TAKAGI Akira

J-GLOBAL         Last updated: Apr 8, 2019 at 14:05
 
Avatar
Name
TAKAGI Akira
Nickname
takira_chiri_rabo
URL
http://geotakagi.exblog.jp/
Affiliation
Kumamoto Gakuen University
Section
Faculty of Social Welfare Department of Social Environment and Weltare
Job title
Visiting Researcher
Degree
Master (Geography)(Rissho University)
Other affiliation
Takasaki City University of EconomicsRissho University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2016
 - 
Today
Associate Professor, Department of Social Environmental Welfare, Faculty of Social[ Welfare, Kumamoto Gakuen University
 
Apr 2016
 - 
Today
guest associate professor, Fukushima Future Center for Regional Revitalization, Fukushima University
 
Mar 2012
 - 
Mar 2016
Associate Professor, Fukushima Future Center Regional Revitalization
 
Apr 2011
 - 
Mar 2012
part‐time instructor, Fukushima University
 
Apr 2011
 - 
Mar 2012
part‐time instructor, Tokyo Woman's Christian University
 
Dec 2006
 - 
Mar 2017
Researcher, Institute For Areal Studies, Foundation
 
Apr 2006
 - 
Mar 2012
part‐time instructor, Faculty of Geo-Environmental Science, Risssho University
 
Apr 2004
 - 
Mar 2012
part‐time instructor, Takasaki City University of Economics
 
Apr 2000
 - 
Mar 2006
Research Associate, Department of Geography, Faculty of Geo-Environmental Science, Rissho University
 
Apr 2000
 - 
Mar 2006
Rissho Univ.
 
2000
   
 
- Assist. Researcher,
 
 
   
 
Department of Geography,
 
 
   
 
Faculty of Geo-environmental Science,
 
 
   
 
Rissho University.
 

Education

 
 
 - 
2000
Graduate Course in Geography, Graduate School, Division of Letters, Rissho University
 

Misc

 
TAKAGI Akira
Journal of Asian Development   3(1) 40-50   Apr 2017   [Refereed]
TAKAGI Akira
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2017(0)    2017
平成28年(2016年)熊本地震では、前震・本震で震度7を記録、震度1以上の余震も4,000回を超えるなど、これまでの地震災害とは異なる状況を示している。被害の範囲も、震源地の益城町を中心に、熊本市、西原村、南阿蘇村、阿蘇市に加え、大分県側にまで及ぶ広範囲なものとなった。そのうち益城町は9割の建物が何らかの損壊を受ける甚大な被害となった。<br>報告者が勤務する熊本学園大学は熊本市中央区に位置している。4月14日・16日の地震により大学の建物も被災した。大学のグラウンドは熊本市の広域避難場...
Disaster Reconstruction Model and Application to Post-Disaster Education Environment
SETO Masayuki, TAKAGI Akira, HONDA Tamaki & IMAIZUMI Rie
ABSTRACT and PROCEEDINGS PAPERS, The 10th China-Japan-Korea Joint Conference on Geography & The 1st Asian Conference on Geography      Oct 2015   [Refereed]
井上 晶子, 髙木 亨, 安島 博幸
観光研究 : 日本観光研究学会機関誌   26(2) 179-182   Mar 2015
TAKAGI Akira, SETO Masayuki
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2015(0)    2015
2011年3月11日の東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故(以下、原発事故)は福島県をはじめとする広範囲にわたり、深刻な影響を与えた。とくに、福島県内では放射能汚染による避難地域が設定され、人の居住が制限されたほか、農業・工業・商業といった人々の生活の基本的な営みさえも、奪われる結果となった。震災発生から約4年が経過した現在においても、一部の地域ではそのような状況が継続している。  その一方で、避難指示が解除され、生活を取り戻しつつある地域もみられはじめた。本発表で取り上げる川内...
TAKAGI Akira
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2015(0)    2015
2000年三宅島雄山噴火とその後の火山ガスの大量放出により、三宅島島民は約5年にわたる長期避難を経験した。約5年間におよぶ全村の長期避難は、島民の生活環境の変化に加え、産業の復興にも大きな影響を与えた。大規模災害による長期避難の経験は、近年にはないものであった。  ところが、三宅島の帰村から6年が経過した2011年に発生した東日本大震災は、福島県に思わぬ災厄をもたらした。震災に起因した東京電力福島第一原子力発電所事故により、双葉郡の町村を中心とした地域が高濃度の放射性物質により汚染され、長...
髙木 亨, 永井 恵一, 海津 紀子, 井上 晶子
日本観光研究学会全国大会学術論文集 = Proceedings of JITR annual conference   29 141-144   Dec 2014
Comparison of the Disasters and Spatio-Temporal Scale
SETO Masayuki, TAKAGI Akira
Program, Abstracts and Proceedings, The 9th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography      Apr 2014   [Refereed]
SETO Masayuki, TAKAGI Akira
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2014(0)    2014
Chronological transition of disaster areas from the view point of regional geography
Seto Masayuki, Takagi Akira
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2014(0)    2014
日本では地震・津波・火山・洪水・土砂災害など,さまざまな種類・規模の災害が頻発している.これらの災害は高齢化や人口の大幅減といった地方が抱える社会問題に大きな影響を与える.しかしながら,災害と社会問題との関連性については,これまで十分に検討されてこなかった.また,自然災害が多様性を見せる日本においては,個々の災害だけではなく,複数の災害を俯瞰して,そこから共通の社会現象を抽出し,モデル化することが今後の災害に対応していく上で極めて重要である.このことは複数の災害が複合した東日本大震災の例を...
髙木 亨, 中村 洋介
福島大学地域創造   25(1) 7560-7564   Sep 2013
髙木 亨, 田村 健太郎, 大塚 隆弘
地域研究   53(1) 31-42   Mar 2013
IWAFUNE Masaki, YAMASHITA Hiroki, MASUZAWA Aruha, SEKINE Ryohei, KIKUCHI Haruko, TAKAGI Toru, SATO Ikumi, TERADA Shiori, WATANABE Mitsuru, SANO Yoshihiko, SHIBUYA Kotaro
季刊地理学 = Quarterly journal of geography   64(3) 143-144   Jan 2013
TAKAGI Akira
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2013(0)    2013
東日本大震災を起因とする原子力災害が、福島の商工業に与えた影響は、非常に多岐にわたる。業種・業態により異なる上、立地地域によっても様々な特徴がある。<br>まさに、地理学的課題が山積した状況にあるといえる。これまで培われた地域の学問としての蓄積を活かすことができるといえる。原子力災害に見舞われた地域での商工業への支援のあり方について、地理学の可能性を議論したい。&nbsp;
TAKAGI Akira, NAKAI Yasumichi
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2013(0)    2013
Influence by the disasters of 2011 in Aizu region
TAKAGI Akira, TAMURA Kentaro, OTSUKA Takahiro, SATO Tatsuya, SATO Ryota, SHIMIZU Yasushi, TAKAHASHI Taku, YOSHIIKE Takashi, TORIUMI Masahiro, HAMADA Daisuke
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2012(0)    2012
Evacuation behavior of Residents by nuclear-power disaster in Takabe Area, Iwaki City, Fukushima Pref.<br><br>
IWAFUNE Masaki, YAMASHITA Hiroki, SANO Yoshihiko, TAKAHASHI Nobuto, MASUZAWA Aruha, SEKINE Ryohei, SASAKI Ayumi, TAKAGI Toru, KIKUCHI Haruko, SATO Ikumi
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2012(0)    2012
The victims living in the temporal housing after the 2011 Great East Japan Earthquake wish to move into the recovery public housing in the future. So, the information in actual state of the victims is the most important fundamental data to conside...
TAKAGI AKIRA, ENDO AKIKO
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2012(0)    2012
This report is intended to clarify it about the recovery of the commercial function in Kawauchi village, Fukushima Prefecture in Japan. Kawauchi village suffered big damage by the Great East Japan Earthquake and nuclear-power disaster. I clarify t...
TAKAGI Akira, TAMURA Kentaro, HAMADA Daisuke
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2011(0) 100067-100067   2011
This Report aims to clarify radioactive contamination in Takabe Area, Iwaki City, Fukushima Prefectur. This Area was&nbsp;contaminated with radiation by&nbsp;&nbsp;the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station. We&nbsp;measured radia...
TAKAGI Akira, TORIUMI Masahiro, ONIZUKA Kenichi, KIMURA Tomoya, HAMADA Daisuke, TAMURA Kentaro, SATO Ryota, OTSUKA Takahiro, YOSHIIKE Takashi, SATO Tatsuya, SHIMIZU Yasushi, TAKAHASHI Taku
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2011(0) 94-94   2011
1.はじめに 本報告では、いわゆる限界集落の状況に近い集落に、学生という「異文化」が入り込み、地域活性化の取組をすることの効果を明らかにするものである。住民と学生の変化や、取組の効果について分析を進めた。対象として、2009年夏から地域活性化に取組んだ、いわき市川前町高部地区と熊谷地理研究会の学生との活動を取り上げる。2.対象地域の概要 対象地域のいわき市川前町高部地区は、いわき市中心部の平地区から西へ向かって車で約1時間ほどの阿武隈山地内鹿又川の谷間に位置する。高部地区を含む旧川前村は、...
高木 亨, 佐藤 亮太, 田村 健太郎
Regional study   50(1) 32-36   Dec 2009
TAKAGI Akira
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2007(0) 103-103   2007
<BR> 各地域にある「地域資源」を発見(再発見)し、地域の活性化に役立てる動きが多く見受けられる。なかでも地域NPOが中心となって人的ネットワークを構築しながら情報・地域資源を収集し、地域情報を発信しようとする動きがみられる。本発表は、地域資源の活用に際し、人的ネットワーク構築の過程とNPOの果たした役割について明らかにすることを目的とする。以下本発表の構成を示す。<BR>1.はじめに<BR>2.地域資源とは何か<BR>3.情報収集と人的ネットワークの構築(大学との関係)<BR>4.NP...
TAKAGI Akira, SETO Masayuki, YAMASHITA Taichi
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2006(0) 52-52   2006
本発表は,2000年三宅島雄山噴火にともなう長期避難終了後の農業,漁業,商業,観光業の復興過程を明らかにすることを目的とする. 三宅島では,2000年6月以来,大量のガス噴出で特徴づけられる火山活動が継続し,全島民が2000年9月から2005年2月まで4年5ヶ月にわたり長期間避難するという先例のない事態が続いた.2005年2月の避難指示解除で一般島民の帰島が実現し,同年5月1日以降は観光客の受け入れも再開された.本発表では,観光客受け入れ再開直後の2005年5月と,1年を経た2006年5月...
TAKAGI Akira
Quarterly Journal of Geography   57(3) 121-136   Oct 2005
This paper aims to clarify the regional characteristics of soy sauce production and palatability in Japan. The results obtained in this paper are summarized as follows:<br>1) Chiba and Hyogo prefectures are two main soy sauce producing areas. The ...
高木 亨, 瀬戸 真之, 高田 明典
Bulletin of geo-environmental science   (9) 93-103   2007
TAKAGI Akira, SETO Masayuki, YAMASHITA Taichi
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (70)    Sep 2006
YAMASHITA Taichi, ISHIHARA Hajime, SETO Masayuki, TAKAGI Akira, KOMATSU Yosuke, TAMURA Toshikazu
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (68)    Sep 2005
TAKAGI Akira, SETO Masayuki, TAKADA Akinori
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (68)    Sep 2005
TAKAGI Akira
Journal for the integrated study of dietary habits   15(4) 267-277   Mar 2005
TAKAGI Akira, SETO Masayuki, TAKADA Akinori
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2005(0) 101-101   2005
1.はじめに 地理学系の学部・学科では膨大な量の地図や史資料を所蔵している.地理学教育の現場では,野外巡検の準備,レポート作成や卒業論文の執筆などで学生がこれらの資料を利用する機会は多い.しかしながら,学部学生が資料室(あるいは図書館)をどの程度認識し,活用しているのかという点について利用実態も含め,教職員はほとんど把握していないと言える.利用実態を把握することは資料室の活用や資料の整理方法,および学部学生に対する資料検索の指導を考える上で非常に重要である.本発表では,立正大学地球環境科学...
YAMASITA Taichi, ISHIHARA Hajime, SETO Masayuki, TAKAGI Akira, KOMATU Yousuke, TAMURA Toshikazu
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2005(0) 66-66   2005
1.はじめに 三宅島では,2000年6月以来火山活動が継続し,大量のガスが噴出している.そのため,全島民が長期間避難するという先例のない事態が続いた.2005年2月の避難指示解除で一般島民が帰島し,同年5月1日以降は観光客の受け入れも再開された.しかし、今後の復興にあたっては多くの課題が残されている. 本発表では,観光客受け入れ再開直後の2005年5月上旬に実施した現地調査をもとに,災害復旧・復興策の特徴と,島内各所の復旧状況および住民生活の復興の現状を,火山活動の特色およびその影響の島内...
Takagi Akira
Journal for the Integrated Study of Dietary Habits   15(4) 267-277   2005
The regional characteristics and palatability of soy sauce in Japan are discussed in this paper.The questionnaire survey was carried out to investigate the palatability of soy sauce in Japan. It was conducted at 37 high schools and one junior high...
TAKAGI Akira
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (65)    Mar 2004
TAKAGI AKIRA
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2004(0) 193-193   2004
本報告は,1970年代に実施された醤油醸造業の近代化事業にともなう醤油産地の変化とその後の変容を,主に業者の動きから明らかにすることを目的とした.醤油醸造業の転換点となった近代化事業のうち工場の集約化は産地に大きなインパクトを与えた.その多くが「生揚(きあげ)醤油」を製造する段階までの集約化,またはすべてを協同工場で生産する集約化であり,参加する各メーカーは,それぞれの集約化に応じた生産設備の撤廃が求められた.こうした近代化事業を進めるなか,各産地に応じた集約化の形態がとられてきた.さらに...
Development process of the soy sauce brewing industry in Japan since the Meiji era
Regional studies   43-2    2003
TAKAGI Akira
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (62)    Sep 2002
TAKAGI Akira
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2002(0) 86-86   2002
本報告は醤油醸造業の転換点となった近代化事業を通じて醤油産地の変容を明らかにすることを目的とした. 対象地域の金沢市大野町は29の中小醤油業者が集積し, 近代化事業による集約化工場が設置された醤油産地である. 醤油醸造業の近代化事業は高度経済成長期に拡大した大手と中小の格差の是正と生産効率の改善を目的として実施された. 金沢市大野町では1970年に生揚げ段階までの協業化がおこなわれた. これにともない高品質な製品を安定して生産できるようになった. また, 設備投資などの負担減もあり多くの業...
Chronological table of the soy sauce brewing, since the Meiji era
Regional study   40-2    2000
TAKAGI Akira
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   55 398-399   Mar 1999
TAKAGI Akira
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   52 146-147   Oct 1997

Books etc

 
Edited by Mitsuo Yamakawa and Daisuke Yamamoto (Part:Joint Work, 9. Bringing Businesses Back, Bringing Residents Back: Efforts and Challenges to Restore Commerce in Formerly Evacuated Areas.)
Routledge   Jan 2017   ISBN:1138193798

Conference Activities & Talks

 
Damages and restoration processes after volcanic hazard and nuclear hazard.
SETO Masayuki, TAKAGI Akira
Association of American Geographers 2014 Tampa, Florida   Apr 2014   
Comparison of the Disasters and Spatio-Temporal Scale
SETO Masayuki, TAKAGI Akira
the 9th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography in Busan, Korea   Jul 2014   
Disaster Reconstruction Model and Application to Post-Disaster Education Environment
SETO Masayuki, TAKAGI Akira, HONDA Tamaki & IMAIZUMI Rie
The 10th China-Japan-Korea Joint Conference on Geography & The 1st Asian Conference on Geography   Oct 2015   
Evacuation and community issues caused by the nuclear accident -case study on Iwaki City
TAKAGI Akira
International Workshop "Improving Policy and Practice on Return Migration after Natural Disasters” (福島大学)   Jun 2014   

Research Grants & Projects

 
Stady of the Soy sauce brewing locational factor on Food culture
0113 (Japanese Only)
Project Year: 2002 - 2004
Study on structure of source,soysauce brewing
0113 (Japanese Only)
Project Year: 1997 - 2003