坪井 昭夫

J-GLOBALへ         更新日: 12/04/10 21:22
 
アバター
研究者氏名
坪井 昭夫
 
ツボイ アキオ
eメール
atsuboinaramed-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20163868
所属
奈良県立医科大学
部署
先端医学研究機構 脳神経システム医科学
職名
教授
学位
農学博士(名古屋大学)

プロフィール

名古屋市出身。名古屋大学農学部、米国DNAX分子細胞生物学研究所、東京大学医科学研究所、岡崎基礎生物学研究所、東京大学大学院理学系研究科を経て、2006年 奈良県立医科大学に赴任。これまで15年間一貫して、匂いの感覚システム、即ち嗅覚系をモデルにして「神経回路がどの様にして形成され維持されるのか、また神経回路が何らかの原因で破壊された時、どの様にして再構築されるのか」を明らかにし、嗅覚系にとどまらず神経系全般に適用し得る基本原理の解明を目指しています。

奈良県立医科大学ホームページ(URL: http://www.naramed-u.ac.jp/~amrc-lab1/)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
 - 
現在
奈良県立医科大学 先端医学研究機構 教授
 
2000年
 - 
2003年
科学技術振興事業団・さきがけ研究21 研究員兼任
 
1996年
 - 
2006年
東京大学大学院理学系研究科 助手
 
1993年
 - 
1996年
岡崎国立共同研究機構 基礎生物学研究所 助手
 
1993年
 - 
1994年
東京大学医科学研究所 客員研究員
 
1989年
 - 
1993年
米国DNAX分子細胞生物学研究所 博士研究員
 
1988年
 - 
1988年
独国マックスプランク生化学研究所 客員研究員
 
1982年
 - 
1991年
名古屋大学農学部 助手
 

論文

 
Yoshihara S, Takahashi H, Nishimura N, Naritsuka H, Shirao T, Hirai H, Yoshihara Y, Mori K, Stern PL and Tsuboi A.
The Journal of Neuroscience   32(6) 2217-2226   2012年   [査読有り]
Tsuboi A., Imai T, Kato H, Matsumoto H, Igarashi K, Suzuki M, Mori K and Sakano H.
European Journal of Neuroscience   33(2) 205-213   2011年   [査読有り]
Takeuchi H, Inokuchi K, Aoki M, Suto F, Tsuboi A, Matsuda I, Suzuki M, Aiba A, Serizawa S, Yoshihara Y, Fujisawa H and Sakano H
Cell   141(6) 1056-1067   2010年   [査読有り]
Takahashi H, Yoshihara S, Nishizumi H and Tsuboi A
Molecular and Cellular Neuroscience   44(3) 233-245   2010年   [査読有り]
Tsuboi A., Miyazaki T., Imai T. and Sakano H.
European Journal of Neuroscience   23(6) 1436-1444   2006年   [査読有り]
Oka, Y., Kobayakawa, K., Nishizumi, H., Miyamichi, K., Hirose, S., Tsuboi, A. and Sakano, H.
European Journal of Biochemistry   270(9) 1995-2004   2003年   [査読有り]
Kobayakawa, K., Hayashi, R., Morita, K., Miyamichi, K., Oka, Y., Tsuboi, A. and Sakano. H.
The Journal of Neuroscience   22 5931-5937   2002年   [査読有り]
Nagawa, F., Yoshihara, S., Tsuboi, A., Serizawa, S., Itoh, K. and Sakano. H.
Gene   292(1/2) 73-80   2002年   [査読有り]
Sengoku, S., Ishii, T., Serizawa, S., Nakatani, H., Nagawa, F., Tsuboi, A. and Sakano, H.
NeuroReport   12 1061-1066   2001年   [査読有り]
Ishii, T., Serizawa, S., Kohda, A., Nakatani, H., Shiroishi, T., Okumura, K., Iwakura, Y., Nagawa, F., Tsuboi, A. and Sakano, H.
Genes to Cells   6(1) 71-78   2001年   [査読有り]
Serizawa, S., Ishii, T., Nakatani, H., Tsuboi, A., Nagawa, F., Asano, M., Sudo, K., Sakagami, J., Sakano, H., Ijiri, T., Matsuda, Y., Suzuki, M., Yamamori, T., Iwakura, Y. and Sakano, H.
Nature Neuroscience   3(7) 687-693   2000年   [査読有り]
Tsuboi, A., Yoshihara, S., Yamazaki, N., Kasai, H., Asai-Tsuboi, H., Komatsu, M., Ishii, T., Seizawa, S., Matsuda, Y., Nagawa, F. and Sakano, H.
The Journal of Neuroscience   19 8409-8418   1999年   [査読有り]
Touhara, K., Sengoku, S., Inaki, K., Tsuboi, A., Hirono, J., Sato, T., Sakano, H. and Haga, T.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   96(7) 4040-4045   1999年   [査読有り]
Tsuboi, A.*, Nagawa, F.*, Ishiguro, K.*, Yoshida, Y., Ishikawa, A., Takemori, T., Otsuka, A. J. and Sakano, H. (*The first three authors contributed equally to this work.)
Molecular and Cellular Biology   18 655-663   1998年   [査読有り]
Hayashi, R., Takemori, T., Kodama, M., Suzuki, M., Tsuboi, A., Nagawa, F. and Sakano, H.
The Journal of Immunology   159 4145-4149   1997年   [査読有り]
Asai, H., Kasai, H., Matsuda, Y., Yamazaki, N., Nagawa, F., Sakano, H. and Tsuboi, A.
Biochemical and Biophysical Research Communications   221(2) 240-247   1996年   [査読有り]
Tsuboi, A., Masuda, E. S., Naito, Y., Tokumitsu, H., Arai, K. and Arai, N.
Molecular Biology of the Cell   5 119-128   1994年   [査読有り]
Masuda, E. S., Tokumitsu, H., Tsuboi, A., Shlomai, J., Hung, P., Arai, K. and Arai, N.
Molecular and Cellular Biolology   13 7399-7407   1993年   [査読有り]
Garrett, K. P., Serizawa, H., Hanley, J. P., Bradsher, J. N., Tsuboi, A., Arai, N., Yokota, T., Arai, K., Conaway, R. C. and Conaway, J. W.
The Journal of Biological Chemistry   267 23942-23949   1992年   [査読有り]
Hirai, H., Fujisawa, J., Suzuki, T., Ueda, K., Muramatsu, M., Tsuboi, A., Arai, N. and Yoshida, M.
Oncogene   7 1737-1742   1992年   [査読有り]
Tsuboi, A., Conger, K., Garret, K. P., Conaway, R. C., Conaway, J. W. and Arai, N.
Nucleic Acids Research   20(12) 3250   1992年   [査読有り]

Misc

 
Tsuboi A. and Sakano H.
THE SENSES: A COMPREHENSIVE REFERENCE (editors, Basbaum, A.I. et al.)   4 545-552   2008年   [査読有り][依頼有り]
嗅覚受容体遺伝子の発現制御
坪井昭夫、坂野 仁
匂いと香りの科学(澁谷達明・市川眞澄編)   朝倉書店 57-65   2007年   [依頼有り]
脳における匂い地図形成の分子機構
坪井昭夫
医学のあゆみ   212(10) 881-888   2005年   [依頼有り]
マウス嗅覚系の発生と分化 −レセプターの選択と軸索投射−
坪井昭夫、岡 雄一郎、坂野 仁
実験医学(増刊)   23(1) 133-142   2005年   [依頼有り]
嗅覚受容体の発現に依存した嗅神経回路形成のメカニズム
坪井昭夫
日本味と匂学会誌   9(1) 43-50   2002年
嗅覚神経系の発生と再生
坪井昭夫、仙石愼太郎、坂野 仁
実験医学(増刊)   18(9) 185-192   2000年   [依頼有り]
中枢神経系における多様性とその分子遺伝学的基礎 −嗅覚受容体多重遺伝子−
名川文清、坪井昭夫、坂野 仁
蛋白質核酸酵素(増刊)   40(6) 633-642   1995年   [依頼有り]
Receptor editingとB細胞トレランス
坪井昭夫、坂野 仁
臨床免疫   27(1) 125-128   1995年   [依頼有り]
サイトカイン・サイトカインレセプターネットワーク
坪井昭夫、新井直子
代謝(増刊号 免疫'92)   29 19-26   1992年   [依頼有り]
IL-3, IL-4, IL-5とGM-CSF遺伝子
新井直子、坪井昭夫、松田育雄、横田 崇
実験医学(増刊)   10(3) 99-105   1992年   [依頼有り]
新しいサイトカイン(IL-9, IL-10, IL-11)とサイトカイン遺伝子の発現調節
坪井昭夫・新井直子
実験医学(増刊)   10(3) 91-98   1992年   [依頼有り]
造血因子の分子生物学 −遺伝子構造の解析と発現の調節−
坪井昭夫、新井直子
造血因子   2(3) 91-98   1991年   [依頼有り]
坪井昭夫、新井直子
化学と生物   29(5) 289-298   1991年   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Transmembrane protein 5T4 regulates dendrite arborization of olfactory bulb interneurons in an odor-evoked activity-dependent process.
Tsuboi A., Takahashi H, Mori K, Stern PL and Yoshihara S.
Neuroscience 2011, Pacifico Yokohama   2011年   
Molecular mechanisms underlying formation of the odor map in the mouse brain.
Tsuboi A., Takahashi H. and Yoshihara S.
Neuroscience 2008, Tokyo International Forum   2008年