コミュニティの紹介

外交の世界史の再構築:15~19世紀ユーラシアにおける交易と政権による保護・統制

鹿島学術振興財団研究助成「外交の世界史の構築―15~19世紀ユーラシアにおける交易と政権による保護・統制―」
2020年度~2021年度

基盤研究(A)「外交の世界史の再構築:15~19世紀ユーラシアにおける交易と政権による保護・統制」
2021年度~2024年度

 本研究では日本史研究の蓄積を、他地域の事例と比較することで、新しい世界史像を構築しようとする。最終的には、ヨーロッパ中心主義を克服し、より平らかな世界史を描くことを目指す。

 本研究は、「交易や人の移動に対する権力のコントロール」の、ユーラシア各地におけるあり方を実証的に検証し、多角的に比較する独創的・先駆的研究である。以下の3つの指標を用いる。

 ①外国人や外国人との取引は、どのように統制されているか。政権の発給する外国人統制法(約条、規条、条目など)と商人間の契約の組み合わせか、政権間の条約か。

 ②政権は国際交易からどのように利益を得ているか。広く浅くとる関税か、コミッション(手数料)、贈物、(貢物)、賄賂などによるか。

 ③ 居留民の長は誰のためにいるのか。居留民自身のためか、送り出した国の政権のためか、あるいは滞在国の政権のためか。

 19世紀後半以降、①は「通商条約」、②は「関税」、③は「領事」の問題として整理され、世界のどこでも一元的に理解されるものして、整序されていくようである。しかし、本研究では、その前史を、各地、各政権、各交易集団の固有性と多様性を踏まえつつ、実証的に明らかにする。

新着
トピックがありません。