TOMOYA KIMURA

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2018 at 20:12
 
Avatar
Name
TOMOYA KIMURA

Published Papers

 
Naito T, Yokoyama N, Kakuta Y, Ueno K, Kawai Y, Onodera M, Moroi R, Kuroha M, Kanazawa Y, Kimura T, Shiga H, Endo K, Nagasaki M, Masamune A, Kinouchi Y, Shimosegawa T
Journal of gastroenterology and hepatology   33(11) 1873-1881   Nov 2018   [Refereed]
Miyazawa T, Shiga H, Kinouchi Y, Takahashi S, Tominaga G, Takahashi H, Takagi S, Obana N, Kikuchi T, Omori S, Sato Y, Takahashi S, Umemura K, Endo K, Kakuta Y, Matsuura M, Kimura T, Kuroha M, Shimosegawa T
Journal of gastroenterology and hepatology      May 2018   [Refereed]
Kusaka J, Shiga H, Kuroha M, Kimura T, Kakuta Y, Endo K, Kinouchi Y, Shimosegawa T
Digestive diseases and sciences   63(3) 768-774   Mar 2018   [Refereed]
Endo K, Fujishima F, Kuroha M, Moroi R, Onodera M, Naito T, Kanazawa Y, Kimura T, Shiga H, Kakuta Y, Kinouchi Y, Shimosegawa T
Endoscopy international open   6(3) E281-E291   Mar 2018   [Refereed]
Onodera M, Endo K, Naito T, Moroi R, Kuroha M, Kanazawa Y, Kimura T, Shiga H, Kakuta Y, Negoro K, Kinouchi Y, Shimosegawa T
Digestion   97(1) 90-96   2018   [Refereed]

Misc

 
当院における免疫チェックポイント阻害剤による腸炎の現状
泉山 泰宏, 木村 智哉, 市川 遼, 岡本 大祐, 中野 健, 松本 信, 永井 博, 千葉 宏文, 横山 直信, 山本 勝利, 下山 雄丞, 内藤 健夫, 小野寺 基之, 諸井 林太郎, 黒羽 正剛, 金澤 義丈, 角田 洋一, 木内 喜孝, 小池 智幸, 正宗 淳, 下瀬川 徹
Gastroenterological Endoscopy   60(Suppl.1) 773-773   Apr 2018
大腸ESDのこれまでとこれから 大腸ESD術中の粘膜下層線維化リスク因子についての検討 術前生検により粘膜下層の線維化をきたすのか?
黒羽 正剛, 志賀 永嗣, 金澤 義文, 半田 智之, 市川 遼, 小野寺 基之, 内藤 健夫, 諸井 林太郎, 木村 智哉, 遠藤 克哉, 角田 洋一, 木内 喜孝, 下瀬川 徹
日本消化管学会雑誌   2(Suppl.) 124-124   Feb 2018
免疫チェックポイント阻害薬が原因と考えられた腸炎の2例
泉山 泰宏, 木村 智哉, 中野 健, 岡本 大祐, 市川 遼, 永井 博, 松本 信, 下山 雄丞, 千葉 宏文, 横山 直信, 山本 勝利, 小野寺 基之, 内藤 健夫, 黒羽 正剛, 金澤 義丈, 遠藤 克哉, 角田 洋一, 木内 喜孝, 下瀬川 徹
日本消化管学会雑誌   2(Suppl.) 289-289   Feb 2018
千葉 宏文, 遠藤 克哉, 泉山 泰宏, 中野 健, 岡本 大祐, 市川 遼, 永井 博, 松本 信, 横山 直信, 山本 勝利, 下山 雄丞, 内藤 健夫, 小野寺 基之, 日下 順, 平本 圭一郎, 黒羽 正剛, 金澤 義丈, 木村 智哉, 角田 洋一, 木内 喜孝, 下瀬川 徹
日本消化器病学会雑誌   114(9) 1639-1648   Sep 2017
完全静脈栄養(TPN)を行った当科の炎症性腸疾患(IBD)137例を対象に、ブラッドアクセスとして従来型の中心静脈カテーテル(CVC)を選択した56例と、末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)を選択した81例の臨床経過を、後ろ向きに調査した。穿刺時合併症はCVCで気胸を2例(3.6%)認めたが、PICCでは認めなかった。PICCはCVCに比し、目的達成抜去率が有意に高く、カテーテル関連血流感染(CRBSI)発生率が有意に低く、CRBSI発生までの期間も有意に長かった。本研究は単施設・後ろ...
日本人IBD患者の骨粗鬆症リスク因子の解明と遺伝的背景の検討
横山 直信, 角田 洋一, 小野寺 基之, 内藤 健夫, 平本 圭一郎, 黒羽 正剛, 金澤 義丈, 木村 智哉, 遠藤 克哉, 木内 善孝, 下瀬川 徹
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A790-A790   Sep 2017