論文

査読有り
2020年8月31日

Creating and Implementing Communicative Tasks According to VanPatten’s Principles

JALT Postconference Publication
  • Stephen Clarke
  • ,
  • Chris Hastings

2019
1
開始ページ
391
終了ページ
391
記述言語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.37546/jaltpcp2019-46
出版者・発行元
The Japan Association for Language Teaching (JALT)

In this paper aimed at practitioners, the authors introduce their interpretation of an approach to communicative language teaching proposed by the SLA scholar Bill VanPatten that involves the use of Tasks as key elements in the curriculum. While the notion of task-based learning is not new, VanPatten’s approach differs fundamentally from other conceptions, especially in the way it focuses on a definition of communication and in its rejection of the explicit teaching of grammar. VanPatten (2017) introduces six principles of communicative language teaching which can be used as a framework for designing and implementing Tasks. In the following order, this paper outlines the principles as they relate to Task design, gives an example of a communicative Task created by the authors which reflects VanPatten’s principles, and finally offers considerations for classroom implementation.
実践者を対象とした本論文では、SLAの学者であるBill VanPattenによって提案された、カリキュラムの主な要素としてタスクを使用することを含む、コミュニカティブ・ランゲージ・ティーチングへのアプローチの解釈を紹介する。タスクに基づく言語指導法の概念は新しいものではないが、VanPattenのアプローチは他の概念とは根本的に異なり、特にコミュニケーション定義に焦点を当てている点と、文法の明白な指導を否定している点が異なっている。VanPatten(2017)は、タスク設計および実践するための枠組みとして活用できるコミュニカティブ・ランゲージ・ティーチングの6つの原理を紹介している。次の順序で、本論では、タスク設計に関連した原則の概要を述べ、VanPatten氏の原則を反映した著者によるコミュニカティブタスクの例を示し、最後に授業での実践に関する考慮事項を提案する。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.37546/jaltpcp2019-46

エクスポート
BibTeX RIS