米津 直希

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/31 10:38
 
アバター
研究者氏名
米津 直希
 
ヨネヅ ナオキ
所属
稚内北星学園大学
部署
情報メディア学部
職名
准教授
学位
修士(教育学)(名古屋大学)

プロフィール

名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学(2014年3月)
2014年4月より現職

連絡先:yonezu(at)wakhok.ac.jp
(at)は@に変換してください。

研究分野

 
 
  • 教育学 / 教育学 / 教育経営学/高等教育学

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
稚内北星学園大学 情報メディア学部 准教授
 
2014年4月
 - 
2017年3月
稚内北星学園大学 情報メディア学部 講師
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学 大学院教育発達科学研究科 教育科学専攻 博士課程後期課程
 
2005年4月
 - 
2008年3月
名古屋大学 大学院教育発達科学研究科 教育科学専攻 博士課程前期課程
 
2001年4月
 - 
2005年3月
名古屋大学 教育学部 人間発達科学科
 

Misc

 
米津 直希
稚内北星学園大学紀要   (17) 101-114   2017年3月
本稿の目的は、稚内北星学園大学の教職ゼミにおいて取り組まれてきた地域学習支援活動を整理し、教職を目指す学生にとっていかなる学びとなるのかについて、実践記録的にその意義と課題について論じることである。学生は学習支援活動を通して、自らの指導力の課題の発見、地域・子ども理解、同僚(ゼミの仲間)との協働関係について体験的に学ぶこととなる。教職を志望する学生にとって重要な学びの場であるといえる。一方で、経済的に余裕のない学生にとっては経済面・時間面での配慮が必要となる。自治体や学校と協力関係を構築し...
米津 直希, 富樫 千紘
稚内北星学園大学紀要   (15) 45-60   2015年3月
富樫 千紘, 御代田 桜子, 米津 直希
稚内北星学園大学紀要   (17) 115-134   2017年3月
本論文の対象は、歴史的に地域における教育運動及び、民主的学校づくりの運動に取り組んできた、北海道稚内市である。本論では、同地における今日的な教育課題への地域的対応と、その展開を整理する。北海道稚内市は、1970年代から子育て運動という市民運動に取り組んできている地域であり、学校と地域の連携についての長い歴史を有する。そして、この地域においても全国と同様に、子どもの貧困問題等の新たな教育課題に直面してきている。本論文では、そういったなかで近年取り組まれはじめている「稚内市子どもの貧困問題プロ...
石井 拓児, 川口 洋誉, 米津 直希, 田中 秀佳, 渡部(君和田) 容子
日本教育学会大會研究発表要項   72 74-75   2013年8月
富樫 千紘, 御代田 桜子, 米津 直希
稚内北星学園大学紀要   (16) 105-126   2016年3月
 本研究の問題意識は、宗谷管区の教育運動の中核を担ってきた教職員組合が、どのようにして「学校づくり」論を深めていったのかを明らかにすることにある。そのため本稿では、2000年代以降の定期大会議案書を手がかりとして、宗谷教職員組合がどのように「民主的学校づくり」を用いているのか、整理を行った。この作業を通じて、今後の検討課題を三点抽出した。
植田 健男, 濱口 輝士, 米津 直希, 富樫 千絋
中等教育研究センター紀要   13 35-55   2013年3月
米津 直希
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学   60(1) 49-57,59   2013年
石井 拓児, 寺田 佳孝, 田中 秀佳, 田中 由浩, 中村 征樹, 米津 直希
日本教育学会大會研究発表要項   71 102-103   2012年8月
米津 直希, 富樫 千紘, 児美川 孝一郎
教育學研究   80(1) 91-96   2013年3月
米津 直希
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学   59(1) 89-97   2012年

競争的資金等の研究課題

 
青年の発達推進力となる大学学習要求の充実過程とその支援実践研究および評価法開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 西垣 順子
少子高齢化社会における地域教育経営の構造的変容に関する歴史的・地域実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 米津 直希
後期中等・高等教育における「無償教育の漸進的導入」の原理と具体策に係る総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 渡部 昭男
戦後日本における中等教育改革の総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年10月 - 2017年3月    代表者: 植田 健男