鈴木親彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 13:50
 
アバター
研究者氏名
鈴木親彦
URL
http://codh.rois.ac.jp/
所属
情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設
部署
人文学オープンデータ共同利用センター
職名
特任研究員

プロフィール

メディアと文化の関係についての研究。
美術史研究(マニエリスム版画)、取次勤務、出版研究(出版流通)、文化資源学研究、人文情報学研究と渡り歩いて来ましたが、情報・文化がさまざまなメディアを通じて社会に広がるシステムを研究する点では一貫しています。
現在は人文学オープンデータ共同利用センターで、オープンデータを活用して人文学研究を支えつつ、データ駆動型の人文学、ロングテール型の人文学といった新たな展開を考える研究を進めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
情報・システム研究機構・データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター 特任研究員
 
2016年9月
 - 
現在
一橋大学 大学院言語社会研究科 非常勤講師
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2017年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 文化資源学研究専攻
 
2003年4月
 - 
2005年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 基礎文化研究専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京大学 文学部 歴史文化学科
 

論文

 
顔貌コレクション(顔コレ):精読と遠読を併用した美術史の様式研究に向けて
鈴木親彦, 髙岸輝, 北本朝展
人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2018      2018年12月   [査読有り]
A Case Study on Digital Pedagogy for the Style Comparative Study of Japanese Art History Using “IIIF Curation Platform”
Chikahiko SUZUKI, Akira TAKAGISHI, Asanobu KITAMOTO
Eighth Conference of Japanese Association for Digital Humanities (JADH2018)      2018年9月   [査読有り]
A Style Comparative Study of Japanese Pictorial Manuscripts by “Cut, Paste and Share” on IIIF Curation Viewer
Chikahiko SUZUKI, Akira TAKAGISHI, Asanobu KITAMOTO
Digital Humanities 2018      2018年6月   [査読有り]
時系列史料の人機分担構造化:古典籍『武鑑』を参照する江戸情報基盤の構築に向けて
北本 朝展, 堀井 洋, 堀井 美里, 鈴木 親彦, 山本 和明
人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2017   273-280   2017年12月   [査読有り]
IIIF Curation Viewer が美術史にもたらす「細部」と「再現性」 絵入本・絵巻の作品比較を事例に
鈴木 親彦, 髙岸 輝, 北本 朝展
人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2017   157-164   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
アドルフォ・ファルサーリ年賦
鈴木親彦
アドルフォ・ファルサーリ写真展カタログ   146-151   2013年
デジタル・ヒューマニティーズ入門
中川友喜・長野壮一・柏 達己・原木万紀子・鈴木親彦・王一凡(翻訳)
   2012年
「書店の書棚」
鈴木親彦
『書棚再考/文化資源フォーラムの10年』   19-21   2010年

講演・口頭発表等

 
オープン化と出版産業の変化 学術ジャーナルを軸に
鈴木親彦、天野絵里子、中西秀彦、中村健
2018年5月12日   
IIIFの研究活用と課題 「顔貌データセット」構築を事例に
鈴木親彦
デジタルアーカイブ学会第 2 回研究大会   2018年3月10日   
オープンサイエンス時代における「研究・データ・出版」:「日本古典籍データセット」と「『東洋文庫所蔵』貴重書デジタルアーカイブ」を事例に
鈴木親彦
日本出版学会秋季研究発表大会   2017年12月2日   
人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)の紹介 [招待有り]
鈴木親彦・前田忠彦
「言語研究と統計」夏季研究会   2017年9月   
青空文庫が拓いた人文学研究 [招待有り]
鈴木親彦
青空文庫20周年記念シンポジウム   2017年   

担当経験のある科目