コミュニティの紹介

人類学普及委員会

日本人類学会人類学普及委員会の活動を紹介・記録します。
人類学の最新の知見を初等・中等教育に活用すること、ヒトについての科学的で公平な理解を広めることを目指しています。

連絡先:jinruigakufukyu@gmial.com

ブログ

動画作製プロジェクト【協力者募集中!】

動画プロジェクト6:人類の遺伝学

現代人の遺伝的多様性や古人骨から得られた古代ゲノムの研究について紹介します。

人類遺伝学とくに古代ゲノミクスの専門家である太田博樹さんに解説をお願いしています。縄文人の全ゲノムからわかった日本列島での人類史や、ネアンデルタール人と現代人の関係など、さまざまな話題が提供可能です。古代DNAに特化したクリーンルームなど、実験現場の様子も紹介して頂けます。

生物や日本史への応用にむけて協力者募集中しています!

0

動画プロジェクト5:さる山の観察

日本が世界に誇る霊長類学は、ニホンザルの観察からはじまりました。北米や欧州には霊長類がいませんが、我々の身近にはニホンザルが生息しています。

動物園などでニホンザルの群れを観察するポイントについて、動物行動学を専門とされている広谷浩子さんに解説していていただきます。

なぜ動物は群れを作るのか、ヒトの群れはどのような特徴があるのか、動物の社会構造の知見は、現代人の日常生活に直接むすびつく社会や家族について考える教材になるはずです。

生物の授業や校外活動に活用するため、協力者を募集しています!

0

動画プロジェクト4:縄文人と弥生人

縄文人と渡来系弥生人は頭蓋骨の形態学的な特徴が大きく異なります。その背景を適応環境の違いと解釈して、寒冷地適応したまぶたや耳たぶ、体毛や頭髪などの特徴が復元図に反映されています。

具体的にどのような骨の違いがあるのか、その違いを研究することから、日本列島にくらしたヒト集団の成り立ちをどのように読み解くことができるのか、人類学では長年の研究の蓄積があります。

また、古人骨をよく観察すると虫歯や病気・怪我の痕跡は古人骨から読み取ることも可能です。

骨形態学が専門の近藤修さんに解説をお願いしています。

生物や日本史の活用するため、協力者を募集しています!

 
0

動画プロジェクト3:ラエトリ足跡ワークショップ

タンザニアのラエトリ遺跡で発見された猿人の足跡から、人類の起源とその生物学的特徴を考えます。

神奈川県立柏陽高校の野村先生が実践されている演習をもとに作成中です。二足歩行の力学的研究を行ってきた松村秋芳さんに専門的な知見について解説して頂きます。実習につかえる足跡シートを提供する予定です。

0

動画プロジェクト2:化石頭骨と人類進化系統樹

化石頭骨の貸し出しキットを作成し、人類進化の系統樹に並べて進化の背景や人類の生物学的特徴を学びます。

ジャワ原人の研究や沖縄へのヒトの拡散を研究している海部陽介さんに解説をお願いしています。都立国分寺高校の市石教諭と実習の準備を進めています。

あわせて、化石頭骨レプリカの貸し出しキットを準備しています。

0

動画プロジェクト1:脳容量の測定

頭蓋の大きさを簡易計測器で計測し、生徒に脳容量を推定してもらいます。

あわせて、化石人類や類人猿の頭骨(レプリカ)で脳容量を測定し、ヒトの脳が大型であること、その進化的背景を考える内容です。都立国分寺高校で市石先生が実践している実習をもとにしています。

このプロジェクトは、委員会メンバーの市石、松村、米田で検証プロジェクトとしてすでに撮影を行いました。

0