ブログ

管理者Nの思惟

niwaka企画スタート

第3回meetingではniwaka企画の第1弾として、お隣りの本田研究室の院生さんに協力してもらい、Mendeley(文献管理ソフト)の使い方のデモをやっていただきました。

niwaka企画とは、その道のエキスパートとは限らないが、「最近その魅力に取りつかれてバンバン運用しています!」というような、初学者に近い方(niwaka講師)にお願いして、HotなTOPICを提供していただく企画です。 

こういうものって、調べようと思えば使い方はわかる(資料はたくさんころがっている)ものですが、大事なのは「だれから」「どのように」紹介してもらうか、、、だったりするもんです。人間ですね。niwaka講師を募集しています。

(講師の三輪さんありがとうございました。)

(2022/04/18、中西)

0

リンパ浮腫ケアチームの足跡をたどる

名古屋大学の職員でも「知る人ぞ知るキャンパス」といえば、大幸キャンパスだ。

まちがいない。

現名誉教授のF先生が発起人となり、名大保健学科基礎看護学講座のリンパ浮腫ケア研究チームが始動したのは2009年のことだ。F先生がこの大幸地区と「浮腫」が近しい間柄であることをご存じだったかどうか、存じ上げない(今度、聞いてみよう)が、実は、ここから自転車で10分ほどのところに、故平井正文先生が診療にあたられていた東海病院があるのだ。平井先生といえば、日本における圧迫療法の第一人者であり、静脈学に関する優れた研究を多数報告してきた著名な血管外科医である。

全身麻酔で入院された経験のある方ならご存じとおもうが、手術室に入る前に性別問わず、なぜか履くあのストッキング(弾性ストッキングという)。これが日本全国に広まったのは、平井先生の御功績あってこそなのである。

 

名古屋市には平井先生のお弟子さんが活躍されていて、いつか先生方と共同研究(というのもおこがましいが)ができれば、と思っている。

ちなみにわがリンパ浮腫ケアチームの蔵書には、平井先生シリーズが揃っている。
関心のある方はお声かけください。

0
アクセスカウンター
0 6 3
コミュニティの紹介

名古屋大学 リンパ浮腫ケア研究班

名古屋大学看護システムケア開発学内のリンパ浮腫ケア研究班です.研究活動を発信します.(名古屋大学医学系研究科総合保健学専攻 看護システムケア開発学)

リンパ浮腫ケアに関する諸課題を主に定量的側面から明らかにするグループです.

ブログ

大学院生の暮らし

CIBoGの結果待ち

名古屋大学の大学院には、大学院生教育プログラムがあります。国から補助金をもらって運営するこのプログラムの多くは、修学資金が「給付」され、5年間でPhDをとることを応援するものです。今、保健学科の院生が応募できるのはCIBoG(サイボーグ)とよばれるプログラムです。関心のあるかたはチェックしてみてください(私のところの院生も結果待ち・・)。 記:中西

0
ブログ

Lymp. Care Lab. ミーティング

第3回ミーティング

第3回 NU Lymp. Care Lab ミーティング

参加者:丹羽、間脇、本田、大島、中西

主な内容:

・研究進捗、相談
   ー 発表ポスター(総合保健学専攻 第1回 ヘルスサイエンス研究会)
   ー 研究活動スタート支援
   ー 柱「T」の進捗
・第1回 にわかレクチャー 「Mendeleyのデモンストレーション」 講師:本田研究室 M2 三輪さん
・次回日程 調整中

0

第2回ミーティング

「臨床に近づきたい」

今年度は研究チーム「土づくり」の年にしたい。
活動を知ってもらい、ともに広域的に活動していく。

研究者1人にできることは限られています。
それはN数とよばれる研究協力者の数を効率的に集められるかどうか、その点だけではありません。

研究そのものが、もともと一足飛びにいかないものであり、先達の業績のちょっと先を目指して高め合っていくものであり、本質的に先達(国や所属施設といったボーダーを超えた)「共同作業」なのです。

私たちの研究チームは「基礎的」研究ではありますが、臨床への還元を目指した研究を実施しており、
「お返しする場」をありありとイメージできる頭を持ち続けていきたいと思います。

そんな話からスタートしたミーティングでした

ミーティング内容
・今年度の活動(学会発表・論文投稿など)
・今年度の活動の柱「T」の確認と方針
・研究費取得にむけた情報交換
・異動された先生にご挨拶に伺う企画

 参加メンバー4名(FH,AM,KN,MN)

0

第1回ミーティング(Open)

小児看護学領域の新家先生を講師にまねいて、大学病院内での看護(診療)活動についてお話を伺いました。
新家先生が准教授として名大にいらしたのは約2年前ですが、小児病棟や当時の管理者さんとの良好な人間関係のもとに、現在の診療活動がある、ということがわかりました。

リンパ浮腫ケア研究班では、「臨床へちかづく」ことを今年の目標のひとつにしています。
今後の活動の発展にむけて、重要な示唆をいただきました。

2022/04/06 11:00-12:00

参加メンバー 久野、中島、間脇、中西

0