MISC

2013年11月

冷えを伴っためまいに当帰四逆加呉茱萸生姜湯が有効であった3症例

日本東洋医学雑誌
  • 犬飼 賢也
  • ,
  • 野本 真由美
  • ,
  • 須永 隆夫

64
6
開始ページ
330
終了ページ
335
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(一社)日本東洋医学会

日本女性の約50%に冷え症の自覚があるとされているが、現代医学では冷え症に対する薬剤がない。今回、冷えを伴っためまいに当帰四逆加呉茱萸生姜湯が有効であった3例を経験したので報告する。症例1は35歳女性の良性発作性頭位めまい症、症例2は29歳女性のめまい症、症例3は80歳女性の良性発作性頭位性めまい症である。いずれも痩せ形で冷え症があり、漢方医学的には裏寒虚証、血虚と考えた。当帰四逆加呉茱萸生姜湯エキスを内服させたところ著効した。過去に良性発作性頭位めまい症、めまい症に用いて有効であったという報告はない。めまいの漢方診療では、冷えに注目し当帰四逆加呉茱萸生姜湯を使用するのも一法と思われた。(著者抄録)

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J01600&link_issn=&doc_id=20131212370003&doc_link_id=130004906004&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130004906004&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_3.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J01600&link_issn=&doc_id=20131212370003&doc_link_id=10.3937%2Fkampomed.64.330&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3937%2Fkampomed.64.330&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif
ID情報
  • ISSN : 0287-4857
  • eISSN : 1882-756X
  • 医中誌Web ID : 2014087153

エクスポート
BibTeX RIS