笹原 和俊

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/03 07:45
 
アバター
研究者氏名
笹原 和俊
 
ササハラ カズトシ
URL
http://colorlessgreen.info
所属
名古屋大学
部署
大学院情報学研究科
職名
講師
学位
博士(学術)(東京大学)
その他の所属
科学技術振興機構

プロフィール

計算社会科学のアプローチでコミュニケーションの複雑系を研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
大妻女子大学 社会情報学部 非常勤講師(兼任)
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会 特別研究員PD
 
2009年4月
 - 
2010年3月
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 客員研究員 (兼任)
 
2011年4月
 - 
2012年5月
科学技術振興機構 FIRST合原最先端数理モデルプロジェクト 研究員
 
2012年6月
 - 
2017年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 助教
 
2014年4月
 - 
2016年3月
名古屋商科大学 非常勤講師(兼任)
 
2016年4月
 - 
2017年3月
インディアナ大学ブルーミントン校 客員研究員 (兼任)
 
2016年12月
 - 
現在
科学技術振興機構 さきがけ研究者 (兼任)
 
2017年4月
 - 
2017年12月
名古屋大学 大学院情報学研究科 助教
 
2018年1月
 - 
現在
名古屋大学 大学院情報学研究科 講師
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1995年3月
福島県立磐城高校  
 
1996年4月
 - 
2000年3月
中央大学 理工学部 物理学科
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京都立大学 大学院理学研究科 物理学専攻
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
PLoS ONE  アカデミック・エディタ
 
2014年3月
 - 
現在
Frontiers Robotics and AI  Review Editor
 
2015年4月
 - 
現在
文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター  専門調査員
 

受賞

 
2008年3月
The 7th International Conference (EVOLANG7) Huford賞
受賞者: O. Feher, P. P. Mitra, K. Sasahara, and O. Tchernichovski
 

論文

 
Inference of Personal Attributes from Tweets Using Machine Learning
T. Yo and K. Sasahara
Proceedings of the 2017 IEEE Big Data      2017年12月   [査読有り]
Quantifying Moral Foundations from Various Topics on Twitter Conversations
R. Kaur and K. Sasahara
Proceeding of the 2016 IEEE Big Data   2505-2512   2016年12月   [査読有り]
K. Sasahara
New Generation Computing   34(4) 340   2016年10月   [査読有り]
笹原 和俊
人工知能学会論文誌   30(6) 802-810   2016年1月   [査読有り]
Y. Takeichi, K. Sasahara, R. Suzuki, and T. Arita
PLoS ONE   10(12)    2015年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Biophilia 23号
笹原 和俊 (担当:共著, 範囲:ソーシャルメディアの集合知とエコーチェンバー現象)
アドスリー   2017年10月   
行動生物学辞典
笹原 和俊 (担当:共著, 範囲:社会ネットワーク, 象徴, 伝承, 同期化)
東京化学同人   2013年11月   ISBN:4807908375
現れる存在―脳と身体と世界の再統合
笹原 和俊 (担当:共訳, 範囲:9章)
エヌティティ出版   2012年11月   ISBN:4757102674
進化言語学の構築―新しい人間科学を目指して
笹原 和俊 (担当:共著, 範囲:言語進化の動的理解ー生物言語学と構成論的モデルによるアプローチ)
ひつじ書房   2012年3月   ISBN:4894765942
思想地図β vol.1
笹原 和俊 (担当:共著, 範囲:鳥の複雑なツイートとその進化的デザイン)
ゲンロン   2010年12月   ISBN:4990524306

講演・口頭発表等

 
機械学習を用いたソーシャルボットの検出と分析:英語と日本語の比較
杉森真樹,笹原和俊,時田恵一郎
第2回計算社会科学ワークショップ   2018年3月   
日本語歌詞の道徳性:道徳基盤理論に基づくテキスト分析
田口靖啓,笹原和俊
第2回計算社会科学ワークショップ   2018年3月   
ツイートが運ぶ個人属性
余岳, 笹原和俊
第2回計算社会科学ワークショップ   2018年3月   
Inference of Personal Attributes from Tweets Using Machine Learning
Take Yo and Kazutoshii Sasahara
Proceedings of the 2017 IEEE Big Data   2017年12月   
計算社会科学で読み解く社会の「分断」
笹原 和俊
JAWS2017   2017年9月15日   
機械学習と深層学習を用いたソーシャルデータからの個人属性の推定
余 岳,笹原 和俊
第11回テキストアナリティクス・シンポジウム   2017年9月7日   電子情報通信学会
R. Kaur and K. Sasahara
The 3rd International Conference on Computational Social Science (IC2S2)   2017年7月11日   
K. Sasahara, G. L. Ciampaglia, A. Flammini, and F. Menczer
The 3rd International Conference on Computational Social Science (IC2S2)   2017年7月11日   
K. Sasahara, G. L. Ciampaglia, A. Flammini, and F. Menczer
The 10th International School and Conference on Network Science (NetSci 2017)   2017年6月21日   
笹原 和俊, G. L. Ciampaglia, A. Flammini, and F. Menczer
人工知能学会第31回全国大会   2017年5月26日   
K. Sasahara
ICWSM 2017 Workshop on Digital Misinformation   2017年5月15日   
笹原 和俊
情報処理学会第79回全国大会   2017年3月18日   
Cultural Bases of Moral Ethics: Perceptions of Morality in Japan and in the United States
A. Matsuo, M. Karasawa, V. Norasakkunkit, K. Sasahara, and R. Kaur
The 23rd International Association for Cross-Cultural Psychology Conference   2016年8月   
K. Sasahara
The 2nd International Conference on Computational Social Science (IC2S2)   2016年6月   
Twitterで読み解く人間行動のはなし
笹原 和俊
名古屋大学オープンレクチャー2016   2016年3月21日   
Collective Behavior of Social Sensors and Its Application to Social Science [招待有り]
K. Sasahara
Computational Social Science Workshop in Japan 2016   2016年2月   
SNSにおける集合注意の潜在的構造
笹原 和俊
ソーシャルメディア研究ワークショップ(SMWS2015)   2015年11月   
計算社会科学の試み:ソーシャルデータで読み解く人間行動の複雑性
笹原 和俊
2015年度基盤公開セミナー   2015年9月25日   
Tweet Communication in Birds and Humans [招待有り]
K. Sasahara
2015 Joint Meeting of The 5th China-Japan-Korea Colloquium on Mathematical Biology and The Japanese Society for Mathematical Biology   2015年8月   
The Validation of “More Tweets, More Votes” Hypothesis in Tokyo Gubernatorial Election 2014
K. Tanaka and K. Sasahara
The FIrst International Conference on Computational Social Science (IC2S2)   2015年6月   
Emergence of Novel Collective Phenomena in Twitter
K. Sasahara
The 1st International Conference on Computational Social Science (IC2S)   2015年6月   
集合注意の潜在的構造
笹原 和俊
第29回人工知能学会全国大会   2015年5月   
ツイートの行動学:集合注意の創発と構造
笹原 和俊
第37回社会的知能発生学研究会   2015年2月   
Exploring Birdsong Structure Using Networks [招待有り]
K. Sasahara
The 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB20)   2015年1月   
「ツイート」の複雑系科学
笹原 和俊
第12回複雑系科学セミナー   2014年12月18日   
SNSにおけるコミュニケーション動態と集合現象の創発
笹原 和俊
計測自動制御学会システム 情報部門学術講演会   2014年11月23日   
Modeling Birdsong Syntax:Network-based Approaches [招待有り]
K. Sasahara
Birdsong: Rhythms and Clues from Neurons to Behavior   2014年11月   
ソーシャルメディアにおける集合現象
笹原 和俊
ソーシャルメディア研究会2014   2014年10月   
Twitter as Social Sensor: Dynamics and Structure in Major Sporting Events
Y. Takeichi, K. Sasahara, R. Suzuki, and T. Arita
The 14th International Conference on the Simulation and Synthesis of Living Systems (ALIFE14)   2014年7月   
Emergence of Collective Attention on Twitter [招待有り]
K. Sasahara
Workshop on Massive Data Flow in WebSci 2014   2014年6月   
Quantifying Collective Mood by Emoticon Networks
K. Sasahara
The ACM Web Science 2014 Conference (WebSci)   2014年6月   
鳥のさえずりの発達学習ダイナミクス
笹原 和俊
総合コミュニケーション学第1回研究会   2014年6月   
SNSにおける集合気分のダイナミクス
笹原 和俊
人工知能学会第28回全国大会   2014年5月   
顔文字ネットワークによる集合気分の定量化
笹原 和俊
日本物理学会第69回年次大会   2014年3月   
鳥の複雑なさえずりの進化的デザイン [招待有り]
笹原 和俊
第10回生物数理の理論とその応用   2013年11月   
Emergence of Collective Attention and Dynamics of Retweet Networks
K. Sasahara, Y. Hirata, M. Toyoda, M. Kitsuregawa, and K. Aihara
ECAL 2013 Workshop on Collective Behaviours and Social Dynamics   2013年9月   
集合注意の創発とRTネットワークのダイナミクス
笹原和俊,平田祥人,豊田正史,喜連川優,合原一幸
第27回人工知能学会全国大会   2013年6月   
Dynamic Social Interactions on Twitter Networks [招待有り]
笹原 和俊
日本進化言語学フォーラム第2回講演会   2013年6月   
Twitterにおける集合注意の創発とその定量化
笹原和俊,平田祥人,豊田正史,喜連川優,合原一幸
日本物理学会第68回年次大会   2013年3月   
鳥の複雑なさえずりの進化的デザイン
笹原和俊,Martin L. Cody,Charles, E. Taylor
日本動物行動学会第31回大会   2012年11月   
Twitterネットワークにおける集団注意の創発ダイナミクス [招待有り]
笹原和俊, 平田祥人, 豊田正史,合原一幸
第3回Latent Dynamicsワークショップ   2012年9月   
Evolution of Small-world Birdsong Syntax: An Implication to Language Evolution
K. Sasahara, M. L. Cody, and C. E. Taylor
The 9th International Conference on Evolution of Language (EVOLANG9)   2012年3月   
Evolution of Word Frequency Distribution Based on Prediction Dynamics
K. Sasahara
The Workshops of the 9th International Conference on the Evolution of Language (EVOLANG9)   2012年3月   
東日本大震災前後のツイートダイナミクスの解析
笹原和俊,平田祥人,豊田正史,合原一幸
ネットワークから創発する知能研究会   2011年9月   
大規模データに基づく動物行動学の新展開
笹原和俊,高橋美樹,鈴木研太,岡ノ谷一夫
第25回人工知能学会全国大会   2011年6月   
鳥のツイートのデザイン原理、発達と進化のダイナミクス [招待有り]
笹原 和俊
第30回社会的知能発生学研究会   2010年10月   
複雑な鳥の歌の構造設計原理
笹原和俊,M. L. Cody,C. E. Taylor
日本物理学会秋季大会   2010年9月   
Structure and Dynamics of Song Network
K. Sasahara, M. L. Cody, C. E. Taylor
The 10th International Conference on Unconventional Computation (UC10)   2010年6月   
Considering Language Evolution from Birdsong Development
K. Sasahara, M. Takahasi, K. Suzuki, O. Fehér, O. Tchernichovski
The 8th International Conference on Evolution of Language (EVOLANG8)   2010年4月   
Structural Design Principles of a Complex Birdsong
K. Sasahara, M. L. Cody, and C. E. Taylor,
The 4th International School and Conference on Network Science (NetSci)   2010年   
ジュウシマツの歌発達における揺らぎと階層性
笹原和俊,高橋美樹,鈴木研太,Olga Fehér,Ofer Tchernichovski,岡ノ谷一夫
日本動物行動学会第27回大会   2008年9月   
Abnormal isolate birdsong evolves into normal song over a few generations in an isolated semi-natural colony
O. Fehér, P. P. Mitra, K. Sasahara, O. Tchernichovski
The 7th International Conference on Evolution of Language (EVOLANG7)   2008年5月   
Simulated Evolution of Discourse with Coupled Recurrent Networks
K. Sasahara, B. Merker, and K. Okanoya
The 3rd Australian Conference on Artificial Life (ACAL2007)   2007年12月   
ジュウシマツの歌学習に見られる階層的発達のダイナミクス
笹原和俊,高橋美樹,鈴木研太,Olga Fehér,Ofer Tchernichovski,岡ノ谷一夫
日本動物行動学会第26回大会   2007年10月   
抽象化されたエージェントの談話モデルに見られるダイナミクスと統計性
笹原和俊,Bjorn Merker,岡ノ谷一夫
日本物理学会第62回年次大会   2007年9月   
抽象化されたエージェントの談話進化のモデル研究
笹原和俊,Bjorn Merker,岡ノ谷一夫
日本進化学会第9回大会   2007年8月   
二次元空間上での鳥の歌コミュニケーションの進化
笹原和俊,池上高志
日本物理学会春季大会   2007年3月   
A Reversible Automata Approach to Modeling Birdsongs
K. Sasahara, Y. Kakishita, T. Nishino, M. Takahasi, and K. Okanoya
15th International Conference on Computing (CIC2006)   2006年10月   
Birdsong as a Computational Model of Language
K. Sasahara, Y. Kakishita, T. Nishino, M. Takahasi, and K. Okanoya
International Symposium on Advanced ICT (AICT2006)   2006年8月   
分節化能力が言語進化に果たす役割
笹原和俊,岡ノ谷一夫
日本進化学会第8回大会・言語進化シンポジウム   2006年8月   
The Roles of Segmentation Ability in Language Evolution
K. Sasahara, B. Merker, and K. Okanoya
6th International Conference on Evolution of Language (EVOLANG6)   2006年4月   
Birdsong as a Computational Model of Language
K. Sasahara, Y. Kakishita, T. Nishino, M. Takahasi, and K. Okanoya
International Symposium on Advanced ICT (AICT2006)   2006年2月   
歌コミュニケーションの進化
笹原和俊,池上高志
情報処理学会計算科学シンポジウム   2005年11月   
Evolution of Complexity and Diversity in Simulated Song Communication
K. Sasahara and T. Ikegami
日本進化学会第7回大会   2005年8月   
Song Grammars as Complex Sexual Displays
K. Sasahara and T. Ikegami
9th International Conference on the Simulation and Synthesis of Living Systems (ALIFE9)   2004年9月   
Evolution of Song Grammars
K. Sasahara and T. Ikegami
The 18th Annual Conference of the Japanese Society of Artificial Intelligence (JSAI2004)   2004年5月   
有限状態文法の進化
笹原和俊,池上高志
日本物理学会第59回年次大会   2004年4月   
有限状態文法の複雑化のモテル研究
笹原和俊,池上高志
日本物理学会第58回年次大会   2003年3月   
タングステン単結晶を利用した高強度陽電子源の可能性
笹原和俊,浜津良輔,穴見昌三,榎本收志,古川和朗,柿原和久,紙谷琢哉,小川雄二郎,大沢哲,大越隆夫,諏訪田剛,奥野英城,梅森健成,藤田貴弘,吉田勝英,V. Ababiy,A. P. Potylitsyn,I.E.Vnukov
日本物理学会第57回年次大会   2002年3月   
タングステン単結晶を用いた陽電子源の開発Ⅱ
笹原和俊,浜津良輔,穴見昌三,榎本收志,古川和朗,柿原和久,紙谷琢哉,小川雄二郎,大沢哲,大越隆夫,諏訪田剛,奥野英城,梅森健成,藤田貴弘,吉田勝英,V. Ababiy,A. P. Potylitsyn,I. E. Vnukov
ビーム物理研究会   2001年12月   
タングステン単結晶を用いた陽電子生成実験のシミュレーションによる解析
笹原和俊,浜津良輔,穴見昌三,榎本收志,古川和朗,柿原和久,紙谷琢哉,小川雄二郎,大沢哲,大越隆夫,諏訪田剛,奥野英城,梅森健成,藤田貴弘,吉田勝英,V. Ababiy,A. P. Potylitsyn,I. E. Vnukov
日本物理学会秋季大会   2001年9月   
タングステン単結晶を用いた陽電子源の開発
笹原和俊,浜津良輔,穴見昌三,榎本收志,古川和朗,柿原和久,紙谷琢哉,小川雄二郎,大沢哲,大越隆夫,諏訪田剛,奥野英城,梅森健成,藤田貴弘,吉田勝英,V. Ababiy,A. P. Potylitsyn,I. E. Vnukov
日本物理学会第56回年次大会   2001年3月   
タングステン単結晶を用いた陽電子源の開発
笹原和俊,浜津良輔,穴見昌三,榎本收志,古川和朗,柿原和久,紙谷琢哉,小川雄二郎,大沢哲,大越隆夫,諏訪田剛,奥野英城,梅森健成,藤田貴弘,吉田勝英,V. Ababiy,A. P. Potylitsyn,I. E. Vnukov
ビーム物理研究会   2000年12月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
エコーチェンバーの生成と情報流のダイナミクス:数理モデルとビッグデータ分析
大川情報通信基金: 研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 笹原 和俊
多様な情報流通と価値創造を支援するソーシャル・ネットワーキング原理の構築と実証
科学技術振興機構: さきがけ
研究期間: 2016年12月 - 2020年3月    代表者: 笹原 和俊
行動文法の生成規則と発展様式の定量的理解
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 笹原 和俊
生物の行動系列データのモデリング手法の研究
稲盛財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 笹原 和俊
ソーシャルメディアにおける集団気分の定量化
堀科学芸術振興財団: 研究助成
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 笹原 和俊