在
横浜市地域まちづくり推進委員会ヨコハマ市民まち普請事業 専門委員
 
2018年4月
 - 
現在
日本都市計画学会 学術委員会 委員
 
2018年4月
 - 
現在
日本建築学会 住宅系研究報告会 運営幹事
 
2017年11月
 - 
現在
三郷市都市計画審議会 委員
 
2015年4月
 - 
現在
柏市建築審査会 委員
 
2012年7月
 - 
現在
市川市景観審議会 委員
 
2012年4月
 - 
現在
日本建築学会 地域居住小委員会 委員
 
2012年2月
 - 
現在
NPO法人りくカフェ 監事
 
2011年10月
 - 
現在
日本建築学会関東支部住宅問題専門研究委員会 委員 
 
2009年4月
 - 
現在
岡さんのいえTOMO 運営委員(2017年より 副代表)
 

受賞

 
2015年
公益財団法人日本デザイン振興会 グッドデザイン賞(地域・コミュニティづくり/社会貢献活動)
受賞者: NPO法人りくカフェ
 
2013年
公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 第8回日本ファシリティマネジメント大賞【特別賞】
受賞者: NPO法人りくカフェ
 
2007年
財団法人アジア太平洋観光交流センター 第13回観光に関する研究論文【一席】 北前船をテーマとした広域観光に関する基礎的検討 -北前船関連観光資源の全国調査を中心として-
受賞者: 鈴木智香子・中島直人・江口久美・ポンサンウェティエンプラディト・北村修一・長澤怜・山田渚
 

論文

 
後藤 智香子, 小泉 秀樹, 近藤 早映
住総研研究論文集・実践研究報告集 = Journal of the Housing Research Foundation "JUSOKEN"   (45) 71-82   2018年   [査読有り]
2010-2016 年の新聞記事記載内容の分析を通じた保育施設の開設反対事例の全国実態と課題 −子育てコミュニティの構築に資する保育施設整備の方法に関する研究
後藤智香子・近藤早映・林和眞・小泉秀樹
都市計画論文集   53(3) 844-851   2018年10月   [査読有り]
後藤 智香子, 角屋 ゆず, 金子 有太
日本建築学会技術報告集   (58) 1245-1250   2018年10月   [査読有り]
<p>This paper reports the renovation project of "Okasan's house" by multi-actor partnership in Setagaya-ward, Tokyo. In addition, this paper aims to consider the meanings of this renovation project by multi-actor partnership, focusing on the inter...
寺田 悠希, 近藤 早映, 後藤 智香子, 小泉 秀樹
都市計画論文集   53(3) 1399-1406   2018年   [査読有り]
本研究の目的は,今後,急速に高齢者人口が増加すると予測されている東京近郊一都三県におけるコミュニティ交通に関する政策とコミュニティ交通路線の事例の実態を明らかにすることである。特徴的な事例のみならず,網羅的に実態を把握するために、対象地域の全自治体(島嶼部除く)に対し質問紙調査を行い,分析を行った。主な結論は次のとおりである。第一に,コミュニティ交通をサポートする政策があるのは19自治体と全体の1割強にとどまっていた。第二に,交通事業者が運転する事業者運転型コミュニティ交通の赤字補填につい...
笈田 幹弘, 後藤 智香子, 小泉 秀樹, 角屋 ゆず, 山田 翔太
都市計画論文集   53(3) 1184-1191   2018年   [査読有り]
本研究では、世田谷らしい空き家等地域貢献活用モデル事業を事例として、地域貢献活動とのマッチングによる空き家の活用推進について、その実態と課題を明らかにした。このモデル事業は、空き家の所有者と地域貢献活動の団体とのマッチングを促し、空き家の改修を含む活動の場づくりに資金を提供している。モデル事業の実態と課題は、地域貢献活動団体や空き家オーナーへのインタビューと現地踏査によって調査された。その結果、マッチングが成功し、地域貢献活動が進むためには、オーナーの地域貢献活動団体に対する理解が重要であ...

Misc

 
樋野 公宏, 進藤 武仁, 瓜坂 和昭, 室田 昌子, 高野 修一, 脇濱 直樹, 廣瀬 雄一, 廣兼 周一, 景野 昌樹, 戸村 達彦, 園田 真理子, 小泉 秀樹, 大月 敏雄, 後藤 智香子
都市住宅学 = Urban housing sciences   (103) 198-207   2018年

書籍等出版物

 
森 玲奈 (担当:分担執筆, 範囲:第7章 新しい、人が集まる場、pp136-147)
ミネルヴァ書房   2017年   ISBN:9784623078820
小泉 秀樹 (担当:分担執筆, 範囲:第6章 住民主体による私有空間を活かしたまちづくり −地域共生のいえづくり支援事業を中心に、pp157-193)
東京大学出版会   2016年   ISBN:9784130611336
伊藤 守, 小泉 秀樹, 三本松 政之, 似田貝 香門, 橋本 和孝, 長谷部 弘, 日高 昭夫, 吉原 直樹 (担当:分担執筆, 範囲:「コミュニティカフェ」、pp430-431)
春風社   2017年   ISBN:9784861105388
饗庭 伸, 秋田 典子, 内田 奈芳美, 後藤 智香子, 鄭 一止, 薬袋 奈美子
萌文社   2016年   ISBN:9784894913080
東京の住宅地第4版
日本建築学会関東支部住宅問題専門研究委員会 (担当:共編者, 範囲:編集担当:第Ⅰ部。執筆担当:第Ⅰ部上北沢等、第Ⅱ部空き家の増加と活用等、第Ⅲ部「地域共生のいえ」づくり等)
日本建築学会   2014年   

講演・口頭発表等

 
Current State of Opposition Movements against the Opening of Day-care Centers in Japan
Chikako GOTO, Sae KONDO, Hwajin LIM,Yuko MIKI, Mariko TSUJI, and Hideki KOIZUMI
Asian-Pacific Planning Societies   2019年8月   
大都市郊外住宅地の再生における民間企業の参画に関する研究 企業・住民・行政のインタビュー調査を中心に
平江良成・小泉秀樹・後藤智香子
都市計画報告集   2018年   
柴戸 未來, 澤山 友佳, 長瀬 琳太郎, 新 雄太, 後藤 智香子, 泉山 塁威, 小泉 秀樹
農村計画   2018年7月20日   
寺田 悠希, 小泉 秀樹, 後藤 智香子
都市計画   2016年8月24日   
松井 大輔, 後藤 智香子, 吉田 健一郎, 神原 康介, 傳 舒蘭, 中島 伸, 窪田 亜矢
学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題   2011年7月20日   

競争的資金等の研究課題

 
子育てコミュニティの構築に資する保育施設整備・運営の方法
科学研究費補助金: 若手研究
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 後藤智香子
地域社会と共生する保育施設の整備・運営の方法論の構築
一般財団法人住総研: 研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年9月    代表者: 後藤智香子